宇宙人は地球の存在を無視している可能性
 宇宙はあまりにも広大で、どこかに文明を持つ宇宙人が存在していてもおかしくない。なのになぜ見つからないのだろう?この「フェルミ・パラドックス」に対して新たな説が提唱された。

 それによると、高度な知的生命体である宇宙人にとって、地球人はあまりにもレベルが低すぎる為、わざわざ連絡をする必要すらないと思われているらしい。
広告

高度な知性を持つ宇宙人は無駄に調査をしない

 高度な知的文明を持つ宇宙人は、単純な生命体と見なしている地球人を、いちいち調査しているヒマなどないのだという。

 この解答は、エルサレム・ヘブライ大学のアムリ・ワンデル氏が『arXiv』(2022年10月27日投稿)で公開した査読前論文で詳しく解説されている。

 それによると、高度な地球外文明を持つ宇宙人にとって、ただ生命が宿っているだけの惑星には、それほど関心がないのだという。

 というのも、広大な宇宙には単純な生命ならどこにでもあるのだという。もしそうなのだとしたら、いかな高度な宇宙文明であっても、そうした惑星すべてを探索するだけの時間やリソースはないことだろう。

 そのような状況において、直接探査機を送り込んでの調査はきわめて難しいし、ずっと楽に行えるメッセージの送信ですら、ほとんどの生命がそれを理解できない原始的な存在なのだとしたら、時間の無駄だ。
space-2653754_640
photo by Pixabay

人工的なサインを検出すれば知的文明が発見できる

 だがそこに高度な知的生命体がいるのなら話は別だ、宇宙人にとっても興味のある対象となる。

 「フェルミのパラドックス」が問うているのは、なぜ”知的生命体”は見つからないのかということだ。

 だから、確かにこの銀河に知的生命体は比較的まれな存在なのだろう。ならばただの原始的な生命ではなく、知的生命体ならば、高度な宇宙文明はきっと興味を抱くと思われる。

 そして遠方の惑星で暮らす知的生命体を探すのならば、人工的な電波などのサインを検出するのが一番手っ取り早いだろう。

 これは我々地球人が現在「地球外知的生命体探査(SETI)」でやっているのと同じことだ。

 ここでは宇宙人の立場に立って、彼らが地球の知的生命体を探そうとしていると考えてみよう。
alien-7014702_640

地球から発したサインはあまりにも稚拙すぎた

 彼らにとって一番見つけやすいのは、100年ほど前から地球人が発信し始めた電波だろう。

 理論上、そうした電波はこの100年間で1万5000個の星に届いたはずだ。その場合、現在までにその電波に対して返答できたのは、50光年以内にある星だけということになる。

 その範囲にある星は、天の川銀河にある1000億〜4000億の星系のうち、1300星系だけだ。銀河レベルではほんの一握りだが、それでもゼロではない。

 、ここで考えねばならないのは、これまで地球から宇宙へ向けて飛んだ電波は、意図的なメッセージというよりも、むしろたまたま宇宙に放たれたテレビ放送の電波がほとんどということだ。

 SETIの科学者によれば、こうした電波は1光年も移動すれば、背景ノイズと区別できなくなると考えられるという。

 つまり、仮に地球から50光年内にある1300の星系のどこかに高度な宇宙文明が存在したのだとしても、たまたま飛んだ地球からの電波をキャッチしておらず、地球に知的生命体がいることに気づいていない可能性はかなり高いのだ。
space-4883247_640
photo by Pixabay
 すでに述べたように、宇宙に単純な生命が豊富にいるのだとしたら、彼らが時間と労力と資源を費やして、わざわざ地球とコンタクトをとる理由は今のところない。

 なぜこの広大な宇宙に宇宙人が見つからないのか? このフェルミのパラドックスに対する解答は、地球人が知的であるというサインを宇宙人が発見できていないからということになる。

 果たしてこの説が正しいのかどうかはわからない。数ある説のなかの1つにすぎないか、それともそれが真実なのかは、40万年後と予測されている未知との遭遇で確認できるかもしれない。

References:Maybe we don't see aliens because they're waiting to hear a signal from us first / Aliens haven't contacted Earth because there's no sign of intelligence here, new answer to the Fermi paradox suggests / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
なぜ宇宙人は見つからないのか?なぜなら極小マシンに乗っているからと説く天文物理学者(ジョージア)

なぜ異星人は見つからない?彼らは意図的に姿を隠し「地球動物園」を観察しているという仮説

なぜ宇宙人に出会えないのか?地球に来るコストが天文学的に膨大だからという説

異星人探しが始まってるけど、もし本当に見つかっちゃったらどうするの?未知との遭遇に関する大規模調査が開始される

宇宙人と遭遇するにはあと40万年かかる、新たな論文が発表される

異星人は平行宇宙に存在する可能性がある(国際研究)

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

Advertisements

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2022年12月19日 20:10
  • ID:IPnLc7wK0 #

知的生命体が雑魚だとスルーしてるのに、なぜアメリカ人だけが
奴らと外交結び、拉致やキャトルミューティレーションなどの
実験や犯罪行為行われてるのだ?

