一日訪問した保護犬がそのまま警察署のマスコット犬に
 アメリカ・ケンタッキー州にとても幸運な元保護犬がいる。ボロという名のピット・ブルミックス犬は、里親募集のイベントの一環として1日訪問で警察署にやってきた。

 そこで一般の人々と交流させ飼い主を見つける計画だったのだが、この計画は失敗に終わった。ボロは署の警察官すべての心を奪ってしまったのだ。

 皆がボロに惚れこんでしまい、署のマスコット犬として引き取ることにしたのだ。

 先日、ボロは市議会で宣誓され、正式に警察署の一員となり、永遠の住処と仕事を手に入れた。

警察署の1日訪問で警官全員をメロメロにした保護犬

 10月初旬、ケンタッキー州ホプキンスビルにあるホプキンスビル警察署は、近隣の動物保護施設『クリスチャン・カウンティ・アニマル・シェルター』との里親募集イベントの一環として、ピット・ブルのミックス犬“ボロ”を同署に招いた。

 このイベントは、犬の肉球(Paw)とパトロールを掛け合わせて「Paw-trol Officer(ポー・トロール警官)」プログラムと呼ばれている。

 つまりは、1日犬のお巡りさんだ。

 警察官たちはとても愛嬌あるボロを見て、瞬く間にボロに心を奪われた。

 同警察署のジェイソン・ニュービー警察署長は、Facebookのビデオでこのように語った。
毎週水曜日に保護施設から1匹の犬を警察署に連れてきて、人々と交流させ、FacebookやSNSで少し宣伝し、うまくいけば里親が見つかるという計画でした。

しかし、初回となるこのプログラムにボロが現れた後、その計画は中止になりました。不思議なことに、警察官の誰もがボロを大好きになったのです。

ボロはみんなの心をメロメロにしたので、私たちは彼を飼うことに決めました。
 保護される数か月前から保護施設にいたというボロは、当初は"シャイで臆病 "だったが、それもほんの数日であっという間にニュービー警察署長に懐いたという。

永遠の住処と仕事を手に入れたボロ

 警察署への1日訪問をしたことがきっかけで、ボロは幸運にも永遠の住処を手に入れただけでなく、同警察初のポー・トロール(パトロール)警官として就任することになった。
ホプキンスビル警察が今週、#PawtrolWednesdayプログラムを始めたとき、ボロが我が署の新しいメンバーになるとは思ってもいませんでした。

でもボロは、みんなの心をあっという間に奪ったのです。(ホプキンスビル警察署Facebook)
 11月7日、ボロは市議会で市長によって宣誓され、正式にホプキンスビル警察の一員となった。
 同署は、ボロが市長に歩み寄って「私ボロは、ケンタッキー州ホプキンスビル市の市民をサポートすることを厳粛に誓います」という宣誓を行う様子や、ボロが前足にインクで"署名 "した宣誓書をFacebookでシェアし、このように投稿した。
クリスチャン・カウンティ・アニマル・シェルターからの訪問でホプキンスヴィル警察のスタッフの心を奪ったピット・ブルのミックス犬、ボロのことは多くの方がご存知でしょう。

ホプキンスビル市議会で、ボロは正式にチームの一員となり、ジェームズ・R・ナイト・ジュニア市長によって同署初のポー・トロール巡査として宣誓されました!

このかわいい犬が警察でどんなキャリアを積むのか今から楽しみです。

警察署で幸せに暮らすボロ

 現在、ボロは定期的にスタッフからおやつや軽食をもらって甘やかされているという。

 だが、それだけではない。すでにボロは広報担当官ロワイヤル・マーフィル巡査と一緒に地元の図書館で子どもたちに読み聞かせをする「ホームタウン・ヒーローズ・ストーリータイム」に同行している。
ボロはいつも幸せそうです。

私は朝が苦手なのですが、出勤するとボロが笑顔を向けて幸せそうにしているので、そんなボロを見るだけで、一日が楽しくなります。(マーフィル巡査)


