AIロボットによる全自動頭部移植手術
 え?こういうやり方?公開された映像を見るとまるでSF映画の世界だ。にわかには信じられないのだが、10年以内にAIロボットによる全自動の頭部移植手術の実現を目指して、開発が進められているという。

 開発を行っているのは、分子生物学者ハシェム・アル=ガイリ氏が設立したドイツ、ベルリンを拠点とする新興企業「BrainBridge(ブレインブリッジ)」だ。

 ディストピアな世界観を持つアル=ガイリ氏の最新のアイデアは、AIロボットで脳と体をつなげるというもの。

 その是非について議論する前に、まずはその内容を知っておこう。こういうのに慣れていない人は衝撃的なのかもしれないので、そこんところよろしくだ。

AIロボットによる全自動の頭部移植をもくろむ科学者

 イエメン出身の分子生物学者で、科学コミュニケーター、映画製作者・プロデューサーであるハシェム・アル=ガイリ氏(33歳)は、、2022年に「EctoLife」という人工子宮を利用した赤ちゃん製造工場を提案したことで物議を醸した人物だ。

 アル=ガイリ氏が現在開発を進めているのは、AIロボットを使って、全自動で頭部を丸ごと移植する手術である。
1

頭部を胴体から切断し別の胴体に

 イーロン・マスク氏のニューラリンクが可愛く思えるようなアル=ガイリ氏が設立した新興企業「BrainBridge(ブレインブリッジ)」の目的は、不治の病や重度の障害を負った人々に新たな人生を与えることだ。

 そのために、患者の頭部を胴体から切断し、そこへあらかじめ用意された新たな胴体をつなぐ。

 レシピエント(移植希望者)の頭部に、ドナーから提供された胴体をつなぐのだから、胴体移植の方が適切なのではと思えるが、アル=ガイリ氏本人が頭部移植と呼んでいるので、ここではそう呼ぶことにしよう。

 頭部移植手術を担当するのは、数本のアームを持つAIロボットだ。

 AIロボットは、血管・神経・筋肉といった重要な器官を損傷しないよう精密に頭部を切断する。

 次に体から切り離された脳の機能を維持しつつ、速やかに新たな胴体の脊髄・神経・血管へとつなぎ直す。
no title
 このとき、切断された神経細胞をくっつけるために、独自の化学接着剤とポリエチレン・グリコールが使用されるという。

 アル=ガイリ氏は、こうした自身の最新のアイデアをSNSで次のように喧伝している。
世界初となる頭部移植システムのコンセプト、ブレインブリッジを発表できることを大変嬉しく思います。

先端ロボット工学と人工知能を統合し、頭部と顔面の完全な移植手術を実現します

10年以内に最初の手術を予定

 どことなく不穏さを感じさせるアイデアだが、その目的は真っ当なもの。

 末期がん・麻痺・難治性の神経変性疾患のような、現在では治療不可能な病気に苦しむ患者に新たな希望をもたらすことだ。

 アル=ガイリ氏はすでにロードマップを提示しており、最初の手術は8年後を予定しているとのこと。このチャレンジを成功させるために、ブレインブリッジは最高の人材を採用していくそうだ。

 ただいきなり頭部移植が行われるわけではなく、まず脊髄手術からスタートし、それから頭部移植事業に移る構想であるようだ。
Head Transplant Machine – BrainBridge

 頭と胴体の移植を実行しようと考えたのはアル=ガイリ氏が初めてではない。

 イタリアの医師セルジオ・カナベーロ氏は、この医学的なチャレンジに挑み、2017年に少なくとも遺体を使った頭部移植には成功した。

本当に実現可能なのか?

 なおブレインブリッジは、頭部移植だけでなく、若返りのような手術も計画しているようだ。若いドナーからもらった顔や頭皮の移植をして、その機能や容姿を回復しようというのだ。

 若い組織にこだわるのは、なにも美しさのためではなく、拒否反応のリスクを軽減するという狙いもあるそうだが、どことなくディストピア感がただよう話だ。

 そもそも胴体をどこから調達するのかという疑問もある。

 ブレインブリッジによれば、脳死患者のドナーを探すとのことだが、内臓だけでなく、身体も他人に渡していいという人(やその家族)はどれだけいるのか?

