マヤ文明のエリート女性戦士
 マヤ文明時代の遺跡に残された3人の遺骨を分析したところ、肩に矢が突き刺さった上流階級の女性のものが含まれていた。

 その骨の強度を分析したところ、男性に負けないくらい弓の扱いに長けていただろうことが明らかになり、女性戦士である可能性が高いという。

 マヤ文明では上流階級の女性も戦争で戦っていたという仮説があるが、今回の発見はその裏付けになるかもしれないという。

マヤ文明後期の戦争に関する調査のため遺骨を分析

 1000年から1524年にかけての後古典期と呼ばれる時代、マヤ文明では戦争が増加したと考えられている。

 だがこの時期の戦争についてはあまりよくわかっていない。例えば、戦争では誰が、どのように戦ったのか?などだ。

 オーストラリア国立大学をはじめとする研究チームは、こうした謎に迫るべく、当時のマヤ文明の政治中枢だった「マヤパン」の遺跡で発掘された3体の遺骨を分析した。

 それは骨の生物力学的特性を分析するというやり方だ。
1
メキシコ、ユカタン州にあるマヤ文明、後古典期の遺跡、マヤパン / photo by iStock

肩に矢が突き刺さった上流階級の男女の遺骨

 これらの遺骨はこれまでの分析で、1体が上流階級の男性戦士、ほかの2体は上流階級の女性と平民女性のものであることが判明している。

 平民女性とは違い、上流階級の男女はいずれもうつ伏せで発見され、弓矢で射られた跡があった。男性の胸には黒曜石の矢じりが、女性の肩にはチャート(堆積岩の一種)の矢じりが刺さっていたのだ。

 もちろん弓矢で射られたからといって、必ずしも戦士なわけではない。そこで研究チームは、3体の骸骨の上腕骨の強さを調べてみることにした。
6
photo by iStock

上流階級の女性は戦士である可能性

 例えば、弓を引くと、両腕に大きな負荷がかかる。だから長く弓の修練を積むと、その負荷に耐えるため上腕骨が丈夫になる。

 ならば、その負荷を再現して遺骨の歪み具合を調べれば、弓の腕前を推測できるはずだ。

 マヤ文明の主な戦の担い手は、上流階級の男性だったとされている。そのため3人の骨のうち、男性の上腕骨は弓を引いたときの負荷に一番強いだろうと考えられた。

 それはある意味では正しかった。男性の上腕骨は、平民女性に比べて、弓による負荷が加わっても歪みにくかったからだ。

 ところが上流女性とではそれほど差がなかったのだ。このことは上流女性もまた弓の練習をよく積んでおり、その腕前は上流男性に匹敵しただろうことを示唆している。
iStock-1004439142
photo by iStock

マヤ後期、上流階級の女性が戦争で戦ったという説を裏付ける

 当時のマヤでは上流階級の女性もまた戦争で戦ったという説があるが、今回の女性が弓に長けていた事実はそうした仮説の裏付けと考えることができる。

 なお投げ槍の負荷を再現して同じような実験を行ったところ、平民女性の上腕骨でさえ、上流男性に匹敵する強さがあったという。

 それでもこの平民女性が弓をそれほど扱っていなかったことを考えると、マヤ文明の戦争は上流階級が担っていたようだ。

 この研究の査読前論文は現在『bioRxiv』(2022年7月13日投稿)で閲覧できる。

References:Biomechanical Investigation of Ancient Maya Warfare at Mayapan, Yucatan, Mexico | bioRxiv / Murdered Maya Woman's Remains Suggest Elite Females May Have Been Warriors | IFLScience / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
2600年前、武器とともに埋葬されていたのは13歳の少女戦士だった。遺体調査で明らかに(シベリア)

屈強なヴァイキングの戦士、しかも高位軍のリーダー。実は女性だったことがDNA調査で判明(スウェーデン)

メキシコ沖の沈没船は捕らえたマヤ人を運ぶ奴隷船だったことが判明(メキシコ)

古代マヤ文明の滅亡は戦争が原因ではなかった?破壊的な戦闘行為が長く繰り返されていた可能性(米研究)

古代マヤの都市は危険なほど水銀に汚染されていた

マヤ文明の生贄の歯に、謎めいた青い繊維の跡を発見。さるぐつわに使用されていた可能性

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年02月04日 20:03
  • ID:mu.fIHxq0 #

マヤ… 恐ろしい子!

