no title
NASA/JPL-Caltech
 2024年10月10日ごろ、木星の衛星、エウロパに向けてNASAの探査機「エウロパ・クリッパー」が打ち上げられる予定だ。その目的は外部環境や、内部に存在するであろう海を調査し、生命存在の可能性を探ることだ。

 そのため、エウロパ・クリッパーには最新鋭の科学観測機器が搭載されているが、もう1つ、存在するかもしれない知的生命体、もしくは未来人に宛てたメッセージプレートが搭載されているのだ。 

木星衛星エウロパに打ち上げ予定の探査機、エウロパ・クリッパー

 これまでの調査で、木星の第二衛星エウロパの地表は分厚い氷の殻で覆われており、その下には、液体のの海が存在していることが明らかとなった。

 さらにジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡により、内部の海には地球上の生命のベースとなっているのは「炭素」があることも判明した。

 もしかしたら地球外生命体が存在するかもしれない。そこでNASAは探査機「エウロパ・クリッパー」を打ち上げ、最新鋭の科学観測機器を使い、その可能性を徹底調査することにしたのだ。
3
2024年10月10日に打ち上げ予定のNASAの探査機、エウロパ・クリッパー / image credit:NASA

宇宙人に宛てた地球からのメッセージも搭載

 エウロパ・クリッパー には更に重要なものが搭載されている。観測機器の表面を覆う、プラチナよりも高い融点のタンタル製のプレートには、宇宙人、あるいは未来人に宛てたメッセージがぎっしりと刻み込まれているのだ。
1
エウロパ・クリッパーの観測機器の表面に設置されたメッセージ付きのプレート / image credit:NASA/JPL-Caltech

プレートに刻まれた内容は?

 エウロパ・クリッパーに刻まれたメッセージは水をテーマにしたもので、私たち地球の生命にとって不可欠な水を通じて、地球とエウロパとのつながりが表現されている。

 18×28cmのプレートはタンタルという丈夫な金属製で、片面には103ヶ国語(日本語も含まれている)で「水」を発音したときの波形が刻まれている。その真ん中にあるシンボルは、アメリカ式の手話で水を表すものだ。

 このデザインは、私たちにとっての水の重要性や普遍性を表したもので、それと同時に氷の地殻の下に海があると考えられるエウロパと地球とのつながりを示している。
2
103カ国の言語で水ウロパ・クリッパーの観測機器の表面に設置されたメッセージ付きのプレート / image credit:NASA/JPL-Caltech

 その反対側の面には、アメリカの詩人エイダ・リモンの詩「In Praise of Mystery(”神秘を讃えて”の意)」や、「ドレイクの方程式」(天の川銀河に存在する地球外文明の数を推定するための方程式)など、人類の科学技術や芸術性を伝えるメッセージが刻まれる。

 それらの真ん中に描かれているのが、瓶の周囲を木星の4つの衛星が軌道する姿だ。これら衛星には、世界中から招かれた260万人以上の名前が登録されたマイクロチップが取り付けられる。

 NASA惑星科学部門のディレクターであるロリ・グレイズ氏は、このプレートについて次のようなメッセージを寄せている。
このプレートには、科学・技術・教育・芸術・数学など、人類が宇宙に提供できる最高のものが集められました。

私たちが知るあらゆる生命体にとって不可欠である水を通して伝えられるメッセージは、これから探検することになる神秘的な海洋世界と地球との結びつきを完璧に表現しています
 このプレートはまさしく「地球人がエウロパへ水を求めて探査にやってきた」という証拠でもあり、宇宙人、もしくは未来人がこれを手にする可能性もあるかもしれない。
NASA’s Design for Message Heading to Jupiter’s Moon Europa

ボイジャー1号と2号にも託されたメッセージ

 なお、宇宙のどこかにいるかもしれない知的生命体へ向けてメッセージが送られるのは、これが初めてではない。

 1977年に打ち上げられたボイジャー1号と2号には、「ゴールデンレコード」と呼ばれるメッセージが搭載されている(ちなみに1号は今、太陽系の外で大ピンチに陥っている)。

