ハイキングで遭難する理由と対処法
 これからの季節、山登りやハイキングに出かけて道に迷ったり遭難したりといったニュースも増えそうだ。

 しっかり準備をして行ったつもりでも、迷う時には迷ってしまう。それが山の恐ろしさでもある。

 そこで今回は、アメリカの各国立公園の遭難・救助データベースをもとに「人間はなぜハイキング中に遭難するのかか?」「遭難したとき、生き延びるためにすべきことは?」という研究結果をご紹介しよう。

アメリカのデータに見る「ハイキングで迷子になる理由」とは

 この調査はアメリカでハイキングやキャンプのヒントなどを提供している SmokyMountains.comが発表したもので、アメリカの各国立公園で発生した、100件以上の救助データを元に、どのように遭難したハイカーたちが、どのように生還したのかをまとめたものだ。

 この研究によれば、ハイカーたちが遭難した原因は以下の通りである。
遭難の原因
・トレイルから外れた(41%)
・悪天候による(17%)
・トレイルからの転落(16%)
・グループからはぐれた(8%)
・怪我をした(7%)
・暗闇の中で迷った(6%)
・機器の紛失または故障(5%)
・その他(1%)
25152050_m_e
image credit:photoAC

遭難後、生還できた4つの理由

 遭難後、無事に生還できた要因は「暖をとれた」「避難場所の確保」「」「食料」の4つだという。

 サバイバーはどのように体温を維持したのかというと以下の通りとなっている。
体温はどうやって維持していたのか
・衣服(12%)
・火(10%)
・キャンプ用品(10%)
・犬を含めた仲間の体温(5%)
・身体を覆った(4%)
・身体を動かした(4%)
・地面を掘った(3%)
 カナダのブリティッシュコロンビア州に住むアネット・ポイトラスさん(56)は、犬の散歩中に転んで負傷し、動けなくなってしまった。彼女は3匹の犬と共に、3日間豪雨に耐えながら救助を待った。

 彼女が生き延びられたのは、愛犬たちが交代で彼女を温め、食べ物を見つけてきてくれたおかげである。

 最終的に愛犬の吠え声が捜索隊に彼女の居場所を知らせ、無事の救出に繋がった。
iStock-1220923480
photo by iStock
避難場所はどうしていたか
・キャンプ道具(テントなど)(11%)
・洞窟など(9%)
・木の下(8%)
・自分で作った洞窟やシェルター(8%)
・岩の間(7%)
・倒木の中(4%)
・土の中(3%)
 カリフォルニア州スコーバレーのスキーリゾートで、バックカントリーに出て道に迷ってしまったアラン・オースティンさん(45)は、ボーイスカウトで習ったことを思い出し、雪の中に穴を掘って2日間過ごした。

 穴の中には、断熱材代わりに松の枝を並べていたという。その後捜索に来たヘリコプターに発見され、無事生還することができたそうだ。
29455849_m_e
image credit:photoAC
水はどうやって確保したのか
・川など水辺(24%)
・雪や雨、水たまり(16%)
・携帯していた水(13%)
・自分の尿(6%)
・落ち葉や苔、草をなめて水分をとった(2%)
※一方で遭難者の9%は、救助されるまで水を摂取していなかったという
 ハワイのキラウエア火山の溶岩地帯で遭難したギルバート・デューイ・ゲードケさん(41)の場合は、暑さのために方向感覚も失いかけていた。

「脱水症状で死ぬくらいなら感染症のリスクを冒すほうがマシ」だと判断した彼は、苔に含まれた水を絞って喉を潤し、5日後に無事救助された。
食料はどこから手に入れたか
・携帯していた自前の食料(35%)
・木の実や果物など(9%)
・植物(9%)
・昆虫(3%)
・採集と狩猟(3%)
※ただし17%のハイカーは食料を持参していなかった
 キングスキャニオン国立公園で、落石により骨折したグレッグ・ハインさん(33)の場合は、安全な場所へ移動するために、持っていた装備をすべて捨てなければならなかった。

