デンキウナギの電撃で周辺生物の遺伝子に変化をもたらす可能性
 アニメや漫画の設定には「電撃に打たれて特殊能力に目覚めてしまった!」というものがあるが、実際にそれに近いことが自然界で起きているかもしれない。

 名古屋大学大学院の飯田敦夫助教をはじめとする研究チームは、アマゾン川などに生息する雷神「デンキウナギ」が放つ最大860ボルトもの電気が、周囲の生物の遺伝子組み換えを後押している可能性を明らかにしている。

 『PeerJ』(2023年12月4日付)に掲載された研究によれば、デンキウナギの電撃には、実験室で行われる電気を使った遺伝子導入法「エレクトロポレーション(電気穿孔法)」と同じような効果があると考えられるそうだ。

強力な電気を放電するデンキウナギの影響

 遺伝子の謎に取り組む研究者たちは、細胞に外部の遺伝子を取り込ませるため、電気を使うことがある。これを「エレクトロポレーション(電気穿孔法)」という。

 エレクトロポレーションは、細胞に電圧をかけることで、細胞膜に一時的な孔を開けてやる方法だ。そうすることで、DNAやタンパク質などの分子が細胞に取り込まれるようになる。

 デンキウナギは、最大860ボルトにもなる強力な電気を発生させて獲物を気絶させて狩りを行う強電気魚だ。

 名古屋大学の本堂栄一教授と飯田篤夫助教授が率いる研究グループは、デンキウナギの放電が周囲の生物たちに同じような効果を発揮しているのではないかと考えた。

 川の中には「環境DNA」と呼ばれる生物のDNAの断片が流れている。

 もしもデンキウナギの強烈な電撃を食らった生物たちの細胞に孔が開いたとしたら、ここから環境DNAが取り込まれるかもしれないというのだ。

デンキウナギの放電で環境DNAが細胞内に取り込まれることを確認

 飯田助教らはこの仮説を検証するべく、デンキウナギとゼブラフィッシュで実験してみることにした。

 光るようマーキングされたDNA溶液をゼブラフィッシュに浴びせ、それからデンキウナギを刺激して放電させてみたのだ。
ゼブラフィッシュを入れデンキウナギを刺激して放電させる実験

 エレクトロポレーションは一般的に実験室で行われるものとされる。だが飯田助教にはかねてから異論があったらしく、次のように語っている。
エレクトロポレーションは自然界でも起こるのではないかと思っていました。

アマゾン川にいるデンキウナギが電源、周辺に生息する生物が受容細胞、水中の環境DNAが外来遺伝子となれば、放電で周辺生物の遺伝子組み換えが起きる可能性に気づいたのです
 実験の結果、ゼブラフィッシュの5%に、環境DNAマーカーの光が確認された。デンキウナギは本当に遺伝子組み換えの動力源かもしれないということだ。
2_e
ゼブラフィッシュの体で光る外部から取り込まれた遺伝子 / image credit:hintaro Sakaki
デンキウナギの電気は、エレクトロポレーション装置のものとはパルスの形状が異なり、電圧も不安定です

それでもデンキウナギの放電が細胞への遺伝子導入を促進したことを示しています

デンキウナギをはじめとする放電生物が、自然界でも遺伝子組み換えに関与していたとしてもおかしくありません

雷などの放電も生物の遺伝子に変化をもたらす

 ちなみにまた別の研究では、雷のような自然現象が線虫や土壌細菌に影響を与え、今回と同じようなことが起きていることが観察されているという。

 フィクションの世界では「雷に打たれると異能に目覚める」という設定もあるが、事実雷に打たれて特殊能力を得たケースもいくつか報告されている。

 生物と電気、この予想外の組み合わせは、これまでの常識ではわからなかった複雑な生命の営みを照らしてくれるかもしれない。電気だけに。


追記:(2023/12/17)本文を一部訂正して再送します。
References:Electric organ discharge from electric eel facilitates DNA transformation into teleost larvae in laboratory conditions [PeerJ] / 'Shocking' discovery: Electricity from electric eels may transfer genetic material to nearby animals / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
空気中には動物のDNAが漂っている。吸い込んで採取したDNAから動物を特定することに成功


草は他の草からDNAを奪い、自ら遺伝子組み換えを行っていた


空気中に残留する動物のDNAを採取することに成功。動物の生態調査や人間の犯罪捜査に役立つ可能性


自然細胞よりも速く進化する人工細胞を作成。「生命は道を見つける」ことを実証


200万年前のDNAから明らかになった北極圏の緑豊かな生態系

Advertisements

コメント

1

1.

