臓器移植後に性格が変わる理由
 臓器の移植手術を受けたら、患者の性格が大きく変わった。こんな話を信じるだろうか?だが実際にそれは起きているようだ。

 心臓を移植されてクラシック音楽に夢中になった元クラシック嫌いの患者、17歳の少年の心臓を移植されてから、ヘッドホンで大音量の音楽を聴くようになった中年男性など、臓器移植で性格が変わったというケースは数多く報告されている。

 最近の研究によるなら、心臓移植を受けた患者の性格が変わるのは、わりと普通にあるのだという。しかも心臓だけでなく、どんな臓器の移植でも起こりうるようだ。

 この不思議な現象はなぜ起きるのか?英国ランカスター大学の臨床解剖学者アダム・テイラー氏が説明してくれた。

臓器移植後に性格が変化する理由

 臓器を移植されて性格が変わるという話が本当なのだとして、原因としては何が考えられるだろうか? それは少なくとも魂が乗り移るといったスピリチュアル的なことではない。

 テイラー氏によれば心理的な要因と生物学的な要因の2つが考えられるという。

 心理的な要因としては、例えば、急死に一生を得たことで人生観が変わり、その人の性格を明るくなることもある。反対に罪悪感などのせいで、心が暗くなることもあるだろう。

 さらにこうした性格の変化は、生物学的な影響を受けている可能性もあるようだ。

 移植された臓器は、それぞれの居場所で、それぞれの役割を果たす。だがそれだけでなく、ホルモンやシグナル分子を放出することで、体内の他の場所にも影響を与えている。

 例えば、移植による性格の変化がよく見られるという心臓なら、「心房性ナトリウム利尿ペプチド」や「脳性ナトリウム利尿ペプチド」などのペプチドホルモンを放出し、腎臓に作用して体液のバランス調整を助けている。

 また心臓には、「闘争・逃走反応」を司る脳の「視床下部」を抑える役割もある。そして視床下部は、生体システムの恒常性から気分まで、あらゆることに関与している重要な部分である。

 つまり移植された臓器は、そこから放出する物質によって、移植を受けた患者の気分や性格を変えられると考えられるのだ。

 実際、心臓移植をするとナトリウム利尿ペプチドの値が高くなったまま、二度と下がらないことがある。

 テイラー氏によれば、それは手術による傷への反応が関係しているが、一方でそれがすべてではないだろうという。
iStock-851099598
photo by iStock

記憶は脳以外の体の中にも保存されている可能性

 性格に関係するものとして、それまでの体験や知識のデータ、すなわち記憶があるだろう。

 記憶は脳に保存される。だが、そもそも記憶とは、神経細胞と神経細胞がお互いにインパルスを伝え合い、特殊な化学物質(神経伝達物質)が交換されるという神経化学的なプロセスだ。

 こうした神経の働きが、脳以外の場所に保存されることはないのだろうか?

 例えば、移植手術のためにドナー(臓器を与える側)から摘出された臓器には、その機能を司る神経がまだ残っており、手術から1年後には部分的に回復しているという証拠がある。

 ならば臓器移植によって、そうした神経化学的な働きがレシピエント(臓器をもらう側)の神経系に取り込まれ、それがその人の性格に影響することもあるかもしれない。

 実際、ドナーの細胞は移植先の体を巡っており、手術から2年がすぎたレシピエントの体からドナーのDNAが発見されたこともあるという。

 こうした細胞やDNAは、レシピエントの免疫系を刺激する。免疫による長期的な軽い炎症は、外向性や良心性といった性格を変えることが知られている。

 これが臓器移植による性格の変化の原因の1つとも考えられるかもしれない。
iStock-1360684386

性格が変わる原因や仕組みを解明するには更なる研究が必要

 臓器移植によって性格が変わる原因や仕組みは、まだはっきりしたことはわからない。

 だが、手術の内容やその影響をきちんと理解することは、患者にとってとても大切なことだ。だから、この不思議な現象をもっと研究する必要があるのだそうだ。

 この研究は『Transplantology』誌(2024年1月11日付)に掲載された。

References:Can an organ transplant really change someone’s personality? / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
肌の色が違う男性からの両手移植手術を受けた女性、手の色が自身の色に変化(インド)


頭に鉄棒が貫通したものの奇跡の生還。だが大幅に人格が変化した神経科学分野で最も有名な「フィネアス・ゲージ」


血の呪い?人間の犯罪者の血液から採取した抗体をマウスに注入すると攻撃性が増すことが判明(スウェーデン研究)


肌の色が違う男性からの両手移植手術を受けた女性、手の色が自身の色に変化(インド)


便微生物移植で自閉症スペクトラム障害の子供の症状が緩和されていることを確認(米研究)

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年05月24日 08:16
  • ID:BSzaSzYD0 #

