ヒゲペンギンの独特な睡眠法、4秒睡眠を1万回繰り返し1日11時間の睡眠を確保
 南極大陸の周辺に生息するヒゲペンギンは、その名の通り、目の後ろから喉にかけてヒゲのような黒い模様があるのが特徴だ。

 過酷な環境の中を生きるヒゲペンギンは人間のようにゆっくり眠ってなんかいられない。そこで独特な睡眠法を行っている。

 1日に平均わずか4秒という超短時間のマイクロスリープを1万回積み重ねて、必要とされる睡眠時間11時間以上を補っている可能性があるという。

 『 Science』誌(2023年11月30日付)に発表された論文によると、この飛べない鳥は、絶えずまわりを警戒をしていなくてはならないことから、こうした特性を進化させたらしい。

南極の過酷な環境下では長く眠っていられない

 アデリーペンギン属のヒゲペンギンは、ペンギンの仲間の中でももっとも生息数が多いとされている。

 現在、おもに南極大陸と南大西洋の島々に、およそ800万羽のつがいがいると想定されている。

 つがいが営巣すると、パートナーがエサを探しに数日間出かけている間、もう片方はオオトウゾクカモメ、ワシなどの略奪者から卵を守るために、常に見張りを続けていなくてはならない。

 それだけではない。仲間のペンギンに巣の材料を横取りされないよう監視もしなくてはならない。出かけていたパートナーが戻ってくると、この役割を交代する。
chinstrap-penguin-79844_1280
photo by Pixabay

1日約4秒の睡眠を1万回繰り返すヒゲペンギン

 リヨン神経科学研究センターのポール=アントワーヌ・リブーレル氏率いる研究チームは、2019年12月にキングジョージ島のコロニーで14羽のヒゲペンギンに電極を埋め込んで、脳と首の筋肉の電気活動を記録した。それから、加速度計とGPSを使って、体の動きと位置を測定した。

 ビデオ録画と数日間にわたる直接観察データを組み合わせて、多くの独特な性質を特定することができた。

 立っているとき、寝そべって卵を抱いているときにペンギンたちは眠っていたが、その平均睡眠時間はわずか3.91秒。このマイクロスリープを1日に1万回以上繰り返していたのだ。

 コロニーの端にいるペンギンは、中心部にいるペンギンよりも一回の睡眠時間は長く深かった。

 この差は、コロニーの中心のほうが密集度が高く、巣の材料を盗られたりすることが多くなり、それに伴う大きな音や体のぶつかりあいが発生しやすいことから説明できそうだ。
細切れ睡眠を何度も繰り返し、周りを警戒しながら睡眠時間を確保するヒゲペンギン

一部の種では細切れ睡眠でも睡眠時間が確保できる

 こうした細切れ睡眠によって、ペンギンが実際にどれくらい子育ての疲労を回復しているかを実際に測定したわけではない。

 だが、ペンギンたちの繁殖が成功していることから、神経細胞が沈黙している瞬間は、休息と回復のための手段になっていると考えることができる。

 今回の発見からは、これまで考えられていたこととは違って、少なくとも一部の種では、細切れ睡眠でも、それを多く行うことで必要な睡眠時間が確保できるようになったのだろう。

 だが人間の場合は、このような細切れ睡眠は睡眠時無呼吸症候群と診断され、認知機能に影響を及ぼし、アルツハイマー病のような神経変性疾患を引き起こす可能性を指摘されてしまう。

 カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究者、クリスチャン・ハーディング氏とオックスフォード大学のウラディスラフ・ヴャゾフスキー氏はこう書いている。
たとえ人間目線では異常なことでも、少なくとも特定の条件下では、ペンギンやほかの動物にはまったく正常である場合があるのだ
References:Nesting chinstrap penguins accrue large quantities of sleep through seconds-long microsleeps | Science / Penguins snatch 11 hours of sleep through seconds-long micronaps / written by konohazuku / edited by / parumo
あわせて読みたい
ペンギンのフンから発生する笑気ガスを吸って研究者がイカれてしまうという事案が発生(サウスジョージア島)


ペンギンは人間と同じように話す。その鳴き方は人間と同じ言語法則だった(フランス・イタリア共同研究)


ニュージーランドのシュレーターペンギンはなぜ最初に産んだ卵を放棄してしまうのか?


