これまでに知られていない大型草食性恐竜を発見
 およそ1億2200万年前、スペインでは巨大な雷竜が地上をのっしのっしと歩いていたようだ。雷竜とは、の大型草食恐竜のグループの竜脚類(りゅうきゃくるい)のことだ。

 新たに化石が発掘された竜脚類の恐竜は「ガルムバティタン・モレレンシス(Garumbatitan morellensis)」と命名された。

 その骨の形状から考えると、この新種はきわめて原始的な仲間だったらしく、巨大で首の長い恐竜の進化の秘密をひも解くヒントになるかもしれないそうだ。

新種の巨大な竜脚類の化石を発掘

 新種の竜脚類「ガルムバティタン・モレレンシス(Garumbatitan morellensis)」は、スペイン東部モレージャ市近郊にある化石発掘場「サン・アントニ・デ・ラ・ベスパ」で2005〜2008年にかけて発掘された。

 白亜紀初期(1億4500万〜6600万年前)のものとされる化石は、3体分以上あり、巨大な脊椎骨や長い脚の骨のほか、ほぼ完全な足の骨2セットなどが見つかっている。

 ディプロドクスブラキオサウルスに代表される竜脚類は、長い首と尻尾を特徴とする4本足の草食恐竜で、中にはマンションのようにとんでもなく大きな体を持つ仲間もいる。

 今回のG・モレレンシスは、竜脚類の中でも「ティタノサウルス類」と呼ばれる、特に巨大なことで知られるグループに分類されている。

 今回の骨だけではG・モレレンシスの正確な大きさはわからないらしいが、それでも背骨は幅1m以上もあり、大腿骨は2mもある。

 これらから推測すると、G・モレレンシスはバスケットボール・コートくらいの大きさだったと考えられるそうだ。
2
人間と比べてみればその化石の大きさがよくわかる / image credit:GBE-UNED

 それでもティタノサウルス類としては平均的な大きさというのだから、この仲間がどれほど巨大なのか想像できるだろう。

 なにしろティタノサウルス類で最大ということは、地球史上最大の陸生動物ということを意味する。

 今の時点でティタノサウルス類のヘビー級チャンピオンは、アルゼンチンで発見された「アルゼンチンノサウルス」と「パタゴティタン」だ。

 どちらも体重70トンを超えるとんでもない巨体だが、どちらがより大きかったのかについては議論がある。なお両者は恐竜の体重チャンピオンだが、 体長という点ではまた別のチャンピオンがいる。

 約1億5000万年前のジュラ紀を生きたスーパーサウルスは、体長は39mを超え、鼻から尾までの高さは42mに達した可能性があるという。
yonoKpug5qsSWF6zXrJn4a-1200-80_e
巨大なスーパーサウルスのイメージ図 / image credit:Sean Fox/Fossil Crates

同じグループの出生の謎が明らかになる可能性も

 G・モレレンシスは、ティタノサウルス形類の小グループである「ソンフォスポンディリ」に分類されるが、その脚と足の骨の形状からは、このグループでもとりわけ原始的な仲間であろうことがわかっている。

 ソンフォスポンディリの化石は、現代のすべての大陸で発見されているが、もともとどこで誕生したのかよくわかっていない。
2
竜脚類の新種の化石はスペイン東部にあるモレージャ市近郊で発掘された / image credit:GBE-UNED

 今回スペインでその原始的な仲間が発見されたことで、ソンフォスポンディリの出身地がヨーロッパだった可能性が浮上してきた。

 ただし、決定的な話ではなく、それを証明するにはさらなる証拠が必要になるとのことだ。

 研究チームによれば、サン・アントニ・デ・ラ・ベスパをはじめとするイベリア半島の化石発掘場には、竜脚類の進化をひも解く重要な手がかりが残されていると期待できるそうだ。

 この研究は『Zoological Journal of the Linnean Society』(2023年9月28日付)に掲載された。

References:Giant never-before-seen long-necked 'titan' dinosaur unearthed in Europe | Live Science / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
コミュ力の高い新種の恐竜を発見。ゾウのような低音を数キロ先まで響かせながらおしゃべり(メキシコ)


ディプロドクスのような巨大植物食恐竜は、肉食恐竜の子孫だったことが判明


長い!恐竜「マメンチサウルス」は15メートルの首をを持っていたことが化石から判明


ティラノサウルスは恒温動物で、ステゴサウルスは変温動物。それを知る新たな方法が考案される


新たに発見された恐竜「イアニ・スミティ」は激変する環境下での最後の生き残りだった可能性

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年10月09日 20:06
  • ID:.vBsh2CL0 #

アンフィコエリアス「解せぬ…」

2

2. 匿名処理班

  • 2023年10月09日 20:32
  • ID:G0plYPHl0 #

アルティメットセイスモの登場か

3

3. 匿名処理班

  • 2023年10月09日 20:42
  • ID:rz.ovAjW0 #

化石として残るのは稀だろうし、それが人間に発見されるのも稀
まだまだ知られてない恐竜がたくさんいるはず

4

4. 匿名処理班

  • 2023年10月09日 21:43
  • ID:QnI5D9bO0 #

どうにかしてこの化石を見つけたの俺ってことに出来ないかな?

