チェルノブイリの線虫は放射線の影響を一切受けないことが判明
 原発事故があったチェルノブイリ原子力発電所周辺の立ち入り禁止区域で、小さな線虫の遺伝子を調べてみたところ、未だ高レベルの放射線汚染にもかかわらず、まったく影響を受けていないことが判明したそうだ。

 一般に、このような厳しい環境下では生物の遺伝子が傷つくだろうと考えられるが、少なくとも土の中で暮らす線虫ではそのような気配がまるでなかったのだ。

 ただし研究チームによるなら、これは放射線が安全ということではなく、むしろ線虫の回復力や適応能力の高さを示すもので、将来的に人間の医学への応用が期待される。

チェルノブイリ立ち入り禁止区域で暮らす野生生物たち

 1986年4月、人類史上最悪の原発事故「チェルノブイリ原子力発電所事故」が発生。それによって周辺地域は、高濃度の放射線物質に汚染され、人が住めない地となった。

 地元の住民たちは避難を余儀なくされ、ウクライナのプリピャチ近郊は現在でも政府の許可なく立ち入ることが禁止されている。

 この地域を汚染した放射性物質は、生物にとって危険なレベルの放射線を放ち、それを大量に浴びれば突然変異・ガンのリスクが高まり、下手をすれば命にかかわる恐れもある。

 だが皮肉なことに、そこから人間がいなくなったおかげで、2600km2に(東京都の面積は2194km2)およぶ立ち入り禁止区域は、野生の動植物の楽園となっている。

 これまでの調査では、この区域で暮らす動物たちは、外の生き物たちと遺伝的な違いがあることが明らかになっている。

 とは言え、放射線が区域の生態系にどのような影響を与えたのか、はっきりとわからないことが多い。

 ニューヨーク大学の生物学者ソフィア・ティントリ氏はこう語る。
チョルノブイリの悲劇は、理解が及ばないほどのものです。この事故が区域の生物に及ぼした影響は、まだよくわかっていません。

突然の環境変化で、放射線に強い種や個体が選別されるといったことがあったのでしょうか
iStock-1395220426
photo by iStock

チェルノブイリに生息する線虫を調査

 この疑問を明らかにするヒントを、小さな「線虫(線形動物)」が教えてくれるかもしれない。線虫は、土の中や生物の体内など、さまざまなところで生きるごく小さな生き物だ。

 中にはとても丈夫な種もおり、4万年の時を経て永久凍土の中から目覚めた線虫まで発見されている。

 そのゲノムはシンプルで、また寿命が短いために世代のサイクルも速い。だから放射線がその体やDNAにどのような影響を与えたのか、個体レベルだけでなく、世代レベルで調べるのにうってつけだ。

 そこで、ティントリ氏らはチェルノブイリ立ち入り禁止区域で、土壌に生息する「Oschieus tipulae」という線虫を探すことにした。

 防護服を着用し、ガイガーカウンターで周囲の放射線を測定しつつ、腐った果実・葉っぱ・土から数百匹の線虫を集めた。
1709591439460
線虫を採取するティントリ氏 / image credit:Matthew Rockman

チェルノブイリ線虫は放射線によるDNA損傷がまったくなかった

 それらを実験室で培養してから遺伝子を解析し、その結果を、フィリピン・ドイツ・アメリカ・モーリシャス・オーストラリアなど、世界各地で採集された線虫のものと比べてみた

 するとチェルノブイリ立ち入り禁止区域の線虫は、ほかの区域の線虫とは遺伝的に違うことが明らかになった。

 だがそれは生息地の地理的な距離を反映したもので、何らおかしなところはない。

 それよりも興味をそそられるのは、世代交代を繰り返したチェルノブイリの線虫には、放射線によるDNA損傷の痕跡がまるで見られなかったことだ。

 チェルノブイリのような環境で予測される広範囲にわたる染色体の変化はなく、遺伝子の突然変異率と放射線の強さとの相関関係も認められなかった。

 さらに線虫の世代にわたる影響を調べたところ、祖先が放射線に被曝していたからといって、その子孫が放射線にひときわ強くなるといったこともなかった。

 こうしたことから、ティントリ氏らは、チェルノブイリ立ち入り禁止区域の環境が線虫のゲノムに影響を与えた証拠はないと結論づけている。
no title
チェルノブイリで採取された線虫には放射線による影響が一切なかった / image credit:(Sophia Tintori

人間のがん治療に役立つ可能性

 こうした発見は、人によってがんのなりやすさに違いがある理由を解明するヒントになるかもしれない。

「線虫のどの系統がDNAが傷つきやすいのか明らかになりました。これを踏まえれば、個体によって発がん物質の影響に差異がある理由を研究できます」と、ティントリ氏は話す。

 身の回りにあるDNAを傷つける物質から受ける影響に個人差があるのだとすれば、それを調べることで身を守る方法も上手に考えられるようになるはずだ。

 この研究は『PNAS』(2024年3月5日付)に掲載された。

References:Tiny Worms Tolerate Chornobyl Radiation / written by hiroching / edited by / parumo

