絶対に繰り返さないアインシュタインのタイルを発見
 何十年も探し求められた「アインシュタイン」のタイルがついに発見されたそうだ。

 それは13の辺を持つジグソーパズルのような図形で、どれだけ並べても、絶対に同じパターンが繰り返されることはない。

 数学の世界で「非周期的モノタイル」と呼ばれるこの形状の発見は、数学の歴史の革新的発見(ブレイクスルー)と称されている。

 この図形の不思議さとすごさ、面白さを説明していこう。

非周期的タイルとは何か?

 「アインシュタイン」とは言っても、あの天才物理学者アルベルト・アインシュタインのことではない。ドイツ語で「1つの石」のことで、つまりは1枚のタイルであることを意味するものだ。

 これについて、発見者の1人であるカナダ、ウォータールー大学のクレイグ・カプラン教授は、「私たちは史上初の本物の”非周期的モノタイル"を紹介しています」と声明で述べている。

 「非周期的タイル」とは何か? それは平面を隙間なく、かつ重ならないよう敷きつめたとき、どのように並べても規則的な繰り返しパターンが現れない形状のタイルのことだ。

 たとえば、床を正方形のタイルで、隙間がないように敷きつめてみるとしよう。するとどこまで行っても縦横に同じパターンが繰り返されている。

 その証拠に、ある部分をコピーして、それを平行に移動させてみよう。そこには必ずピッタリ重なるパターンがある。これが同じパターンが繰り返されるということだ。

 こうした繰り返しパターンがないのが、非周期的タイルだ。

 先ほどと同じように、どこかをコピーして、平行に移動させても、ピッタリ重なるパターンは絶対にない。

 ちなみにこうしたことを考察する数学分野のことを「タイリング」や「平面充填問題」という。
3_e
コンピューターで生成された画像は、中央の影付きの「帽子」(濃い青) の周りに同心円状に配置された、新たに発見された形状を示している / image credit: Smith et al. (2023)

ついに発見された「アインシュタイン」

 数学者が最初に非周期的タイルを発見したのは、1966年のこと。それは2万426種のタイルで構成されたものだった。

 その後の研究で、タイルの種類は92種、次に6種へと減っていき、1974年に2種のひし形でなる非周期的タイルが考案された。

 これは物理学者として有名なロジャー・ペンローズが考案したことから、「ペンローズタイル」と呼ばれている。

 が、これが高い壁となった。2種のタイルで構成されたものなら見つかったが、たった1種だけで非周期的に並ぶ1枚、すなわち”アインシュタイン(1つの石)”が見つからなかった。

 そんなもの本当にあるのかと思いたくもなるが、それがついに発見されたのだ。

 カプラン教授らはコンピュータ・モデリングを駆使して、そのアインシュタインが繰り返しパターンを作らず、それでいて表面を隙間なく敷きつめられることを証明。

 その結果を『arXiv』(2023年3月20日投稿)で閲覧できる査読前論文で紹介している。
2_e
13角形の図形を、重なりや隙間なく無限に並べ、決して繰り返さないパターンを作ることに成功 / image credit: David Smith、Joseph Samuel Myers、Craig S. Kaplan、Chaim Goodman-Strauss ( CC BY 4.0 )

 それは根気のいる作業だったようで、研究チームの1人であるアーカンソー大学のチャイム・グッドマン=ストロース教授は、「100万分の1の探し物ですよ」と語っている。

References:Scientists discover pattern that never repeats with 'einstein' tile / At Long Last, Mathematicians Have Found a Shape With a Pattern That Never Repeats / written by hiroching / edited by / parumo

追記(2023/03/06)13面体を13角形と変更して再送します。
あわせて読みたい
数学の能力は2つの神経伝達物質と関連。その量を調べることで、数学的能力がどの程度あるかを予測できる


世界の名だたる数学者がこぞって日本のチョークを買い求める理由


知能指数が高い人は全員数学が得意というわけではない。メンサで出題される問題を解いてみよう!


