トンガの火山噴火が今後10年異常気象を引き起こす可能性
 2022年1月15日、太平洋のトンガ王国で「フンガ・トンガ=フンガ・ハアパイ(フンガ・トンガ)」という海底火山が噴火した。この噴火の轟音はオーストラリアにまで響き、それによる津波が日本でも観測されるほど大きな噴火だった。

 だが、トンガの大噴火の影響はそれだけにとどまらない。『Journal of Climate』(2024年5月27日付)に掲載された研究によれば、その影響で一部地域では今後10年にわたって異常気象が続くと予測されるそうだ。

 さらに昨年観測された大きなオゾンホールや、南半球が今年の夏に大量の雨に見舞われたのも、この噴火の影響が考えられるという。

トンガの火山噴火で飛び散った大量の水蒸気

 一般に、火山が噴火すると、その噴煙によって地表は冷やされる。そこに含まれる二酸化硫黄が硫酸塩エアロゾルになり、太陽光を宇宙に反射するからだ。

 ところがフンガ・トンガでは、そうはならなかった。そのエネルギーは広島型原爆の500倍以上という凄まじいもの

 だが海底火山であったため、その膨大な熱が噴煙の代わりに1億〜1.5億トンもの水蒸気を飛び散らせたのだ。

 それはオリンピックのプール6万杯分に相当する膨大な量で、それが地表から15〜40キロの上空にある「成層圏」にまで噴き上げられた。
1
気象庁のひまわり8号によって撮影されたフンガ・トンガの噴火。噴煙の幅は500kmほど/Japan Meteorological Agency, CC BY

 カラカラに乾燥した成層圏に水蒸気が達すると、主に2つの効果を発揮する。1つは、オゾン層の破壊をうながすこと。もう1つは、それ自体が強力な温室効果ガスになることだ。

 とはいえ、こうした海底火山による水蒸気が、地球の気候にどのような影響を与えるのか、詳しいことはわからない。というのも、これまでそれが実際に観測されたことがないからだ。

 成層圏全体の水蒸気を調べるなど人工衛星がなければできない。

 それができる人工衛星が打ち上げられたのは1979年以降のことで、それから今までフンガ・トンガのような噴火は起きていないのである。

 そのようなわけで、フンガ・トンガの噴火は世界中の科学者から注目されることになった。

水蒸気はオゾンホールの出現と南半球の雨に関与

 はたして成層圏の水蒸気は、どのように振る舞うのか? どのくらいの期間、そこにとどまるのか? そして水蒸気がそこにとどまっている間、気候にどのような影響を与えるのか?

 オーストラリア、ニューサウスウェールズ大学などのチームによる今回の研究は、このような疑問に取り組んだものだ。

 前例のない現象から未来を予測するために、研究チームは気候モデルに基づくシミュレーションを行っている。

 成層圏にオリンピックプール6万杯分の水蒸気がある状況とない状況を再現し、その結果を比較してみたのだ。

 そして明らかになったのは、2023年8月から12月にかけて大きなオゾンホールが現れた原因が、少なくとも部分的にはフンガ・トンガの影響だということだ。

 今回のシミュレーションによって、その出現はすでに2年前から予測されていたのである。

 だがオゾンホールへの影響は、昨年で終わっている可能性が高い。

 噴火から2023年までには十分な時間があるので、舞い上がった水蒸気は南極上空の成層圏にたどり着く。だがその後は水蒸気が消えてしまうため、オゾンホールは広がらないと考えられるのだ。

 また噴火は南半球の雨にも影響したようだ。

 南半球に位置し、まもなく冬を迎えるオーストラリアでは、今年の夏かなりの雨に見舞われた。一般にはエルニーニョのせいで雨は少ないだろうと予報されていたが、これが裏切られることもシミュレーション通りだった。
2
国際宇宙ステーションから撮影されたフンガ・トンガの噴煙/NASA

今後10年の気候に影響を与える可能性

 一方、ここ数年の地球の暑さはフンガ・トンガの噴火のせいではなさそうだ。今回の研究によるなら、それが世界の平均気温に与える影響は、0.015度と小さなものであるという。

 だが地域別に見てみると、その余波は驚くほど長く続くかもしれない。

 たとえばオーストラリアの北半分では、2029年頃まで例年より寒く、雨の多い冬が続くと予測されている。

 スカンジナビア諸国もまたしばらく例年より寒い冬になると予測される一方、北アメリカの冬は暖かくなる可能性が高い。

 研究チームによると、こうした天候への直接的な影響は、噴火によって大気中の波の伝わり方が変わることと関係するという。それは高気圧と低気圧にも影響するため、天候を左右するのだ。

