人工生態系「バイオスフィア2」に住む実験を行った8人の結末は?
バイオスフィア2/iStock
 1991年9月26日、今から約30年近く前のこと、地球の生態系を完璧に再現した密閉空間に、自ら進んで自己隔離した者たちがいた。

 そこは、第二の生物圏を意味する「バイオスフィア2」と名付けられた砂漠の中にそびえ立つガラス張りの建物だ。

 実験は、2年交替で8名がバイオスフィア2に滞在することを100年繰り返す予定だったが、食糧不足や酸素不足などのトラブルに見舞われ、結局2回で終了。1回目は2年、2回目は半年で挫折するという惨敗に終わった。

閉鎖された狭い生態系で人類は生存することが可能なのか?

 バイオスフィア2の始まりは、1960年代後半にハーバード大学の卒業生、ジョン・P・アレンという男が「シアター・オブ・オール・ポシビリティーズ」という劇団を結成したことから始まる。

 アレンはエネルギーとカリスマに溢れた男で、グループを通じて世界を変革することを夢見ていた。だが、何をすればいいのか分からない。そこで彼のモットー「やりながら学べ!」に従い、行動を開始した。

 1969年、ニューメキシコ州の砂漠にやってくると、自給自足の生活を営むべく「シナジア牧場」を開設。さらに船まで作り、数年間世界を巡りながら地球の生態系について学ぶ。

 やがてアレンたちは、その理解を自ら実験してみようと考えるようになった。

 もし地球以外の惑星に移住するとしたら、きっと地球と同じ環境を再現しなければならないはずだ。はたして閉鎖された狭い空間の中で人類は生存することができるのだろうか?

 これを知ることがバイオスフィア2建設の目的の1つだった。

 投資家から150億円の支援を受けて作られたバイオスフィア2は、ガラス張りの構造物で、世界各地から持ち込まれた動植物によって、熱帯雨林やサバンナ、海や湿地帯といったさまざまな環境が再現されていた。
Inside Biosphere 2: The World's Largest Earth Science Experiment

 そして記念すべき第1回目は1991年9月26日から1993年9月26日まで行われた。男女8名が足を踏み入れ、前代未聞の実験が開始された。

様々なトラブルに見舞われる

 だが、まもなく彼らはいくつかの問題に悩まされるようになる。1つは食糧不足だ。バイオスフィア2内では、作物がなかなか成長せず、労働に見合った収穫をえることができなかった。

 これは大気の自律調整がうまく機能しなかったことと、日照不足が原因だとされている。メンバーは必要なカロリーを食事から得ることができず、体重が落ちていったという。

 さらに酸素の減りが予想以上に速く、二酸化炭素まで蓄積するという深刻な問題まで生じた。地球の大気は21%が酸素で構成されているが、バイオスフィア2内では14.2%にまで低下。

 メンバーの体は思うように動かなくなり、睡眠時無呼吸症候群に苦しめられる者たちも現れた。その苦しさは、「まるで登山」でもしているかのようだったという。

 そのような状況では当然士気が低下し、メンバーも対立するようになった。もともと彼らが劇団だったことが状況をさらに悪化させた。バイオスフィア2は全面ガラス張りだったのだ。

 大勢の野次馬が日々訪れ、中を覗き込んでは写真撮影をした。あるときは著名な霊長類学者ジェーン・グドールがやってきて、まるで動物園のサルでも見るかのように彼らを観察していったという。

 さらに外側でも騒ぎは大きくなっていた。メディアはエセ科学だと書き立て、あるコメンテータは、「流行りのエコ・エンターテイメントだ」とこき下ろした。
巨大な密閉空間の中の人工生態系 バイオスフィア2

実験は失敗だったのか?

 バイオスフィア2は当初100年運営が続けられる予定だったが、第一回の実験は2年で終了。その後、1994年に6か月だけ二回目の実験が行われたが、それきりとなった。

 しかし、これをもってまったくナンセンスな試みと断罪するにわけにはいかないだろう。

 大金を投入したにもかかわらず、たった8人すら短期的にしか生存させられなかった事実は、地球の生態系を再現することがいかに難しいのかを物語っている。

 今私たちはそれが持つ価値をあまり意識することなく、生態系の破壊を続けている。昨年放送されたドキュメンタリー『Spaceship Earth』では、実験中に起きたことは未来の地球でも起こりうることで、警告と受け止めるべきだと述べられている。
Spaceship Earth. Official Trailer. Launching Everywhere May 8.

 8人の参加者のうちの1人、マーク・ネルソン氏は「入ったのと同じ人数が出てきただけでも勝利です」と語る。

 彼に言わせるならば、世間に認められていなくても、過去に行われたものに匹敵する人類の大冒険だったそうだ。

バイオスフィア2はどうなったのか?

