カササギフエガラスのモリ―が当局から返還
 ちょうど1週間前、傷ついていた所を保護され、犬と大親友になった野生のカササギフエガラスのモリ―が、野生動物法に違反しているとして当局に引き渡されたというニュースをお伝えしたばかりだ。

 モリ―を保護してから、家族の一員のように接してきたジュリエットさんは、この出来事に心を痛め、悲嘆に暮れていたのだが、なんと事態は急展開を見せた。

 彼らの暮らすオーストラリア・クイーンズランド州の州首相のツルの一声で、モリ―はジュリエットさん一家のもとに戻ってくることになったんだ。

引き渡しから45日。モリ―が家に帰って来た!

 モリ―がDESI(クイーンズランド州の環境科学革新部門)によって連れ去られてから1週間。

 この間ジュリエットさんたちはありとあらゆる伝手をたどり、嘆願の署名を集めたりフォロワーたちにサポートを頼んだりして、モリ―を取り戻すためにできる限りのことをしてきた。

 さらにはクイーンズランド州のスティーブ・マイルズ州首相(元環境相)の官邸に直接働きかけ、メールやSNSへのコメントでモリ―の返還を訴え続けた。

 下は引き渡しから43日後、DESIから送られて来たモリ―の写真。久しぶりに見るモリ―の姿に、ジュリエットさんは涙を禁じ得なかったそうだ。

州首相の尽力で返還が決定

 その結果、なんと首相本人が自分のTikTokに動画を投稿し、「モリ―は家に戻ることになった」と公言したのだ。
 カササギフエガラスのモリ―について、その窮状を心配して連絡をくださった皆さまに、今日は素晴らしいニュースがあります。

 モリーの世話をしている人たち(ジュリエットさんとパートナーのリースさん)が、モリーを家に帰すために使用できる飼育許可プロセスが適応できることを環境省が特定しました。

 私は今朝、2人と話をしたところです。彼らは今日、環境省と協力して働いています。モリーをすぐに家に帰せるよう願っています。

 私に連絡やコメントをくれて、モリーを家に帰したいと言ってくれたすべての人たちに感謝します。

野生には戻せないとの判断もあった

 DESIが返還に同意した背景には、モリ―が人間に馴れ過ぎており、普通のカササギフエガラスのように飛び回ったり、餌もまともに捕ったりできないと結論づけたことがある。

 ただし今回の返還に際し、DESIでは以下のような条件を出したという。
・ジュリエットさんとパートナーのリースさんが、野生動物を保護、飼育するために必要なトレーニングを受け、資格をとること
・モリーが適切なケアと豊かな生活を送れるよう、DESIと継続的に連絡を取ること
・モリーを使って継続的な商業的利益を得ることをやめること
DESIはまた、2人にある役割を果たすことも要求した。
・野生動物の適切なケアを促進し、そのリハビリテーションに必要な専門的なスキルを認識するための支援と公教育の役割を果たすこと
 2人がこの条件に同意した結果、モリ―は迅速にジュリエットさんたちのもとに返還されたのだ。

「本当に幸せです」と語るジュリエットさん。
20240415_211314_batch
 帰って来たモリ―と愛犬たちとパシャリ。Instagramでフォロワーに喜びの報告をするジュリエットさんの投稿。

今回の返還の行く末を危惧する声も

 しかしこの決定は、すべてに喜んで受け入れられたわけではなさそうだ。特に野生動物保護に携わる人々の中には、怒りを隠せない人もいる。

 ある保護活動家は「今回の決定は、顔面に蹴りを食らったようなものだ」と、多くのボランティアが危惧し、怒りを覚えていると発言した。
この発表は、オーストラリアの野生動物ボランティアの多くを激怒させています。彼らは今後、野生動物を連れてきて自分のペットに紹介し、彼らの交流をSNSやYouTubeで配信する模倣犯が現れることを危惧しているのです。
20240415_211314 (3)_batch
 実は今回の件で、DESIのスタッフやモリ―の保護を支持した保護活動家に対し、殺害予告を含むたくさんの脅迫が送られていたんだそうだ。