数学の才能は生まれつきか?環境か?遺伝子がどれくらい関係するのか調べてみた(ドイツ研究)


数学で割り出した脳モデルで明らかに。人間の脳は最大11次元の構造を持っている(スイス研究)

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 20:25
  • ID:qb73EATK0 #

ばっと見は規則性があるように見えるけどこれで繰り返してないのか・・・
フラクタルとかと関係あるのかな

2

2. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 20:27
  • ID:i2c4zppr0 #

同じパターンが無いならコードからして複製防止や逆にセキュリティの照合に使えるじゃんね

3

3. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 20:38
  • ID:8QsV6Nw10 #

なんとなくすごいのはわかるんだけど何かに影響するんだろうか

4

4. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 20:41
  • ID:n1iAJ9r20 #

おばあちゃんちの洗面所とかトイレのタイル思い出した

5

5. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 20:43
  • ID:UEihXXRW0 #

凄すぎてどれだけ凄いのか理解出来ん…

6

6. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 20:49
  • ID:MkZ0U0tv0 #

アインシュタイン関係ないんかーい👆💦

7

7. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 20:49
  • ID:r83Q7BZN0 #

無理数のように無限に繰り返さない数列の二次元版みたいな感じなのかな?

8

8. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 20:49
  • ID:vSoI0tV40 #

すごい発見だ
利用の仕方が浮かばないくらい
六角形は同パターンであるからこそ、平面を埋め立体構造(壁であり柱)も作りやすい
レンガは同一であるから型が一個でも時間さえあれば大きなものも作れる
で、この図形をどう生かせるかだよね
むしろ認証キーによいかも、なにしろ無限に同じパターンがないなら
どこかを切り取ってカギにすれば(かつピースごとパスパード)

あとアインシュタインは確かに「一つの石」の意味だが
英語のワンデイのように「ある石」とか他意はないんだろうか?
また城をシュタイン(石で作るから)と呼ぶことから「一の砦」とか
ドイツ語くわしい人頼む

9

9. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 20:49
  • ID:k7DevHzE0 #

なるほど…わからないということがよくわかった

10

10. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 20:51
  • ID:9xpAdACp0 #

このタイルを同じパターンで敷き詰めた
2つの板を作ったとしたら
この2つは絶対に噛み合わないということかな?
考え出すと頭が痛くなってくる・・・

11

11. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 21:04
  • ID:jZPQpOvk0 #

>>2
君頭いいでしょうそうでしょう

12

12. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 21:11
  • ID:SgCbO.nW0 #

家の台所にこのタイルを敷きたい!

13

13. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 21:18
  • ID:111HJun50 #

このコメントも歴史の1ページに刻んでくれ

14

14. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 21:25
  • ID:Fi6.5Bxz0 #

こう言うのも数学の内だったんだな

15

15. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 22:05
  • ID:5GZit8d90 #

将棋の最善手がそろそろ解析されそうなのでこれを使って完全解析不能なボードゲームは出来ないのかな?

16

16. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 22:10
  • ID:RCtDccwa0 #

意味が分からない

一つのパターンがあるということは、出現確率がゼロでないということ

それなら確実に同じパターンが出現する

地球が惑星1000兆分の1の確率で宇宙にあったとしても、広い宇宙なら確実に地球と同じ星が存在するのと同じこと

17

17. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 22:47
  • ID:LBytc1F60 #

黒線で囲まれた13ピースの、中央の濃い青のピースに着目して、そこから左、左上、にある濃い青のピースの周辺は同じ形だよね?
そういうことじゃないのか?よくわからん……

18

18. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 22:54
  • ID:.o2sSm8D0 #

国士無双十三面張

19

19. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 23:21
  • ID:uew.KCtF0 #

>>16
確率というものを根本的に勘違いしてそう
君が言ってるのは「地球上における自分の出現確率は80億分の1なのでゼロではないから自分は宇宙に複数存在する!」ってのと同レベル
それは結果の中の割合であって確率ではない

20

20. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 23:30
  • ID:uew.KCtF0 #

>>17
そういうことじゃない
上のコメントで無理数って言ってる人がいるけどそれが一番イメージしやすいと思う

21

21. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 23:42
  • ID:okCN.Q6k0 #

>>16
非周期的タイルというのは、”何らかのパターンを作る”のではなく、”パターンが存在出来ない状況”を作る、というもの
その根本を理解出来ないのであれば何を言ったところで、屋上屋を架す間違いにしかならない

最後の例えにしても、広い宇宙に地球と”同じような星がある”というのと、大陸や海の配置から生命体の形質や環境どころか惑星一つを構成している全ての原子一つ一つの配置されている場所に至るまで”完全に同じ星は存在しえない”と言う道理を忘れている