 それは銅製のディスクに金メッキを施したもので、地球やそこで暮らす我々について紹介する情報が収録されている。

 収録内容は、116枚の画像、各種の自然音(海の波、風、雷、動物の鳴き声など)、さまざまな文化や時代から選曲された音楽、55ヶ国語の音声による挨拶といったもの。

 こうした情報は、これを手にした宇宙人が、地球の様子や私たちの文明レベルなどを理解できるよう、入念に選ばれたものだ。
6
ボイジャー1号と2号に搭載されたゴールデンレコード / image credit:NASA

エウロパ・クリッパーの今後

 今年、エウロパ・クリッパーの打ち上げが無事成功したら、約6年半かけて宇宙を旅し、2030年4月に木星周回軌道に入る予定だという。

 数十回のフライバイを繰り返しながら観測活動を行い、4年後の2034年には、エウロパの大気圏に突入し燃え尽きる予定だという。だがこの頑丈なプレートは燃えずに宇宙空間に残される可能性もあるかもしれない。

 最近ネットフリックスでSF系の映画ばかり見ている私としては胸熱なプロジェクトだ。

 ここで少しばかりおすすめさせてもらうと「スペースマン」という映画は、これまでの宇宙SF系とはまた別の切り口で面白い。

 たった1人で木星付近へ向かった男性宇宙飛行士が、巨大化したハエトリグモのような宇宙人と出会い、親睦を深めていき、自分の足りないところに気が付かされ、真実の愛に目覚めていくという話なんだけど、まあとにかく見て欲しい。

References:Vault Plate | Spacecraft – NASA's Europa Clipper / NASA sends "message in a bottle" onboard spacecraft headed for ocean world / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
木星の衛星「エウロパ」に大接近!驚くほど鮮明な氷の地表が明らかに


ここにいるかも?木星の衛星エウロパに水蒸気があることを示す証拠を発見(NASA)


NASAが地球外生命体の存在が期待されるエウロパとエンケラドゥスの海を探査するためのロボット研究に出資


2024年に予定されている注目すべき5つの宇宙ミッション


木星衛星エウロパに生命の源となる炭素があることをジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が確認

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年03月19日 08:11
  • ID:Pb.ANk260 #

木星と聞くと孤児たちの軍隊を思い出す
ナメクジ型宇宙生物がいないように

2

2. 匿名処理班

  • 2024年03月19日 08:58
  • ID:ZDiVTO6G0 #

>このデザインは、私たちにとっての水の重要性や普遍性を表したもので、それと同時に氷の地殻の下に海があると考えられるエウロパと地球とのつながりを示している。

そんなの地球人ですらわからないよ

なぜ宇宙人に理解してもらえるって思ったの?

3

3. 匿名処理班

  • 2024年03月19日 09:06
  • ID:MdTuAE2v0 #

そいえばジーンダイバーに出てきたドライ6はエウロパ人だったな

4

4. 匿名処理班

  • 2024年03月19日 09:07
  • ID:u4nsUJW.0 #

エウロパには近付くな。

5

5. 匿名処理班

  • 2024年03月19日 09:58
  • ID:oi4oMcWQ0 #

星とか剣とか航空機とか電波とかなんか色々絵で記してるのかな。
歴史を記してんのか。

6

6. 匿名処理班

  • 2024年03月19日 10:43
  • ID:fud8I8Au0 #

とうとう出たね。。。

7

7. 匿名処理班

  • 2024年03月19日 11:12
  • ID:9SIiz.mU0 #

どうして地球外生命体に地球の事を伝えたがるんだろう。
無限の宇宙に自分が作った何かを加えたい、爪痕、伝説残したいみたいな感情なのかな。

ホーキング博士はやめとけって言ってたよ。

8

8. 匿名処理班

  • 2024年03月19日 11:40
  • ID:D8h.ECwu0 #

ホーキンスが言ってたけど地球より高度な文明に拾われて侵略に来られたらどうすんだ

自ら植民地の売り込みしてるようなもん

9

9. 匿名処理班

  • 2024年03月19日 12:05
  • ID:dBwYwnL90 #

>>2
絵を見ただけでわかるという類のものじゃなく、これが何を示しているのか、信号なのか波長なのか図形なのか数式なのかを分析・解析して理解できるようになってるのよ。
逆に言うと解析できるくらいの知能がある存在が見つけることを想定してんの。

