男性と信じて結婚した相手は女性詐欺師
 出会い系アプリで出会った男性と交際に発展し、結婚したインドネシアの女性は、結婚して10か月後に、男性だと思っていた夫が実は女性だったことを知った。

 ネットで知り合うと、様々な落とし穴にはまることがあるが、これもある種のロマンス詐欺だ。医師と名乗っていた偽夫は、まったく働かず、妻の実家からお金を要求していたのだ。

 だが妻にとっての最大のショックは、10か月間夫婦としての営みがあったにもかかわらず、夫の正体が女性だと気付かなかったことだという。
広告
Potret Erayani, Wanita yang Nyamar Jadi Pria & Nikahi Gadis Jambi, Ini Momen Prewed & Pernikahannya

出会い系アプリで出会い意気投合して結婚

 インドネシア・スマトラ島ジャンビに住むイニシャルNAさん(22歳)が、出会い系アプリでアーナフ・アーラフィフと出会ったのは2021年のことだ。

 ニューヨークで訓練を受けた外科医で、なおかつ石炭のビジネスマンだと主張したアーラフィフは、「最近イスラム教に改宗して妻を探している」と話し、NAさんは彼に興味を持った。
2_e1
 2人はすぐにメッセージを介して意気投合し、同年5月にアーラフィフがNAさんの住むジャンビを訪れ2人は実際に対面した。

 その後も意気投合し、交際に発展。アーラフィフはNAさんにプロポーズをする。2人は、出会って1年もたたないうちに、同年7月、イスラム教徒の儀式で結婚することになった。

 しかし、アーラフィフは州が認可した結婚式に必要な公的な書類を提示できなかったため、宗教によって結婚を認められたが、州によっては認められなかったという。

 それでも、宗教上の夫婦になった2人は、アーラフィフがNAさんの実家に移り住み、NAさんの両親と同居という形で結婚生活を送ることになった。

 2人の結婚生活は、最初は順調に進んでいたようだ。だが、何かがおかしいと気付いたのは、NAさんの母親だった。
1

義理の息子に対する疑惑を持ち始めた妻の母親

 当初、娘と交際し始めたアーラフィフをNAさんの母親は気に入っていた。

 娘から医師免許を持っていると聞かされていたからだ。結婚の話になった時も、NAさんの母親は2人を祝福した。

 しかし、同居を初めていくうちに、義母がアーラフィフに疑問を抱くようになった。

 アーラフィフは2人の家に引っ越してきて間もなくすると、NAさん一家からお金を要求し始めたのだ。しかも、彼が実際に仕事をしている様子は見られなかった。

 数か月間にわたりそのような状態が続き、NAさんの母親は自分の「義理の息子」が詐欺師ではないかと、確信するようになった。

 アーラフィフの家族や友人に連絡し尋ねてみたこともあった。だが、彼らは常にアーラフィフの肩を持ち、味方に付いているため、証拠をつかむことができなかった。
fraud2_e
image credit: youtube

