クジラ類の大きさの遺伝的秘密が明らかに
 クジラ類(クジラ目)に属する海洋生物の体の大きさはバラエティに富んでいる。世界最大のクジラが体長体長30mにもなる一方で、ハンドウイルカはせいぜい3.5mくらいだ。

 新たな遺伝子研究で、クジラたちの体の大きさがこれほどまでに異なる理由が解明されつつある。「プロモーター領域」という遺伝子のスイッチが関係しているのだという。

 『BMC Ecology and Evolution』(2023年10月24日付)に掲載された研究は、クジラ目のサイズが違う理由を解明しただけではなく、人間のがん治療にも役立つ可能性があるという。

クジラ目の大きさはバラエティに富んでいる

 イルカとクジラはどちらも「クジラ目」に属する生き物だ。一般的に体長4m以上がクジラ、4m以下がイルカとされている。

 また、体長10m以上は大型クジラで、10m未満のは小型クジラとなる。

 進化の視点から見ると、クジラ目は大きく2グループに分けることができる。歯を持つ「ハクジラ類」と歯の代わりに鯨鬚と呼ばれるヒゲを持つ「ヒゲクジラ類」だ。

 世界最大のクジラはヒゲクジラ類のシロナガスクジラで体長30mもある。世界最小のクジラは、諸説あるが、ハクジラ類のセッパリイルカ (Hectors Dolphin)で体長1.4mほど、同類コガシラネズミイルカ(Phocoena sinus)が体長1.2〜1.5mほどだ。
no title
セッパリイルカ / photo by iStock

体の大きさの違いは遺伝子スイッチにあり

 同じクジラ目でもこれほどまでに体の大きさが違うのはなぜなのか?

 その理由を探るため、今回の研究では、「プロモーター領域」というタンパク質を作る遺伝子の前にあるDNA配列が調べられている。

 プロモーター領域は遺伝子のスイッチのようなもので、タンパク質を作る遺伝子がどのくらい発現するのか調節する役割がある。

 そして明らかになったのは、「NCAPG遺伝子」のプロモーター領域が、クジラ目が巨大化するうえでとても重要な役割を果たしているだろうことだ。

 体が大きなクジラ目では、このプロモーター領域からの指示でNCAPG遺伝子が活性化し、体を大きくするタンパク質がたくさん作られる。

 ところが小さなクジラ目では、同じ遺伝子がブレーキのような役割を果たし、タンパク質の生産を抑えるように働くという。
vivek-kumar-fs283LESUtc-unsplash
photo by Unsplash

クジラ目は独自に体を大きくした

 念のために言っておくと、今回の発見は、現在のクジラ目の分類に修正を迫るようなものではない。

 ブラジル、カンピーナス州立大学の遺伝学者マリアナ・ネリー氏は、「今回の発見で、クジラ目の進化系統が変わるわけではありません。ただその巨大さにはゲノム的根拠があるということです」と、プレスリリースで説明する。

 たとえば、サイズ調節タンパク質は、歯があるのに巨大なマッコウクジラと、歯がなく巨大なヒゲクジラ類との遺伝的な関連性を伝えている。

 また、このタンパク質を作る遺伝子はブレーキとしても働く。そのため、ヒゲクジラ類でありながら比較的小さなミンククジラと、同じく小型のハクジラ類との遺伝的な関連性についても伝えている。
ミンククジラとマッコウクジラの特徴は、おそらく収斂進化、つまり同じ特徴が、異なるルートでそれぞれのグループで独立して進化したものなのです(ネリー氏)
12
photo by iStock

人間のがん治療のヒントにつながる可能性

 もう1つ面白い発見は、この遺伝子が人間のがん治療のヒントになるかもしれないことだ。

 一般に、細胞が多い動物ほどがんが発生しやすいと考えられるが、巨大なクジラ目はなぜだかがんが少ない。

 そこで研究チームは、以前調べたことがある4つの遺伝子のプロモーター領域を分析してみた。

 すると、それらのプロモーター領域が、クジラ目の体の大きさだけでなく、がんの抑制にも効いているらしいことが明らかになったのだ。

 体の大きな動物は、細胞がたくさん増殖するよう進化している。だがプロモーター領域をはじめとする制御領域は、遺伝子のスイッチのオン・オフを上手に調節することで、そうした細胞が暴走しないよう食い止めているのかもしれない。

 ネリー氏によると、このような遺伝子は私たち人間にもあるのだという。だからクジラ目のがんがどのように抑制されているのか解明することは、新しい人間のがん治療につながると期待できるそうだ。

References:Study of gigantism in whales provides clues to genomic mechanism involved in tumor suppression / The Genetic Secret of Giant Ocean Creatures Is Finally Revealed / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
クジラの歌声をソナー代わりに使用し、地震研究に役立てる試み


違う種類の生物がよく似た姿形に変化する「収斂進化」は頻繁に起きていることが判明


我が子を失くしたイルカの母さんがクジラの赤ちゃんを育てていた!