追記(2024/03/09)タイトルを修正して再送します。
あわせて読みたい
チェルノブイリの黒いカエルが適応進化の過程を明らかにする


チェルノブイリの犬たちが教えてくれる放射線についてのこと


チェルノブイリで繁殖した放射線を食べる菌が宇宙飛行士や宇宙旅行者を救う(米研究)


チェルノブイリの被曝者から生まれた子供たちの遺伝子を調査。被曝の影響は見られず(国際研究)


人間のいなくなった世界。チェルノブイリの立入禁止区域で暮らす野生動物たちのドキュメンタリー映像(捕食行動あり)

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年03月09日 08:53
  • ID:r1YrVJz50 #

動物の場合、奇形などで生まれたら早々淘汰されるから
表向きは環境に適応してるように見えるだろうね

2

2. 匿名処理班

  • 2024年03月09日 09:08
  • ID:H17aA98V0 #

チェルノブイリ周辺は動物の楽園とも言われるが鳥の嘴が捻じれていたり小動物の平均寿命が短くなっていたりしたそうだ
また放射線に対抗する進化も進んでいて裏を返せば放射線が淘汰圧として機能してしまっているということ
動物の楽園という表現は誤解を生むと考えている

3

3. 匿名処理班

  • 2024年03月09日 09:30
  • ID:psQOnEpz0 #

遺伝子の修復能力が高い生物は進化が遅いという記事が流れてたけど原始的な形態をとどめている生物は軒並み放射線に強い可能性があるのかも

4

4. 匿名処理班

  • 2024年03月09日 10:10
  • ID:bH37v5s80 #

>>2
端的に言って、放射線による悪影響より、人間活動による悪影響の方がはるかに大きいってことだろ。逆に言えば、そこの生物の生存(個体ではなく総体として)にとって、放射線の影響は相対的にそこまで強くないから、個体数も増えてるってことで、人の寄り付かなくなった環境は楽園ってことでなんら間違いではない。

5

5. 匿名処理班

  • 2024年03月09日 10:17
  • ID:fikQ5w.q0 #

生命は必ず道を見つける

6

6. 匿名処理班

  • 2024年03月09日 10:20
  • ID:xVJTQo1g0 #

線虫「ヒトが支配種?俺達より脆弱な種族が笑わせんな」

7

7.

  • 2024年03月09日 10:24
  • ID:1YamSf.p0 #
8

8. 匿名処理班

  • 2024年03月09日 10:27
  • ID:XJrhGb9k0 #

せっかく楽園になったのにロシアのせいでめちゃめちゃにされてる

9

9.

  • 2024年03月09日 11:05
  • ID:1YamSf.p0 #
10

10. 匿名処理班

  • 2024年03月09日 11:34
  • ID:vQOwdb310 #

コッペリオン思い出した

放射線によるDNAの損傷って免疫とか関係ない物理的な損傷だと思うんやけど、その痕跡が残らないって、どういうことなんだろ。修復が無茶苦茶速いとか?
遺伝子って損傷の自己修復機能とか持ってたっけ?

11

11. 匿名処理班

  • 2024年03月09日 11:50
  • ID:nzJQveIy0 #

線虫やっぱり強いわ
先日の記事みたく人の手で改造しても多分思い通りに動いてくれないよコレは

12

12. 匿名処理班

  • 2024年03月09日 11:53
  • ID:pnkPxZSW0 #

ネットの記事ではチェルノブイリ周辺に住んでいるオオカミは放射線によるガンの発生に耐性を持つ個体が増えているという。人にも生態系にも多大な悪影響を及ぼしたとは言え、図らずも放射線が淘汰圧となって原発周囲の生物の進化が促される現場を目にしている。

13

13. 匿名処理班

  • 2024年03月09日 12:00
  • ID:aL3omiqy0 #

( ゚Д゚)まったく損害を受けていないというのか!

14

14. 匿名処理班

  • 2024年03月09日 12:45
  • ID:zcyjghZa0 #

>>10
寧ろその修復機能のエラーで起こるのが遺伝子変異よ
どうでもいい場所だったら普通のエラーが起こっても機能に影響はないけどたまに起こる大エラーとか重要な場所でエラーが起こるとその遺伝子を設計図に作られるタンパク質がバケモノになる
例えばそのタンパク質が細胞分裂のブレーキを司るタンパク質だったら無制限に増殖を引き起こしてしまう、つまり癌を作っちゃう
遺伝子自体が壊れてもダメだし修復時エラーが起こってもヤバい、これが放射線が怖いって言われる所以
まあ普通に生きてる分にはエラーなんてめっったに起こらないし起こった時の保険もあるから大丈夫なんだけどそれでもすり抜けるときはすり抜ける(癌)

15

15.