 1995年、バイオスフィア2の運営はコロンビア大学に委託され、2003年まで教育施設として利用された。

 2005年には建物周辺の土地とともに売りに出され、2006年に宅地開発業者によって購入され、2007年からはこの施設をアリゾナ大学が利用している。

 現在は有料で見学者を積極的に受け入れているそうだ。

References:iflscience / theguardian/ written by hiroching / edited by parumo

2021年03月15日の記事を編集して再掲載してお届けします。

あわせて読みたい
人類の生き残りをかけて。妊婦を宇宙に打ち上げ、世界初となる宇宙出産を行うプロジェクト。2024年に打ち上げ予定

宇宙飛行士に銃が必要な理由(ロシア)

4次元空間で起きる物理現象が2つの実験により観察される(国際研究)

夜を昼に変えた。宇宙での高高度核爆発実験の歴史

地球の生命はやはり宇宙から来ていたのか?細菌は宇宙空間で何年も生き続けられるという新たな証拠(JAXA)

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2024年01月16日 17:19
  • ID:YkPrOo9j0 #

自然をなめてはイカンよねぇ

2

2. 匿名処理班

  • 2024年01月16日 17:20
  • ID:uhRAhcMF0 #

画像を見る限り、熱帯植物園を大きくしたような施設に見える。

個人的に熱帯植物園は大好きなので、この施設にも魅力は感じますね。

3

3. 匿名処理班

  • 2024年01月16日 17:20
  • ID:g8YU7nh.0 #

だけど日本には四季があるから ではないが、様々な気候の土地で行ったらどうだろうか

4

4. 匿名処理班

  • 2024年01月16日 17:29
  • ID:4JN0JfAd0 #

そんな大規模施設作る前に、どこか荒野でゼロから耕作テストしなかったんかな
現代の農耕は極めて高収量で、それは長年の経験知識や肥料や整えられた耕土で成り立ってる。プロ農家8人集めても土が作れるまでの数年間の収量はかなり厳しい。
それを元にしてる酸素供給は当然更に厳しい事になるし。

別個に光合成藻類の水槽とかバッファ用意しなきゃそりゃヤバいだろ。

5

5. 匿名処理班

  • 2024年01月16日 17:32
  • ID:0T2ik1uK0 #

心からおつかれ様と言いたい。バイオスフィアからは脱出できても地球からは現状脱出できないんだよな。大切にしないと

6

6. 匿名処理班

  • 2024年01月16日 17:34
  • ID:LZQvUmOB0 #

地球の生態系を完璧に再現w
それが出来てないから失敗したんだろW

7

7. 匿名処理班

  • 2024年01月16日 17:45
  • ID:OIgCj9d30 #

まあ今のままじゃ確実にこれの地球規模版が起きるというか、もうすでに起きつつあるというか

8

8. 匿名処理班

  • 2024年01月16日 18:05
  • ID:ngBq.xl40 #

外からエネルギーを供給したら保てたのだろうか
たとえば月や火星を想定するならすぐそばに太陽光パネルを置く面積はあるだろう
それであればメンテのための宇宙服が壊れるまでは生存できる。落ちとしてはそこまで計算してほしいよな

9

9. 匿名処理班

  • 2024年01月16日 18:14
  • ID:1t8e.gPT0 #

恒星間移民船の基礎研究として重要だと思う

10

10. 匿名処理班

  • 2024年01月16日 18:19
  • ID:kzoeHTsk0 #

オバハンの中からシュワちゃんが
出てくるのはまだまだ先か。

11

11. 匿名処理班

  • 2024年01月16日 18:25
  • ID:a41fv3By0 #

漫画のネタにもなってるゴキブリを入れたからだろ
大量繁殖して衛生面を管理することができなくなり
関係者が我慢できずにリタイアすることになったやつだよな

12

12. 匿名処理班

  • 2024年01月16日 18:43
  • ID:j81iL7JD0 #

同じことを無人島でやったらどうなるだろうか
やはり上手く行かないような気がする

13

13. 匿名処理班

  • 2024年01月16日 18:43
  • ID:14kZUV.t0 #

素人考えでは「無理に決まってる」と思いがちだけど
実際にやることで具体的にどんな問題が起きるかを
はっきりさせたのは大きな成果だと思う。

ただ、
>「入ったのと同じ人数が出てきただけでも勝利です」と語る。
これはちょっと狂気を感じる。

14

14. 匿名処理班

  • 2024年01月16日 19:01
  • ID:f1ucB84n0 #

むしろ地下生活で

15

15. 匿名処理班

  • 2024年01月16日 19:26
  • ID:fus62LmM0 #

こんなの、必要な要素を都度補充しないと完全密室じゃ無理に決まってる。地球環境に似せてって規模が違う、この大きさなら人間はアリサイズじゃないと無理。明らかにしきい値が低すぎて話にならん。ついでに人間がCO2を〜って人間活動のCO2発生量は全大気量の数パーセント以下。ほぼ誤差。

