毎日やってきてドアを叩く鶴。家族をつれて毎年交流
 日本には「鶴の恩返し」という民話があるが、実際の鶴(ツル)も義理堅いところがあるのかもしれない。

 アメリカ・フロリダ州に住む女性の自宅に、毎朝決まった時間に訪問しリズミカルにドアをノックし「こんにちは」と挨拶しにくる鶴がいる。

 カールと名付けられたその鶴は、女性と友情を築くようになった。以来カールは、自分の家族を紹介するために一家そろって訪問するようになったという。
Crane Introduces His Babies To His Human Best Friend Every Year | The Dodo

突然やってきた鶴と友情を育む

 フロリダ州の一部地域には大きな湖があり、たくさんの野生動物が暮らしている。

 オータム・コーチェラさんをはじめ、近所の人たちは皆その野生動物に種などの餌を撒くのが習慣になっている。

 ある日、オータムさんの自宅に突然1羽の鶴がやってきた。その鶴も湖の近くに住む野生の鳥だが、自ら餌を求めて訪問したようだ。

 積極的なオスの鶴をカールと名付けたオータムさんは、以来カールとユニークな友情を育むようになった。
00
カールが自分の名前を知っていることに初めて気づいたのは、私が家の寝室からカールを見つけて呼びかけたときでした。

カールはその声に反応して私の家の玄関まで走ってきたのです。そのとき、私たちは友達なんだと認識しました。(オータムさん)

毎朝ドアをノックして餌をねだるように

 カールは好奇心旺盛のようで、オータムさんの後をついて歩き回るのを日課にするようになった。

 毎日オータムさんの家にやってきてはコツコツとリズミカルにドアをくちばしでノックし自分の訪問を知らせるようになった。

 やがて、カールはガールフレンドと子供を紹介するため、一家総出でオータムさんの家にやってきた。

 オータムさんはうれしくなり、カールのガールフレンドに「カーラ」、そして2羽の子供には「ジュニア」と名付けた。
1
 オータムさんと友情を育んでいたカールは、自分の家族を紹介してくれるほどオータムさんのことを信頼するようになっていたのだ。

 遊び好きで若々しく元気なジュニアを、オータムさんは大好きになった。

 なにより興味深かったのはカールがジュニアに自分がマスターしたのと同じドアノックのテクニックを教えているのを見たことだ。

 カールはオータムさん宅の家のドアの前に立つ我が子を背後でそっと見守るように立っていて、その姿を見たオータムさんは心が温かくなった。

 元気に成長したジュニアは、季節が移り変わると立派に巣だった。将来の伴侶を求めて親元から離れたようだ。

 だが、カールとオータムさんの交流はずっと続いていた。

新たに生まれたヒナの1羽が事故死

 巣作りの時期になると、カールはカーラと一緒にオータムさんの家の前の芝生に巣を作った。

 そして今年4月に2羽の新しいヒナが誕生した。新たな家族が再び誕生したのだ。

 ジュニアを紹介してくれたときと同じように、カールとカーラは親になったことを誇らしげにオータムさんに教えに来てくれたという。

 オータムさんはヒナたちを「ケヴィン」「カイル」と名付けた。
4
 カール一家との穏やかな交流が続くとばかり思っていたオータムさんの前に、悲劇が訪れた。

 5月のある日の朝、カイルが車に轢かれた。

 事故に気付いたオータムさんは、すぐに地元の動物救済団体に連絡したが、残念ながらカイルを救うことはできなかった。

鶴ファミリーのために看板を設置

 オータムさんにとってカイルを失ったという喪失感は大きかった。

 これ以上鶴が事故に遭わないようにと、オータムさんは湖の周りで採餌したり道路を横断したりする際に、鶴のための横断標識を設置した。
crane5_e
 オータムさんは毎朝、鶴たちが安全に道路を横断しているかどうかを確認し、まだ小さなケヴィンには左右をよく確認するようにと冗談を言って注意喚起を促した。

 カールがオータムさんのことをとても信頼していることは、カールの普段の様子を見ても明らかだった。

 カールは自分の家族をオータムさんのところに連れてきて、自由に交流させていた。

 ケヴィンがオータムさん宅の玄関マットをいたずらでつついたり、ドアをノックしてオータムさんの夫の昼寝を邪魔したりしている動画がSNSでシェアされているが、そのどれもがオータムさんと鶴ファミリーのユニークで特別な関係を示している。
crane8_e