意味が分からない、のではなく、問題の意義とその前提を理解出来ていない、だけ

22

22. 匿名処理班

  • 2023年04月04日 23:59
  • ID:iI00vH6q0 #

平面地図の四色定義みたいな話やね。

23

23. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 00:01
  • ID:.IlDdwRX0 #

>>16
これは確率の問題ではないのでは。
「一つのパターンがある」と言うより
「全体(無限大)で一つのパターンしかない」というイメージ。
自分も素人なんで、感覚的に理解しにくのは同意だけど。

24

24. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 00:08
  • ID:hz.Ob36n0 #

ちなみに志村けんの「アイーン」はドイツ人が聞いたら「一つの〜」と聞こえるんだとか。

25

25. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 00:19
  • ID:5E0L3Aln0 #

何枚の組み合わせから同じ形にならないのだろうか???
4枚の組み合わせなら画像の中に同じのがあるんだけど????
右端中央付近の青中心の赤三枚の組み合わせが三つあるうち
2つは同じ形・・・・
ってかオレが間違えて捉えてるのかな?

26

26. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 01:38
  • ID:5bynvGK.0 #

パッと見ただけでも同じ並びがいくつもあるように見えるんだけど、どういうことなんだ?

27

27. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 05:46
  • ID:bArhR7bQ0 #

これを立体に起こしたら力の分散が素晴らしく出来て、六方最密よりも密度が高くて頑丈な何が出来たりするのかな?
はい素人素人。

28

28. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 07:08
  • ID:I.FXYlMp0 #

>>25
「同じ形が現れない」ではなく、「同じ形が繰り返されない」のが正しい。
局所的に見れば同じ形は見つかると思う。ただ、その形がそれ以降も規則的に出現しないというのがこの発見のすごいところ。

29

29. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 08:55
  • ID:wYOIzAza0 #

>>3
同じのが全くなくてしかもコントロールできるとなるとかなり美味しいアイテムになるって感じなのかな?

30

30. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 09:21
  • ID:8JKVel3h0 #

家の外壁を非周期的モノタイルにしようかしら

31

31. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 09:35
  • ID:tKHeWWdp0 #

向きをそのままで、全体を同じ形にそろえて割り切れない形...なのかな?

32

32. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 09:45
  • ID:lTuM2Vdd0 #

>>25
他にも勘違いしてる人いるけど
×同じパターンが「出てこない」
○同じパターンが「繰り返されない」

例えば12377758777491777450って数字の列があったとして同じパターンが繰り返されてると思う?
777という数字のパターンは何度も出てきるけどそれは同じパターンが繰り返されてるとは言わない

33

33. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 10:22
  • ID:Ga.KveYM0 #

意味がよくわからんけどシャツみたいだね

34

34. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 10:24
  • ID:hobIbMx00 #

13角形だろ

35

35. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 11:00
  • ID:YITpq22N0 #

定義が分からなくて分からなすぎる
黒枠で囲われたところをコピーして少し左に持っていくとぴったり重なるんだけど、記事の中でぴったり重なるところは現れないって書いてある説明が間違ってる?

36

36. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 11:34
  • ID:hBzlr1z50 #

ゲームの地面のテクスチャが繰り返される問題を解決できるな

37

37. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 11:57
  • ID:YITpq22N0 #

>>35
自分で調べて納得しました
周期的充填:特定のパターンを平行移動するだけで充填する
非周期的充填:特定のパターンを平行移動以外の移動も使って充填する
強非周期的図形(充填):非周期的充填でしか充填できない図形(その図形を使った充填)

https://www.google.com/url?sa=t&source=web&rct=j&url=https://www.shinfujita.com/book-paper/pdf/08_jssd143_P1.pdf&ved=2ahUKEwi7mrem2ZH-AhXFtlYBHQkAAQgQFnoECDUQAQ&usg=AOvVaw1U_ZWGS2gfGkXBgAWUJAuX

38

38. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 12:04
  • ID:.IlDdwRX0 #

>>35
円周率みたいなものじゃないかな。
部分部分で同じ並びが見つかることはあっても
周期的に繰り返されるわけではない。

39

39. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 12:43
  • ID:eEP.kJLD0 #

>>32
ん?てことは数字を床一面に並べた状態で同じ状態が再現できるってこと?
きっちり隙間なく同一形状の図形を敷き詰めてこれを再現することに成功したから凄いって認識で合ってる?

