かつて火星には地球と似た環境があったことがNASAの調査で明らかに
 今から数十億年前、太古の火星は、今よりもずっと水が豊かな世界だったと考えられているが、それを裏付ける新たな証拠が、かつて湖だったとされるクレーターの中から発見されたそうだ。

 NASAの火星探査車「キュリオシティ」が発見したその証拠とは「酸化マンガン」だ。それが示しているのは、かつて火星には酸化をうながす環境があったということだ。

 もしや火星の原始大気には酸素が豊富に含まれていたということなのだろうか? そしてそれは生命活動によって作られた?

 確かなことはわからない。だがいずれにせよ、酸化マンガンは大昔の火星が意外なほど地球に似ていた可能性を示している。

火星のクレーターの底に高濃度の酸化マンガンを発見

 火星に到着して12年目を迎えるNASAの探査車「キュリオシティ」は、現在、古代の湖の跡地だったと考えられているゲールクレーターで調査を進めている。

 様々な科学機器が搭載されており、そのミッションは「過去と現在の火星における、生命を保持できる可能性について調査する」ことだ。

 米国ロスアラモス国立研究所の研究チームが、科学機器の1つであるChemCamが収集したデータを分析したところ、ゲールクレーターの底の堆積物に、意外なほど多くの「酸化マンガン」が含まれていることが判明したのだ。

 酸化マンガンがあるということは、そこに強い酸化環境があったということだ。ということは、太古の火星には酸素たっぷりの大気があったのではないだろうか?
1
今の姿からは想像できないかもしれないが、ゲールクレーターは数十億年前は水の豊かな湖だったと考えられている / image credit: NASA/JPL-Caltech/MSSS

なぜ火星に酸化マンガンが?

 ロスアラモス国立研究所のパトリック・ガスダ氏は、「火星の地表では、そう簡単に酸化マンガンは形成されません。水面と陸地の境界に積もった堆積物からこれほど高濃度の酸化マンガンが発見されるとは予想外です」と、プレスリリースで述べている。

 ここ地球では、酸化マンガンを含んだ堆積物はどんどん作られている。

 というのも、植物や微生物の光合成のおかげで地球の大気は酸素たっぷりなので、それによってマンガンの酸化がうながされるからだ。

 もちろん、今のところ火星で生命の存在を示す証拠は見つかっていない。また、大昔に酸素が豊富な大気を作り出しただろう自然現象が起きたという証拠もない。

 そのため、クレーターで発見された酸化マンガンがどうやって作られ、そこに溜まってたのか、などついてはまだ謎のままだ。
この発見は、火星の大気や地表の水で起きているより大きなプロセスを指し示しています。火星での酸化を理解するには、もっと研究を進めねばなりません(ガスダ氏)
2
ゲールクレーターを調査するキュリオシティ

かつての火星は地球によく似た環境だった可能性

 地球の酸素は植物や微生物が作っているが、火星の酸化を引き起こしたものが生物によって作られた酸素とは限らない。

 キュリオシティの発見が伝えているのは、少なくともマンガンを酸化させる何かがあったということで、生命活動が関係していない可能性もある。

 酸化マンガンは、湖の水によって作られたのかもしれない。砂の中を流れる地下水によって作られた可能性もあるし、元々その場所にあったものが地下水によって変化した可能性もある。だがいずれにせよ、金属を酸化させる必要はある。

 ロスアラモス国立研究所のニーナ・ランザ氏によるなら、クレーターの岩石から明らかになったゲール湖の状況は、かつてそこが現在の地球と驚くほどよく似た居住可能な環境だったろうことを伝えているという。
マンガン鉱物は、地球では湖の浅瀬の酸素を含んだ水によく見られるものです。太古の火星に、このような特徴が見られるのは驚くべきことです
 この研究は『Journal of Geophysical Research: Planets』(2024年5月1日付)に掲載された。

References:New findings point to an Earth-like environment on ancient Mars / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
火星で発見された炭素は、生命の活動により生成された可能性


火星には「オパール」の原石が大量に存在することが判明


火星のジェゼロ・クレーターは間違いなく湖だったことが判明。さらには豊富な有機物も検出


スタートレックファン胸熱。火星で宇宙艦隊の紋章そっくりの岩が発見される


火星の地表からニョキッと生え出た謎の物体が発見される

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年05月06日 20:24
  • ID:0bG6Kbcd0 #