 これからも、ボロは地域住民たちのために全力で任務に励んでくれることだろう。

References:Shelter dog sworn in as ‘paw-trol officer’ with police department/ written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
アメリカの警察、保護施設から引き取ったピットブルを訓練し、K9(警察犬)として活躍の場を与える取り組み


バケツに捨てられていた子犬が立派な警察犬になるまでの物語(イギリス)


野良犬だったスタッフォードシャー・ブル・テリアが優秀な警察犬になって大活躍(イギリス)


野良犬たちを訓練して警備犬へ、インド・ニューデリー市が打ち出した治安計画


迷子のウサギが警察に保護され、正式な「警察ウサギ」となる

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年12月31日 12:04
  • ID:pLNAeBaF0 #

黒い服着てるかと思った笑

2

2. 匿名処理班

  • 2023年12月31日 12:21
  • ID:OoswQdhT0 #

日本もこういう動物の癒しをもっと取り入れてもいいと思う。
まあアレルギーガーと言われるのだろうけど。

3

3. 匿名処理班

  • 2023年12月31日 12:37
  • ID:YEm7SOPG0 #

ボロ「食事にWanちゅーる所望する」

4

4. 匿名処理班

  • 2023年12月31日 13:14
  • ID:libx7.qz0 #

警察に行く時って、ネガティブな気持ちで行くと思うけど、犬ちゃんが寄ってきてくれたらちょっと気持ちが落ち着いたりすると思うんだよね

5

5. 匿名処理班

  • 2023年12月31日 13:38
  • ID:KZBadB8X0 #

弊社も常勤の犬か猫雇えば良いのに

6

6. 匿名処理班

  • 2023年12月31日 14:38
  • ID:W5RNvOEp0 #

ボロをトレードマーク的なキャラクターにして保護犬の里親探し活動を続ければいいと思うの

7

7. 匿名処理班

  • 2023年12月31日 15:13
  • ID:sTI5t7uj0 #

WWWの計画がはじまっている・・・!!

8

8. 匿名処理班

  • 2023年12月31日 16:18
  • ID:DtpOFmow0 #

この失敗は未来への最高の贈り物となるだろう!!!!

9

9. 匿名処理班

  • 2023年12月31日 18:35
  • ID:7b7xxEr10 #

なお、警察犬ではない模様

10

10. 匿名処理班

  • 2023年12月31日 18:46
  • ID:CyskYeCv0 #

ちゃんと制服着てるね(模様)
この目で見つめられたら心奪われますわw
夜は夜勤の担当の人と一緒に過ごすし寂しくないね

11

11. 匿名処理班

  • 2023年12月31日 20:05
  • ID:nwgwIqnE0 #

日本の片隅の私でさえ文章だけで救われた気持ちを抱き納得せざるを得ませんでした。素晴らしい。
彼のようにとはいわないがほんのわずかでもいいから何かしらで誰かを救ってみたいのが私の永遠の夢です。年の瀬に心温まるニュースをありがとう。

12

12. 匿名処理班

  • 2023年12月31日 21:45
  • ID:hyzFLZDM0 #

カーディガンを羽織ってるかのような柄が可愛いw
ピットブルはセラピー犬の特性があるとは聞くけど
1日で屈強な大の男達を虜にするとは相当だねw

13

13. 匿名処理班

  • 2024年01月01日 17:50
  • ID:Yk0l.6WC0 #

里親募集→「ごめーん、俺たち大好きになっちゃったから中止してウチで引き取るわー」って流れ、癒されるよねw
アメリカの警官は日本より遥かに危険な状況になる事もあるだろう(ケンタッキーならあまりないかな?)し、やはり癒し手の存在がいるのは大きなメンタルケアになると思うし。
わざわざ市議会できちんと手続き踏むとか、アメリカ人のウィットのあるユーモアも大好き。
このワンコと署の職員達に幸多かれ。

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links