16

16. 匿名処理班

  • 2024年01月16日 19:32
  • ID:zHb5MUe.0 #

この実験ずっと追いかけていた。
その年のアリゾナが記録的に天候に恵まれなかったとか
想定より酸素が消費されてしまい中の人たちが立ってることもできなくなって
ある意味実験中断に等しい酸素の注入をせざる負えなかったこととか。
パトロンの富豪と研究者たちに意見の相違があったことや、、いろいろ。
意義はあったと思うが成功とは言い難い実験だった。

17

17. 匿名処理班

  • 2024年01月16日 19:50
  • ID:qRTxYKYp0 #

農耕遣るならもっと人手が有った方が良いんだけど施設のキャパが全然耐えられないよな
このサイズでやるならもっと自然に代わる科学的な手を加えないと駄目なんだね

18

18. 匿名処理班

  • 2024年01月16日 19:56
  • ID:vKRJvKTR0 #

植物は夜間には酸素を吸って二酸化炭素を出す
そんな閉鎖空間に酸素を吸って二酸化炭素を出す人間を入れれば、お察しの通り二酸化炭素濃度は上がるよね

19

19. 匿名処理班

  • 2024年01月16日 20:00
  • ID:YkPrOo9j0 #

水槽で金魚を飼うにも、大自然と切り離されて生かされているという事ではないと気付くべき

20

20. 匿名処理班

  • 2024年01月16日 20:10
  • ID:6dMnTIQP0 #

イーロン・マスクあたりに出資してもらってもう一度ちゃんとした実験をしてもらいたいね。
緻密な設計と計画のもとで。

21

21. 匿名処理班

  • 2024年01月16日 20:21
  • ID:hOjhSq1Y0 #

出来るかどうかの実験でしょ?
分かり切ってる事をやったって意味がない
課題が洗い出されたなら成功でしょ

22

22. 匿名処理班

  • 2024年01月16日 20:25
  • ID:pn2kBpqp0 #

酸素量の計算が合わなかったのは、地中に存在する微生物、分解者の存在を考慮してなかったからとか言われてた気がする
何事も想定を超えた出来事はあるし、なぜそうなったかを研究するほうが大切だね

23

23. 匿名処理班

  • 2024年01月16日 21:26
  • ID:rSRIWZQN0 #

これコンクリート大量に使ったせいで酸素吸収されたのも敗因の一つらしいな
酸素と水だけはもっと綿密に計算しないといかんやろ
でもこういう実験って成功より失敗してくれたおかげで見落としが分かるから無駄じゃないと思う

24

24. 匿名処理班

  • 2024年01月16日 21:38
  • ID:j81iL7JD0 #

>>18
酸素が足りなくなったのはコンクリに吸収されちゃったのが大きい
生態系を再現したつもりだったけどやはり想定外のことがあった

25

25. 匿名処理班

  • 2024年01月16日 21:48
  • ID:PpEltaLk0 #

>マーク・ネルソン氏は「入ったのと同じ人数が出てきただけでも勝利です」
皮肉じゃなくて【人口が増えて出てくる】ようじゃなきゃ失敗だと思う。

26

26. 匿名処理班

  • 2024年01月17日 01:42
  • ID:hZ36m5cd0 #

ノイジーな要素も多すぎたんだな
難しくてもこの手の研究は続けて欲しいわ
人間が水槽で暮らすような話
もっとでかけりゃいけるんかな

27

27. 匿名処理班

  • 2024年01月17日 04:13
  • ID:Zp6FiGbO0 #

>>24
そうそう
循環すらできなかったのよな

28

28. 匿名処理班

  • 2024年01月17日 06:02
  • ID:rmUO5ZMm0 #

なんでよりによって劇団員達で実験を?そりゃただのパフォーマンス実験て思われて当然だし実際そうなんじゃないの。

29

29. 匿名処理班

  • 2024年01月17日 06:46
  • ID:gFyrWMIw0 #

結果は失敗だったけど有意義な実験だったと思うよ
地球環境の大切さを学んだだけじゃなくて、同じことに挑戦しようとしたときに同じ失敗は避けられる
成功への道のりはそうした事の繰り返しと積み重ねなのだと思う