40

40. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 13:52
  • ID:zAzMH8Px0 #

>>32
じゃぁ途中の解説に出てきた
>その証拠に、ある部分をコピーして、それを平行に移動させてみよう。そこには必ずピッタリ重なるパターンがある。これが同じパターンが繰り返されるということだ。
>どこかをコピーして、平行に移動させても、ピッタリ重なるパターンは絶対にない。
これはその777を切り出して他の場所で探すのとどう違うの?

41

41. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 14:16
  • ID:LsP3Ivgp0 #

どんなことに応用できるかな?また、この形以外の解はあり得るのかな?その辺り考えるといろいろ楽しそうだな。

42

42. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 14:17
  • ID:1yr0KzMn0 #

>>8
日本の城で言う所の「一の丸」に相当するのかも?

43

43. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 14:37
  • ID:YbF7tM.w0 #

壁紙やタイルにする場合印刷が大変だ

44

44. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 14:45
  • ID:YbF7tM.w0 #

>>39
無限に広い床の一面に円周率を書き出していっても同じパターンが見つからないよね
(同じ数字の塊は何度も出てくるかもけど、それは規則的には出てこないよね)
それのタイルバージョン

45

45. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 15:15
  • ID:xL.emIZX0 #

「13面体」という表現に違和感。「13角形」では?

46

46. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 15:23
  • ID:3RuOKgyR0 #

>>37
ようやく理解できた
全画面をスライドさせた時に重ならない形って事か
なら説明図の黒枠で囲ってるやつ間違ってない?

47

47. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 15:35
  • ID:hgISPFq50 #

>>8
詳しいわけじゃないけど。
アインは一つの、シュタインは石ってことで、モノストーンとか、モノリシックとかが英語風かなと思います。

48

48. ペンちゃん

  • 2023年04月05日 15:45
  • ID:Z7nx0iru0 #

>>46
あー理解した。このパターンが無限に広がってる平面が存在する時、これをいくら移動させてもパターンが重なることはないってことか
(逆に、例えば正方形のタイルが無限に広がってる平面の場合、正方形いっこ分ずらせばパターンが重なる、ということ)

49

49. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 15:47
  • ID:vxgdBEUT0 #

こういうの見つけるのはコンピュータさんが得意そうなのにこんなに時間掛かったのか

50

50. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 17:03
  • ID:.UoeAw090 #

珍しく私でもすごさがわかる数学上の発見w

51

51. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 18:55
  • ID:YITpq22N0 #

>>48
いや、パターンが重なることがないって書いてあるのが間違い
非周期的充填しかできない単一の図形を見つけたというのが今回の発見で、非周期的充填はパターンが重ならないなんて定義はない
無限に広い平面を充填するんだからいつか同じパターンが出てくるでしょ
どこかで翻訳を間違ったか、間違った翻訳を引用しちゃった?

52

52. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 19:01
  • ID:R4mKcxUm0 #

二つにまで絞られたペンローズタイルのアインシュタイン版
ペンローズとアインシュタインが並ぶと特異点の話かと思ってしまう

53

53. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 21:44
  • ID:1v0r4bsZ0 #

おばちゃんな、パッチワークするの。お裁縫の
正三角形を延々と繋げるジャンルがあるから
ぜひ応用したい。美しい!

54

54. 匿名処理班

  • 2023年04月05日 22:57
  • ID:ykD.r2aG0 #

>>16
つまり君が本当に言いたいのは
タイルを無限大に敷き詰めることができるなら、どこかで同じパターンが発生するのではないか?という疑問だね?
でもそれは例えばこのタイルのパターンが「8千京くらいしかない」ならその限度を超えた「8千京飛んで1目」に被りが発生することになるって話であって
パターン自体が無限に存在するなら無量大数を超えたその先もパターンが無限に広がっていくことになるのよ
まあ本当に無限大に被ることのないパターンが広がっていくのか、その完全な計算を確かめきった訳じゃ無いだろうから、確かに君の本来言いたかったとおり「その可能性」はあるよ
あるだろうけど実際問題として確かめようがないくらい膨大な計算になり、今の人類が存続してる間に発見されるかどうかわかんないから、実質的にこれは無限パターン続くと思って差し支えないってことなのよ。
わかったかな?