 最近ではジュリエットさんが自分たちのフォロワーに対し、攻撃的にならないよう呼びかける事態になっていた。

ハッピーエンドの向こうにあるもの

 確かにジュリエットさんたちには、批判を受けても仕方のない、軽率とも言える対応の甘さがあった。
モリ―を保護して以来、十分な時間があったはずなのに、野生動物を保護するために必要な資格や手続きをとらなかったこと
 今回の事件が起こる半年前には、DESIの訪問も受けていたが、「窓やドアは開いており、モリ―は自由に出入りしているだけ」と主張し、職員を追い返してしまっている。
 野生で生きていく上では警戒の対象であるべき犬と、仲良くさせてしまったこと。
 モリ―には自分を犬の仲間だと思ってしまっている節もあり、これも今回、モリ―を野生に返せない理由の一つになったようだ。
 今回モリ―はとりあえず、ジュリエットさんのもとへ帰って来たが、単純にハッピーエンドだと手放しで喜べる状況ではなさそうだ。

 今後愛犬たちと前のように親しく過ごせるのか、そしてSNSでその様子を引き続き紹介できるのかは、いまだに不確定なままである。

 環境省やDESI、そしてジュリエットさん・リースさんたちにはぜひ良い協力関係を築いてもらい、モリ―が今後も幸せに暮らせるよう祈りたい。

 今回の発表を伝えるニュース映像はこちら。
Molly The Magpie to be reunited with best friend Peggy | 7 News Australia
References:Molly the Magpie finally returns home - after the bird was suddenly taken by wildlife authorities / Molly the magpie decision labelled a ‘kick in the face’ for wildlife carers / written by ruichan/ edited by parumo
あわせて読みたい
深い絆で結ばれた犬とカササギフエガラスに悲しい結末。当局に引き渡され離れ離れに


瀕死の状態だった鳥を発見した犬。保護したところ犬の母性が炸裂し母乳が出るように


犬と深い絆を結んだカササギフエガラス。すっかり犬化が進み、新たに生まれた子犬とも仲良しに


怪我をした野生の鳥を保護したところ、犬がそばに寄り添い続け、いつしか大親友に(オーストラリア)


施設で出会った歩けないチワワと飛べない鳩がベストフレンドになるまでの物語(アメリカ)

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年04月17日 12:14
  • ID:P448eSjx0 #

良かった良かった
今回は治療のために仕方なくだったけど
保護の目標は野生に帰すことだから、その辺は改めて周知しないといけないかもね

2

2. 匿名処理班

  • 2024年04月17日 12:23
  • ID:lSIatMi90 #

流石に今から野生なんて無理ってのは素人から見ても分かるくらいだし、帰れたのは良かったね。DESI側が提示した条件は至極真っ当な物だし、野生動物への接し方についてもっと考える人が増えると良いね。

3

3. 匿名処理班

  • 2024年04月17日 13:02
  • ID:GJf9imxj0 #

モリーの幸せを考えてあげるのが一番じゃないのかなあ(´・ω・`)野生が必ず幸せとは限らないものね。

4

4. 匿名処理班

  • 2024年04月17日 13:22
  • ID:1qhzNk8Q0 #

野生に戻しても帰って来るだろうしな

5

5. 匿名処理班

  • 2024年04月17日 13:47
  • ID:7vMbi3Qt0 #

カラス自信が住みたいとこに住ませればええねん

6

6. 匿名処理班

  • 2024年04月17日 13:52
  • ID:hjf3wVsG0 #

>>1
単純に良かったとは思えないな
消去法的にこうせざるを得なくなってしまったという感じだ
確かに彼らには良かったかもしれないが、記事にもあるようにこういう超法規的な前例を作ってしまうと他の野生動物が、邪な人達(特に収益化を第一に考える人)のターゲットになるリスクが増える

7

7. 匿名処理班

  • 2024年04月17日 14:59
  • ID:VjoS.q7E0 #

継続的な商業的利益を得ることをやめること

よく言った
youtube無かったら無理矢理飼われるエキゾチックアニマル確実に減る

8

8. 匿名処理班

  • 2024年04月17日 15:02
  • ID:v.n2rRS70 #

ほら、戻ってきた

9

9.