 彼はその後5日間、骨折の痛みに耐えながら、約2.6劼竜離を這いつくばってさまよい続けた。その間、途中で見つけた昆虫を何でも口に入れて命を繋いだという。

 最終的に彼が食べたのは、コオロギ2匹、蛾5〜6匹、大きなアリ8〜10匹、3〜4匹のコオイムシだった。
24940166_m_e
image credit:photoAC

 さらにこの調査では、遭難したときの行動についてもまとめている。
遭難した時、どんな行動をとったか
・移動を続けた(65%)
・その場にじっとしていた(35%)
どうやって生還したのか
・捜索隊に救助された(77%)
・自力で道をみつけて帰還した(23%)
 これを見ると、遭難を自覚した後も、歩き続けた人が多いことがわかる。とは言え、自分で正しい道を見つけ、自力で戻って来られるケースは少数派のようだ。

日本における遭難理由は?

 これはアメリカの国立公園でのデータだが、日本の場合はどうだろう。

こちらは山岳遭難者のデータだが、令和5年の遭難理由を見ると以下のようになっている。
・転倒(23.5%)
・道迷い(22.2%)
・病気(16.9%)
・滑落(13.1%)
・疲労(12.2%)
・その他(12.0%)
 どうやら転倒や滑落でケガをして動けなくなったパターンや、途中で体調を崩してしまったケースが多いようだ。

 たとえ難易度の低いコースでも、思いもよらない事態で動きが取れなくなることは、誰にでも、いつでも起こり得るのだ。
1
photo by iStock

山に行くなら事前の準備を万端に

 水と食料の用意は当然として、テントやエマージェンシーシートなど、雨風を防ぎ、暖をとれる装備も持って行こう。日本でなら使い捨てカイロや食品用の加熱パックなどもいいだろう。

 山の天気は変わりやすく、晴れだと思っていても突然風雨が襲ってくることもある。ずぶぬれになって身体が冷えると、低体温症にもなりかねない。傘は手がふさがってしまうので、レインウェアを用意するのがおススメだ。

 そして紙の地図とコンパス、懐中電灯もお忘れなく。スマホに慣れると頭から抜けがちだが、電波が届かなかったり充電が切れたりした場合、やっぱり頼りになるのはアナログなアイテムなのである。
4174493_m_e
image credit:photoAC

 日本列島を桜前線が北上中の今日この頃。外に出るのも心地好い季節になってきた。これからGWも来ることだし、山歩きに出かける機会もあるかもしれない。ぜひ十分な事前準備と体調管理をして、楽しいハイキングを!

References:Here's How People Are Getting Lost in National Parks — and What They Do to Survive, According to a New Study / written by ruichan/ edited by parumo

あわせて読みたい
負傷したハイカーを上空から救助していたヘリコプターにハプニング。ハイカーが宙吊り状態でクルクル回転(アメリカ)


登山で滑落したまま7日間遭難していた男性、寄り添い続けてくれた愛犬が心の支えとなり無事生還(イタリア)


海外の特定班グッジョブ!たった一枚の写真から遭難者の居場所を割り出し、無事救助につなげる(アメリカ)


半年間も行方不明になっていた女性が、国立公園で発見される(アメリカ)


キャンプ先で妻と飼い犬が忽然と失踪。4日後、無事発見したものの一体何が起きていたのか(アメリカ)

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年04月20日 15:26
  • ID:K1nUJltV0 #

高尾山ですらまぁまぁ人死んでるからね。
どんな低山でも最低限の物は持って行こうね

2

2. 匿名処理班

  • 2024年04月20日 15:28
  • ID:fAS7xxmH0 #

先輩たちが遭難した原因は「コンパス🧭を低く身体近くに構えて、バックルでこれが狂った」からだった
で尾根から間違えて降りたところで気づきすぐビバーク、真夜中過ぎに救出された