コウテイペンギンの知られざるコロニーが南極大陸で続々と発見される。うんちっちを人工衛星で追跡


ペンギンがイワシのトルネードに突入。食べ放題の様子を自撮りカメラで撮影

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年12月07日 08:45
  • ID:pfsnlwy90 #

少し前に半分寝しながら無意識に仕事してた時はビビった
アレに似たことがペンギンでもやってたのか

2

2. 匿名処理班

  • 2023年12月07日 09:31
  • ID:YJelABl50 #

自然界で生きる動物たちって、常にあらゆる危機と闘っているのだよね…!
サムネイルのヒゲペンギンの写真、もはや菩薩の境地で穏やかな極み。

3

3. 匿名処理班

  • 2023年12月07日 09:37
  • ID:dVwjINGa0 #

電車とかで寝てるおっさんとかもしかして時間の有効活用してた!?

4

4. 匿名処理班

  • 2023年12月07日 09:56
  • ID:1Hl7L9ZN0 #

全然スッキリしないだろうなあ

5

5. 匿名処理班

  • 2023年12月07日 10:21
  • ID:brrcHhWB0 #

多分ゆったり熟睡出来る生物の方が圧倒的に少ないよな

6

6. 匿名処理班

  • 2023年12月07日 10:23
  • ID:zvw1uYck0 #

吾輩も高校自体には、授業中にうたた寝と覚醒を高速度で繰り返し、睡眠不足を補うと同時に、授業内容をほぼ把握することができたものだぜ。
あれはペンギン寝だったのか!

...今では、うたた寝をすると当分は起きない...

7

7. 匿名処理班

  • 2023年12月07日 10:30
  • ID:z1VN9gVk0 #

できるものならその技を体得したい
昨日家族サービスで30分しか眠れなかったから、バスの中で20分、休憩時間に10分眠ってなんとかやり遂げた
今から寝ます

8

8. 匿名処理班

  • 2023年12月07日 10:45
  • ID:P7BxAyCh0 #

人間でいうと常にうとうとして眠気と戦ってる感じ?

9

9. 匿名処理班

  • 2023年12月07日 10:48
  • ID:FEt4It9V0 #

渡り鳥はロングフライト中に片脳ずつ交代させて寝るらしいし
鳥って器用に睡眠をとるんだな

10

10. 匿名処理班

  • 2023年12月07日 10:51
  • ID:NndDGTL70 #

年がら年中、夢か現か幻か

11

11. 匿名処理班

  • 2023年12月07日 10:57
  • ID:6CYBGD4D0 #

これって神経変性疾患する前に亡くなってるだけじゃ
過酷な環境だから仕方ないんだろうけど

12

12. 匿名処理班

  • 2023年12月07日 11:03
  • ID:OLlc91eS0 #

このペンギンさんの遺伝子を自分の身体に組み込めるなら幾らでもお金出すw

13

13. 匿名処理班

  • 2023年12月07日 11:29
  • ID:R1p3e12W0 #

>ヒゲペンギンに電極を埋め込んで、脳と首の筋肉の電気活動を記録した。それから、加速度計とGPSを使って、体の動きと位置を測定した。

体の動きだけで睡眠状態が判断できるわけがない

脳は測定してから発表しろよ

14

14. 匿名処理班

  • 2023年12月07日 12:17
  • ID:I9NwzH5k0 #

>>13
釈迦に説法ということわざを知ってるかい?

15

15. 匿名処理班

  • 2023年12月07日 12:19
  • ID:Loaptm530 #

もし動物園で人に飼われててもそんな睡眠法するのかな?
野生のキリンは立ったまま寝るけど動物園のキリンは寝そべって睡眠するらしく。

16

16. 匿名処理班

  • 2023年12月07日 13:51
  • ID:NndDGTL70 #

>>14
南無阿弥陀仏

17

17. 匿名処理班

  • 2023年12月07日 15:44
  • ID:.mSbvDE.0 #

マイクロスリープのタイミングがちょうど逆になってるペアのペンギンは会話ができないねw

18

18. 匿名処理班

  • 2023年12月07日 15:55
  • ID:lVQkJHYx0 #

>>4
マジレスすると人間には無理だけどそういう風に進化しているから問題はない
それに野生で人間みたいにガッツリ寝たら単なる美味しいご飯に成り下がる

19

19. 匿名処理班

  • 2023年12月07日 16:06
  • ID:lVQkJHYx0 #

>>13
うーん? まって? あなたが抜き出した一文を自分で1,000回ぐらい音読して?

20

20. 匿名処理班

  • 2023年12月07日 16:11
  • ID:Ih6DQLNC0 #

常に寝起きみたいな顔でわろた

21

21. 匿名処理班

  • 2023年12月07日 17:22
  • ID:RO0gOB1w0 #

ヒゲペンギン見るたびに思うけど、
「アゴヒモペンギン」の方がしっくり来る気がする。

22

22. 匿名処理班

  • 2023年12月07日 18:10
  • ID:NndDGTL70 #

>>14
デカに鉄砲

23

23. 匿名処理班

  • 2023年12月07日 19:40
  • ID:OndGn4.l0 #

人間だとレム、ノンレム睡眠があるけど、4秒じゃ無理か。脳の回復は出来ても、エサを取るのにすっごい荒れた海でクタクタになっても体力的にも4秒を繰り返せば回復するのかな。寝足りないな〜とかないのかな。
ペンギンがマイクロスリーブで脳疾患にならないとしたら、新鮮なお魚からDHAを摂取してるからかな。

24

24. 匿名処理班

  • 2023年12月07日 19:40
  • ID:b6AE6jyB0 #

会社で10分おきに30秒寝てる
寝てるのはバレてないが睡眠時間確保には及ばず

25

25. 匿名処理班

  • 2023年12月07日 23:27
  • ID:GpMjbZAx0 #

ゆっくり眠りたいわ

26

26. 匿名処理班

  • 2023年12月08日 02:45
  • ID:IPGb4h7S0 #

いや〜想像しただけで疲れるぅ〜(´ε`;)

27

27. 匿名処理班

  • 2023年12月08日 11:45
  • ID:cztSrgPm0 #

これは脳を回復できてなくて短命になってる可能性も考慮しないと、何とも言えない気がする。
野生動物は人工飼育下では寿命が倍以上に伸びたりする種もいるらしいし。ウォンバットとか。

28

28. 匿名処理班

  • 2023年12月08日 19:41
  • ID:qM7.yZdb0 #

超長距離運転が必要な時によくやってた、直線で4秒位寝て1〜2分起きての繰り返し。
寝るといっても半覚醒状態で、運転をしている事や障害物の認識はあるが、外部の細かい情報の記憶などは一切残らない。
ただし安全上深刻な問題が発生する可能性があるし、まともな睡眠は数日に1回で脳機能をどこまでオフにしたまま最低限の条件反射だけを残すかの見極めを続ける状態を何年も維持しないと習得出来ないし
日常の認知能力・理解力の低下などの弊害も大きく、確実に寿命を縮めている実感はあるから普通の生活を志している人には絶対にお薦め出来ない。

29

29. 匿名処理班

  • 2023年12月09日 20:18
  • ID:ZWTWTs8m0 #

ずっと前にテレビ番組で見た、眠れないまま生きている人の特集で似たような話あった気がする。
ふとした拍子に数秒フリーズしたような状態になってたとかなんとか

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links