病院の送迎をしてあげていた少女に腎臓をもらった男性
  30年前、当時6歳で重い病気を患っていた少女はボランティア運転手のデーヴ・ボーレンさんの車で、病院と自宅を結ぶ270kmの長旅を何度も共にした。

 そして今、彼女は彼に究極の恩返しをすることとなる。

 デーヴさんは末期の腎不全と診断され、一生透析を受け続けるか、腎臓移植を受けるしか選択がないと宣言された。

 今でも交流を続けている当時の少女は、彼に命を救う贈り物を返すことにした。腎臓移植の提供者になることを申し出たのだ。

6歳の少女の病院までの送迎を行っていたボランティア運転手

 デーヴ・ボーレンさんは今から30年前、アメリカ・インディアナ州で患者を自宅から病院へ送迎するボランティア運転手として勤務していた。

 ある日、クリスタルという6歳の少女と知り合った。

 羊膜帯症候群で生まれたクリスタルさんは、脚を切断する可能性があるほどの窮地に陥り、サマービルの自宅から270km以上も離れた、セントルイスのシュライナーズ小児病院まで通わなければならなかった。

 クリスタルさんの父親は当時長時間働いていたため、娘を遠く離れたセントルイスの病院まで連れて行くことは困難だった。

 一家は、地元のシュライナーズ慈善団体から病院送迎を行ってくれる男性を紹介された。それがデーヴさんだった。

 10回にわたる自宅と病院の3時間の長旅で、クリスタルさんとデーヴさんはたくさんの会話を交わした。

 デーヴさんは最初こそ見知らぬ親切な「ボランティア運転手」だったが、すぐにそれ以上の存在になった。

 車の中で2人は友達として話すようになり、その思いがけない友情は現在に至るまで30年以上も続いてきた。
kindness_e
image creditgoodnewsnetwork

今度は男性が腎不全に。大人になった少女の恩返し

 最終的に義足となったクリスタルさんと親交を深め続けたデーヴさんは、十数年後に結婚式に招待されるほどの仲になったという。

 やがて年月が経ち、病気になったデーヴさんは末期腎不全と診断された。

 医師からは、一生透析を受けるか腎臓移植が必要だと言われ、腎臓を手に入れるには最低でも5年はかかるといわれた。

 それを知ったクリスタルさんは、自身の夫が肝臓移植を受けて命を救われたばかりだったこともあり、すぐにデーヴさんに当時の恩返しをしようと思った。

 検査の結果、同じ血液型であることを知った彼女は、ためらうことなくデーヴさんに片方の腎臓提供を申し出た。

 クリスタルさんはこのように思ったという。
私の腎臓は、デーヴが望めばいつでも彼のものよ

腎臓移植の手術に成功したデーヴさん、喜びと感謝を示す

 デーヴさんはクリスタルさんからの申し出に驚き、喜んだ。

 だが、彼女が3人の子供の母親であり、フルタイムの仕事をしていることを知っていたため、その申し出を躊躇した。

 それでもクリスタルさんの意思は固かったようだ。
彼女は強く提供を勧めてくれました(デーヴさん)
 最終的に今年の5月、1年間の透析生活の後、デーヴさんはクリスタルさんの申し出に応じた。
「荷物をまとめて、デーヴ。ちょっと中古だけど新しい腎臓を手に入れるのよ」ってクリスタルは笑いました(デーヴさん)
surgery-3034089_640
pixabay
 デーヴさんの手術は成功した。クリスタルさんは喜びとともにこのように話している。
小さい頃からデーヴはとても優しくて、何でも喜んで手伝ってくれたの。

どうしてあんなに私たちに良くしてくれるんだろうといつも疑問に思っていた。なぜなんだろうといつも不思議だったわ。

私にとっては第2の父親みたいな存在よ。私は片足だけど腎臓は2つある。デイブに腎臓をひとつあげることができたのならそれで満足なの
 クリスタルさんの思いやりと厚意に、デーヴさんは感動と感謝でいっぱいだ。
これは決してお返しのできない素晴らしい命の贈り物です。クリスタルにはとても感謝しています。

