マウス細胞から試験管の中ミニチュアの精巣を作り出すことに成功
 イスラエルの研究チームが、マウスの細胞から一対の睾丸(精巣)オルガノイドを培養することに成功したそうだ。オルガノイドとは、試験管の中で細胞から作るミニチュアの臓器のことである。

 ミニ精巣が生み出された理由は、精巣の発達や機能について理解を深め、男性不妊の原因を解明し、男性の不妊症治療へとつなげることだ。

 不妊症の治療に取り組む夫婦は年々増えており、厚生労働省によると夫婦4.4組に1組が不妊治療を受けているという。だが男性の不妊症の詳しい原因はほとんどわかっていない。

 イスラエルのバル=イラン大学のニツァン・ゴネン氏は、「ミニ精巣は、精巣の発達や機能について基礎研究する際のモデルとして有望で、性発達障害や不妊症の治療への応用が期待できます」とプレスリリースで述べている。

細胞から培養されたミニチュアの人工臓器「精巣オルカノイド」

 培養された精巣は「オルガノイド」という人工臓器で、本物によく似た管状構造をしている。

 オルガノイドは、実験室内で培養された細胞から作る、人間の体と同じように機能するミニチュア臓器で、臓器の発達や病気を研究するモデルとして注目されている。

 『International Journal of Biological Sciences』(2024年1月12日付)に掲載された研究では、生まれたばかりのマウスから未成熟の精巣細胞を採取し、これを培養した。

 精巣は男性の生殖器官の一部であり、いわゆる睾丸のことで、男性の生殖細胞である精子を生産したり、男性ホルモンであるテストステロンを分泌する。

 マウスの精巣細胞を培養した期間は9週間。理論的には、精子の生産やホルモンの分泌プロセスを完了するのに十分な時間だ。

 この精巣オルガノイドが実際に精子を作れるのかわからないが、それでも初期の精細胞が生産されているらしき兆候はあったという。

 こうしたことができたのも、ゴネン氏らが精巣オルガノイドが成熟して、精管を成長させられるような環境を作り出すことに成功したおかげだ。

 じつはほとんどのオルガノイドは、臓器の初期段階に似せて作られるため、ここまで成熟したオルガノイドは珍しい。
1
マウスの細胞から14日培養された精巣オルガノイド。管状の構造が形成されている / image credit:CHELI LEV/BAR-ILAN UNIVERSITY

将来的にはヒト細胞から精巣オルガノイドを作り出す計画

 なお今回の精巣オルガノイドは、あくまでマウスの細胞から培養されたものだ。

 臓器の発達を研究するモデルとして有望だが、ゴネン氏はいずれは人間の細胞から同じようなオルガノイドを作ろうと考えている。

 ゴネン氏らによると、小児がんで化学療法や放射線治療を受けた思春期前の男児は、3人に1人が不妊になるのだそう。

 若くしてがんになった子供でも、85%が成人になっていることを考えると、このことは彼らの人生を大きく左右する。にもかかわらず、彼らの生殖能力を回復させる方法は今のところない。

 「この研究では、マウスから精巣オルガノイドを作ったが、同様のやり方で思春期前の男児から精巣オルガノイドを作れる可能性は大いにある」そうだ。

References:Towards a “Testis in a Dish”: Generation of Mouse Testicular Organoids that Recapitulate Testis Structure and Expression Profiles / Lab-Grown Testicles Developed by Scientists Could Aid With Male Infertility, Boost Understanding of Testicular Development and Function | Science Times / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
人間の卵子にも好みがある。好きな精子を選別しており、それは本体の好みとは無関係(スウェーデン・イギリス研究)


不妊と関連するかもしれない、まったく新しい構造の精子が発見される(米研究)


スイス人男性の精子数が激減。ドイツ・デンマーク・ノルウェーと並びヨーロッパで最低水準となる(スイス研究)


史上初、実験室で作られた人間の「ミニ脳」が視覚刺激に反応する瞬間を目撃


人間の細胞から生きたロボットを作り出し、神経細胞の傷を治すことに成功

Advertisements

コメント

1

1.