本来、顔の高さで身体から離して構えるものなんだが、天気が悪いとつい身体を丸めてこれが起きやすいそうだ

失敗を知っておくとそれを防げるから色々聞いておくといい、もちろん成功例も

私の代だとターフ下でバーナーつけて、大きな炎が上りターフが燃え上がったことが…成功例ってあまり残らないんだよね

3

3. 匿名処理班

  • 2024年04月20日 16:06
  • ID:7ziGjcBY0 #

死んでしまった人が何をしたのかのデータが取れない

4

4. 匿名処理班

  • 2024年04月20日 16:27
  • ID:vs5FAAG90 #

かしこい犬なら、犬に手紙を持たせて救助の要請する方法もあったろうに

5

5. 匿名処理班

  • 2024年04月20日 17:46
  • ID:5FhmN3oT0 #

>愛犬たちが〜食べ物を見つけてきてくれた
いったい何を見つけたのか気になる

6

6. 匿名処理班

  • 2024年04月20日 18:13
  • ID:g4LUrqIt0 #

取り敢えず用意されてる道は素直に使おうよ

7

7. 匿名処理班

  • 2024年04月20日 18:14
  • ID:SpDdVwBN0 #

素晴らしい記事ありがとう、多くの人に重要

>>1
高尾山の話怖いです、もう少し詳しくプリーズ。転落とか?マムシとか?
確かに転落しそうな場所あった

自分は西表島の山で、同行者が熱中症でへたり込み横臥していまい、恐怖の体験あり。もちろん電話は通じないし、その時腰いわしてたので背負っても降りられない。家族ではなく仕事で。
結局何事もなく帰れたが、思い出すたびに身震いする。

8

8. 匿名処理班

  • 2024年04月20日 18:15
  • ID:Z1BUTsiq0 #

ああ、そうなん?

9

9. 匿名処理班

  • 2024年04月20日 18:25
  • ID:nRLZtCh50 #

>>4
連れてきた犬が手紙をもって救助要請なんてありえない
そもそも犬を連れて登山する人が滅多にいない

10

10. 匿名処理班

  • 2024年04月20日 18:44
  • ID:vIW4koMW0 #

マジで海山川には行かない方がいいわ
死にに行く様なもんだ
自然は怖い

11

11. 匿名処理班

  • 2024年04月20日 19:19
  • ID:5FhmN3oT0 #

>>4
なにそのかいこい犬への絶対的な信頼
犬は訓練したことは出来るけど、(近くに他の人がいるならともかく)教えたこともない「人を探してこい」なんて指示通る訳なかろ

12

12. 匿名処理班

  • 2024年04月20日 19:46
  • ID:U5qqcEN40 #

>>7
【八王子市】低山でも登山届を。富士山より年間遭難者が多い高尾山。高尾警察山岳救助隊の出動が増えてます
八王子!地域ニュースサイト号外NETライター(八王子市)
2023/10/18(水) 12:01
観光地だからと山をなめているからだと思うよ

13

13. 匿名処理班

  • 2024年04月20日 20:51
  • ID:sGQW0Hkf0 #

笛と手鏡とエマージェンシーシートは100均で揃えられるので入れておいて損はないと思う

14

14. 匿名処理班

  • 2024年04月20日 22:09
  • ID:YMBDIW.10 #

>>11
犬は言語を解する、マジで
「誰か呼んできて」と言えば本当に呼んでくるからやってみ

15

15. 匿名処理班

  • 2024年04月20日 22:46
  • ID:SpDdVwBN0 #

>>12
ありがとう!なんと高尾山の怖さは国内トップクラスではないか

16

16. 匿名処理班

  • 2024年04月21日 07:47
  • ID:qbTeCfGJ0 #

太平洋戦争で飢餓から生き延びた兵士の体験談で
虫とか食べれるものは何でも食べたから生き残れた。
餓死した仲間を埋葬したり体力を使ったりした良い人は死んでいった
みたいな話を思い出したわ。

17

17. 匿名処理班

  • 2024年04月21日 08:13
  • ID:m0QPmnvg0 #

シェルター(安全な寝床)、ウォーター(水)、ファイヤー(煮炊きし暖を取る火)、フード(カロリー補給)