成長したジュニアも伴侶を紹介しに来てくれた

 やがて時は流れ、ある日すっかり成長したジュニアがオータムさんのもとを訪ねてきてくれた。

 隣には、新しい伴侶がいた。誇らしげで満足そうなジュニアに再会したとき、オータムさんはとてもうれしくなった。

 自分を覚えてくれていたこと、新しい家族を紹介してくれたこと。オータムさんはカールと知り合ったことで、彼の家族がずっと自分と交流を保とうとしてくれていることに感動を覚えたという。

 突然の出会いは、きっとカールとオータムさんにとってはもしかしたら運命的だったのかもしれない。

 動物と人間がともに信頼と愛を共有し、絆を育んでいく。平凡な日常にこそ、魔法の一滴がもたらされ人生が豊かになっていく。

 オータムさんはカールとかけがえのない友情を築けたことをとても幸せに思っている。
References:Crane knocks on human best friend’s door and introduces her to adorable ‘babies’/ written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
リアル鶴の恩返し?怪我をしていた野生のオオヅル、助けてくれた男性の元を離れず深い絆を結ぶ


オーストラリア版鶴の恩返しか?野生の鶴が舞い降りダンスを披露


ツルのこうげき。カメラを向けた観光客を執拗に襲う激おこタンチョウヅル(中国)


恩返しとかないから。ワニを襲うツル先輩がやっぱ強い件について


お母さんの背中のはポッカポカ、天然の羽毛布団にくるまれて。特別天然記念物「タンチョウ」のヒナの赤ちゃん誕生

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年12月09日 12:16
  • ID:cBXHjXFD0 #

先日助けていただいた鶴女房です。ありのままの姿で来てみました。どうよ ?

2

2. 匿名処理班

  • 2023年12月09日 12:18
  • ID:aX3t6xL80 #

「いや、挨拶じゃなくて何か食べ物ちょーだいよ」
だったりして

3

3. 匿名処理班

  • 2023年12月09日 12:22
  • ID:Byrq2ks50 #

動物と世代を超えた付き合いが出来るの羨ましいな〜
今後もオータムさんとカール一族に幸あれ!

4

4. 匿名処理班

  • 2023年12月09日 12:54
  • ID:JWGtmkgJ0 #

単に飯をたかりに来てるだけかと思ってたら意外とフレンドリーだなぁ
にしても、よく見分けがつくわね?

5

5. 匿名処理班

  • 2023年12月09日 13:43
  • ID:ir2hdILT0 #

鶴が鶴のまま恩返しに来るパターンw

6

6. 匿名処理班

  • 2023年12月09日 14:08
  • ID:kC75GWWe0 #

この人が亡くならない限りエサは安泰なんだからそりゃ子供にも教えるよね

7

7. 匿名処理班

  • 2023年12月09日 16:46
  • ID:.VxFOd3U0 #

野生動物への餌やり

絶対にダメ

8

8. 匿名処理班

  • 2023年12月09日 16:53
  • ID:xbrbxh280 #

ヘイ、カール

9

9. 匿名処理班

  • 2023年12月09日 17:35
  • ID:qcfgSYhv0 #

ジュニア「ばーば、子供連れて帰ってきたよ」

10

10. 匿名処理班

  • 2023年12月09日 17:47
  • ID:hS2VpXsy0 #

ん!、反物は?

11

11. 匿名処理班

  • 2023年12月09日 19:46
  • ID:jwbnQBBF0 #

「それにつけても、お、奴はカール」

12

12. 匿名処理班

  • 2023年12月09日 20:43
  • ID:zYXtQYpX0 #

アダムソン夫妻「うちの娘(エルザ)も子供達連れて遊びに来たよ」

13

13. 匿名処理班

  • 2023年12月10日 01:53
  • ID:aD04p.Yg0 #

熊さんも食べるもの無い❗
鹿さんもイノシシさんも………
私達にも分けてください❗ってか❓
出水のツルはしないんですかぁ〜〜〜🤭

14

14. 匿名処理班

  • 2023年12月10日 23:06
  • ID:kZQ.k3C50 #

この手の動画を見るといつも家が裕福そうだなーって思う

15

15. 匿名処理班

  • 2023年12月11日 01:59
  • ID:tBdAwxRY0 #

オータム「恩返し?子供ができました」

16

16. 匿名処理班

  • 2023年12月11日 03:33
  • ID:l8I9CLS20 #

鶴の恩返し
お礼は俺の子孫を代々愛でる権利だ嬉しかろう?

17

17. 匿名処理班

  • 2023年12月11日 20:54
  • ID:iCm543QO0 #

北海道にもイナッシー(足輪番号174)という丹頂鶴がお宅を覗き込んだり子供を見せに来るそうですよ

18

18. 匿名処理班

  • 2023年12月13日 02:14
  • ID:.XmMxlDL0 #

鶴の肉は赤いらしい

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links