土星の衛星エンケラドゥスから巨大な水柱を発見
 土星の衛星「エンケラドゥス」の表面から吹き出す、壮大な水蒸気の水柱が観察されたそうだ。その長さは約1万km、日本からアメリカまでの長大なものだ。

 エンケラドゥスはその地下に液体の海が存在し、生命の発見が期待されている衛星だ。

 サウスウエスト研究所のクリストファー・グライン博士によれば、「太陽系で最もダイナミックな天体の1つで、地球外生命捜索の最高のターゲット」であるという。

 今回のジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST)による観察では、エンケラドゥスが水蒸気でまるでドーナツのような軌跡を描いていることが確認されている。

 この発見を受けて、来年もまたJWSTによるエンケラドゥスの観察が行われる予定であるそうだ。
広告

エンケラドゥスから噴きだす膨大な水蒸気が土星系の水の供給源

 ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST)によって観察された土星衛星「エンケラドゥス」の水蒸気のプルームは、長さ約1万kmと巨大なものだ。

 エンケラドゥスの直径は約500kmなので、自身の20倍もの水蒸気を噴き上げているということになる。
webb-telescope-finds-t
JWSTのNIRSpec(近赤外線分光器)の画像から、エンケラドスの南極から噴出する水蒸気プルームが、エンケラドス自体の大きさの20倍以上にも広がっていることがわかる / image credit:NASA、ESA、CSA、Geronimo Villanueva (NASA-GSFC), Alyssa Pagan (STScI)

 この衛星から噴出された氷の粒や水蒸気はこれまでにも観察されているが、JWSTによる最新の観察は驚くべき真実を伝えている。

 この衛星はわずか33時間で巨大な土星を1周する。その間に水蒸気プルームを噴出し、まるでドーナツのような軌跡を残すのだ。

 それは土星系の水の供給源でもあるようだ。JWSTの観測データによると、水の3割はエンケラドゥスの軌跡に残るが、残りの7割は土星系のその他の領域へと散らばっていくという。

 このような水蒸気プルームのドーナツ(ウォータートーラス)が視覚的に示されたのは初めてであるとのこと。それはJWSTの並外れた性能を証明するものでもあるそうだ。
エンケラドゥスの南極から噴き出す水蒸気によって形成される水のドーナツ「ウォータートーラス」を可視化したもの。水の3割はトーラス内にとどまるが、残り7割は土星系へと散らばっていく/NASA’s Goddard Space Flight Center), A. Pagan (STScI), L. Hustak (STScI)

来年はエンケラドゥスの生命と居住可能性を調査

 今回の発見を受け、今回の研究チームは来年もJWSTでエンケラドゥスを調べる予定になっている。

 そのときの主なターゲットは、有機物や過酸化水素だ。これはエンケラドゥスの居住可能性を知る手がかりとなる。

 「過酸化水素がとりわけ興味深いのは、これまで発見されたものよりずっと強力な代謝エネルギー源となるからです」(グライン氏)

 来年の観測では、今回の10倍の信号対雑音比で観察が行われる。つまりはより詳しい観察が可能になるということだ。

 エンケラドゥスはその地下の海に生命の存在が期待されているが、今後の観測ではどのような発見があるのか楽しみに待っていよう。

 また、こうした水蒸気プルームの時間による変動を理解することは、今後の惑星科学ミッションを計画するうえでも大切であるとのこと。

 現在エンケラドゥスの生命の痕跡を探るべく「Enceladus Orbilander計画」が提案されているが、今回のような研究は、海のサンプルを回収するために探査機をどこに送り込むべきか正しく判断するヒントになるそうだ。

 この研究は『Nature Astronomy』に掲載される予定だ。現在はその未査読版を閲覧することができる。

References:Webb telescope finds towering plume of water escaping from one of Saturn's moons / written by parumo
あわせて読みたい
土星衛星「エンケラドゥス 」の謎の間欠泉。氷の亀裂から海水が噴出するという説


着陸しなくても土星衛星「エンケラドゥス」で生命体を見つけることができるかもしれない


土星の衛星「エンケラドゥス」に生命存在の可能性高まる。海に豊富なリン


NASAが地球外生命体の存在が期待されるエウロパとエンケラドゥスの海を探査するためのロボット研究に出資


土星衛星「タイタン」の雲と海をとらえたジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年06月02日 21:05
  • ID:IPfm7.QU0 #

顔が写ってますが
口から吹き出してるんじゃないのー

2

2. 匿名処理班

  • 2023年06月02日 21:09
  • ID:H65rgK7f0 #

こんな勢いでバンバン水蒸気噴出してたらその内カラッカラになってしまうのでは・・?
何万年前から出しっぱなしなのか知らないけれど限度はあるんじゃ。
それで水分枯渇したらどんな衛星になってしまうのかな。
すかすかのスポンジみたいに穴空いてるのか脆くなって崩れてしまうのか。
素人なりの想像が楽しい。

3

3. 匿名処理班

  • 2023年06月02日 21:36
  • ID:WKuYjYz40 #

エンケラドゥス「アッー!」

4

4. 匿名処理班

  • 2023年06月02日 21:50
  • ID:PYQiMQNw0 #

>水の3割はエンケラドゥスの軌跡に残るが、残りの7割は土星系のその他の領域へと散らばっていくという

そんなに水を吹き続けて良く枯渇しないもんだな。

5

5. 匿名処理班

  • 2023年06月03日 09:13
  • ID:EgbPZopT0 #

これは土星を周回する観測衛星が欲しいですね
実際欧州とNASAの共同で衛星を送る計画が有るそうだ
どんな画像が送られてくるか楽しみ

6

6. 匿名処理班

  • 2023年06月03日 09:18
  • ID:VAfT.ujR0 #

どこから噴き出すかわからないから着地して基地は造れないな

7

7. 匿名処理班

  • 2023年06月03日 10:56
  • ID:86j.qDx40 #

笑止 千万!!

8

8. 匿名処理班

  • 2023年06月03日 20:06
  • ID:RtC9a4NP0 #

ラリイ・ニーヴンのインテグラル・ツリー思い出した
衛星軌道とは言えまさかガス・トーラスが実在したとは
こうなったらハビタブルゾーンに居座る巨大ガス惑星を探すしかないな

9

9. 匿名処理班

  • 2023年06月04日 13:44
  • ID:Hap9nw8s0 #

今思ったんだが水ガンガン噴き出して質量減少したら衛星軌道ずれてくるんじゃなかろうか。
軽くなるなら外飛んでくんだっけ?落ちるんだっけ?

10

10. 匿名処理班

  • 2023年06月04日 16:07
  • ID:WzYt97vk0 #

地球も毎年95,000トンの水素を失ってるって知ったらキャアアアアってなるかも
それと同時にあと10億年程度で地球の酸素濃度が低下して、好気性生物(酸素呼吸生物)は呼吸出来なくなるんだって
きゃああああああああ

11

11. 匿名処理班

  • 2023年06月05日 10:28
  • ID:bJ6pgP4o0 #

>>5
木星探査機ならば、今年の4月に"JUICE"ってのが打ち上げられましたわ
"エンケラドゥス"はメインの調査対象には入っていないけど写真ぐらいは撮りそう
ただ打ち上げが2023年なのに木星到着が2031年なのでだいぶ先の話。木星は遠い

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links