10

10. 匿名処理班

  • 2024年03月19日 12:13
  • ID:V5DK5tcx0 #

260万人の名前なんてわざわざ送られてもどうしようもないだろ。
自己満足以外の何の意味も無い。
必死に解析してただの固有名詞の羅列だと判明したら、っざけんな!ってならんか?

11

11. 匿名処理班

  • 2024年03月19日 12:14
  • ID:dBwYwnL90 #

>>7
>>8
現在の地球の技術の時点で「ある程度生命が発生や存在できそうな惑星の発見」ができてるように、地球より高度な文明だったら既に地球を発見してそこへの探査なり移住計画なりを既に進めてもう出発している公算の方が高い。
つまり、もしそうなら別にこっちからメッセージ送らなくても既に手遅れだし、宇宙人がまだ地球を発見できないくらいお互い遠くに居るならそれこそ地球からのメッセージが届くのははるか未来の果て。
心配するだけ杞憂というか考えるのが無意味なくらい年月かかる話。

ホーキンス博士はそれでもなお数百〜千年以上後に格上の存在に見つかったらどうする?未来の子孫に要らんことして迷惑かけるだろって心配をしたけどね。

12

12. 匿名処理班

  • 2024年03月19日 12:23
  • ID:AUbm9ChI0 #

宇宙人「レコードプレーヤーなんてもう残ってないよ!」

13

13. 匿名処理班

  • 2024年03月19日 12:36
  • ID:.hu.tS.R0 #

パイオニアのゴールドプレートを忘れないでください(´・ω・`)

14

14. 匿名処理班

  • 2024年03月19日 12:41
  • ID:E48w2WvC0 #

このガス惑星の衛星に残された遺物、どうやら人工物らしい
解析すると内側に彼らの星があったようだが
どうやら1000年前に滅んだようだ

15

15. 匿名処理班

  • 2024年03月19日 12:50
  • ID:7ox.Z4L50 #

探査にはとても期待している
プレートはうーんわからんなー
木星の衛星に落とすのだから『龍の卵』だな
あれは未来の人類に異星人(?)が残してくれたヒントの一つだけど

16

16. 匿名処理班

  • 2024年03月19日 13:00
  • ID:o9fRYVdY0 #

👽「なんじゃこりゃーーーー!!」

17

17. 匿名処理班

  • 2024年03月19日 13:07
  • ID:jk7vHFYz0 #

>>2
水の発音をたくさんの言語で教えるとかまじで意味なくて…まぁ、宇宙に痕跡を残したいという欲望の発散には良いのかな?
たしか原子番号の概念は図解で説明できる?んだよね。素材を変えてタンタルを73、チタンを22と説明できれば10進法の概念と地球の場所、よくある元素や好きな物質を伝えられるかな。

18

18. 匿名処理班

  • 2024年03月19日 13:15
  • ID:AJiHYmhu0 #

自分はホーキング博士に賛成、日本人ならわかるよね
(WASPには判らんかもしれん、でもアメリカ原住民にはわかるはずだ)
他の星の連中にわざわざこちらの情報を教えるなんて自殺行為だ

