愛した女性はマフィアの妻だった。不倫関係に陥った男性が暗殺者になるまでの物語
 まるで映画やドラマによくある設定だが、実話だというのだから驚きだ。というか映画化決定のやつかもしれない。

 アメリカで偶然、年上女性と出会った当時17歳の若い男性は、その女性と不倫関係を持ってしまう。だがその過ちが男性を殺し屋への道へと導いていく。

 男性が愛した女性は、マフィアのボスの妻だったのだ。

 ボスに見つかり命を奪われるかと思いきや、ボスは青年をマフィア・ファミリーに引き入れた。その後、数々の悪行に手を染めるようになった男性は、自身の人生を綴った本を執筆した。
My Life as a Mafia Hitman - Larry Mazza Tells His Story

マフィアのボスの妻と不倫した学生

 アメリカ・ニューヨークのブリックリンに住んでいた当時17歳のラリー・マッツァさんは、自宅近くのスーパーマーケットで学生生活の傍ら食料品の配達の仕事をしていた。

 裕福ではないがラリーさんは堅実な家庭で育ってきた。ところがある日、人生を変えることになる運命的な出来事が起こった。

 配達先で、リンダ・スキローという年上女性と出会ってしまったのだ。
当時彼女は30歳か31歳くらいでした。でも彼女は僕には29歳だと言ったのを覚えています。
 ラリーさんは、当時の状況をこのように回顧した。
配達でその家の常連になると、彼女は僕にお酒を勧めてきました。最初は僕も仕事中だったのでソフトドリンクを飲んでいました。

ですがだんだん親しくなるうちにバイトを終えた後、お酒を飲もうと誘われるようになりました
 ラリーさんにとって、年上の女性は魅力的だったのだろう。やがて2人の関係は恋愛関係に発展した。

 だがその女性は人妻だったのだ。しかも夫はマフィアのボス、グレゴリー・スカルパだ。ラリーさんは、後になってその事実を知ったという。
no title
photo by iStock

コロンボ犯罪ファミリーの一員として引き入れられた

 信じられないことに、スカルパは自分の妻が10代の若者と浮気することに寛容で、それを奨励さえしていたそうだ。

 しかもスカルパはラリーさんに、リンダだけが彼の人生における唯一の女性ではないと語った。
スカルパは他にも妻がいることを打ち明けていました。ニュージャージーにも奥さんがいて、ラスベガスとマンハッタンにも奥さんがいました。

でも、それは私たち3人以外の誰にも知られてはならないと彼は言いました。もし誰かに知られたら、お前も俺も殺されると。

スカルパには他にもたくさんの女性がいて、リンダより20歳も年上で、リンダは妻の中で一番若かったんです。

スカルパにとってリンダは戦利品でした。でもスカルパが離れている間、若いリンダが他に恋人を作ることはわかっていたようでした。
 マフィアの妻との情事を咎められることなく済んだラリーさんだったが、その代わりにスカルパはラリーさんをマフィア一家に引き入れた。
logan-meis-7qLT-Msda1k-unsplash
photo by Unsplash

裏稼業を手伝い、ついには暗殺者に

 スカルパの犯罪組織集団はラリーさんを手元に抱え込み、合法的なビジネスで高給の仕事を与えた。
同じ女を共有することで、私たちはより親密になったのです。(ラリーさん)
 19歳になったラリーさんは、その後スカルパのギャンブル賭博を取り仕切る仕事に就き、週給1500ドル(約21万円)を稼ぐようになった。

 やがてラリーさんは、マフィアの一員として暴力的な行為を重ね、暗殺者になってマフィアの抗争にも関わった。

 しかし、コロンボ犯罪ファミリーの一員であるスカルパを巻き込んだ残忍なギャングの抗争が勃発した後、法律がラリーさんを追いつめるのは時間の問題となった。
10
photo by Pixabay

破天荒な人生を綴った著書を出版

 結果的に4件の殺人を認め、少なくとも25件の犯罪に関与したとされるラリーさんは、終身刑が懲役10年に減刑されることと引き換えに、FBIと取引をしたそうだ。

 その後、かつての生活についてラリーさんが書いた本『The Life』は、偶然の出会いによって運命をくるわされ、破天荒な人生を送った自身の日々が綴られた内容になっている。

 現在、ラリーさんはフロリダでパーソナル・トレーナーをしているということだ。

References:'I had an affair with top mobster's wife – and ended up becoming a Mafia hitman'/ written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
16年逃亡していたマフィアのボス、おいしいピザを作りすぎて逮捕


冷酷に淡々と任務をこなす。実在した世界に名だたる殺し屋たちに関する事実(前編)


覆面で料理を作るユーチューバー、国際指名手配中のイタリアのマフィアだったことがバレて逮捕


刑務所を脱獄した殺人犯のマフィア、Googleストリートビューに写り込んでいた!20年ぶりに逮捕


稼業として冷酷に任務をこなす。世界に実在した名だたる殺し屋たちに関する事実(後編)

Advertisements

コメント

1

1.

  • 2023年12月31日 20:14
  • ID:BLAWOwIp0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2023年12月31日 20:25
  • ID:HjB0dY760 #

大勢の人間の人生を台無しにさせておいて自分は今幸せですってか。こんな奴のほんをかうやつは

3

3. 匿名処理班

  • 2023年12月31日 20:26
  • ID:GkRigFQH0 #

最初、インタビュアーの方が元マフィアかと思ったよ。
テレビに映るんだからヒゲぐらい綺麗に剃ればいいのに

4

4.

  • 2023年12月31日 21:01
  • ID:Ib8oPSwP0 #
5

5. 匿名処理班

  • 2023年12月31日 21:05
  • ID:9VLxzNPQ0 #

ウチのボスのカミさんがねぇ

6

6. 匿名処理班

  • 2023年12月31日 21:35
  • ID:BLAWOwIp0 #

すごいね

4件の殺人でたった懲役10年

7

7.

  • 2023年12月31日 21:44
  • ID:Ib8oPSwP0 #
8

8. 匿名処理班

  • 2023年12月31日 22:48
  • ID:llYAqMiN0 #

終身刑が司法取引で10年か。
殺人4件の被害者が一般人じゃなく、同じマフィアだったとかなんかな。

9

9. 匿名処理班

  • 2023年12月31日 22:48
  • ID:yvHENu9D0 #

ハニートラップか? 浮気すること奨励してたって事は、最初から引き込む気だったのでは。

10

10. 匿名処理班

  • 2023年12月31日 23:46
  • ID:4jtXDj.I0 #

人の命が軽い

11

11. 匿名処理班

  • 2024年01月01日 08:21
  • ID:qWdgvNrk0 #

うっ・う・・ウォンテッド

12

12. 匿名処理班

  • 2024年01月01日 10:34
  • ID:zd0x2XkM0 #

出会いは偶然だが、行動の選択は自己だから結局自分の選択という気もするが…。

13

13. 匿名処理班

  • 2024年01月01日 14:18
  • ID:pCwx8pqx0 #

自分の命惜しさに殺し屋になって他人を殺したんだろ?
まったく同情も共感もできないな

14

14.

  • 2024年01月01日 14:53
  • ID:qWdgvNrk0 #
15

15. アユラ

  • 2024年01月01日 15:47
  • ID:poicwNCg0 #

ギャンブルの仕事は、おそらく博徒系のシノギですね。
※ヤッさんの界隈とその辺がなんとなく似てるっぽい。

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links