太陽風などの宇宙放射線で水分子が分解されて
先ず軽い水素原子が火星から失われて
一時的に酸素濃度が高まった
という線もありそうだ

2

2. 匿名処理班

  • 2024年05月06日 20:36
  • ID:zeruFD8j0 #

夢あるな
微生物の痕跡だけでも見つかってくれたら俺の人生の目標のひとつが完了するんだが
地球外生物はいるはず

3

3. 匿名処理班

  • 2024年05月06日 20:42
  • ID:.jNctT3f0 #

仮に火星に文明があったとしても
1万年経過しただけで地形が変わり
埋もれてしまうから結局のところ
1年以上発掘調査しないと
わからないよな生命の痕跡もしかり

4

4. 匿名処理班

  • 2024年05月06日 20:53
  • ID:VrF1zzi30 #

地球もいつかは火星の様になるのかな

5

5. 匿名処理班

  • 2024年05月06日 23:21
  • ID:wjXDFxfe0 #

>>4
何億年かすると海は無くなると言われてるね。
マントルの沈み込みで地球内部に吸収されてしまうとか。

6

6. 匿名処理班

  • 2024年05月06日 23:56
  • ID:rkFtrFCU0 #

矢っ張り未来の地球なのかもな

7

7. 匿名処理班

  • 2024年05月07日 00:15
  • ID:JiKUHnoH0 #

「我が民よ。もはや火星には獲物はいない。
 我らはこれより休眠し、いつの日か蘇ろう」

8

8. 匿名処理班

  • 2024年05月07日 02:17
  • ID:JmYYcLIS0 #

>>4
太陽は1億年ごとに1%明るくなり10億年後には地球の水は全て失われてプレートテクトニクスが停止する。すると二酸化炭素をマントルへ取り込むメカニズムも停止し二酸化炭素は火山活動で排出されるため増え続ける。海が蒸発した水蒸気も強力な温室効果ガスで、その他と一緒に働いて暴走温室効果が生じるため地球は金星を越える灼熱地獄になるという予想がされてる。

9

9. 匿名処理班

  • 2024年05月07日 02:20
  • ID:CGI6yMzz0 #

重力が小さくて、磁気も小さくて、大気や水蒸気を保持できなかったんかねえ

10

10. 匿名処理班

  • 2024年05月07日 07:21
  • ID:tR1JrFAh0 #

なんで地球より太陽に遠い火星の過去が地球と同じだったと仮定するんだ?

明白におかしいだろ

水金地火木とか知らない科学者が多すぎる

11

11. 匿名処理班

  • 2024年05月07日 07:55
  • ID:rleasiDO0 #

「火星は青かった」

12

12. 匿名処理班

  • 2024年05月07日 08:06
  • ID:I9HGLcS10 #

キュリオシティ酷使されすぎてないか、そろそろ次の送り込んでやれや

13

13. 匿名処理班

  • 2024年05月07日 08:38
  • ID:gFnZptNY0 #

キュリオシティってまだ動いてるのか!
確か予定は半年くらいだったよな
相方のオポチュニティはどうしてる?

14

14. 匿名処理班

  • 2024年05月07日 09:35
  • ID:i5wUSPhC0 #

ハレー彗星も氷の塊なんだから、辺りに水が豊富にあっても不思議じゃない
それよりどうして地球にだけ水が豊富に残ってるのだろうか?
もしかして、水が存在する確率って極めて低いんじゃないの?

15

15. 匿名処理班

  • 2024年05月07日 09:43
  • ID:mcI892Vv0 #

証拠も何も、かつての火星に沢山の人類が文明を築いて生活していたのは、100%事実なのだから、そういう痕跡があって当然でしょ!

16

16. 匿名処理班

  • 2024年05月07日 12:35
  • ID:mWHvdk.J0 #

タコ型のエイリアンがいたんだろ

17

17. 匿名処理班

  • 2024年05月07日 13:12
  • ID:rleasiDO0 #

>>16
そうそう、運河も有って

18

18. 匿名処理班

  • 2024年05月07日 13:14
  • ID:rleasiDO0 #

遊星爆弾でも飛んで来たんやろか

19

19. 匿名処理班

  • 2024年05月07日 13:39
  • ID:YEMxD3ys0 #

>>14
実はアステロイドベルトの内側の惑星では、太陽に近すぎて通常状態で表層の水は蒸発・消滅してしまうのだが、それより外側では氷塊としても生成される
ではなぜアステロイドベルトの内側にある惑星の表層に水の痕跡があるかというと、太陽系の成り立ちに理由がある(木星・土星の形成とそれによる"後期重爆撃期")
その中で地球に水が液体の形状で豊富に残ってるのは、サイズ(火星は星が小さく重力が弱い)と距離(金星は太陽に近すぎた)が適切だったから