19

19. 匿名処理班

  • 2024年03月19日 14:17
  • ID:B49oAmPk0 #

メッセージを発見した宇宙人「なになに? 彼らは水で困っているのか?」

それから数年後、宇宙人から大量のミネラルウォーター入りペットボトルが届いた

20

20. 匿名処理班

  • 2024年03月19日 14:58
  • ID:.h8C4RhR0 #

>>14
それを発見するのは新しい人類かもしれないな

21

21. 匿名処理班

  • 2024年03月19日 15:08
  • ID:zHTUzUGx0 #

宇宙人に対するラブレターだと思ったらユニークじゃね?
「さあ、我が胸に飛び込んできなさい!」「え?キモい…」てなるかもしれないけど

22

22. 匿名処理班

  • 2024年03月19日 15:16
  • ID:9SIiz.mU0 #

>>11
ホーキンス✕
ホーキング○
念のため。

23

23. 匿名処理班

  • 2024年03月19日 18:13
  • ID:dyf9Dl0X0 #

宇宙から送られたメッセージを必死に解読したら「水、水、水、水…」
「こいつらは水不足で滅亡寸前なんだな」と思われるだけでは?

24

24. 匿名処理班

  • 2024年03月19日 18:49
  • ID:LwqNsykq0 #

なんで地球人みたいな未開の蛮族で科学力だけはかろうじて地球より上の生命体に見つかって奴隷になる未来とか考えないんだろう
なんかなぁ

25

25. 匿名処理班

  • 2024年03月19日 21:22
  • ID:Nue.B0G40 #

>>22
この間違いについて。
私もかなり長い間ホーキンス博士だと思ってたんだよね。
「ホーキング、宇宙を語る」の本をめっちゃ読んでたにも関わらず。
この勘違いってどこから来たんだろう?
マンデラ効果の一種なのかしら?

26

26. 匿名処理班

  • 2024年03月19日 21:31
  • ID:Nue.B0G40 #

子供のころボイジャーに載せた宇宙人向けメッセージの話を読んで、ワクワクしたのを思い出した。
最近またボイジャーの話題多いしね。
このミッションも50年後には、どう思われてるのかな。

ちなみに地球の情報を垂れ流して侵略されたらどうするんだという意見が見られるけども、他の惑星を侵略できるくらいの高度な技術を持っているなら、必要な資源は生命体のいないもっと近場の星から獲得できるだろうし、労働力だって自前の技術でまかなえるだろうし、地球に侵略するほどの魅力は感じないと思うよ。

せいぜい研究の一環として見守られるか、なんらかの外的ショックを加えて経過を観察するか、そんな感じじゃないかな。

27

27. 匿名処理班

  • 2024年03月20日 00:13
  • ID:UpwA52u90 #

>>26
外洋航海できるほどの高度な技術を持つ民族がそうでない民族をどのように扱ったか思い出してほしい。異なる文明との接触が破壊的な作用をもたらす例は多い。

28

28.

  • 2024年03月20日 11:26
  • ID:gJi5sLIP0 #
29

29. 匿名処理班

  • 2024年03月20日 14:05
  • ID:pJoKZt180 #

>>17
「沢山の言語がある」「言語は全部「水」を指してる」=「様々な言語と文化圏が共存しているコミュニティが、全員が「水は重要なものです」という意志を共通させている」という事を示すのが重要なのよ。
あらゆる文化で水は大事なものとされているってはるか未来の人や宇宙人に教えることは、我々の文化のどれも途絶えるか変化して昔の状態が失われた時のための歴史的史料になる。
というか、そういう「当時のことを残したもの」がないと、今の人類の歴史の授業や研究だって成り立たないんだよ?
大事な手がかりだよ。

30

30. 匿名処理班

  • 2024年03月20日 14:09
  • ID:pJoKZt180 #

>>27
とはいえ、宇宙に進出できるほどの文明が、外洋を航海できるようになった時に起こった歴史を経験してないわけはないし、「同じ過ちを繰り返す」とも限らないわけだけどね。
確かに現在でも、閉鎖されてきた環境に細菌や微生物を持ち込んで環境を汚染する過ちを繰り返してる面はあるが、同時にそれを極力避けて現地環境を保存する努力もしてる。
宇宙に進出できるほどの文明なのにそういうこと考慮してないってのは、流石に舐め過ぎ、侮辱しすぎなんじゃないのかな。
(ただし、逆に言うとそういう配慮してくるから地球人との直接接触を避けることになってしまい、永遠に進んだ文明の宇宙人とコンタクトすることが無い可能性、つまり「動物園仮説」も成り立つが)