 いずれにせよ、ダークなSF映画のネタはまだあるということであるようだ。

References:BrainBridge – The World's First Head Transplant Machine Concept / Video: Head transplants performed by robots planned within the decade / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
冷凍した人間の脳組織を解凍した後も正常に機能する技術開発に成功


電脳化:人間の心をコンピューターにアップロードする未来はいつくるのか?


ラットに移植した人間のミニ脳が見事に結合。視覚刺激に反応


ついになのか!?世界初となる人間の遺体を使った人体頭部移植に成功したと公式発表


世界初の人工子宮施設のコンセプト映像が公開。年間3万人の赤ちゃんが送り出される

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年05月25日 22:16
  • ID:0yoc5Mih0 #

本当にこの手術が可能ならば、人間の前に動物で実験が行われているはずだ
しかし現在までに脊椎動物で頭部交換手術が成功したという事例は聞いた例がない
だから実現するにしても、数十年は先のことになるだろう

2

2.

  • 2024年05月25日 22:56
  • ID:ESb2pfKp0 #
3

3.

  • 2024年05月25日 22:58
  • ID:ESb2pfKp0 #
4

4. 匿名処理班

  • 2024年05月25日 23:13
  • ID:Mu.kAYzC0 #

写真だけでトラウマになるわ

5

5. 匿名処理班

  • 2024年05月25日 23:42
  • ID:SXleTVpj0 #

培養技術も上がってるだろうから、ドナーを待たずとも自分の細胞から若い体を作って乗り換えたりしそうだな。

6

6. 匿名処理班

  • 2024年05月25日 23:47
  • ID:oMV.wcTL0 #

脊髄をどう繋げるかだよな。神の領域に近いんじゃないの。しかし頭部切り離した時点で死ぬかと思ってた。

7

7. 匿名処理班

  • 2024年05月25日 23:59
  • ID:xtxOPQTq0 #

こんなん人身売買加速するじゃん…

8

8. 匿名処理班

  • 2024年05月26日 00:04
  • ID:QpAJRsaL0 #

核エネルギー黎明期にはラジウムが入った飲料があったのと同じで、今はAIって付けとけばほう!すげぇじゃん!行ける気がする!っていう時期だからスポンサー集めるためにこの手の話題はしばらく尽きないだろうな

9

9. 匿名処理班

  • 2024年05月26日 01:14
  • ID:B1YGsXYC0 #

ヒヱ〜こわE〜

10

10. 匿名処理班

  • 2024年05月26日 02:02
  • ID:sfkRj7lQ0 #

頭部移植はともかく、執刀医はできるだけ早くロボットに置き換わって欲しいと思う
地雷外科医に当たって人生終わりたくない

11

11. 匿名処理班

  • 2024年05月26日 03:07
  • ID:pXfsGmow0 #

できない理由を探しているから
不可能なことに挑戦しているとしか見えない

全自動頭部移植手なんて夢見ないで
献血自動ロボットから始めればいいのに

12

12. 匿名処理班

  • 2024年05月26日 03:54
  • ID:jhuo..uV0 #

AI万能説すぎる...

13

13. 匿名処理班

  • 2024年05月26日 05:33
  • ID:5ntiMFDW0 #

>>6
90年代では不可能に近かった脊髄手術も現在では
高度な技術を持つ医師なら可能になってるので
医療技術はすげえ進化してる
なので今は神な領域も20年後実現しても不思議でない
第一注射で歯の再生できる技術確立したし、ホント
何が実現するのかわからんし楽しみだ

14

14. 匿名処理班

  • 2024年05月26日 06:44
  • ID:GUDN730w0 #

この技術が実用化されれば事故や病気により胴体に障害を持つ患者の希望となり得るだろうし、性転換にも役立つだろう
※異性間で胴体を移植した場合にちゃんと機能するのだろうか?という疑問は残るが

