大親友の犬とカササキフエガラスが離れ離れに
 オーストラリアで瀕死の状態だった野生のカササギフエガラスを、犬を散歩中の飼い主が保護したのは2020年のこと。家で看病しているうちに犬と鳥の間に深い友情が芽生えた

 犬のペギーは我が子のようにカササギフエガラスのモリーをかわいがり、実際に子犬が産まれた後も、子犬たちとも仲良く暮らしていて、その微笑ましい様子はSNSを通じて世界中のファンが見守っていた。

 だがここにきて悲しい出来事が起きた。オーストラリアでは野生動物の扱いに関する厳しい法律がある。家族は野生動物であるカササギフエガラスを飼育する資格が認められず、当局に引き渡しを命じられたのだ。

 モリーとペギーの友情はここで終止符を打たれるかたちとなったようだ。

犬と親友になったカササギフエガラス

 まずはさらっと、カササギフエガラスのモリ―の話をおさらいしておこう。

 2020年の秋、愛犬のスタッフォードシャー・ブルテリアのペギー(メス)を散歩させていたジュリエットさんは、ひどい怪我を負ったカササギフエガラスを保護し、家に連れ帰った。

 ペギーとモリ―はすぐに大親友となり、ケガが回復した後も、モリ―はこの家にとどまって、まるで自分のことを犬だと思っているかのように、毎日ペギーと寄り添って過ごしていた。

 ペギーはモリーに我が子のような愛情を注ぎ、保護して3週間ほどたつと、母乳まで出始め、偽妊娠していたという

 ジュリエットさんは、モリ―がいつでも野生に帰れるよう、家の窓やドアをあけ放っていたが、モリ―は一向に出ていく気配がない。

 2022年、ペギーは実際に子犬を出産したが、子犬たちもモリーと良好な関係を築き上げていた。モリーは自分のことを犬の仲間だと思っているようだ。

 そうこうするうちに3年半という月日が経ち、いつかモリ―はジュリエットさん一家にとって、なくてはならない家族の一員になっていたのだ。

当局に引き渡されたモリ―

 いつまでも続くと思っていた犬と鳥と人間の幸せな毎日は、先月、唐突に終わりを迎えた。

 3月1日、モリ―は当局へ引き渡され、以来ジュリエットさんたちは、彼と会うこともかなわずにいるという。

 モリ―が「押収」されたニュースを伝える報道番組
Molly the magpie separated from unlikely best friend, Peggy the staffy | 7 News Australia

 実はジュリエットさんたちは、昨年の6月に一度、DESI(クイーンズランド州の環境科学革新部門)職員の訪問を受けていた。

 その時点で「モリ―を引き渡すように」と要請されていたのだが、モリ―はジュリエットさん宅の敷地を囲む林の中で自由に暮らしているので、問題はないはずだとジュリエットさんは要請を拒否。

 長い話し合いの末、職員たちは帰っていき、ジュリエットさんはモリ―をこのまま手元に置くことが許されたと思っていた。

野生動物を飼育し続けるには、許可や資格が必要だった

 以来、ジュリエットさんとパートナーのリースさんは、野生動物保護の研修を受けたり、モリ―を飼育するための許可証の申請をしたりと、当局に協力してできるだけの努力を重ねてきた。

 だがリースさんの提出した申請書に不備があり、一度提出した申請を撤回せざるを得なくなった。

 そして2024年3月1日、突然再訪したDESIの職員たちは、以下に挙げた根拠にもとづき、ジュリエットさんたちに「自主的に」モリ―を引き渡すよう要請した。
・この鳥はDESIによって発行される許可証やライセンス、権限なしに野生から採取され、不法に飼育されていた

・野生動物が保護される場合は、人間化することを最小限に抑え、自然な本能や行動が発揮できるようにしなければならない

・ストレスにさらされたり行動の刷り込みを受けたり、病気をうつされたりするリスクがあるため、保護した野生動物は飼育動物とかかわらせてはならない
 モリ―を保護し手元に置いたこと、犬のペギーと触れ合わせたこと、その全てが間違いだったというのだ。
 現在、ジュリエットさんとリースさんは議員に働きかけたりSNSで呼びかけたりして、モリ―を返してもらえるよう、手を尽くしているそうだ。

