top
 アメリカのボストンマラソンで、旗をくわえ熱心にランナーを応援する姿が評判になり、マスコットとしてみんなに愛されるも、13歳半でこの世を去った犬のスペンサーを覚えているだろうか?

 2013年から約9年間、悪天候でも毎年会場の人々を笑顔にしたスペンサー。そんな尊い彼が2023年に闘病の末に生涯を閉じた時は、おおぜいの仲間と人がその死を悼んだ

 それから1年経った今年3月、ボストン郊外の町で大会に貢献したスペンサーの銅像がお披露目された。

 場所は彼がいつもいたボストンマラソンのコース沿いで、今年から大会を見守る銅像も、生前のスペンサーと同じように、旗をくわえたなつかしいポーズだ。
Spencer the Boston Marathon dog honored with statue on marathon route in Massachusetts

亡くなったボストンマラソンのマスコット犬スペンサーが銅像に

 先月末マサチューセッツ州アッシュランドの町で多くの人が見守る中、新しいランドマークとなる犬の銅像がお披露目された。

 その銅像は、今は亡き犬スペンサーをモデルにしたもの。

 彼は毎年4月に行われるボストンマラソンのコースに現れ、観客と共にランナーを応援していたオスのゴールデンレトリバーだった。

飼い主の飼い主のリッチ・パワーズさんのアカウントより
 この銅像のとおり、生前は旗をくわえてランナーを応援していたスペンサー。そこで人気になった彼はボストンマラソンのマスコット犬にも認定された。
2
image credit:bostonmarathon/X
 ところが悲しいことに、彼は2023年にがんにより13歳半でこの世を去った。実は彼は数年前から治療困難な悪性腫瘍と闘っており、一度は克服したものの、再発したがんの摘出手術で体調を崩したまま回復が叶わなかったのだ。

長年ランナーを応援していたスペンサー

 スペンサーが初めてボストンマラソンの会場に現れたのは2013年のことだ。

 それから毎年欠かさず、旗をくわえて熱心に応援する彼の姿は評判になり、2018年に大雨の中でもランナー応援する犬として紹介されると、一躍人気者に。その後2022年に公式のマスコット犬に認定された。
Spencer the therapy dog named official dog of the Boston Marathon


 だが2023年2月、飼い主のリッチ・パワーズさんがスペンサーの最期を看取ったことを報告した。
スペンサーはチャンピオンでした。治療中もずっと。言葉では伝えられないほど頑張っていました

100匹のゴールデンレトリバーと飼い主らが追悼

 スペンサーに励まされたランナーを始め、彼を知る世界中のすべての人が、大好きなスペンサーをの死を悲しみ、長年癒しを与えてくれた彼に感謝のメッセージを寄せた。

 その年開かれた127回目のボストンマラソンでは、ゴールデン・レトリバー・コミュニティグループの呼びかけで、会場に集まった100匹のゴールデンレトリバーと飼い主が、スペンサーとその8日後に亡くなった彼の妹ペニーに追悼を捧げた。

これからもみんなを励ますスペンサーの銅像

 このたびボストンに置かれた銅像も、スペンサーを愛するファンの募金活動によるもので、必要な費用はすべて募金でまかなえたそうだ。
7
 その場所も、スペンサーの定位置だった公園のそば。彼のお気に入りの場所からマラソンコースを挟んだ向かい側になる。

 それが叶ったのはその土地を持つ住民が事情を知って寄付してくれたおかげだそう。
5
 またスペンサーがメダルと共に授かった、栄誉あるボストンマラソン・マスコット犬のお仕事は、こちらのジミーとジェイドという2匹の犬が引き継ぐことになっている。

 2匹ともパワーズさんの飼い犬で、準備ができ次第ランナーの応援をはじめるそうだよ。
 いつもいてくれたスペンサーがいないのは切ないけれど、この銅像があればどんな時でも彼を思い出すことができる。