夫は女性で詐欺師だったことが発覚し逮捕

 そのうち義母は、アーラフィフが詐欺師であることにくわえて、男性ではなく女性なのではないかとも疑い、アーラフィフの身分証明書を取得しようとした。

 義理の両親が自分を疑っていることに気付いたアーラフィフは、詮索を避けるためにNAさんを両親から引き離して南スマトラのラハトに引っ越した。

 引っ越し先では、アーラフィフがNAさんの口座に自由にアクセスし、その間NAさんは何か月も家に閉じ込められた状態だった。

 アーラフィフは、NAさんが両親に電話することを含め、誰とも交流することを禁じられた。

 またNAさんが泳げないことを知っていたにもかかわらず、アーラフィフは川に飛び込めと命じたこともあり、NAさんは「殺されるのでは」と恐怖を感じたという。

 今年4 月、NAさんの母親は娘の安否を心配してジャンビ警察に通報し、アーラフィフのことを打ち明けた。

 その結果、ラハトで2人を追跡した警察によって、去年4月アーラフィフは逮捕となった。

 警察の調べで、ついにアーラフィフは自分がエラヤニ・アーラフィフという名前の女性であることを認めた。
3_e0

詐欺罪で最大10年の懲役刑になる可能性も

 NAさんによると、10か月間の夫婦生活の中で、アーラフィフから「性器を直視しないように」と言われ、営みの最中は目を布で覆われていたという。

 また、アーラフィフは真っ暗な状態の時しか裸にならなかったということで、夫婦は電気を常に消した状態で行為をしていたようだ。

 最終的に、アーラフィフはNAから 3 億 IDR (約 250万円) をだまし取ったとして詐欺罪と、経歴詐称の偽造罪で起訴された。

 今後、アーラフィフが複数の罪で有罪判決を受けた場合、最大10年の懲役刑に直面する可能性があるという。現在も公判は、ジャンビ地方裁判所で進行中だ。

 結婚した夫が詐欺師で、しかも女性だった事実を知り驚愕したNAさんは、今もまだショックを受けており、その傷がいまだ癒えていないということだ。

References:10 months later, Indonesian woman claims she found out her husband was a female con artist/ written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
ネットで知り合った恋人は架空の人物だった。彼女の叔母さんを名乗る結婚詐欺師に騙された男性

中国の美魔女詐欺師、6人の男性と同時に交際し約300万円分の金品を騙し取る

ネット上で12年間男性を装い、友人を夢中にさせてお金を騙し取った女が逮捕

密かに3人の女性と結婚し、自分の半径1キロ以内に住まわせていた男、ついにバレて重婚罪に(中国)

なぜ詐欺師にだまされてしまうのか?脳は他者への共感と分析的思考を同時に処理できない(米研究)

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2023年01月20日 19:22
  • ID:qXMRRfOs0 #

女に見えるけどなぁ

2

2. 匿名処理班

  • 2023年01月20日 19:37
  • ID:teUoQnmh0 #

アラフィフが22歳に結婚詐欺をしたのか

3

3. 匿名処理班

  • 2023年01月20日 19:41
  • ID:IfRdnDbE0 #

>営みの最中は目を布で覆われていたという。

目を布で覆われていても女性に気が付かないはずがない

行為中は別の男と入れ替わっていたということか?

4

4. 匿名処理班

  • 2023年01月20日 20:14
  • ID:LM2Yr1Vn0 #

なんとおぞましい

5

5. 匿名処理班

  • 2023年01月20日 21:07
  • ID:teWMelCS0 #

※2
『このコメント欄って勘違いしたままの人や勘違いを誘導する人妙に多くないか?』
ってまた書かれちゃうよ

6

6. 匿名処理班

  • 2023年01月20日 22:26
  • ID:tt22M81T0 #

体は全くの女性だったってこと?
なんぼなんでも気づかないものかね

7

7. 匿名処理班

  • 2023年01月20日 22:34
  • ID:uRJBMt5s0 #

>>3
バイブでも使ってたんだろう

8

8. 匿名処理班

  • 2023年01月20日 23:34
  • ID:qj0zjN2a0 #

こんな詐欺が成立しちゃう事にビックリだよ…

9

9. 匿名処理班

  • 2023年01月21日 00:27
  • ID:8Ff4XeG90 #

※7
そんなのすぐばれる

女を舐めすぎ

10

10. 匿名処理班

  • 2023年01月21日 01:37
  • ID:mFRW1Ap30 #

>>9
だからといって入れ替わってたとも思えないし
どうやって誤魔化したんだろうね
騙された女性が人並み外れて鈍かったんだろうか

11

11. 匿名処理班

  • 2023年01月21日 01:51
  • ID:EvkEDxJR0 #

※9
向こうの女性はそんなに経験豊富じゃないんだよ…

12

12. 匿名処理班

  • 2023年01月21日 03:36
  • ID:cOVHuF0y0 #

>>11
宗教上の規律とかなんとかで結婚するまでデートどころか異性と会話すらしちゃダメ!みたいな所もありますからね。
この記事の現場がそうなのかは知らないけど。

13

13. 匿名処理班

  • 2023年01月21日 07:25
  • ID:RDjUQS7l0 #

※5
「嘘を嘘と見抜けない人はインターネットを使うのは難しい」というひろゆきの言葉を思い出した。

14

14.

