幻のサメ、メガマウスが東アフリカで捕獲されるも市場で安価で売られてしまう
 滅多にお目にかかれない珍しいサメ「メガマウス」が東アフリカで初めて生きたまま捕獲された。だがその結末はあまりにも残念すぎた。

 ザンジバル諸島の市場で、食材として2500円ほどで売られていたのだ。

 アフリカ全体で見ても、メガマウスザメ(以下メガマウス)が目撃されたのは今回でようやく6度目のこと。その希少価値を知らなければ、いたしかたのないことではある。

大きな口が特徴の幻のサメ、メガマウス

 「メガマウス( Megachasma pelagios)」はネズミザメ目メガマウスザメ科の唯一の種で、その珍しさとは裏腹にほぼ世界中の水深200mのやや浅い深海に生息している。

 特徴的なのは、その名前の由来となった大きな口だ。体はオタマジャクシのようで、その巨大な口は頭の半分ほどもある。
3
今回タンザニアで捕獲されたメガマウス / image credit:Wildlife Conservation Society, Tanzania Marine Programme

 メガマウスの存在が初めて確認されたのは1976年のこと。ハワイ沖を航行していた米海軍の調査船のシーアンカーに絡まっていたのだ。

 それ以来、世界で目撃されたメガマウスザメは280匹に満たず、謎の多いサメである。

 日本近海ではどういうわけかメガマウスが捕獲されることが多く、全世界での捕獲50事例のうち13例(2011年時点)が日本でのものだ。

 最近では2020年6月11日、千葉県館山市の定置網に生きたままかかっている所を地元の漁業関係者に発見され、さかなクンさんがギョギョっと解説してくれている。
 メガマウスは体長最大7mに達する大型のサメで、”メガ”という名称から太古の巨大ザメ、メガロドンが想像されるかもしれないが、体が大きい点を除けば、両者はそれほど似ていない。

 メガロドンは当時の頂点捕食者で、鋭い牙で獲物を狙った恐るべきハンターだ。一方、メガマウスは穏やかなサメで、小さなプランクトンを濾過して食べる。

 野生生物保全協会の海洋生物学者レット・H・ベネット氏によると、サメで濾過摂食をする仲間は3種のみだが、メガマウスはその中でも最小の仲間だ。

 また滅多に姿が見られないことから、単独行動するタイプである可能性が高いという。
2
タンザニアで捕獲され、市場で売り出されていたメガマウス / image credit:Wildlife Conservation Society, Tanzania Marine Programme

地元の市場で2500円で売り出されていた

 ベネット氏によると、今回のメガマウスは、インド洋に浮かぶタンザニア、ザンジバル諸島(付近で漁船に捕獲されたという。この時点ではまだ生きていたようだ。

 研究者らは、地元の漁業の着陸地で捕獲されたサメの数千枚の写真を分析していたところ、メガマウスの存在を知ったようだ。

 だがその後ペンバ島に水揚げされ、地元の人々が食べる食材として、4万3000タンザニア・シリング(約2500円)で売られていたのだ。

 アフリカでメガマウスが目撃されたのはこれがようやく6回目のこと。それ以前は、1995年から2020年にかけて、南アフリカ、ガボン、リベリア、セネガル、モーリタニアで1回ずつ目撃された。

 ただし、今回の発見はアフリカ東海岸における初事例という点で重要だ。おかげで、ほぼ全世界に分布するメガマウスの生息地がまた広がることになった。

 地元の人にとってはこの魚の価値を知らなかったのだからしかたがない。
1
珍しいサメだが、ザンジバル、ペンバ島の市場で売られていた / image credit:Wildlife Conservation Society, Tanzania Marine Programme

もし見かけたら専門家に連絡を

 メガマウスはとても珍しいサメだが、世界中に生息しているため今すぐ絶滅する危険は低く、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは「低危険種」に分類されている。

 これまでに記録された数は280匹だが、それよりもずっとたくさんいる可能性が高い。また、その280匹のすべてが漁船によって捕獲されたものでないことも安心材料だとのこと。