 なお、こうした予測は、今回の一研究にのみ基づいたものだ。そのシミュレーションは完全ではないし、エルニーニョとラニーニャのサイクルなど、考慮されていない要素もある。だから、この予想が必ず実現するというわけではない。

 だが研究チームはこうした分析が、海底火山と気候に関する科学的な関心を呼び起こすことを期待しているとのことだ。

References:Long-term climate impacts of large stratospheric water vapor perturbations / Tonga’s volcanic eruption could cause unusual weather for the rest of the decade, new study shows / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
太平洋に新しい島が出現!トンガの海底火山噴火の影響


トンガの海底火山噴火の爆発力は広島型原爆の500倍以上。噴煙は成層圏にまで達していた


終末的光景。カムチャツカ半島で大規模な火山噴火、成層圏にまで達した火山灰の雲


火山学者が新しいタイプの火山噴火を発見、そのメカニズムとは?


津波に伴う磁場変化は津波よりも早く訪れる。磁場を利用することで、津波の早期予測が可能に

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 20:10
  • ID:fjNyk2IY0 #

異常気象が10年続いたら、その状態が正常として認識されているかもしれないね

2

2. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 20:32
  • ID:S8bzw7IM0 #

人が暑いと感じる要素は湿度もある

3

3. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 20:41
  • ID:fB6DyHAV0 #

70年代から80年代頃にも有ったなぁ
冷夏と暖冬の数年間、
夏は海水浴行っても雨降りばかりで薄ら寒く、冬は雪が降らなくて学校のスキー教室が中止とか

あれもフィリピン辺りの火山か地中海辺りの火山の噴火が引き金の
異常気象とか言われてなかったっけ?

4

4. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 20:49
  • ID:z4kbtYLg0 #

フンガ・トンガ=フンガ・ハアパイの名前のインパクトがすごくて、まじめな話なのに笑えてしまう。

5

5. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 20:58
  • ID:QxBeFK3r0 #

逆に温暖化を押し留めるためにはどこか陸上の火山を無理やり大噴火させて硫酸塩を成層圏に撒き散らせば良いわけ?
まあどんな影響があるか誰にも分かんないでしょうけど

6

6. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 21:21
  • ID:Sa6kLt680 #

>>5
成層圏に物質をばらまいて太陽光を反射させるって方法は現実に検討されてる
さすがに影響が多すぎるし根本解決にならないから最終手段だろうけど

7

7. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 22:15
  • ID:zlKKxnyp0 #

>>4
「噴火・トンガ=噴火はヤバイ」みたいやな

8

8. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 23:07
  • ID:OvedmvRu0 #

人間が一生懸命二酸化炭素削減に励んでるのが虚しくなる

9

9. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 23:22
  • ID:dgYVke2u0 #

>>5
火山を噴火させるより直接微粒子をまき散らした方が早いのでは。
そういう研究も一応されてはいる。

効果は今一つで副作用ばかり強い、
みたいな踏んだり蹴ったりな状態になる恐れもあるけど。

10

10. 匿名処理班

  • 2024年06月05日 23:53
  • ID:UT8rKA5c0 #

>>2
中東の人が日本にくると暑さでまいるらしいっすね

>>8
自然の影響なんて短期だけど、人間が自分が出したごみは自分で処理しないと
10年どころかさらに長いスパンでネガティブな影響を与えてしまう
さらに言えば、自然現象に上乗せでさらに悪化していくだけになる

11

11. 匿名処理班

  • 2024年06月06日 00:22
  • ID:037CabJM0 #

異常といいますけれど、むしろこうした変動があることが普通ではないでしょうか。
毎年同じ繰り返しと考えるのは人間の概念であって、
地球は活動を続けているわけですから、つねに変化し続けるものじゃないかなと

12

12. 匿名処理班

  • 2024年06月06日 01:21
  • ID:exM0nUAy0 #

この噴火が地上で起きてたらと思うと怖いね(´・ω・`)