 その一方、DESIでは現在、モリ―が「人に馴れ過ぎている」ため野生に返すことはできないとし、モリ―を収容するための適切な施設を探しているとのこと。
1

日本でも野生動物の保護は規制されている

 日本にも「鳥獣保護法」という法律があり、野生の動物や鳥などの飼育は基本的に禁止されている。

 各自治体などのHPを見ても、「人間は野生鳥獣の生死に関与するべきではない」との原則から、ケガをして動けなくなっている生き物を見つけても、基本的に保護したり助けたりせず、そのままにしておくようアドバイスしているところが多い。

 かつて子猫と間違えてアライグマを助けてしまい、逃がすことも飼うことも引き取ってもらうこともできず、苦悩に満ちた心情を吐露していた人物がいたことを思い出した人もいるんじゃないかな。

 心情としては助けてやりたいという気持ちもわかり過ぎる。しかし野生の生き物にみだりに手を差し伸べることは、お互いにとって不幸な結果をもたらしかねないと、肝に銘じておいた方が良いのかもしれない。

 下は今年の1月、ジュリエットさんのお誕生日に撮った記念写真だ。再び全員集合で誕生日を祝える日は来るのだろうか。
References:Mail Online / The World Wants Justice for Bird and Dog Besties Who Were Separated in Australia written by ruichan/ edited by parumo
あわせて読みたい
瀕死の状態だった鳥を発見した犬。保護したところ犬の母性が炸裂し母乳が出るように


犬と深い絆を結んだカササギフエガラス。すっかり犬化が進み、新たに生まれた子犬とも仲良しに


怪我で保護されたカラス、ウサギたちに仲間として受け入れられウサギカラスとなる


怪我で保護されたカラス、ウサギたちに仲間として受け入れられウサギカラスとなる


救出された雀のヒナ、野生に返そうとしても助けてくれたカップルの元を離れようとしない

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年04月09日 12:16
  • ID:H1J3BzKY0 #

残念ではあるけど、認められなかったからってSNSでゴネるのはどうかと思う。ゴネて認められるなら法律なんて誰も守らなくなるよ。

2

2. 匿名処理班

  • 2024年04月09日 12:49
  • ID:QRRjEfqZ0 #

保護してはいけないと言いながら生息環境は破壊してはばからない。

3

3. 匿名処理班

  • 2024年04月09日 12:51
  • ID:QRRjEfqZ0 #

野生動物を保護しなければいけないと言う一方で、生息環境を破壊してはばからない。怪我を動物を保護したらしたで、手を出してはならないという。環境保護の精神は矛盾を抱えたままで何処へ行く。

4

4. 匿名処理班

  • 2024年04月09日 13:19
  • ID:7lSuiVau0 #

怪我してたのを保護したはいいけど、ペット化させてしまったんだね
まあ保護した時に当局に連絡入れるべきだったんだろうな…

5

5. 匿名処理班

  • 2024年04月09日 13:33
  • ID:lRJIx.zC0 #

SNSで見せびらかしてりゃそうなる

6

6. 匿名処理班

  • 2024年04月09日 13:34
  • ID:tXFuTx2D0 #

間違った法律は改正されるべきで抗議とごねるを一緒にしちゃいかんよ
今回の件が正しいかは別としてね

7

7. 匿名処理班

  • 2024年04月09日 13:46
  • ID:pR1mpVNL0 #

違法行為をSNSに上げて目立っちゃったら当局も黙ってる訳にはいかないからね。
余計な承認欲求が招いた結果。

8

8. 匿名処理班

  • 2024年04月09日 14:40
  • ID:qpwpzTdQ0 #

いつも通り犠牲になったのは結局は動物って話よね
これはある種の野生動物全体が人類の犠牲になったわけじゃなく、ペギーとモリ―という個人がこの騒動の犠牲になっていて気の毒だわ

9

9. 匿名処理班

  • 2024年04月09日 15:12
  • ID:vd1vlXHN0 #

モリーは自力で戻ってきちゃうんじゃないかな

10

10. 匿名処理班

  • 2024年04月09日 15:14
  • ID:pZj5MjQW0 #

管理人さんへ
2月に出産予定のエイの話はどうなりましたか?
サメの子を宿してる疑惑のあったエイです

11

11.