2

2.

  • 2023年02月04日 21:54
  • ID:h6Spdlqw0 #
3

3. 匿名処理班

  • 2023年02月04日 21:56
  • ID:h6Spdlqw0 #

言い方
上流階級が戦ってたんじゃなくて戦いに長けてる事も上流階級になれる要素だっただけじゃないの?

4

4.

  • 2023年02月04日 22:09
  • ID:EylVyQZC0 #
5

5. 匿名処理班

  • 2023年02月04日 22:42
  • ID:ODk6oM0R0 #

本物のアマゾネスか……

6

6. 匿名処理班

  • 2023年02月05日 03:34
  • ID:1BYsY3N.0 #

ビキニアーマーでお願いします

7

7. 匿名処理班

  • 2023年02月05日 08:43
  • ID:tftknIko0 #

人間は何でもできるしね。

8

8. 匿名処理班

  • 2023年02月05日 08:45
  • ID:vq9NaY0f0 #

銃火器の無い昔の方が男女の腕力差は戦いに強く影響しそうだけど女性も戦ってたんやね。
弓兵が主で直接は殴り合うような事が無かったのかな?

9

9. 匿名処理班

  • 2023年02月05日 11:23
  • ID:YmfvIBd.0 #

漫画化待ったなしやね

10

10. 匿名処理班

  • 2023年02月05日 12:15
  • ID:ruUogzWl0 #

女性が弓を使うと胸がね

11

11.

  • 2023年02月05日 12:59
  • ID:SAocltvu0 #
12

12. 匿名処理班

  • 2023年02月05日 13:05
  • ID:H7oeERRP0 #

いわゆる上流階級が戦闘を家業とする貴族だったと仮定すると、その家の者には男女問わず武芸を修める義務が課せられたのかも、という推測も立つかしら。知らんけど。
少なくとも鍛錬の痕跡のある女性が前線で死んだらしいのなら、今のところ無理のない推測かなあ。

>>8
軍事史的に見て女性が後方に下げられがちなのは色々と理由が考えられるけれど、少なくとも、腕力はそのごく小さな一部に過ぎないと思うよ。

鍛錬の仕方と個体差次第で、女性も戦闘に携わるための必要十分な運動能力を獲得し得る。近代以前の日本の農村でも女性が力仕事に携わる機会は多くあって、その運動量は現代の平均的男子を上回っていたようでもある。
現代でも、男性平均より筋力のある女性はいるよね。

さらにもっと細かい事を言うと、戦闘技術は単純な腕力に依存するものではない。これは、洋の東西問わず伝統的武術の鉄則でもある。

ちなみに形はうろおぼえだけど、マヤには白兵戦用の兵器もちゃんと存在するよ。

13

13. 匿名処理班

  • 2023年02月05日 16:59
  • ID:roMV3YKz0 #

日本も信長より前は女性も戦争に駆り出されていたらしいし

14

14. 匿名処理班

  • 2023年02月05日 20:02
  • ID:N3O4w9zK0 #

なんでカットが白人女性なん

15

15. 匿名処理班

  • 2023年02月05日 20:09
  • ID:j8KCeTw90 #

なぜイメージ画像が白人女性なの?

16

16. 匿名処理班

  • 2023年02月06日 01:01
  • ID:Iv9gjocj0 #

アマゾンにアマゾンがいたってこと?

17

17. 匿名処理班

  • 2023年02月06日 12:34
  • ID:vZ.QUpm.0 #

※1
日本に存命している、林マヤさん。

18

18. 匿名処理班

  • 2023年02月07日 08:10
  • ID:ou.CYr4X0 #

とらろっく!

19

19. アユラ

  • 2023年02月07日 20:34
  • ID:lvrNfWyg0 #

双剣のヒロイン?滅茶苦茶格好いい。

お名前
Sponsored Links
記事検索
月別アーカイブ
Sponsored Links
Sponsored Links