13

13. 匿名処理班

  • 2024年06月06日 02:02
  • ID:9s51Q3hi0 #

>>8
人間のやることなんて惑星規模で見たら星の屁一発にも届かんレベルなんだよな

14

14. 匿名処理班

  • 2024年06月06日 07:18
  • ID:TGwCnuq30 #

>>8
逆に考えよう、人間が矮小なんじゃなく「星ってドでかいんだなあ」と
本質は変わらんけど、そのほうがなんか元気になるから

15

15. 匿名処理班

  • 2024年06月06日 07:21
  • ID:9H8plFVL0 #

海面がふっとんが

16

16. 匿名処理班

  • 2024年06月06日 08:49
  • ID:9dGguxw50 #

>>8
気持ちはわからんでもないですが、削減しなくて良いという理由にもならんでもでしょう😊

バタフライ効果を考えると10年どころか1000年後、100000年後への影響がすごくあるかもしれません。想定の組み合わせの限界を超えるってことかな

17

17. 匿名処理班

  • 2024年06月06日 12:41
  • ID:6ZAScQaN0 #

別にいいんじゃない

18

18. 匿名処理班

  • 2024年06月06日 12:43
  • ID:MwlbdxG30 #

>>11
確かに。
地球さんからしたら今人類が生きてる時間なんてほんのわずかな時間でしょうし
たまたま人間に都合のよい気候だっただけなんでしょうね

19

19. 匿名処理班

  • 2024年06月06日 12:53
  • ID:twdp3lUG0 #

>>13
ちょいちょい誤解してる人いるけど、
人間が排出してるCO2量は火山活動で放出される量の
100倍くらいあるので屁一発どころじゃないんよ。
派手な噴火の映像とか見ると勘違いするのも分からなくはないけどね。

20

20. 匿名処理班

  • 2024年06月06日 14:33
  • ID:OJiZ1dOT0 #

轟音がオーストラリアでも聞こえたってのが凄いな

21

21. 匿名処理班

  • 2024年06月06日 16:19
  • ID:BMupBh0I0 #

>>18
人類誕生から現代までの200万年ほどは、地球史上類を観ない安定気候だったという話

22

22. 匿名処理班

  • 2024年06月06日 20:54
  • ID:twdp3lUG0 #

>>21
気候が安定してるのはこの1万年くらいだよ。
100万年単位で見るとミランコヴィッチサイクルで
氷期と間氷期が何度も繰り返されてる。

23

23. 匿名処理班

  • 2024年06月07日 10:42
  • ID:zBSypmr00 #

>>22
変動がその程度なので人類にとっては安定期

24

24. 匿名処理班

  • 2024年06月07日 12:33
  • ID:NZFLbR.F0 #

>>23
氷期と間氷期とでは平均気温が4〜7℃程度変わるとされてるけど、
これが10万年程度の短い周期で何度も繰り返されると言うのは
地球の歴史の中でも他には殆ど知られてない。

なので「地球史上類を観ない安定気候」
という認識は正しくないという話。

25

25.

  • 2024年06月07日 12:46
  • ID:YpHxHi3v0 #
26

26. 匿名処理班

  • 2024年06月07日 16:28
  • ID:zBSypmr00 #

>>24
その範囲で気温が安定的に周期して、平均気温が基本的に低いまま保たれているのがレアなの
それ以前は平均として今より9〜14度程度気温が高い状態が平均値
人類は地球が氷期であり、安定した気候の中で進化してきた

27

27. 匿名処理班

  • 2024年06月07日 18:12
  • ID:EKGQPnPp0 #

>>11
「異常」「正常」って概念は最初から人間独自のものなんだから
「異常って言うけど人間の概念ですよね」ってのは同語反復でしかないよ

地球は何も感じないんだから「地球にとって異常か正常か」なんて問いの立て方は大して意味がない
人間が困るから異常気象って言い習わしてるって大前提が抜け落ちてる

28

28. 匿名処理班

  • 2024年06月08日 00:18
  • ID:k9vwrES80 #

>>26
地球の歴史の中ではその氷期・間氷期の変動すらなく
一定の気温がより長く続いた時代が多いということだよ。
現代ほど気温が低い時代が珍しいのは確かだけどね。
気温の低さと安定してるか否かはイコールではないので。

29

29. 匿名処理班

  • 2024年06月11日 17:12
  • ID:uPtk3PYf0 #

「200万年前」なのかは、南極の氷床コアの最古が200万年だからであって、現時点では氷床コアでの気温変化がそこまでは正確に追えるだけなんだよね
それ以前のデータは"海底堆積物"や地層や化石に含まれる放射性同位体や酸素同位体比での調査があり、「一定の気温がより長く続いた時代」なんてほぼないのよね

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links