  • 2023年12月10日 20:26
  • ID:H.tBlTxB0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2023年12月10日 20:41
  • ID:PsP9zXyR0 #

君のひとみは10000ボルト(歌)だと電気ウナギの10倍以上
そりゃ大ヒットするよな

3

3. 匿名処理班

  • 2023年12月10日 23:46
  • ID:Ekkvb0yk0 #

冬場の静電気でも指先に遺伝子が入っちゃってるなんてこともあるのかな

4

4. 匿名処理班

  • 2023年12月11日 03:32
  • ID:tV04RJ0p0 #

雷にうたれた場所で生命が生まれるとか、そういう系の神話は正しいって事ね
進化や新しい生物が登場するのは突然変異の積み重ねみたいにいうけど、その変化にはきっかけがあったはず

5

5. 匿名処理班

  • 2023年12月11日 05:09
  • ID:D9KqebvZ0 #

eDNAが取り込まれたとしてもその配列が意味をなさないなら目立った変化もないしスプライシングで弾かれる可能性もあるし実際の形質変化に寄与してるものはほぼ0っぽい感じもするけど
次世代に引き継いで突然変異で発現可能レベルまで粘ろうにも大小様々なeDNAをピンポイントで受け継がれるような取り込まれ方をした個体同士じゃないと発生異常が起こりそう
まあ遺伝子に変化自体は起こしてるから嘘ではないけど進化に寄与してるかはまた別問題やね
そこをやろうとしたらひたすらバンクやMEGAと睨めっこになりそう

6

6. 匿名処理班

  • 2023年12月11日 07:45
  • ID:T901xOSY0 #

ラムちゃん効果

7

7. 匿名処理班

  • 2023年12月11日 12:48
  • ID:OtuQ7fO30 #

アドルフラインハルトの誕生か?

8

8. 匿名処理班

  • 2023年12月11日 15:03
  • ID:DPHBSOF10 #

>>5
有害突然変異率の圧倒的高さの中で淘汰が有利な変異を選び取ってきたと考えるとこの電撃による変異も同じなのでは?無性生殖ならさらに集団中に広まる可能性は高くなるし
とは言え電気ウナギや落雷が身近な生物の進化速度がそうでない生物より速いなら裏付けられるけど、そんなことはあるのだろうか

9

9. 匿名処理班

  • 2023年12月11日 15:36
  • ID:jlnystu70 #

>>5
条件が合わないと起こらないだろうけど「紀元前を含めデンキウナギから電気を食らった生物」は億を超えて兆の単位で居るわけで、例え1億分の1の確率でも結構多いだろう

10

10. 匿名処理班

  • 2023年12月11日 17:29
  • ID:XCKjvgKt0 #

>>5
単細胞生物なら遺伝子水平伝搬にかなり寄与しそうな気がするけど?

11

11. 匿名処理班

  • 2023年12月11日 17:36
  • ID:CytPxzFc0 #

そうなると毎日物凄い雷が落ちる異国の地があったと思うけど、あの辺では他より余計に変異が起こってるのかしら??

電気うなぎの可能性を調べるなら電気うなぎ周辺と、電気うなぎのいないところの比較が必要じゃないかなぁ。まぁ、素人だからさらっと言ってみるけども。

なんども電気うなぎショックを受けたら、周辺の魚とかは何代か後にはびっくりする変異が見られるのかな。

最近「新種」といわれているのかもしかしたらこの変異体だったりして?

12

12. 匿名処理班

  • 2023年12月11日 20:28
  • ID:aDVfUPba0 #

>>6
たしか原作にラムの電撃で周りの人は気絶し、あたるだけが元気だったシーンがあったような
。何度も電撃を喰らい遺伝子変化を起こし、対電体質になった?
結構正しい表現だったのかも

13

13. 匿名処理班

  • 2023年12月12日 12:35
  • ID:b8g0kcqD0 #

クウガの金の力かな?

14

14. 匿名処理班

  • 2023年12月12日 21:19
  • ID:ko9.2xGH0 #

こういう研究がいつまでもできる日本でありたい

15

15.

  • 2023年12月17日 17:02
  • ID:DxVS6BSj0 #
お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links