  • 2024年02月22日 20:07
  • ID:ry.HtjrI0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2024年02月22日 20:27
  • ID:AQbiXXgs0 #

正味の話、精巣なんて幾らあってもしゃあないやんけ。子宮を作れ子宮を(そして人間工場へ……)

3

3. 匿名処理班

  • 2024年02月22日 20:41
  • ID:y17xbfDF0 #

この技術あるとガンや交通事故で失った男性の精子を
現生に復活させ妊娠できる可能性あるな
または国産トキのように現在消滅した動物を自然状態で
再復活させるなんて夢もある
でもあまり行き過ぎるとマモーになってしまうし
科学の技術って難しいな

4

4. 匿名処理班

  • 2024年02月22日 20:51
  • ID:zsbi296a0 #

フグの白子作れば儲けれるのにねW

5

5. 匿名処理班

  • 2024年02月22日 21:01
  • ID:Db8yUMq40 #

生きた男不要論始まる……?

6

6. 匿名処理班

  • 2024年02月22日 21:17
  • ID:oHcg.5Uc0 #

可能性でいえば未来の人は男性女性問わず、一人で好きなだけたくさんの精巣を持つことができるんだ。これはちょっと羨ましいぞ。

7

7. 匿名処理班

  • 2024年02月22日 22:14
  • ID:oHcg.5Uc0 #

>>4
ヒトの白子が商品化されるかも

8

8. 匿名処理班

  • 2024年02月22日 22:30
  • ID:ItEROQyR0 #

この研究の実用化と平行して卵巣オルガノイドの実用化が実現すれば、人間の生殖行為を必要とせずに繁殖が可能となるのは無論、DNA操作によって超人類を生み出す事すら可能になるかもしれないと思うと、興味深くもあり恐ろしくもある

9

9. 匿名処理班

  • 2024年02月22日 22:37
  • ID:8teyHnhb0 #

>>2
男性不妊の人が自分の子供を持てるかもしれないだろ。いいことじゃないか
人工子宮のほうが欲しいのは同意

10

10. 匿名処理班

  • 2024年02月22日 22:52
  • ID:Emti6ULc0 #

まだ実験なので、タマタマということも

11

11. 匿名処理班

  • 2024年02月23日 07:29
  • ID:qHIPkcoq0 #

臭そうな実験室

12

12.

  • 2024年02月23日 07:46
  • ID:dIdsA8U90 #
13

13. 匿名処理班

  • 2024年02月23日 09:44
  • ID:.RMC6rSK0 #

>>2
いかがわしい目的で乱用されないような対策を整えるのが先決かもしれません

14

14. 匿名処理班

  • 2024年02月23日 12:07
  • ID:p3e8j0GX0 #

全臓器のオルガノイドが作れるようになって、それぞれが成熟させられるようになったら、それらを合体させて新造人間も夢じゃない?

15

15. 匿名処理班

  • 2024年02月23日 12:21
  • ID:qHIPkcoq0 #

>>11
なんか、漂白剤の様なニオイがするなぁ

16

16. 匿名処理班

  • 2024年02月23日 13:38
  • ID:M0Xb8z3F0 #

こんな研究するよりも
精子が激減している問題を研究してほしいわ

ヒトの精子の減少加速 70年代から6割減

このまま加速すると人類は確実に滅亡する

17

17. 匿名処理班

  • 2024年02月23日 16:12
  • ID:l5rbDtxq0 #

ザ.ブルード思い出した

18

18.

  • 2024年02月23日 17:08
  • ID:bQbihHFi0 #
19

19. 匿名処理班

  • 2024年02月23日 21:58
  • ID:dfTyiAtQ0 #

>>2
子宮の研究が必要なのは同意だが、この研究は心から悩んでいる男性や夫婦を救う可能性があるのは間違いない。それをこんなもの不要、と自分の視点だけで簡単に否定するのは凄く当事者を傷付けたり苦しめることになると思う。

20

20. 匿名処理班

  • 2024年02月23日 22:15
  • ID:fdVYrRqS0 #

体の好きな所に埋め込んで男性ホルモンドーピングにも悪用できそう

21

21. 匿名処理班

  • 2024年02月24日 13:00
  • ID:ti3.bx1.0 #

トップの画像は何なんだよw

22

22. 匿名処理班

  • 2024年02月29日 03:14
  • ID:.VX49YNc0 #

>>14
アッチョンプリケ!

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links