55

55. 匿名処理班

  • 2023年04月06日 01:31
  • ID:wIrGTJcL0 #

会社で顧客の要望パターンを基に加工工程を立てているが、これを出されたら勘弁してって思うだろうな。

56

56. 匿名処理班

  • 2023年04月06日 08:18
  • ID:TgDrE5760 #

>>3
生活に落とし込むなら
QRコードに変わる
アインシュタイン・コードの誕生か・・・。

57

57. 匿名処理班

  • 2023年04月06日 10:12
  • ID:MpZx8n5I0 #

>>54
だから、証明できたって書いてあるでしょう。確かめたからニュースになっているんです。
人類存続する間どころか、いま現在において発見されたんですよ!

みなさん、同じパターンが出てくる出てこないの話に執着しすぎて、大事なところを見落としています。同じ形のパターンは当然出てくるに決まっているでしょう。問題は、「平行移動」というワードなんです!「回転移動」を許せば、同じパターンの図形の一致は必ず存在します。いくつかの13面体で作れる形状のパターンは有限通りだから、鳩の巣原理から同じパターンは必ず出てきます。しかし、わずかにでも回転移動させなければ、同じパターンでも絶対に一致出来ない。つまり、形状として同じパターンは出ては来るが、「平行移動だけ」で一致させることは出来ないということ。回転させて一致できるとしても、その回転角度は全て異なり、無限通りあるという事なんです。規則性がないから、部分的にずらすことが出来ないため、全体としてとても強固な敷き詰めになります。地震によるずれを防ぐ構造の研究などにも応用できますし、これが立体での発見なら立体的非対称性のある頑丈さを獲得できます。

58

58. 匿名処理班

  • 2023年04月06日 10:46
  • ID:0eyzi51d0 #

正しい発音は
(*´Д`) アィ〜ンしたいん 
  👈

59

59. 匿名処理班

  • 2023年04月06日 11:47
  • ID:T.XZ5MsH0 #

時々歩道に敷いてあるの波型レンガブロックをこの形にすると
適当に並べてもお洒落模様ができるってことだな

60

60. 匿名処理班

  • 2023年04月06日 12:36
  • ID:E335gI5r0 #

話題は形がメインぽいけど色は関係してんの?

61

61. 匿名処理班

  • 2023年04月06日 23:07
  • ID:wXJ60RjS0 #

>>57
それを自分に言われても困る
自分は「膨大な数の計算をし続けたらどっかで被るのが出てくるんじゃないか?本当に無限大を確かめたのか?」って疑いに凝り固まってる人を納得させるために
「無限大に計算を延々と数億年以上計算し続けたらもしかしたら限界があるかもしれないが、それを確認する意味はない、超々々々々々々極低確率の可能性はゼロと同義だから心配しなくていい」って判りやすく噛み砕いてるのであって
彼が納得しやすいようだろう方向にわざとやや正確じゃない言い方をしている
ていうか正確に言ったって、彼の疑問は「本当に無限大ではなくどっかに限界あるんじゃないか」なので解決にならん
彼は「理屈の上で無限大だと推測される」じゃなく「無限大の最後まで本当に計算しきる」という不可能なことの実証を求めてるからそんな言い方じゃ納得しない
「仮に無限大じゃなかったとしても、人類にとって無限大に等しいからそういうものとして扱うでいいんだよ」彼が欲しいのはこういう答え

62

62. 匿名処理班

  • 2023年04月07日 00:02
  • ID:fDEC8yc60 #

ひとつの組み合わせから無限にマップを生成するモデルを作れば、直感で優位に立てるボードゲームができるな、必ず繰り返さないのであれば学習しようがない、

63

63. 匿名処理班

  • 2023年04月07日 03:30
  • ID:XcUX8Un20 #

要は絶対にループ画像にできないってことでしょ?上下左右が完全に繋がって無限に繰り返せるようなパターンが存在しないと。

64

64. 7cg3

  • 2023年04月07日 07:08
  • ID:VmI84Rum0 #

エッシャーみたい

65

65. 匿名処理班

  • 2023年04月08日 05:42
  • ID:1mF6z.jE0 #

>>6
アインシュタインの話だよ

66

66. 匿名処理班

  • 2023年04月08日 08:49
  • ID:AuLVo0K70 #

準結晶と同じで、周期性は無いけど結構規則性が高いですね
眺めているだけでも時間をつぶせる

67

67. 匿名処理班

  • 2023年04月08日 10:02
  • ID:snM8CmZk0 #

記事読んでそれが一体何がすごいの??
と思いましたが、レス2見て納得
頭いい人はすごい

68

68. 匿名処理班

  • 2023年04月08日 19:23
  • ID:KNC0JAo50 #

何個並んだ状態のパターンが非規則的なのでしょうか?
例えば2個ずつのパターンは必ず出来ますよね?