 そのたびに、みんなの心の中のスペンサーが、これからもずっと変わらぬ励ましと笑顔をくれることだろう。
References:paradepets / bostonglobeなど /written by D/ edited by parumo
あわせて読みたい
愛犬を亡くした飼い主、階段のDIYで彼のお気に入りの1段を記念に残し思い出を永遠に保存


幸せ過ぎて泣く人続出、ゴールデン・レトリバー10頭と過ごせるレジャー施設


大学を我が家に選んだ猫、14年間住み続け存命中に銅像が設置される


ウクライナ・キーウの人々に愛された猫「パンテレイモン」の記念碑


ニューヨークマラソンにアヒルが参戦!赤い靴で勝負に挑む!

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年04月10日 12:18
  • ID:sl5LQFo.0 #

こういう話は涙腺が弛むね。虹の橋が本当に有るならそこで飼い主さんを待ちながら旗を咥えて応援してるだろうと思ってしまう。

2

2. 匿名処理班

  • 2024年04月10日 13:07
  • ID:6X.nTpLY0 #

判断が難しい
スペンサーは、銅像を建ててほしくてやっていたわけではないし、他にも御主人様と一緒にボストンマラソンを応援していた犬達はいたわけだからね。
飼い主のプロモーションが大成功した結果、銅像が建ったと考えるといろいろ複雑

3

3. 匿名処理班

  • 2024年04月10日 13:41
  • ID:OaLAQbAU0 #

不用意に電車の中で読んでしまった……これは堪えるのが大変だ。

4

4. 匿名処理班

  • 2024年04月10日 15:35
  • ID:sSZeFlz20 #

こう言っては何だけど本物のスペンサー君の方がずっとかわいいな

5

5. 匿名処理班

  • 2024年04月10日 16:51
  • ID:ZZ5WZqYy0 #

愛されてるな〜

6

6. 匿名処理班

  • 2024年04月10日 18:33
  • ID:oRlZFhJs0 #

犬と人間が相思相愛してる姿は良いものだ

7

7. 匿名処理班

  • 2024年04月10日 19:46
  • ID:MUcX.4J20 #

会ったこともないし、今日初めて存在を知ったのに
なんだろう、ちょっと寂しくなった

8

8. 匿名処理班

  • 2024年04月11日 00:32
  • ID:ytukkPS.0 #

きっと毎年、天国からレースを応援しに来るんじゃないかな。
もちろん、旗を加えてね。
次のレースでは、亡くなったスペンサーくんを見た!ってランナーが出るに違いない。

9

9. 匿名処理班

  • 2024年04月11日 11:31
  • ID:bUMnqOhS0 #

>>4
同じ感想を持った人がいて一安心。(笑)
13歳はレトの鬼門。それをやり過ごせると15歳が見えてくる気がする。

10

10. 匿名処理班

  • 2024年04月11日 17:57
  • ID:I5QntHiL0 #

>>2
とにかく出る杭は許せない、誰か一人が得するのは不平等だ、って考え方は自分たちの首を絞める悪癖だと思う

そうやってたまたま頭一つ飛び出たものを、片っ端から打ち潰して他の平均と合わせないと気が済まないってやり方は、結局は全体の水準をいつまでも低いままに押さえつけておくことにしか繋がらない
たとえ一時的には不平等に思えることでも、誰かが頭一つ抜けたらそれを推奨するようにすることが、長期的には全体が向上して全員にとっての利益につながる

今回のケースで言えば「この子は幸運に恵まれた、素晴らしい!」って捉えてればそれでいいんだよ
一つの幸運を容認してはじめて他の子にも運が巡ってくるチャンスが拓けるんだから

11

11.

  • 2024年04月11日 21:52
  • ID:p.bifMmG0 #
12

12. 匿名処理班

  • 2024年04月12日 13:03
  • ID:8CbRvKMR0 #

>>10

コメント読んでないんだろうな
意味を理解せずに、初手から決めつけてコメント
上から目線でマウントを取るかのようなコメントをしてる時点で誰も読んでないんじゃない

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links