 ゆえにベネット氏は、現時点で漁業がメガマウスに与える影響は限定的だと考えている。これは、その生息域での漁業があまり活発でないことも関係しているかもしれないそう。

 アフリカ以外の地域に目を移せば、2023年12月、フィリピンでは妊娠したメガマウスが発見されている。

 浜に打ち上げられた母親は体長5.5mで、まだ生まれていなかった胎児が排出されていた。これは、メガマウスがほかのサメと同じように、生きている子供を出産することを示す初めての証拠であるという。



 滅多に姿を見せないメガマウスの不思議な生態について知るには、情報を共有することが大切となる。

 だからもしも運よくメガマウスと出会うことができれば、環境や漁業を担当する政府当局や、水族館や自然保護協会といった団体に連絡するよう、ベネット氏は協力を呼びかけている。


追記:(2024/03/08)本文を一部訂正して再送します。
References:First record of the megamouth shark Megachasma pelagios (Lamniformes: Megachasmidae), from the United Republic of Tanzania | Zootaxa / Elusive megamouth shark caught off Zanzibar for 1st time, gets sold for $17 | Live Science / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
幻の巨大サメ、全長5メートルの「メガマウス」が水揚げされる(三重県)


幻の巨大サメ、4.5メートルのメガマウスの死骸が漁網にかかる(フィリピン)


イルカ?サメ?不可解な鼻の形をした謎の生き物の正体は?


激レアのクラゲが発見され、その鮮明な姿が撮影される


このクリーチャー感がたまらん!希少な「ゴーストシャーク」の赤ちゃんを発見

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年03月07日 08:10
  • ID:vv0Wmarw0 #

稀少なサメが市場で売られ、学者がメヲマワス

2

2. 匿名処理班

  • 2024年03月07日 08:15
  • ID:NTAGvQkV0 #

もしも価値を知っていたらどれだけの値段で取引されたのだろうか

3

3. 匿名処理班

  • 2024年03月07日 08:45
  • ID:6GNPeB100 #

まァ 喰いでのある食材やろ・・・・しゃあない(;^ω^)

4

4. 匿名処理班

  • 2024年03月07日 08:59
  • ID:B3K79i5Z0 #

名前も分からない奇妙な容姿の魚よく食べるな

5

5. 匿名処理班

  • 2024年03月07日 09:12
  • ID:rT0YipsH0 #

スタッフがおいしくいただきました

6

6. 匿名処理班

  • 2024年03月07日 09:14
  • ID:NvnXqR.S0 #

知らないって事はやっぱり良くない事だなぁ
知っててもうりそうだけど、

7

7. 匿名処理班

  • 2024年03月07日 09:58
  • ID:HW1KjbAT0 #

味のデータは取れたのかな

8

8. 匿名処理班

  • 2024年03月07日 10:08
  • ID:hrk.ZvEQ0 #

今ならお値段、なんと二千・・・五百円 ! !

9

9. 匿名処理班

  • 2024年03月07日 10:20
  • ID:gTCkYzdK0 #

研究者に売った所で大して額は上がらんだろ

10

10. 匿名処理班

  • 2024年03月07日 10:23
  • ID:Cv76w.yY0 #

メガマウスは
もう口の中

11

11. 匿名処理班

  • 2024年03月07日 10:31
  • ID:WoX3EIec0 #

先進国が保護活動とかしても末端の途上国がなにソレ知らんで狩りまくってたら意味ないよなぁ

12

12. 匿名処理班

  • 2024年03月07日 10:32
  • ID:JKHE.NAR0 #

獲られてもまずいからと捨てられ続けたシーラカンスさんと比べたら
食べてもらえただけいいのかもしれない…

13

13. 匿名処理班

  • 2024年03月07日 10:33
  • ID:ltMAetKK0 #

お味の方は人間のマウスには合いますかね

14

14. 匿名処理班

  • 2024年03月07日 11:16
  • ID:2.IuKz1m0 #

シーラカンスも売られてたよね

15

15. 匿名処理班

  • 2024年03月07日 11:17
  • ID:RyydAoe60 #

>>4
自分達のコミュニティー外では希少で価値の高いと知らないからコニュニティー外に喧伝しないだけで、
現地では昔から存在を知られていて食されている可能性もある。

16

16. 匿名処理班

  • 2024年03月07日 11:25
  • ID:pkuyQ.x80 #

昔、ウモッカとかいう名前で騒がれた魚がいて、日本の人がインドに来てたときに、インドで水揚げされた魚の中に良くわからん魚がいたのにもかかわらず、インドの人がサクサクさばいてったのを目の当たりにした記事をブログかなんかで書いてたのあったと思う。

あれみたいなもんでしょ。あの騒動の結末はたぶんキクザメってオチだったけど。

17

17. 匿名処理班

  • 2024年03月07日 11:39
  • ID:8a.WhGW10 #

彼らにしてみれば希少価値より今日の飯代のが重要ってことだね

18

18.