  • 2024年03月09日 13:53
  • ID:zyR..nP40 #
16

16. 匿名処理班

  • 2024年03月09日 14:09
  • ID:AmdEXkeQ0 #

>>10
一応DNAには自己修復機能があり、紫外線や活性酸素などによる日々の軽微な損傷はカバーされており、ちょっぴり間違えて直しても大体は免疫系が始末してくれる
それも限界を超えると癌や遺伝的な病気を引き起こす

放射線被曝によるDNA破壊は放射線が体内の水分子に作用して過酸化水素が発生することで起こるらしい
最強生物クマムシくんはこの過酸化水素から細胞を保護するたんぱく質を持っているのだけど、仕組みはまだよく分かっていない
人間の体に組み込めたらコッペリオンも夢ではない?

17

17. 匿名処理班

  • 2024年03月09日 15:19
  • ID:1YamSf.p0 #

.好譽織
チェルノブイリに生息する線虫が適応進化

記事
ティントリ氏らは、チェルノブイリ立ち入り禁止区域の環境が線虫のゲノムに影響を与えた証拠はないと結論づけている。


´△任呂泙辰燭別のことを書いている

,離好譽織い牢岼磴辰討い

18

18. 匿名処理班

  • 2024年03月09日 17:45
  • ID:CVqjwvqF0 #

呼吸によるオキシドラジカルよりも直でDNA損傷引き起こすだろうから
この場合DNAの冗長性(テロメア長ではなくその種たらしめる重要コドンの比率の低さ)と、それから
>>1
のように世代サイクルの短さが重要な気がする(損傷した固体の胎生致死/卵生致死率が高ければ損傷自体が観測されない)。

そう考えれば活性酸素除去能/修復力の強いであろう長寿なオウムとかより原始生物の方が放射線環境で強くても不思議じゃないんじゃないかなぁ・・・と。

19

19. 匿名処理班

  • 2024年03月09日 18:29
  • ID:OfStKZ.d0 #

動物たちにとっては放射線より人間の方がよっぽど害悪なんだなぁ

20

20. 匿名処理班

  • 2024年03月09日 19:13
  • ID:1tpmv.EF0 #

これ凄い発見かも
火星探査とかでも
応用が効くかもね

21

21. 匿名処理班

  • 2024年03月09日 19:39
  • ID:LXCg.y790 #

>>1
そうじゃなく実際に適応してるんじゃない?
ダメになる個体も多いだろうけど世代交代が早い分、適応個体への進化も早いとか

22

22. 匿名処理班

  • 2024年03月09日 20:32
  • ID:MYlgj0Xt0 #

>>21
進化もしてないことが確かめられた、という記事だよ、

23

23. 匿名処理班

  • 2024年03月09日 21:21
  • ID:p5sHI.u70 #

チョルノービリね

24

24. 匿名処理班

  • 2024年03月10日 08:59
  • ID:VDkDcXo70 #

>>17
よく記事内容を読みなさい。
チェルノブイリ立ち入り禁止区域の線虫を調べた結果、放射線がこの線虫に影響を与えてない(=放射線による影響を克服する適応進化したもの)って判明したという内容です。
そもそも別に放射線の影響で放射線耐性を得たなんてタイトルではないの。順番が逆。

25

25. 匿名処理班

  • 2024年03月10日 16:18
  • ID:9AlCt2IU0 #

人も含めて弱いものは廃れ強いものが生き残る
これも自然の摂理なんだろう
放射能程度では地球は何ともないし〜

26

26.

  • 2024年03月11日 22:14
  • ID:mz3XDxlD0 #
27

27. 匿名処理班

  • 2024年04月10日 12:37
  • ID:jbVwoYgV0 #

>>23
ウクライナ語ではそう発音する、と言うことに現在はなってるけど
一部の地名や歴史的事件なんかに関わる時はロシア語表記のままって指定されてるよ(なのでジョージアも歴史上の事件の記事だとグルジア表記になったりする)
あと厳密にはウクライナ語とされてるものは「キエフ周辺だけの方言」で、東部はロシア語話者が殆どを占め、西部はまた別の三つくらいの方言が混在(ルーマニア語、チェコ語、ポーランド語の影響)している
というかウクライナ語は大雑把にはロシア語の方言の一種(歴史的にはロシアの基礎作ったのがキエフ公国時代のウクライナだし、ウクライナ語にロシア語が影響受けてる)
ベラルーシ語なんかもロシア語とは方言レベルの違いしかない
そして当のロシア語もウクライナやベラルーシと隣接する地域では方言が違う
しかも…実際にはロシア語でもウクライナ語でも「チェルノブイリ」「チョルノービリ」どっちにも聞こえねえ!元々日本語カタカナ表記にできない発音なんだよ…!
(個人的にはチェリュァノァーブィリュィに聞こえる)
キエフかキエブかキーヴかもそうだけど元々東欧圏がBとFとVの発音ごちゃまぜというか区別しなさ過ぎじゃい!同じ国の中でさえ表記と発音単語ごとに食い違ってて統一してねえ!(LとRの発音が区別されない日本が言うな?それはその通り)
という訳で、どの表記が正しいのかなんてのはあんま拘らなくていいと思う、キリが無いので

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links