  • 2024年04月09日 15:32
  • ID:ltE4cJ.y0 #
12

12. 匿名処理班

  • 2024年04月09日 17:12
  • ID:MbF9B8Cp0 #

人間に慣れ過ぎて野生に戻せないから適切な施設を探してるって……そこまで決めてから回収しなさいよ。見つからなかったらどうするんだろ。

13

13. 匿名処理班

  • 2024年04月09日 18:09
  • ID:zM40iFKS0 #

野生に返せないなら家族に返してあげて欲しい

野生動物に関わらないポリシーは分かるけど
個体の幸せも少しあっていいのでは

14

14. 匿名処理班

  • 2024年04月09日 18:18
  • ID:8pIRz2bT0 #

もう保護施設に就職するしかねぇ!

15

15. 匿名処理班

  • 2024年04月09日 19:18
  • ID:Ds7uRK940 #

>>12
施設が見つからずに殺処分、とならないといいんだけどね

16

16.

  • 2024年04月09日 21:15
  • ID:2eO7zHAp0 #
17

17. 匿名処理班

  • 2024年04月09日 22:35
  • ID:ltE4cJ.y0 #

>>13
あなたは、承認要求の強いこの女に返したらどうなるか想像できないのか?

18

18. 匿名処理班

  • 2024年04月10日 00:22
  • ID:NqHtaUTu0 #

片方の言い分しか書いてないからなあ
ただ、申請したのに書類に不備があって通らなかったという辺り、何か書いてない事情があるような気はする

19

19. 匿名処理班

  • 2024年04月10日 08:48
  • ID:.TByajmp0 #

>>17
そんなに承認欲求が強いかなぁ??

ワンコとカラスのほのぼのエピソード.....
問題になった後は研修を受けたり申請までしているし。

20

20. 匿名処理班

  • 2024年04月10日 10:51
  • ID:5fJBcxqV0 #

>>19
SNSで注目受けた時点で当局に連絡したのか、飼育には許可がいるよって指摘は当然出てる
それを都合よく無視して当局が対応してから許可取ろうとして失敗した人って、人として終わってるよ

21

21. 匿名処理班

  • 2024年04月10日 13:40
  • ID:Ua5sIF190 #

>>20
断罪する厳格マンっぽさを出したいんだろうけど別に悪人ではないからな?w
20年から保護して暮らしてたんだから今更どうなるも何もない
引き取り場所決めてなかった職員たちもなかなかザルよ

22

22. 匿名処理班

  • 2024年04月10日 19:28
  • ID:zWmKAMrk0 #

野生に戻すために押収したのに、人に馴れ過ぎているため野生に返すことはできない
ってなんだかなぁ、、、言動が矛盾しちゃってるよねぇ

23

23. 匿名処理班

  • 2024年04月11日 15:24
  • ID:wFhpo.c20 #

結局条件付きで元のおうちに戻ってきたみたいね
野生動物の保護って難しいね、法律の問題もあるし
もう野生には戻れないだろうし幸せに過ごさせてあげて

24

24. 匿名処理班

  • 2024年04月16日 18:35
  • ID:XNdbDAyv0 #

>>23 モリーとペギーのためにはよかったよ。
後押しした15万人もの署名にはオドロキ。
条件はモリーを使ってお金を得てはいけない、など。
飼い主はモリーとペギーの本も出していて、まだインスタに宣伝があるとか。そこは取ろうよ。。。

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links