  • 2024年04月17日 15:08
  • ID:YzOO3bTn0 #
10

10. 匿名処理班

  • 2024年04月17日 15:28
  • ID:AuEoO9v50 #

もう起きてしまった出来事であるモリーさん単体の話では元のお家に帰った方が幸せなんだろうけど模倣犯が出る事から未来の犠牲を考えると難しい問題だね
次からは認めませんよとなると法でえこひいきしたことになってしまうし

11

11.

  • 2024年04月17日 16:31
  • ID:reJ1afbw0 #
12

12. 匿名処理班

  • 2024年04月17日 17:00
  • ID:icc7ZSDH0 #

本当に本当に大切なものって簡単にネットにはあげない方がいいね。今はばえる事が簡単にできてしまうのもいい事ばかりじゃないな。

13

13. 匿名処理班

  • 2024年04月17日 17:15
  • ID:ybU1CWZ00 #

この人を肯定することで、同じようにSNSで人気出すために野生動物を無責任に飼育する連中すら肯定することだからね
同じ過ちを繰り返しちゃいけない

14

14. 匿名処理班

  • 2024年04月17日 21:45
  • ID:PtQDSzsx0 #

本当「その様子をYoutubeで発信してフォロワー稼ぎや金儲け」ってのが付いてなければ微笑ましい話なんだけど、今はなぁ…

15

15. 匿名処理班

  • 2024年04月17日 22:07
  • ID:.s5qdI7Q0 #

日本の場合、野鳥の飼育で毎年結構な数が摘発されてたりする。園芸趣味の俺にもちらほら耳に入ってきたぐらい
昔からだけど、SNSやらない老人でもバードウォッチングとか野鳥の会から派生して飼育してたりする
リアルに集まって自慢し合うから、最後は身内にチクられたり、何十羽も集めて鳴き声が漏れて通報される

最初は健全な集まりだったのに、誰かが飼い始めて、羨ましくて…ってパターンが多い。人ってもんは欲深いよ

16

16. 匿名処理班

  • 2024年04月17日 22:49
  • ID:Hn0feyBF0 #

>>7
ホントそれ!
映えとか金儲けの為にペットを飼うのは絶対やめてほしい。
ウチも犬猫鳥魚色々飼ってきたけどYouTubeどころかSNSにも上げた事無いよ。
見世物じゃないんだから。

17

17.

  • 2024年04月17日 22:53
  • ID:YzOO3bTn0 #
18

18. 匿名処理班

  • 2024年04月17日 22:57
  • ID:QIkn2Buh0 #

>>6
かなり苦渋の決断みたいだしね
特例が目立つとろくなことがないし、モリーを思うならSNSから離れて静かに過ごした方がいいのではとは思う

19

19. 匿名処理班

  • 2024年04月18日 04:06
  • ID:2FkxHlm30 #

>>18
多分、一番のリスクが金儲け目当ての模倣犯が出てくる事なんだろうね。で、その手段としてSNSやYouTubeが真っ先に思い付くよね。実際、保護した動物の動画配信してるYouTuberなんて腐るほどいるしね。

20

20. 匿名処理班

  • 2024年04月25日 03:13
  • ID:SRgWISXh0 #

>>19
でもそれは模倣する奴が悪いのであって、この人達には何の罪も無いんだからよかったでいいと思う。

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links