何と申しますか…地球は確率的に当たりを引いた星ではあるのだが、調べると「神様?」とか言い出す奴が出ても不思議ではないw

20

20. 匿名処理班

  • 2024年05月07日 13:51
  • ID:LAz6J.xV0 #

>>16
よくご存知ですね。タコ型は穏やかな性格でした。他にも難しい学問が得意なヒューマノイドもいましたね。それから、鳥や恐竜のような雰囲気の奴らもいて、その方たちは競争心が強かったですね。

何故か懐かしく思います。

21

21. 匿名処理班

  • 2024年05月07日 15:39
  • ID:mcI892Vv0 #

>>17

判で押したように唯物論的な返信返ってくるのホンマ草。これこそカラパイアイズムw

22

22. 匿名処理班

  • 2024年05月07日 20:17
  • ID:mcI892Vv0 #

>>19

神(宇宙の兄弟たち)が地球での文明展開が相応しくないと判断したら、太陽の熱量を大幅に増やし、火星を適切な環境下にする。大昔の金星の文明の時は地球が今の火星のように寒かった。

太陽の調節によって水の采配は変えられる。

ROM専の皆さん、気を付けて、ここのコメント欄では本当の事を書くと異常者のように印象操作されます。私のように。Xやアメブロなどでも調べてみましょう。違う世界が見えますから。

23

23. 匿名処理班

  • 2024年05月07日 20:53
  • ID:g3I30U090 #

>>10
この場合の「地球と似た環境」というのは
「水や酸素が豊富」という点について言ってるのであって、
「何もかもそっくり」という意味ではないと思うよ。

24

24. 匿名処理班

  • 2024年05月07日 21:03
  • ID:58Y74TV00 #

>>14
エウロパやエンケラドスなどの天体では氷の表層より下に地球よりも深く膨大な水の層が広がっていると考えられているので、水に関しては地球が特別でも何でもない
惑星に限定すれば、確かに>>19 の示す通りに適度なサイズでハビタブルゾーンにある事が条件だが、それも特別にレアというわけでもない
既に太陽系外の星系で水があると推測されている天体は幾つも発見されている

従って、その程度で神だの奇跡だのを吹聴する事は不見識を疑われてしまうので注意

25

25.

  • 2024年05月07日 21:33
  • ID:mcI892Vv0 #
26

26. 匿名処理班

  • 2024年05月07日 22:07
  • ID:tR1JrFAh0 #

>>23
文章を全く理解してねえな

地球より太陽に近い金星が水や酸素がなくなるのは理解できるだろ

じゃあなんで、地球より太陽に遠い火星が地球より先に水や酸素がなくなるんだ?

27

27. 匿名処理班

  • 2024年05月08日 08:48
  • ID:eUes88XY0 #

>>26
火星は地球の四分の一の重力しか無く大気の保持力が弱い上に、地場は長続きせず消滅してしまったので太陽風によって大気が剥がされ、大気圧が無くなれば地表面の水は蒸発して水素と酸素に分解され大気とともに剥がされていく。
地球より質量がずっと小さい時点で火星の運命は決まっていた。

28

28. 匿名処理班

  • 2024年05月08日 15:59
  • ID:3TxXsIoK0 #

>>27
磁気圏の影響はこの少し前の記事
「5億9000万年前の地球の磁場崩壊が生命の多様化を促進させた」
でも取り上げられていたな。
地球で地磁気が2600万年間弱くなったせいで酸素濃度が上昇したという話だ。

火星では重力の弱さと磁気圏の永続的な消失で大気を保持できなかった。
もしも火星が地球並みに大きければ違う道もあったかもしれないが・・・

29

29. 匿名処理班

  • 2024年05月08日 17:14
  • ID:RZoRpCYh0 #

>>26
惑星の運命を決定づけるのが太陽との距離だけだと勝手に決めつけてるの
ごく控え目に言っても頭悪すぎる

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links