4本足のクジラの化石がエジプトで発見され、冥界の神「アヌビス」にちなんだ名がつけられる


クジラのフンが地球を救うかもしれない。海面の天然肥料として人工のクジラのフンを開発

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年02月14日 20:21
  • ID:2SgQOWsJ0 #

>クジラ目のがんがどのように抑制されているのか解明することは、新しい人間のがん治療につながると期待できるそうだ。

マウスとか簡単に調査できる動物ならともかく
クジラの調査してそれを人間に応用するなんて
本末転倒だわ

2

2. 匿名処理班

  • 2024年02月14日 20:38
  • ID:OEAfo3mO0 #

同じ目の中でのサイズ差なら
サルとかネズミなんかのがでかそうだけど、
それもこのスイッチのせいなのかな?

3

3. 匿名処理班

  • 2024年02月14日 20:43
  • ID:KseXIkuN0 #

>>1
そんなあなたもカブトガニなどいろんな生き物のお世話になっているんですよ

4

4. 匿名処理班

  • 2024年02月14日 20:46
  • ID:OEAfo3mO0 #

>>1
クジラより簡単に調べられる動物で同じ仕組みが見つかってるなら
わざわざクジラで調べる必要はないかも知れないけど、
そうでないならクジラを調べるのが当然なのでは。

5

5. 匿名処理班

  • 2024年02月14日 20:56
  • ID:W7lBbLnF0 #

>>1
確かに
人間を使って実験したほうがまだ簡単そうだ

6

6. 匿名処理班

  • 2024年02月14日 21:00
  • ID:m6sJTnK90 #

ネズミ科やネコ科はもっと体格に差がありそうなんだけどそっちはどうなんだろう
例えばネズミだと最大のネズミと最小のネズミで体重差は1万倍以上

7

7. 匿名処理班

  • 2024年02月14日 23:14
  • ID:OEAfo3mO0 #

>>6
ネコ科だとアムールトラ(300kg程度)とサビイロネコ(1.5kg程度)
とで200倍くらいの差なのでクジラよりは少ない。

ただクジラは「目」なので食肉目ということなら
ホッキョクグマ(最大1000kg)とイイズナ(最大250g程度)とで
4000倍くらいの差があるのでシロナガスクジラ(100t程度)と
コビトイルカ(40kg程度)よりも大きな差になる。

ちなみにネズミの1万倍の差というのは「ネズミ科」ではなく
「ネズミ目(齧歯目)」の場合なのでご注意。

8

8. 匿名処理班

  • 2024年02月14日 23:36
  • ID:3H.rzWzb0 #

うっかり巨人作っちゃったりしないでね

9

9.

  • 2024年02月15日 03:27
  • ID:uFTvf0.d0 #
10

10. 匿名処理班

  • 2024年02月15日 08:44
  • ID:EwHwxt1r0 #

そのスイッチの切り替え方法が分かればいろいろな方面に応用できそう。家畜や培養肉とかを肥大させれば、食肉の低コスト化や食糧問題の解決にもつながる可能性が。

11

11. 匿名処理班

  • 2024年02月15日 09:42
  • ID:LmDZyBjA0 #

>>1
別にわざわざクジラを捕まえてきて飼育したり、マウスみたいに繁殖させて色々実験する必要があるみたいな話じゃないよ
クジラの細胞やDNAを入手して、その構造とか働きを調べたり、それらをそれこそマウスとかに導入してみたりするっていう話
サンプル入手以外は実験室で出来るし、サンプル入手だって必ずしもクジラ殺したり傷つけたりする必要もない

12

12. 匿名処理班

  • 2024年02月15日 12:42
  • ID:hbziRd0z0 #

遺伝もあるけど、おでんもね

13

13. 匿名処理班

  • 2024年02月15日 17:16
  • ID:WbEHQhT20 #

「遺伝子の特定領域が何らかのスイッチになりえていることが確認された」という事が話の骨子で
クジラを連れて帰る必要性は全くないんだよなぁ…なんなら>>5が正解まである
倫理観やらいろいろな面で人間そのままを使っての実験はできないけど、培養した細胞ならば問題はない

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links