30

30. 匿名処理班

  • 2024年01月17日 06:53
  • ID:imup.Xox0 #

最初の実験は時代が古い
二回目は確かよう分からん内ゲバもあった気がする。

こう言う実験は継続するのも大事なんだけど、ハッキリ言ってビジネスなんよな。金にならなきゃ誰も賛同せん。

イーロンマスクこそこう言うの金出してやれば良いのに。ロケットばかり作って出先でどうするつもりだ。

31

31. 匿名処理班

  • 2024年01月17日 09:27
  • ID:qZ3LdNwy0 #

そんな劣悪な環境になっていたのか
確かメンバーの1人が作業中に指を切断して結合手術のために2日程外に出たことがあったはずだけど、食糧も酸素も不足しているところへ戻って予後は順調だったのだろうか

32

32. 匿名処理班

  • 2024年01月17日 13:46
  • ID:0oxqf4rf0 #

宇宙が誕生した奇跡・地球の様な惑星が誕生した奇跡・生物が誕生した奇跡・生態系出来た奇跡 これだけの奇跡が重なったんだもの 人工的には不可能に思える

33

33. 匿名処理班

  • 2024年01月17日 18:12
  • ID:skDjIi900 #

ちょっと前のカラパイアで、密室に植物をたくさんいれて人は生きられるか?みたいな実験をした人がいたな。
いろいろ計算して3日くらいはイケると始めたら、わずか15時間で危険な二酸化炭素濃度に。
光合成だのみだったのが、曇りの日に実験したからってオチだった。
もうさ、違う星に移住することより、地球を本気でメンテナンスした方がいいと思う。

34

34.

  • 2024年01月17日 19:14
  • ID:0oxqf4rf0 #
35

35. 匿名処理班

  • 2024年01月18日 12:28
  • ID:jlt2qRjn0 #

これは宇宙空間で生活するよりも不必要に高難度なミッションだと思う。
宇宙空間では廃棄物をいくらでも系外に放出出来るが
このバイオスフィアは廃棄物の系外排出すらやらない事を課すミッションになってる。

36

36. じょん・すみす

  • 2024年01月18日 15:07
  • ID:WDVj1n9a0 #

以前聞いた話によると、土壌バクテリアが想定よりも大量の酸素を消費してて、
施設内部の酸素が減っていったんだとか。
さらに厄介な事として、施設内部のコンクリートが炭酸ガスを吸収してしまい、植物が
”炭酸ガス不足”を起こして光合成が起こせなくなった、なんて事も起きた様子。

37

37. 匿名処理班

  • 2024年01月19日 00:47
  • ID:7WVBaySq0 #

記録として残ってることが価値がある
60年台のユートピア的な思想を実践した団体はあるけど、科学の面から切り込むことは少ない
どんなプロジェクトにも金は必要だし、それをとってくるにはカリスマ的存在が重要だろうね

38

38. 匿名処理班

  • 2024年01月19日 06:31
  • ID:0oFET1SF0 #

>>3
日本だともっとひどい結末になりそう
日照時間が足りないから光合成が進まないし、野次馬とかマスコミの記事の書き方とかとんでもなく失礼(コメント欄の21〜23が挙げたような科学的発想を持っておらず、「失敗」ばかりセンセーショナルに書き立ててカネを儲ける風潮がある)だから

39

39.

  • 2024年01月19日 18:52
  • ID:ioXS.Ulj0 #
40

40. 匿名処理班

  • 2024年01月21日 13:43
  • ID:JtouICe.0 #

やはりバイオスフィア1は偉大だな

41

41. 匿名処理班

  • 2024年01月21日 15:46
  • ID:RMlxQAXh0 #

失敗だったが失敗例という貴重なデータを残してくれた

42

42. 匿名処理班

  • 2024年01月22日 07:36
  • ID:.joFeB560 #

調べたら結構きっつい
持ち込んだ脊椎動物も昆虫もほぼ全滅
アリとゴキブリと一部の蔦植物が大繁殖
施設を破壊して侵入した元クルーが運営会社を訴えて勝訴

SF映画のようにはいかんね

43

43. 匿名処理班

  • 2024年01月22日 07:46
  • ID:.joFeB560 #

>>26
でかけりゃ「閉鎖実験」のみで考えりゃ問題点も減るかもしれんけど
「宇宙船での運用」を真面目に考えてるとすれば、現時点でも資材運ぶのに巨大ロケット何十往復させる気なのよとつっこみたいレベルだからな

44

44. 匿名処理班

  • 2024年01月23日 15:42
  • ID:Emw758kI0 #

一部の植物、動物が増えたならマトモじゃない生活を
覚悟すればいけるのかどうか知りたいな。
例えば昆虫食のようなね。

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links