ホルモンバランスが変わったんやろな

2

2. 匿名処理班

  • 2024年05月24日 08:36
  • ID:ZjjiyQIv0 #

移植なんてしないでもちょっとした体調不良レベルのホルモンバランスの乱れで人が変わったようになったり、存在しない記憶作り出したりする人なんて珍しくもないしね
内臓移植レベルで体が変わっちゃったら色々とダイナミックに出るのも納得だわよね

3

3. 匿名処理班

  • 2024年05月24日 08:41
  • ID:EJ9o8Q.u0 #

ゲーミングバソコンがチカチカと光るのは、反射神経のドーパミンが多い人ほど光の明滅に興奮するから、であるらしい。
ということは、何かの理由で脳内ドーパミンの量が増えたなら、誰でも光の明滅を気持ちよく感じるようになるのかもしれない、ということだな

4

4. 匿名処理班

  • 2024年05月24日 09:08
  • ID:BUCcMJPQ0 #

私は性格変容の原因は複数ありそれが絡み合い、臓器によっても(治療期間や部位、浸食度なども)差異が出ると思う

ホルモンはありうる
心臓もホルモン器官だし、腎臓は副腎部からアドレナシンを…

心理的な影響もある
「重篤な状態から戻る」とある種のカタルシスがある
ICUを出た人(あるいはかつてあったインシュリンショック療法)は性格が変化することが多々見られる

あと「筋肉に記憶が宿る」という説
ハワイアンカフナにこの考えは古来からあった
この記事では神経パターンを取り上げてるが、感情などの長期記憶は化学物質として筋肉に残っているではないか?

以上

5

5. 匿名処理班

  • 2024年05月24日 09:37
  • ID:7u2x1Dhw0 #

単純な話、材料が変われば演算結果も変わるって事なのかもね

6

6. 匿名処理班

  • 2024年05月24日 09:41
  • ID:1lld.KAa0 #

難産で大量出血をした人が大量輸血をしたら、大好きだった炭酸飲料を全く飲みたくなくなった、好みが変わったという話を聞いた。
私も難産で大量出血、輸血をしたので何かあるかと思ったけど、特になにも…
個人差があるのかな。

7

7. 匿名処理班

  • 2024年05月24日 09:44
  • ID:97Z37.ta0 #

性格なんてホルモンバランスとか自律神経視聴とかで変わるからな
そりゃ臓器移植して免疫がどうとかなりゃおかしくもなるだろ

8

8.

  • 2024年05月24日 10:31
  • ID:pxnKRlS40 #
9

9. 匿名処理班

  • 2024年05月24日 10:57
  • ID:tC0e8SFN0 #

脳が全てを掌ってるわけじゃないんだね(´・ω・`)身体もまた個であり全。本当に調子の良い時は身体の隅々まで元気なのかも知れないね

10

10. 匿名処理班

  • 2024年05月24日 11:14
  • ID:..CX.vzp0 #

どうなんだろうね
そんな漫画もあったな
心理的なものだと思うけど
その人の臓器で救われた自分の命だからみたいな気持ちもあるだろうし

11

11. 匿名処理班

  • 2024年05月24日 11:29
  • ID:QtXbCQsP0 #

記憶じゃなくて部品一つ買えたら全体バランスが変わるだけだろう

12

12. 匿名処理班

  • 2024年05月24日 11:29
  • ID:M3M04Nuz0 #

心は内臓に影響を与えて
内臓は心に影響を与えるっていう
脳腸相関って用語が医学用語にあるぐらいだしね。

13

13. 匿名処理班

  • 2024年05月24日 12:02
  • ID:XB.XmbR00 #

臓器移植を受けた患者が嫌いだった食べ物が移植術後に急に好物になったのが、その食べ物は臓器提供者が好んで食べていた食べ物だったという事例もありますよね。
カラパイアの過去記事でも以下のような事例があったり↓

>とても不思議なケースでは臓器移植を受けた8歳の少女が「ドナーが殺害される」夢を毎晩見ると言うもので、実際にこのドナーは殺されており、警察は彼女の証言からドナーを殺害した犯人を突き止めたと言う。

えっ?こんなことでも??あなたの性格ががらりと変わる7つの経験 : カラパイア
https://karapaia.com/archives/52196715.html#entry

14

14. 匿名処理班

  • 2024年05月24日 13:42
  • ID:fdw3s9940 #

重要な部位ほど大元に影響を与える可能性は大きくなるんだろうね
仮に脳を取り替えれば、と考えると納得
臓器に限らず服や住環境から怪我まで全てが意識に干渉してるんだもんなぁ

15

15.

  • 2024年05月24日 14:08
  • ID:v5Jb2Yqg0 #
16

16.