  • 2024年03月07日 11:42
  • ID:4pJ54gRJ0 #
19

19. 匿名処理班

  • 2024年03月07日 12:23
  • ID:WjjV0fMa0 #

日本の漁師さん達もこんなもんだぞ?
希少種が漁師さん達には珍しくもなんともないポイポイ捨ててたお魚って有る有る
(最近ネットとかで見て「貴重だったの?」って解るようになってきて
 リュウグウノツカイとか、ダイオウイカが一時期やたらニュースになったw)

食べれるオニオコゼとか高級魚も販売ルートが無い場合は海にポイポイだったりするw
(通りかかるとくれたりするw)

20

20. 匿名処理班

  • 2024年03月07日 12:28
  • ID:0dhWfaz60 #

>全世界での捕獲50事例のうち13例(2011年時点)が日本でのものだ。

海外では今回みたく特に報告されずに
食されてるケースも多いんじゃないかな。
低危険種ということならそれも良いのでは。

21

21. 匿名処理班

  • 2024年03月07日 12:52
  • ID:PxUi8GWe0 #

(´・ω・`)価値が有ろうが無かろうが
地元民からしたら「サッサと売りさばかないと腐る魚」ってだけだし・・・

そんな連絡して取りに来るまで冷蔵・冷凍しておく施設も無いんではないか

22

22.

  • 2024年03月07日 12:52
  • ID:NYPZK.5.0 #
23

23. 匿名処理班

  • 2024年03月07日 12:53
  • ID:efAEtppc0 #

田舎の人がUMAを◯しちゃったみたいなパターンあるある
ちょっとむかつくけど仕方ないよね

24

24. 匿名処理班

  • 2024年03月07日 15:09
  • ID:IO5D7RLb0 #

ぺっちゃんこに潰れてるのは深海魚で体の水分量が多いからなのかな

25

25. 匿名処理班

  • 2024年03月07日 15:51
  • ID:zaB4PjAc0 #

ちゃんと記録を残すプログラムがあるんだね

26

26. 匿名処理班

  • 2024年03月07日 16:25
  • ID:dDJd9tjj0 #

>>15
これ系だと、古代魚のポリプテルスがまだ知られてない頃
アフリカを調査したイギリスの研究家が漁師から
「デカくて食いであるけど、たまにしか取れないんだ」
って話を聞いて採取地を探したって話があるね。

27

27.

  • 2024年03月07日 17:26
  • ID:.JR3LiZ.0 #
28

28. 匿名処理班

  • 2024年03月07日 17:31
  • ID:ocmZN.M20 #

研究所より水族館に売ったほうが良い

29

29. 匿名処理班

  • 2024年03月08日 00:10
  • ID:4UBzRs0W0 #

>>14
まずくて人気がないから地元の市場では現地語で”価値なし”と呼ばれてたらしいね

30

30. 匿名処理班

  • 2024年03月08日 01:01
  • ID:T9txGBJX0 #

生きたまま捕獲されたなんて。
図鑑で見たような、でっかい口を開けてるところを水族館で動いてる姿を見てみたかったなぁ。

31

31. 匿名処理班

  • 2024年03月08日 09:54
  • ID:uQqUkUvH0 #

>>3
鮫は足も速いから新鮮なうちに食べないとねー

32

32. 匿名処理班

  • 2024年03月08日 10:39
  • ID:kC9SeZDz0 #

食材として売れるってことはそれなりのお味だったんだろうな

33

33. 匿名処理班

  • 2024年03月12日 12:53
  • ID:fRvjfV8q0 #

日本でもその海域じゃ見ない魚が獲れた時、漁師も正体がわからないから鯛(違うのを承知で)とかの魚ってことにして卸してることもあるみたいね

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links