あと過去記事にもあるような人格の変化の影響も気になるところ
>臓器移植後に性格が変わることがある。いったいなぜなのか?
https://karapaia.com/archives/52331928.html

15

15. 匿名処理班

  • 2024年05月26日 08:06
  • ID:n29u0HGM0 #

>>1
過去、犬で何例かあり

近い将来は、中東やアジアの大金持ちが、闇で実施して延命するんだな。 トラ◯プさんとかも延命したそうだな

16

16. 匿名処理班

  • 2024年05月26日 08:06
  • ID:rM38ubNW0 #

でも健康な身体は欲しいなぁ〜
失って初めて判る健康の大切さ

17

17. 匿名処理班

  • 2024年05月26日 08:29
  • ID:SVwVbyYR0 #

なんだろうか…、本当にこの方式を推し進めたいなら、このプレゼン動画は逆効果じゃないだろうか? それともそれが狙いなのか?

18

18. 匿名処理班

  • 2024年05月26日 08:41
  • ID:3W9DB6Ko0 #

散髪屋さんが減って来てるから、そっちの方に応用してくれんかなぁ

19

19. 匿名処理班

  • 2024年05月26日 09:58
  • ID:PFMScn230 #

この映像、椅子取りゲームに見えてしまう(身体の方が椅子)

20

20. 匿名処理班

  • 2024年05月26日 10:02
  • ID:bQ.vaFzP0 #

神経網は一つの設計プランに基づいて規則的に施工される近代ビルの配線ではなく時代ごとに別々の目的で異なる業者によって付け足された古アパートの配線みたいなものだから他人同士の頭と体で正確に繋ぎ合わせるのは不可能だと思う。実際に試作されている脊髄損傷患者のために脳波を解析して筋肉を操作する装置みたいな物のほうがAIを活用できるし現実的ではないか。

21

21. 匿名処理班

  • 2024年05月26日 12:32
  • ID:3W9DB6Ko0 #

🤖「頭後ろ向きに付けたろ」

22

22. 匿名処理班

  • 2024年05月26日 13:46
  • ID:JWJRuR7o0 #

これ100%無理
投資詐欺かもそもそも
>切断された神経細胞をくっつけるために、
>独自の化学接着剤と
>ポリエチレン・グリコールが使用されるという。
こんな物質聞いたことも見た事も無い
もしもこんな物が開発されてたらその段階で
大ニュースになるノーベル賞級の発明だよ。
だいたい臓器移植用の体の段階で問題ありすぎ
倫理的にもだけど人身売買か植物人間を使用するとしても
そうなるとこの技術は植物人間の「再生用」使える技術だ
明らかに矛盾してるぞ。

23

23. 匿名処理班

  • 2024年05月26日 14:33
  • ID:n0rGd.rk0 #

何のために?取り替えてどうなるの?

24

24. 匿名処理班

  • 2024年05月26日 16:26
  • ID:YbJJXdVf0 #

>>23
先天的に手足がないとか事故とかで身体の大部分を損傷した人が、手術で五体満足な体を手に入れることができるかもよ?という話。

25

25. 匿名処理班

  • 2024年05月26日 17:27
  • ID:3W9DB6Ko0 #

首の据替って、会社組織じゃあるまいし

26

26. 匿名処理班

  • 2024年05月26日 17:41
  • ID:X6K659Rg0 #

その発想に行き着く動機はわからんでもないが、
頭部移植よりは、iPS細胞から臓器を再生するほうが実現可能性がありそうなところまで来ているし
倫理的にもセーフってならんかね・・・

27

27.