  • 2024年05月24日 14:22
  • ID:EzWlenC30 #
17

17. 匿名処理班

  • 2024年05月24日 16:53
  • ID:.CGOY7Ny0 #

体調不良でやる気でないときと、元気が出た後じゃ全然違うと思うやw
ワイも長年の体調不良が子宮の病気が原因の貧血だったのが手術で改善したら動けるようになった
それまでは怒る気力すらわかない穏やかだった人が、怒れるほど体力が出てきたw

18

18. 匿名処理班

  • 2024年05月24日 16:53
  • ID:6imdc3Vi0 #

移植なんか大それたことしなくても親知らずを抜く程度でも性格変わると思うが
あと体調不良の原因がなくなっても変わるだろうよ

19

19. 匿名処理班

  • 2024年05月24日 19:00
  • ID:c41q9BdA0 #

性格が変わるってだけならそこまで不思議じゃないけどもともとの臓器の持ち主の好みに変化するのがマジで不思議だ

20

20. 匿名処理班

  • 2024年05月24日 19:16
  • ID:.UKcbNBZ0 #

脳みそを別の体に移植しても、そのまま同じ性格同じ人間が構成されるわけもなく、脳も変化を起こす、ということだな
培養した自分の細胞で構成したものを移植した場合も、やはり変化は起こるのだろうか?

21

21. 匿名処理班

  • 2024年05月24日 20:17
  • ID:iPxUOrHF0 #

非科学的だけど
魂とかあるかもね

22

22. 匿名処理班

  • 2024年05月24日 21:15
  • ID:xNcSHjCj0 #

臓器と言っていいかわからないけど、骨髄移植のドナーをしたことがあります。
最終的にはその人の血液は、血液を作る細胞が私由来なのでだんだん入れ替わって私と同じ血液になるそうです。性格とか何か変わったかな。

23

23. 匿名処理班

  • 2024年05月24日 23:03
  • ID:ren9J7HB0 #

豚の心臓を移植した死刑囚は豚の心を得たのかな

24

24. 匿名処理班

  • 2024年05月25日 01:33
  • ID:ZnKQ2fwP0 #

例えば心臓が弱いものに変わった場合ショックを受ける事に敏感になる
例えばホラーなんか嫌いになったり常に周りを気にするようになったり
それが胃腸なら食に対して冒険しなくなったり性格が変わるってことだろうな
血液型占いなんかも同じでそれによって免疫の質が違うので行動パターンや性格の違いが表れる

25

25. 匿名処理班

  • 2024年05月25日 04:09
  • ID:wbeRpILN0 #

>>23
亡くなっちゃったよね。
yahooニュースで先日記事に成ってたよ。

26

26. 匿名処理班

  • 2024年05月25日 06:44
  • ID:6UwJKqDl0 #

>>22
血液型か変わるとか

27

27. 匿名処理班

  • 2024年05月25日 15:52
  • ID:8QKIi.dD0 #

>>19
それは偶然じゃね?
ホルモンバランスで糖分や脂肪に関する嗜好性はいくらでも変わるだろうし、免疫反応で全身に軽い炎症が続いてるなら音楽とかの外部刺激に対する感想も変わるかもしれないし。
人生観や体の運動性能が変われば、趣味の変化もありうる
その数多い好き嫌いの変化の一つでもドナーの嗜好と一致したら「同じになった!」って言ってるんじゃないかと思う

28

28. 匿名処理班

  • 2024年05月25日 21:45
  • ID:BTNfdqdv0 #

「テスカトリポカ」をちょうど読んでるところだった

29

29. 匿名処理班

  • 2024年05月25日 22:20
  • ID:kqju4NNu0 #

>>11
今のコンピューター制御の車も下手に修理や部品交換すると大変なことになってしまうしな

30

30. 匿名処理班

  • 2024年05月26日 16:33
  • ID:dQYeilIN0 #

PCのパーツを一部入れ替えたら別PCとして認識されるようになったとか、シード値が変わったとか、そんなイメージ

31

31. 匿名処理班

  • 2024年05月26日 19:47
  • ID:7ltiXxMj0 #

>>27
偶然にしてか不可思議じゃね?
実際にあった例だとコーラを全く飲まなかった人が移植したらコーラ大好きになった。元臓器の持ち主はコーラ好きで毎日コーラを飲んでいた。とか…
ピンポイントでコーラを好むようになるってやっぱり納得できないわ

32

32. 匿名処理班

  • 2024年05月26日 23:07
  • ID:894VWq090 #

>>31
>ピンポイントでコーラ

「炭酸飲料(甘味あり)」の代名詞がコーラだから、
「コーヒー」「紅茶」レベルにはそこそこメジャーで
例えば「はっさくジュースが好きになった」
「ミルクセーキを毎日飲むようになった」って程の
ピンポイント感は無いかな…。

あと、どこの国の人か知らないけど、
もしアメリカ人とかなら、
日本でいう「麦茶」レベルで
食事や喉が渇いたときに普通に常用している人も結構いたり。

33

33. 匿名処理班

  • 2024年05月27日 08:31
  • ID:zzGQldmB0 #

>>32
炭酸飲料じゃなくてコーラを好むようになったんだよ?
もともとコーラを飲む人がより飲むようになったわけでもなく全く飲まなかった人がだよ?
…まあ、否定したいならそれでもかまわないけど…

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links