今、僕は何でもできるような気がしています!!
References:Volunteer Hospital Driver Gets Favor Returned Decades After Becoming Friends with a 6-yo–She Gave her Kidney/ written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
娘が父親に内緒で腎臓を提供。術後に知った父、感謝の涙が止まらず


わらにもすがる思いで車のバックウィンドウに書いた「腎臓を1つください」。それを見た見ず知らずの男性が自らの腎臓を提供する(アメリカ)


5年間、少女に無償でラーメンを食べさせてくれた店主へ25年後の恩返し


最高の倍返し。あの時のことずっと忘れない。気のいい食堂のおじちゃんが教えてくれたこと。


ファストフードの店員がお金の足りなかった男の子に小さな親切、50倍の恩返しが待っていた。

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年12月24日 15:14
  • ID:ADn3ocNB0 #

ちょっと中古だけど新しい腎臓を手に入れるのよ、って言い方すごくいいね

2

2. 匿名処理班

  • 2023年12月24日 15:23
  • ID:D9tEks4C0 #

最高のクリスマスプレゼントじゃねえか。。。
目から雪が降りますわ

3

3. 匿名処理班

  • 2023年12月24日 15:43
  • ID:cOYL4t5Z0 #

仏の世界

4

4. 匿名処理班

  • 2023年12月24日 16:34
  • ID:ZEMORRQP0 #

いい意味での「因果応報」

5

5.

  • 2023年12月24日 16:42
  • ID:I6F6k2460 #
6

6.

  • 2023年12月24日 17:26
  • ID:b0S8XHja0 #
7

7.

  • 2023年12月24日 17:39
  • ID:LnasrdQ50 #
8

8. 匿名処理班

  • 2023年12月24日 18:34
  • ID:gpbAAwUx0 #

信じられない
本当に信じられないようなお話
というか自分は人に対する認識が偏ってるのかもしれない
人ってもっとずっと利己主義ではないの・・・?

9

9. 匿名処理班

  • 2023年12月24日 18:35
  • ID:5DsSMrm10 #

情けは人の為ならず…

10

10. 匿名処理班

  • 2023年12月24日 20:40
  • ID:O7WkAiJd0 #

移植が可能な適合率だったのが奇跡的な話

11

11. 匿名処理班

  • 2023年12月24日 20:49
  • ID:99THoJh70 #

>>8
一度他人から一切打算のない無償の愛を受けると人生観が変わる。
流石に腎臓提供までするのはかなり深い絆がないと難しいけど、そうでなくとも私利私欲のない隣人愛みたいなのに目覚めることは多い。

12

12. 匿名処理班

  • 2023年12月24日 20:57
  • ID:zpAjxZ130 #

>>4
インガオホー!

13

13. 匿名処理班

  • 2023年12月25日 11:31
  • ID:be2q8FS50 #

純粋な愛情に心が洗われた

14

14. 匿名処理班

  • 2023年12月25日 15:13
  • ID:q9A4o4Ri0 #

大事なことを気を使わせないようにユーモアを交えて言えるなんて素晴らしすぎるじゃないか!

15

15. 匿名処理班

  • 2023年12月25日 21:00
  • ID:Q23v93W00 #

>>10
血液型(ABO式?)は同じだったようだし、
白血球のHLAなんかも適合度が高いに越したことは無いけど、
腎移植に関しては、昔とちがって今は免疫抑制剤が進歩し
不適合でも適合者の場合とさほど遜色ない生着率だそうだよ。
血縁者間が多かった一昔前の提供とは様相が変わり、
今は非血縁者で不適合の夫婦間ドナーが半数近くになっている。

16

16. 匿名処理班

  • 2023年12月25日 21:19
  • ID:dTozVnpO0 #

家族のようなものだね

17

17.

  • 2023年12月26日 11:58
  • ID:wt77cluP0 #
お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links