  • 2023年01月21日 07:53
  • ID:NL54zqCL0 #
15

15. 匿名処理班

  • 2023年01月21日 08:15
  • ID:uU3ih2eL0 #

マラソン選手の相手の
アイワズゲイ って会見思い出した。

16

16. 匿名処理班

  • 2023年01月21日 08:58
  • ID:9MrS.j5C0 #

ナニは暗闇やグッズでごまかせても、胸は見えちゃうんじゃないかなとか思った。

…絶望的な扁平胸だったか、「自分は女性乳房なんだ」とか「昔太っていてダイエットしたら若干お肉が胸に残った」とか言ったのかな。

気になるわ〜。

17

17. 匿名処理班

  • 2023年01月21日 10:03
  • ID:RnXc.AZT0 #

単なる(?)結婚詐欺だけじゃなく性別詐称とかDVとかてんこ盛り過ぎてすごい

もしかして、体が完全な女性じゃなかったとか…はないか
同性なのに致しても気付かなかったという意味ではM.バタフライ思い出しちゃったよ

18

18. 匿名処理班

  • 2023年01月21日 10:38
  • ID:..GQdN6T0 #

外科医と言いながら白衣に聴診器を首にかけている写真がいかにもなんだけどw

19

19. 匿名処理班

  • 2023年01月21日 11:45
  • ID:tN3SyHAQ0 #

被害女性も天涯孤独な訳ではなくしかも女性の親と同居では騙し通せいないのは明らかなのにこの詐欺師はどうやって逃げるつもりだったんだ?口裏合わせたってことは自分の両親やら友人やらも含めて一つの犯罪グループだったんだろうか。

20

20. 匿名処理班

  • 2023年01月21日 11:54
  • ID:Q.84e7SC0 #

>>9
母親はすぐ気付いてたしね

21

21. 匿名処理班

  • 2023年01月21日 13:01
  • ID:9WFb.EFH0 #

外から見れば分かる事でも、恋に盲目になると気づかなくなる
これが詐欺師の常套手段なんです
気をつけましょう

22

22. 匿名処理班

  • 2023年01月21日 13:37
  • ID:42xCwxec0 #

中国が外国の外交官に仕掛けたハニトラはもっとすごいよね
京劇の男性役者が女性に扮して近づいて、子供まで用意して
何がすごいって、機密を漏らした外交官が裁判にかけられるまでパートナーが男だとは気づいてなかったところ

23

23. 匿名処理班

  • 2023年01月21日 15:46
  • ID:PHTYcdVR0 #

>>19
疑う親から引き離して 引っ越し先で監禁?軟禁?状態だったり
泳げないのに川への飛び込みを強要しようとしたのを見るに、
巧くいけば、新婚早々に妻死亡で
遺産を受け取って とっととトンズラ、って計画だったのかも…?

24

24. 匿名処理班

  • 2023年01月22日 05:03
  • ID:Nn0.Tjwg0 #

>>22
なにソレ凄い!
役者さんめっちゃ体張ってんね!
子供がいるから〜とかアレコレ言って夜の営みは拒否してたのかな〜?

25

25. 匿名処理班

  • 2023年01月22日 19:16
  • ID:7XfhGRBJ0 #

※23
そこが不思議なんですよね。殺してしまったとして、書類がなくて結婚が法的には成立してないから正面から遺産の要求は出来ないし、ごく短い結婚生活でもちろん孫もいないのに残されたご両親の意思で自分達や娘さんの遺産を贈答することも考え辛く、その場で持ち合わせを奪って逃げるなら追剥ぎや泥棒と大差ないし。
※24
『M.バタフライ』って実際のスパイ事件を下敷きにした映画になっててもし映画の通りならちょうどこっちの事件と同じような誤魔化し方だったみたいです。むしろこっちの事件の犯人がこの映画を参考にしたのかも。

26

26.

  • 2023年01月22日 19:54
  • ID:ab3oW0Z40 #
27

27. 匿名処理班

  • 2023年01月23日 03:39
  • ID:yJvmO5cY0 #

>>25
明らかに『M.バタフライ』の方がこの事件の戯曲化。
事件は’60〜70年代の冷戦期で、’80年代前半に発覚、
’90年前後に舞台化や映画化された。

28

28. 匿名処理班

  • 2023年01月25日 11:38
  • ID:yy3.P89G0 #

実際ロマンス詐欺

29

29. 匿名処理班

  • 2023年01月25日 15:18
  • ID:7YXeZmU90 #

女っぽく見えはするが、堂々とされたらデリケートな話でつっこみにくいし、そんな男もいるかな、って程度の疑問にとどまってしまいそう。
ただ夫婦の営み含め、信用できない人間性があからさまなので、そもそもそんなやつと結婚してしまった当たり見る目がなかったという感じ。

30

30.

  • 2023年01月27日 21:15
  • ID:FaJ.QVaI0 #
31

31. アユラ

  • 2023年01月30日 15:28
  • ID:9RhZjVzT0 #

ネカマならぬ、ネナベに騙されたんですね💧

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING