ペンギンが卵を捨てる理由
 黄色い眉のような冠羽が魅力のニュージーランドの固有種、絶滅危惧種でもあるマカロニペンギン属のシュレーターペンギンには不思議な生態がある。

 一夫一婦制の夫婦は、せっかく産んだ最初の卵を育てようとしないのだ。産卵には多くのエネルギーが必要なのにもかかわらず、半数近くの夫婦は1個目の卵はを放棄し、2個目の卵をあたため、孵化させようとする。

 それはいったいなぜなのか?その謎が新たな研究により明らかとなった。
広告

1個目と2個目の卵の大きさがかなり違う

 『PLOS One』(2022年10月12日付)に掲載された研究では、1個目の卵を捨ててしまう謎の解明が試みられた。

 ニュージーランド、オタゴ大学のロイド・デイビス教授は、1998年からずっとマカロニペンギン属のシュレーターペンギンの不思議な産卵を観察してきた人物だ。

 最近では、このペンギンの繁殖地であるバウンティ諸島とアンティポデス諸島で、250時間にわたる観察をおこなっている。

 1990年の研究では97%の夫婦が4日間の抱卵のうちに最初の卵をなくし、うち58%のペアは2番目の卵を産んだ日に最初の卵をなくしたことが明らかとなっている。

 今回の研究結果によると、45%のペンギンが最初の卵を温めず、ただ眺めているだけだったという。

 そこでデイビス教授らは、158羽のペンギンの営巣地で産まれた卵を調べてみることにした。すると最初の卵と2つ目の卵の大きさがまったく違うことが判明したのだ。

 一般的な鳥の場合、後に産まれた卵ほど小さい傾向にある。

 ところが、シュレーターペンギンの2つ目の卵は、1つ目より平均85%も大きいのだという。この大きさの違いは、全鳥類の中で最大である。
2_e
シュレーターペンギンが最初に産んだ卵 (左) と 2番目に産んだ卵の大きさを比較/ image credit: Lloyd Davis

最初の卵は小さくて、転がり落ちてしまう危険性が高いから

 どうやら、この卵の大きさの違いが、最初の卵を見捨てるという不思議な習性と関係があるようだ。

 たいていのペンギンは、石や小枝・草といったもので巣を作り、そこに卵を産む。ところがシュレーターペンギンの産卵場所は、卵が転がり落ちる危険がある傾斜のある岩場だ。

 だが卵が小さいとうまく抱えることができない。つまり小さな卵が落下して割れてしまうリスクは非常に高い。その為手間をかけてまで、生まれにくい卵を育てようとしないのだ。

 これを軽減するために、科学者たちは14の巣の周りに「石の輪」を設置し、卵が転がり落ちないようにした。それでもペンギンは最初に産んだ卵を育てようとはしなかったという。

 シュレーターペンギンはオスとメスが分担し、交互で卵を温める。抱卵は約35日程度だそうだ。
ニュージーランド、アンティポデス諸島のシュレーターペンギン

シュレーターペンギンのオスの性格とも関係か?

 1個目の小さな卵を放置するというこの習性は、シュレーターペンギンのオスの性格とも関係しているかもしれない。

 通常のペンギンのオスは、繁殖期が始まるとテストステロンが増え、メスは少なくなる。ところが、シュレーターペンギンの血液を調べたところ、意外なことが明らかになった。

 繁殖期になってもオスのテストステロンがあまり増えていなかった一方、メスはオスと同等かそれ以上だったのだ。

 動物の多くは、繁殖期になるとオス同士が攻撃的になりケンカをする。シュレーターペンギンのオスはそれと対照的で、繁殖期でも非常におとなしく従順なのだ

 「ほかの種ではコロニー内でオス同士がケンカしますが、シュレーターペンギンの場合、ケンカなどせず突っ立ったままです」(デイビス教授)

 オスはリスクを冒してまで卵を守ろうとしないのかもしれない。
1_e
最初の卵は放置するという奇妙な習性をもつシュレーターペンギン / image credit:Lloyd Davis
 孤立した環境で暮らすシュレーターペンギンは、特に研究が進んでいないペンギンの仲間だ。

 人里離れた環境で暮らしていることが幸いして、人間の活動からはある程度守られているが、気候変動などの影響で個体数が減少し、絶滅危惧種に指定されている。

 だからこそ、手遅れになる前にこのペンギンについてもっと知ることが急務であると、デイビス教授は語っている。

References:In 'bizarre behavior,' New Zealand penguins lay one egg, reject it, and then lay another. Now, scientists know why. | Live Science / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
ペンギンのフンから発生する笑気ガスを吸って研究者がイカれてしまうという事案が発生(サウスジョージア島)

パートナーを失ったペンギン同士が出会い、お互いに身を寄せ合う姿にグッとくる(オーストラリア)

ペンギンの同性カップルが卵の孵化に成功、育児にも積極的で良きパパさんズとなる

「あの島までお願いします」人間のボートをタクシー代わりに使うペンギン

育児放棄されたペンギンの赤ちゃんを安心させるため、ぬいぐるみのお母さんが代理母に

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2022年10月15日 08:54
  • ID:U04q.2zv0 #

産道を広げるための拡張器の役割があるかもしれんね
1回目で通常サイズを産むと裂けて怪我をしやすいからとか

2

2. 匿名処理班

  • 2022年10月15日 09:29
  • ID:WCtSA3yJ0 #

頭の毛を資生堂のハードムースでキメてるって
事以外はほとんど謎に包まれてるんだよな。

3

3. 匿名処理班

  • 2022年10月15日 09:32
  • ID:CNOFfVd40 #

人間も
兄よりも弟
姉よりも妹の方が
背が高くなる事多いらしい

4

4. 匿名処理班

  • 2022年10月15日 10:02
  • ID:O0xmnIPm0 #

1個目を外敵に食わすことで2個目を安全にとかそんな個体が生き残ったのかな〜

5

5. 匿名処理班

  • 2022年10月15日 10:29
  • ID:6BXIscl.0 #

じゃあ最初の小さい卵を回収して育成すれば頭数増えていいんじゃね?

6

6. 匿名処理班

  • 2022年10月15日 11:21
  • ID:iBpUA3Df0 #

それだけ卵の大きさが違うと、小さい方の最初の卵は抱卵したとしても孵化・成長するのか気になるところ

7

7. 匿名処理班

  • 2022年10月15日 11:27
  • ID:RJEooFCv0 #

凄いサイズ差だな
小さい方は生まれても育ち難いとかなのでは…
産むのも労力掛かるだろうけど養育は更に掛かるだろうから諦めて次に行ってるとか?

8

8. 匿名処理班

  • 2022年10月15日 11:31
  • ID:l8zRTvRJ0 #

※5
ちゃんと受精してるかしてないかの確実性の問題なのかな
って思ったけど、そのへんはどうなんだろう?

小さくってもちゃんと受精しているのなら、
それを育ててみるシステムがあればいいのにね

9

9. 匿名処理班

  • 2022年10月15日 11:50
  • ID:psTERUf80 #

それじゃあこの種のファーストペンギンは実はセカンドペンギンだったってことじゃないですか!

10

10. 匿名処理班

  • 2022年10月15日 12:31
  • ID:OV1Lozsa0 #

※1

賛同する

11

11. 匿名処理班

  • 2022年10月15日 12:37
  • ID:fA8IZC8a0 #

「マカロニペンギン」は2つの卵を産み……大きいほうだけがふ化するという!

12

12. 匿名処理班

  • 2022年10月15日 12:49
  • ID:xgIGFsfR0 #

イザナギ・イザナミペンギン

13

13. 匿名処理班

  • 2022年10月15日 13:17
  • ID:c3DJ2LNR0 #

なんでマカロニかというと、飾り羽をおしゃれなイタリアの伊達男に見立てて命名されてるそうだ

14

14. 匿名処理班

  • 2022年10月15日 13:38
  • ID:NXzXttK30 #

『PLOS One』は査読がないから論文としての妥当性は担保されないことはご留意下さい。

15

15. 匿名処理班

  • 2022年10月15日 15:10
  • ID:i7xronqM0 #

※1
鳥類は産道ではなく総排出腔ですね
無精卵も産んでいるはずなので総排出腔が裂けるのは考えにくいかも

16

16. 匿名処理班

  • 2022年10月15日 15:11
  • ID:QXILFUba0 #

長男長女の悲哀を感じたわ

17

17. 匿名処理班

  • 2022年10月15日 20:17
  • ID:qM306fpq0 #

※11
魔方陣グルグルのラジニの言葉

18

18. 匿名処理班

  • 2022年10月15日 21:23
  • ID:8pSYbWEQ0 #

このペンギン、ペンギンなのに謎が多くてロマンを感じる ペンギンって研究が進んでて人間との距離が近いイメージだから

19

19. 匿名処理班

  • 2022年10月15日 22:26
  • ID:TwPd8hNi0 #

小さいタマゴパクって繁殖させる…のは残酷か

20

20. 匿名処理班

  • 2022年10月16日 00:01
  • ID:QA8.5LJF0 #

意外と養鶏場のベテランのおっちゃんとか、理由知ってそう。例え変だけど、尿検査の、最初のほうに出る尿は捨てて…的なもんかなぁ?

21

21. 匿名処理班

  • 2022年10月16日 01:24
  • ID:jbIK.BKR0 #

※2
シュレーターペンギンじゃなくてイワトビペンギンじゃなかったか?とググってみた
イワトビペンギンじゃねーか
ともにマカロニペンギン属だけど種が違うぞ

22

22. 匿名処理班

  • 2022年10月16日 07:14
  • ID:.qQxMCiU0 #

※2
※21
年齢がバレるネタはやめるんだw

23

23. 匿名処理班

  • 2022年10月16日 18:43
  • ID:FwAUahD00 #

※11
ククリ「ど・・・どういう意味・・・?」

24

24. 匿名処理班

  • 2022年10月16日 22:51
  • ID:4PvYSbBZ0 #

ほぼ確実に2個目の方が何倍も大きいのに「2匹を同時に育てられないから」に納得がいかない…
2個目を育てるようにできてるのなら小さな1個目はそもそも目的が違うんじゃないの?と思うのだけど是非もっと研究が進んで欲しいです。

25

25. 匿名処理班

  • 2022年10月17日 05:16
  • ID:Ml5t.2PG0 #

>>20
自分も尿検査が思い浮かんだ!

26

26. 匿名処理班

  • 2022年11月05日 22:19
  • ID:T6tt5l.h0 #

小さくて転がり落ちやすいから育てないってなんか違うような
じゃあなんでそもそも小さいんだ
むしろ別の理由があってどうせ育てないから段々小さくなったんじゃないかと

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING