火星の赤道地下に大量の氷があることを判明
 赤い惑星、火星は不毛の地であるように見えるが、地下には今もなお豊富な水が存在するようだ。

 欧州宇宙機関「ESA」の火星探査機「マーズ・エクスプレス」の新しいデータを分析したところ、赤道の地下に最大で厚さ最大3.7kmにも及ぶ「氷」があることがわかったそうだ。もちろんそれは水が凍ったものだ。

 膨大な水の氷が見つかったのは、「メデューサエ溝状層(Medusae Fossae Formation)」という赤道にそって5000kmにも横たわる巨大な地層だ。

 そこに埋もれている水の量は、地球の紅海に匹敵する膨大なもの。ちなみに紅海は琵琶湖の8470倍の体積を持つ。もしそれが全て溶けてしまえば、火星を1.5〜2.7mの浅い海で覆うほどのものだという。

火星の赤道の地下に何かが埋まっている

 「メデューサエ溝状層(Medusae Fossae Formation)」は、火星の赤道に沿っておよそ5000kmにわたって広がる堆積物の層だ。それは北半球の低地と南半球のクレーター状の高地の境界を告げるものでもある。

 それがどのように形成されたのか詳しいことは不明だが、火星に吹きすさぶ荒々しい風によって削られ、数kmの高さにそびえ立っている。

 2007年、ESAの火星探査機「マーズ・エクスプレス」の観測によって、その地下に何やら埋まっているらしいことが明らかになった。

 それはレーダーがよく通り、密度が低いようだった。どちらも水の特徴だ。

 だが、メデューサエ溝状層がちりのような地層であることから、埋もれた粉塵である可能性や、火山が関係する物質である可能性も否定できなかった。
00_e
メデューサエ溝状層を南西方向から見た図 / image credit:ESA

地下に埋まっていたのは氷と結論

 今回、スミソニアン協会のトーマス・ワターズ氏をはじめとする研究チームは、マーズ・エクスプレスが送ってきたもっと新しいデータで、地下にあるものの正体を探ってみた。

 その結果、データを矛盾なく説明できるのが、唯一水の氷だったのだ。

 イタリア国立天体物理学研究所のアンドレア・チケッティ氏は、「その深さを考えると、仮にメデューサエ溝状層がただの巨大なちりの山だとすれば、自重で圧縮されるはずです」とプレスリリースで説明する。だが、実際に得られたデータは、それほど密度が高くないことを示している。

 このように、水以外のさまざまな物質の振る舞いを検証してみたところ、いずれもデータを矛盾なく説明できるものはなかった。それを上手に説明できるのは、水の氷だけなのだ。
4_e
メデューサエ溝状層の地下にある水の氷の位置を示したもの / image credit:ESA

火星は不毛の惑星ではない可能性

 かつては不毛の惑星とされていた火星だが、最近の調査によってそのイメージは大きく変わりつつある。今では火星のいたる所で、大昔に水が存在し、川が流れ、湖や海があったらしい痕跡が見つかっている

 そうした水は、少なくとも現在の火星の地表には存在しない。蒸発して宇宙に逃げてしまったのだろうか? あるいは火星の地下に閉じ込められているのだろうか?

 メデューサエ溝状層は、この疑問に対する答えをくれるかもしれない。

 こうした火星の水の行方は、ただ学術的な好奇心の対象というだけではなく、現実的にも重要なものだ。

 というのも、いずれ人類が火星に降り立ち、そこで長期間活動するのであれば、水を現地調達する必要があるからだ。

 残念ながら、メデューサエ溝状層の地下にある水は、そう簡単には手に入らない。火星の地中深くにあるため、気軽に水道代わりにできるような代物ではないからだ。

 それでも、そこに水があるという事実は、別の場所にはもっと簡単に手に入る水があるだろうという期待を抱かせてくれる。


追記:(2024/01/23)本文を一部訂正して再送します。
References:Buried water ice at Mars's equator? / New Study Reveals Evidence of an Ice-Rich Layered Deposit on Mars | Smithsonian Institution / A Massive Amount of Water Ice Has Been Found on Mars, Lurking Beneath The Equator : ScienceAlert / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
想像以上のウォーター!火星の地下に塩水の湖が複数発見される


火星に大量の水を発見!赤道を横切る巨大な渓谷の地表ちかくの地下に存在


「火星の自転が速くなってます」塵にまみれて眠りについた火星探査機インサイトからの置き土産


火星の北極の下に膨大な量の水の氷を発見(米研究)


いるとすれば地下だ。火星の地下に生命体が大量に存在する可能性が示唆される(アメリカ地球物理学連合)

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年01月22日 20:12
  • ID:8Il8Aqux0 #

地上に露出したら気体になってしまう水をどうやって採取し利用するかが、今後の火星移住の課題になりそうだね。

2

2. 匿名処理班

  • 2024年01月22日 20:32
  • ID:QR.yK1zi0 #

地上に残って無い事、地上の影響を受けない程深い地下にしか残ってない事が重要だよな
寧ろ不毛の裏付けになる様な気がするんだが

3

3. 匿名処理班

  • 2024年01月22日 21:56
  • ID:0Eh1NKuc0 #

結構近い未来 と言っても今のままだと2〜3百年掛かりそうだけど
ネオベネチアも実現可能かも

4

4. 匿名処理班

  • 2024年01月23日 01:14
  • ID:ami8iE3I0 #

琵琶湖の8470倍の体積で本当にそんな水深になるのかな?
なんか水量が少なすぎる気が・・・。

5

5.

  • 2024年01月23日 06:39
  • ID:Pw5Z4uGT0 #
6

6. 匿名処理班

  • 2024年01月23日 10:34
  • ID:yROQ8tkt0 #

>>3
あの世界の火星は地下に張り巡らされた重力制御装置を使って
火星全体を1Gに保っているから、2〜300年程度でいけるとは思えない

7

7. 匿名処理班

  • 2024年01月24日 02:50
  • ID:cF.qKC.W0 #

まさにトータル・リコールみたいな話ですなぁ

8

8. 匿名処理班

  • 2024年01月26日 12:12
  • ID:YDqNvo4V0 #

>>4
もともと火星は地球より小さい
なら紅海程度の水量で水深1〜2m程度の海というか巨大な沼というかができるのは不思議じゃなかろう

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links