  • 2024年05月26日 20:10
  • ID:KsFOGwIZ0 #
28

28. 匿名処理班

  • 2024年05月26日 21:11
  • ID:gBMzZzxi0 #

>>22
俺も怪しいと思ってグーグルスカラーで調べてみたが、少なくとも記事中にあるセルジオ・カナヴェーロという医師は実在するし実際に論文も出している
論文の中ではポリエチレングリコールが切断された神経の再生を促すこと、ある種の多糖が組織の接着を行えることについてはきちんと検証されていて、脊髄を切断された豚が歩けるようになっていた。
この技術を「GEMINIプロトコル」と呼び、それを使った頭部移植を『プロジェクトHEAVEN』と称している。さすがに厨二が過ぎる。

29

29. 匿名処理班

  • 2024年05月26日 22:05
  • ID:1hDzaIRJ0 #

こんなクソ技術のお世話になる前に安らかに逝きたい

30

30. 匿名処理班

  • 2024年05月26日 22:05
  • ID:n0HcTept0 #

それより生命維持機能を持つロボ胴体にヘッドオンした方が良さそうな気が。
ヘッドマスターズ的に考えて。

31

31. 匿名処理班

  • 2024年05月26日 23:02
  • ID:n29u0HGM0 #

>>28
調べた28すごい、ありがとうございます

32

32. 匿名処理班

  • 2024年05月26日 23:32
  • ID:894VWq090 #

>>11
中国で、採血だか注射だかの全自動ロボやってたような。
AIで血管の狙い目を探して、
針抜いた後のガーゼパッチ貼り付けもペタッとやってた。

33

33. 匿名処理班

  • 2024年05月27日 01:50
  • ID:zEEMoZcT0 #

>>5
自分の細胞から乗り換え可能なサイズの若いドナーを作るのに十数年かかるから
子供の頃からボディを作らないといけないし、外見だけでなく内臓や筋肉も
すぐ使用可能な状態にしないといけないから、ドナーを普通に育てる必要がある。
つまり年下の双子となる。兄姉を活かすために弟妹を処〇することが出来るかどうか?
そんな手間暇をかけるなら、体形の似た若い他人を使う方が効率的だと思うよ

34

34. 匿名処理班

  • 2024年05月27日 06:14
  • ID:BksYXubd0 #

体の交換って逆アンパンマンになれるのか…

35

35. 匿名処理班

  • 2024年05月27日 10:53
  • ID:Vm4PoaQ60 #

脳だけ作らないように調整されたクローンなら倫理的にもOKかな
まあ脳も老化するから不老はまだ無理かな

36

36. 匿名処理班

  • 2024年05月27日 13:09
  • ID:rukaNuGV0 #

新しい体はどこから調達するのかな怖い怖い

37

37. 匿名処理班

  • 2024年05月27日 15:00
  • ID:13cTvfKP0 #

こんな見るからにヤバい手術より、まず普通の手術からやらせようよ

38

38. 匿名処理班

  • 2024年05月27日 17:47
  • ID:vQgoafte0 #

>>11
献血や散髪ロボットなんて金にならないが、
胴体つけかえて老いや病から逃れられるならいくら積んでも構わないって大富豪はいくらでもいる
そういうこと

39

39. 匿名処理班

  • 2024年05月28日 00:23
  • ID:mHLch.Td0 #

>>34
アンパンマンは、押しのけられて交換されていった顔達に人格とかはなかったのかが、気になる。あの顔達は…

アンパンマンの人格や心は顔や頭部にはないとするならば、あの子供達を安心させるアンパンマンの笑顔は腹話術なのか

40

40. 匿名処理班

  • 2024年05月28日 00:27
  • ID:mHLch.Td0 #

>>35
脊椎動物は頭部の初期発生なしに体幹以下も形成されない。
ということは、もともと頭部のない動物、無頭類のヌタウナギとかメクラウナギとかを大型化して使い、頭に繋げれば、問題ない。人魚の正体はこれだったのか

41

41.

  • 2024年05月29日 13:06
  • ID:iuvjffUG0 #
42

42. 匿名処理班

  • 2024年05月29日 18:14
  • ID:BhT5g.w.0 #

>>4
とんでもない犯罪が増えそうな予感……

43

43.

  • 2024年05月29日 18:15
  • ID:BhT5g.w.0 #
お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links