サバイバル界隈の人気者、エド・スタフォードやベア・グリルスが繰り返し口にするサバイバルの四大要素やね。

あと、日本の山では道に迷ったら沢に降りちゃいけない。
どうせ動くなら尾根に上がるべき。
沢に下りたら、最悪、戻ってこられなくなるし、捜索にも見つけてもらえなくなる。
ベアは番組のなかでよく川流れを実行するけど、あれも日本ではマネしちゃいけない。

>>2
失敗例こそが鑑ですわ。成功例よりも。

あと、高尾山は修験の山なのです。
ゆるいだけの山なわけがないのです。山は怖がりながら楽しみましょう。

18

18. 匿名処理班

  • 2024年04月21日 12:04
  • ID:Soj8r..w0 #

今は遭難時、高精度のGPS信号の便利な機器もあるし。昔より大分ましだな。

19

19. 匿名処理班

  • 2024年04月21日 12:47
  • ID:DiFLJTBI0 #

>>17 でも水がなくて死んじゃいそうな時は仕方ないよね?

20

20. 匿名処理班

  • 2024年04月21日 14:01
  • ID:LCYMA5e50 #

>>18
GPS座標がわかっても、遭難したことを伝える携帯電話が圏外ってことがあるよね
携帯電話を忘れてきてしまう、落として壊してしまう
バッテリーが少ない、寒さで使えなくなってしまう
なんて、1つの機械だけでトラブルのもとも増えてしまうから登山前の準備は万全を期す必要があるね

21

21. 匿名処理班

  • 2024年04月21日 20:04
  • ID:Vlk.opNB0 #

>>11
犬のことを何も知らないやつ

犬はお前が考えてるより100倍かしこい

22

22. じょん・すみす

  • 2024年04月21日 22:04
  • ID:ssvhu4.I0 #

とは言う物の、尾瀬沼のとある三叉路で帰り道がわからなくなって慌てた自分がいる。

23

23. 匿名処理班

  • 2024年04月22日 12:35
  • ID:tI3BHSR40 #

>>20
山登りやスキーヤーはNTTオンリーだった時期がある
中継器の多さや回線の広さがダントツだったから
いまでもつながりやすさは1位かもしれない
ドコモを選ぶのが安全かも(その他の性能はわからないけど)

24

24. 匿名処理班

  • 2024年04月22日 21:57
  • ID:DJCvIgkF0 #

コンパスとかナイフとかいわゆる「サバイバルギア」ってロマンの塊だから仕方ないのかも知れんけど、なんか使い方を知ろうともせん、身に付けようともせん、どっかの誰かが言ってる事を見聞きしただけで、理解した顔で扱う人多いんだよね。

だからフルタングの分厚い両刃の蛤刃サイコー、それ以外のナイフなんてサバイバルでは使えないねwだって強度弱いし薪割れないしってって感じな人多いんよ。コンパスも使い方一つ知らん人によっては要らんとか抜かす。方角のわからない山で北が分かったから何?って感じで。


達人級とは言わない、プロ級とも言わない、何ならアマチュア級とも言わない、さらにいえばサンデーキャンパー位とも言わん。せめて一ミリ程度の使い方位自分で体験して身に付けてから語れや。

せめて目印を定めて、それがどの方向にあるのかを確認する位の知恵出せ。なんでいきなり方角だけ知ってから考えるんだか。


25

25. 匿名処理班

  • 2024年04月24日 09:59
  • ID:uEIi5buR0 #

>>20
携帯電話のGPSが圏外でも使えることに気が付かなくて
気が付いたのが遭難して食料も尽きかけた頃ってのもある
運よく携帯電話が使える狭い場所を見つけることができたので
そこからの救助は簡単だった
でも、圏外に近い場所での携帯電話の使用はバッテリーを大きく消費することにも注意しないといけない
この件でも救助時にはバッテリーがゼロになっていた
ラインみたいなものもバッテリーを使うことを救助者を待つ側も忘れてはだめ

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links