69

69. 匿名処理班

  • 2023年04月09日 13:39
  • ID:fRwX2pMa0 #

ある部分が周期的になっても他の部分が同期しない組み合わせでしか充填できないということを計算機のごり押しで解ったってことかな?
パッと見、周期的に見えるから、最小公倍数みたいに同期しちゃいそうだけど

70

70. 匿名処理班

  • 2023年04月09日 15:55
  • ID:kdRjo8ti0 #

わかりやすく説明してくれてる人が何人もいるのに、自分の理解力が足りないのではなく理論そのものがおかしいと言わんばかりの連中なんなん?
ここのコメ欄最近こういう奴多いよな
日本で学問が軽視されて研究力が衰退してるのがよくわかる…

71

71. 匿名処理班

  • 2023年04月12日 03:16
  • ID:b2JTsAsO0 #

一種類のタイルなんだろうけど、裏返して使うのはアリなのか。モヤモヤする

72

72. 匿名処理班

  • 2023年04月12日 07:18
  • ID:ixgFLPD10 #

最近でもなく昔から多いと思うゾ

73

73. 匿名処理班

  • 2023年04月12日 13:40
  • ID:b2JTsAsO0 #

自分で並べてみたいから1000枚ばかし売ってくれんかなもし

74

74. 匿名処理班

  • 2023年04月18日 00:04
  • ID:SQVLQzp.0 #

たぶんだけど

アイン = 1
シュタイン =石(ストーン)

なんでねえの

75

75. 匿名処理班

  • 2023年04月27日 13:43
  • ID:LPFm4CpD0 #

>>21
そもそもこの記事の画像を両目の焦点ずらして見てみたら普通にピッタリ重なるところあったんだけど。普通に繰り返してるの意味わからない

76

76. 匿名処理班

  • 2023年07月01日 12:16
  • ID:x0Jh9r.l0 #

カラパイア史上一番ワケわからんな
他の人の説明読んでもワケわからん
だって同じパターンあるやん!
同じ!パターン!あるや〜ん!
声を大にして言いたい

77

77. 匿名処理班

  • 2023年07月01日 19:51
  • ID:6q26sK8Z0 #

>>76
あるよなぁ

78

78. みりん

  • 2023年07月02日 10:45
  • ID:fsHapHmp0 #

>>76
できる限りアホに伝わるように書くが、伝わらなかったとすれば君の脳の問題だからどうすることも出来ない。

このパネルが敷き詰められた超広大な広場を思い浮かべなさい。
君は五枚くらいの組み合わせが一致する場所を見つけて、「繰り返しとるがな!」って言ってるわけ。
でもここで言う繰り返しだとするならその一致した部分のひとつ右のパネルも百個右のパネルも、一億個右のパネルも一致するわけ。
しかしここでいう繰り返さない、というのはそうやって無限にパネルの範囲を拡大して探し続けると必ずどこかで一致しない部分が出てくるって話。
正方形なら絶対に一致するだろ?そうはならんということ。
他で無理数の喩え出してるがまさに数字における無理数。円周率はn桁目が何であるか計算しないと出せないように、このパネルの並びがある座標においてどう配置されているかは並べてみないとわからないということ。だから暗号なんかに使えんじゃないの?って言ってるのがコメ2とか。

79

79. 匿名処理班

  • 2023年10月13日 19:55
  • ID:BlKnwnWw0 #

へぇーなるほどなー(何も分からない)

80

80. 匿名処理班

  • 2023年10月13日 22:06
  • ID:l.v.QV4s0 #

>>78
みなさんのコメントを読んで、この返信コメまで読んで、やっと理解できた……気がします。
”並べてみないと解らない”

81

81. 匿名処理班

  • 2023年10月13日 22:12
  • ID:l.v.QV4s0 #

改良されてた
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2306/07/news054.html?_gl=1*fedyyq*_ga*ODM5NzI2Mzg0LjE2ODk5NjU4MTU.*_ga_C3YXL0BP8G*MTY5NzIwMjQ1Ni40LjEuMTY5NzIwMjY1My40My4wLjA.#l_tm1636144_sl06061_1_w490.jpg

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links