31

31. 匿名処理班

  • 2024年03月20日 17:20
  • ID:UpwA52u90 #

>>30
暗黒森林法則と言うものもあるな。

公理1 いかなる文明も自らの生存を第一の目的とする。
公理2 文明とは成長し、拡張するものであるが、そのための資源は有限である。

拡張しつづける文明が生存を最優先するため、有限の資源をめぐる他文明との対立関係の中で、他者は常に自分を殲滅しようとしており、そして実際にできると想定することがきわめて合理的*であり、そのため、いかなる相手であれ、その存在を確認でき次第、先に殲滅しておく方が安全である。

*互恵関係が築けるとは限らない。危機管理は相手の意志ではなく能力に備えるのが定石である。

そして、もっとも重要なのは、他者も同様に考えているため、決して他者に自分の存在を知らせないことが、相手に殲滅されないための必須条件だということである。宇宙とは誰もが攻撃されないように潜伏し、姿を現した者に対しては同様の理由から容赦なく攻撃を加える、「暗い森」のような場所である。

32

32. 匿名処理班

  • 2024年03月20日 20:54
  • ID:qxe4bYRp0 #

未来人にあてたメッセージね、なるほどね。
エウロパにいまいなくても遠い将来に知的生命体が発生するかもしれない。
または地球から現世人類が去ったり滅亡した数万から数億年後の地球の新たな知的生命体がエウロパを訪れてこれを見つけるかもしれないってことか。
さらにはエウロバや太陽系が爆発四散したあとに宇宙空間をただよってるこれを(略)

33

33. 匿名処理班

  • 2024年03月21日 07:18
  • ID:b49g.YrK0 #

>>25
「ホーキング、宇宙を語る」いまだに読み返してしまう。
私の学力では追い付けないところもあるけど、ホント、実に、面白い。

34

34. 匿名処理班

  • 2024年03月21日 10:54
  • ID:APtVZ95n0 #

>>31
ただまあそういう潜伏が可能か?っていうと絶対不可能なんだけどね。
文明が資源を使う、あるいは採掘する活動の痕跡は絶対に数十万光年彼方に情報として届く。届くような大領の消費活動するような文明にいつか必ず到達する。
完成すれば完全閉鎖・循環型で恒久的に生存かのうな超広大な領域を確保できるダイソン球を建設するのにしたって、建造途中の破片が恒星の一部を覆って影をつくり、その変化が数十万光年先に絶対届いてしまい、そこに何かがあることを知らせてしまう。
作る事自体がそんなもの作れるレベルの文明の存在を宇宙に喧伝する。
問題はその数十万光年彼方の文明が今すぐこっちに来れるのか、来た時には文明が存続してるのか。存続してたとして、それは既に観測時よりはるかに発展してる可能性があるけど、そんなやつを侵略可能なのか?
そこを考えると知った側もおいそれと手は出せないから、均衡が生まれる可能性もあるとはいえ…
そして、そもそもの問題として資源が有限なら絶対外宇宙に進出しなきゃならないことになり、「自分から出て行って姿を晒す」のは不可避。
つまり考えるだけ無駄じゃね?前提がどうしようもないんだから。
どうあがいたって存在はバレるよ、こっちも相手を知るし相手もこっちを知る。
というわけでせいぜいが「こちらの情報は極力与えないようにしながら相手を偵察して、手を出せるかどうか様子見しながら進出していき、可能なら積極的共存(共和)か消極的共存(お互い非干渉)どちらかを目指す」ってとこが現実的にみて妥当な戦略だと思うよ。

35

35. 匿名処理班

  • 2024年03月21日 22:10
  • ID:XxAdll0x0 #


>>31
それがどこの誰の説か知らないけど
政治もすっ飛ばして文明を偏って捉え過ぎではなかろうか…自らの攻撃性を正当化しすぎな気がする
共同体が巨大になれば文明のコントロールが難しくなるのは解るしどのみち攻撃的な面々に常に備えるのも当然だしそれは解るんだが…
宇宙人は知らない

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links