5

5. 匿名処理班

  • 2023年10月09日 21:49
  • ID:BgKPMlFN0 #

>>体長は39mを超え、鼻から尾までの高さは42m

39mといったらボーイング737-800並で、42mと言ったら
737シリーズで一番でかい-900並w
旅客機サイズの生き物が群れをなしてい歩いている
というのは圧巻の光景だったろうな

6

6. 匿名処理班

  • 2023年10月10日 02:23
  • ID:2RIaFLym0 #

>>1
アンフィコエリアス・フラギリムスについては、
最初に推定されていたようにディプロドクス科ではなく実際はレッバキサウルス科であった(マラアプニサウルス・フラギリムスと改められる)とする説や、
記録に誤りがあったとする意見が提出され、
元々言われていたような50〜60mにもなる飛び抜けた巨大さではなく、
最大級ではあるが他の最大級の竜脚類と同程度の大きさであったと考えられる状況になっていること、
化石が紛失して確定的なことは言えないことから、
最大級の恐竜として例示するのには相応しくなくなっている。

7

7. 匿名処理班

  • 2023年10月10日 05:25
  • ID:gHoD78PN0 #

ゾウやヘラジカでも穴や沼にハマって
動けなくなるからこの恐竜もしょっちゅう
穴にはまって命を落としてただろうな。

8

8. 匿名処理班

  • 2023年10月10日 07:18
  • ID:J9ijnpn80 #

全長100メートルで重さ100トンの恐竜がそのうち見つかりそうだから今から覚悟をしておく

9

9. 匿名処理班

  • 2023年10月10日 08:08
  • ID:Fuk6p1Rr0 #

やはり、これだけの大型生物が4本足だけで歩けるのは
なにか今の地球と違ってたと考えるべきなのだ
こりゃ私の説、大気がもっと濃くて今の数倍はあったのだと!
気圧が高いので浮力も大きく巨大化する、トンボだってデカくなれる
その後のジャイアントインパクトで大気も一緒に失ったのだ
どっかの先生?パクっていいよ、ノーベル賞も勿体ないけどあげる

10

10. 匿名処理班

  • 2023年10月10日 08:24
  • ID:V7lHPVlL0 #

こんな骨が出土したらドラゴンがいたと思うのも不思議じゃないな

11

11. 匿名処理班

  • 2023年10月10日 11:42
  • ID:NB02OEtj0 #

>>9
温室効果(金星が例)など、何らかの理由で地球の大気圧が上昇してもそこまで上昇しないと思うなぁ
だけど実際恐竜時代には二酸化炭素が多くて暖かかったのと、逆に酸素が少ない時代が多かったこと
また恐竜は気嚢を骨の内部にまで持っていたなどの特徴があるので、体内に空気をため込む場所を増やして、低酸素時代を補っていたら結果的に巨大化した可能性はある気がする

ついでに関係ないけど巨大昆虫が跳梁跋扈したペルム紀には酸素濃度30%オーバー驚くべき数値だった
そして昆虫さんは肺呼吸ではないので酸素濃度が濃い方がありがたく、結果として巨大化できた話がある

12

12. 匿名処理班

  • 2023年10月10日 12:07
  • ID:uzwVpY3G0 #

>>9
アルゼンチノサウルスは最大100tくらいという推計もある。
あと全長100mだと体重1000tくらいになってしまうかと。
全長40mの同体形恐竜の15倍くらいの体積になるわけだから。

13

13. 匿名処理班

  • 2023年10月10日 12:12
  • ID:uzwVpY3G0 #

>>9
「重力が小さかった」みたいな説もだけど、
力学的な面で環境が大きく違っていたとする説は
大部分を占める小型動物の存在を忘れてるような気がする。

当時も殆どの動物は現在と似たようなサイズ感だったから
一部の特殊な構造を獲得したグループが巨大化した、
と考えた方が自然な気がする。

14

14. 匿名処理班

  • 2023年10月10日 12:28
  • ID:uzwVpY3G0 #

12は>>8へのコメでした。
アンカミスごめんなさい。

15

15. 匿名処理班

  • 2023年10月10日 19:40
  • ID:XsSJGWkG0 #

このサイズはエサにする木々の高さも影響してるからな
こいつらがでかくなるに従って木も逃げるように高く高く伸びていって、追いかけるように首も伸びていく
スケールのでかい景色だったろうなー

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links