2

2. 匿名処理班

  • 2022年12月19日 20:12
  • ID:jaRcTUF40 #

同じ惑星系で統一政府が存在せず、同種族で戦争し合ってるような
野蛮な未開人と接触するってリスクでしかないでしょ
もし彼らが技術を与えたら、それを使って攻め込んでくるかもしれないのに
私たちは動物園の監視された生物にすぎない

3

3. 匿名処理班

  • 2022年12月19日 20:17
  • ID:JX2MW0fz0 #

銀河ハイウェイ建設のために取り壊されるほどです

4

4. 匿名処理班

  • 2022年12月19日 20:20
  • ID:WKv47Qkv0 #

明らかに自分より低いと思える相手の方が接触のハードル低くね?
同じくらい頭良い奴らの宿題見てやったりノート貸したりとかしねぇだろ

5

5. 匿名処理班

  • 2022年12月19日 20:20
  • ID:eDkoqUry0 #

ウサギ、カモ、ウマに化けてるだけかもよ

6

6. 匿名処理班

  • 2022年12月19日 20:23
  • ID:xPpwpwOP0 #

十分有り得る。侵略価値が無ければ軍事力を以て征服する意味などないから。宇宙人が地球に価値のある物資や、テクノロジーが無いと判断したなら、地球なんて路傍の石ころと、何ら変わりないと思う。
で、ゴールデンレコードに、男女の絵が描かれていて、男性が右手をあげて「友好の証」を示す意味を宇宙人に伝える旨を表現したようだけど、これが地球にやって来れる科学技術を持っている宇宙人にしたら「かかってこい、クソども」ととらえられたら、地球人の科学力、軍事力では、とても対抗できない。地球なんて2秒で塵ですよ。
おまけに太陽系の位置まで詳細に書いちゃってるしw

7

7. 匿名処理班

  • 2022年12月19日 20:29
  • ID:g.3TbeI40 #

46億年のうちの100年くらいだからね
地球は4度くらいリセット食らってるから、すでに先に進んだ宇宙人がいないとは言い切れないけど
逆にもう滅びたんじゃないの?

8

8. 匿名処理班

  • 2022年12月19日 20:37
  • ID:pDQhMIF80 #

これって説というより
「ぼくがうちゅうじんだったなら〜」の類、
つまり単なる想像・妄想の類に思えるわ
論文にするほどのものなのかね…

9

9. 匿名処理班

  • 2022年12月19日 20:41
  • ID:pDSojBE90 #

訴えてやる!

10

10. 匿名処理班

  • 2022年12月19日 20:41
  • ID:rAHNIM8S0 #

たまたま発生して少々発展した程度で惑星ひとつも所有してなくて人類全体で(時に争いつつ)共有というか勝手に暮らしてるだけだもんな
人類の代表者も饗応役も決まってないしそういう窓口もない
言語も通貨も単位も統一されてない
自然環境も万全に管理できてないし寿命も人口も経済もコントロール出来てない
放っておいたら勝手に絶滅しかねない脆さ
なのにちょっと本気で喧嘩始めたら地球そのものがダメになりかねないチグハグさ

家に人を呼べるような状態じゃないよな
宇宙を自在に旅して他の知的生命体にコンタクト出来るような存在からしたらまだ割れていないだけの泡みたいなもんだろう

11

11. 匿名処理班

  • 2022年12月19日 20:47
  • ID:8IhCcGHd0 #

争いばかり起こしてる人類は危険な生物とみなされ、かかわらないようにしてる可能性もある

12

12. 匿名処理班

  • 2022年12月19日 21:01
  • ID:MTsduLjS0 #

光の速さ以上の情報の伝達手段を見つけるまでは相手する価値ない。のは、まあありえるわな
どうせ身内で争ってるレベルだろうし、そんなに巻き込まれてもこっちが損するだけ
最低でも一国ではなく惑星代表者が出せるレベルじゃないと俺なら相手したくないわ
ひとつの説としては面白かった

13

13. 匿名処理班

  • 2022年12月19日 21:10
  • ID:2S.cR9cS0 #

この説、「単純な生物が生息する星があまりに多い」よりむしろ文中には明記していない(そもそもそう考えてるかどうか判らない)「そこから恒星間文明に進化するハードルが極めて高い」と言う方が本質的な気が
そうでないと、単純な生物の多さに応じてそこから進化する恒星間文明も多数存在することになる、その多数の恒星間文明の全てが地球をスルーする理由を説明しなくちゃならない。「単純な生命はありふれていて興味をそそらない」じゃ、地球にちょっかいを出す気まぐれな宇宙人が出てこない理由として弱いように感じる・・・・・・

14

14. 匿名処理班

  • 2022年12月19日 21:22
  • ID:CQBNvznV0 #

それ新たな説か?

15

15. 匿名処理班

  • 2022年12月19日 21:28
  • ID:BREZt3h30 #

隣の恒星系の惑星すらまだよく分かってないし
実はほとんど全ての恒星に生命のいる惑星が回ってるかもね
そうなったら地球なんて珍しくもなんともないド田舎でしかないだろうな

16

16. 匿名処理班

  • 2022年12月19日 21:33
  • ID:uyZAb6pP0 #

SFで昔から良くある話だね
地球の静止する日とか幼年期の終わりとか

17

17. 匿名処理班

  • 2022年12月19日 21:44
  • ID:zqCiSl2j0 #

知的宇宙人は探査などしない

18

18. 匿名処理班

  • 2022年12月19日 21:44
  • ID:RSkXBzMi0 #

知的生命体を見つけたとして宇宙船でその星まで行ったところでその時点で見つけた時代から途方もない時間が流れるから出会えないのさ

19

19. 匿名処理班

  • 2022年12月19日 22:07
  • ID:y0fAYKbK0 #

太陽系間の通信や移動は物理的に不可能という結論に達するまでの壮大な夢物語を語る時間

20

20. 匿名処理班

  • 2022年12月19日 22:22
  • ID:VcA8ROKV0 #

言葉が違う上に狭い地球で殺し合って、意味のない価値観に囚われて
金だったり実用性のある物質じゃなく、紙幣や硬貨なんて価値観で生活しなきゃいけないし
星にも終わりがあるし、宇宙にだって終わりがある
その時に向けて科学を発展しようとしない下等な生き物にまともな者が関わるわけない
変わり者か犯罪者だけだよ、こんな下等な生き物に関わるなんて
地球って呼ばれる星で終わって滅びてしまう種族、失敗作

21

21. 匿名処理班

  • 2022年12月19日 22:24
  • ID:b3wXnTMm0 #

これタイトル「スルーしている」じゃなくて「スルーされている」では?

22

22. 匿名処理班

  • 2022年12月19日 22:33
  • ID:L2ml7Nby0 #

そもそも、宇宙人からしたらコンタクトをとる必要もないと思う。
人が気になるならUFOで誘拐すればよいだけだし、資源が必要なら奪えばよいだけ。

人が過去にやってきたことと同じ。
自分たちのやってきたことを考えずに、なぜ宇宙人が丁寧に対応してくれると思っているんだろうか?

23

23.

  • 2022年12月19日 22:44
  • ID:6qEOgKTZ0 #
24

24.

  • 2022年12月19日 22:45
  • ID:KNo..DFO0 #
25

25. 匿名処理班

  • 2022年12月19日 22:50
  • ID:lIqVM7Ls0 #

地球外生命体は確実に存在するのだけれど、地球の生命とは完全に異なっているので地球人と同じく宇宙人を探している可能性は限りなく低い。起源が同じヒト以外の生物が宇宙探索に興味を持っていないことから容易に想像できる。

26

26. 匿名処理班

  • 2022年12月19日 23:07
  • ID:OfeqfWOt0 #

すでに絶滅危惧種として保護区になってたりしてなw

27

27. 匿名処理班

  • 2022年12月19日 23:18
  • ID:Gnkz.pzy0 #

高度に発展した宇宙協定とかあるとしても宇宙戦国時代はあったはずで巻き込まれなかったなら運が良かった

28

28. 匿名処理班

  • 2022年12月19日 23:22
  • ID:6szr8pBH0 #

わかる。俺も深夜のドンキホーテやコンビニにたむろしてる連中と仲良くなりたいとは思わない。

コチラとコミュニケーションが取れる程度には知能があるのだろうけど、友好的な関係性を築けるとも築きたいとも思わない。

誰かと付き合うなら、自分と同程度かそれ以上に人間と付き合いたい。誰が好き好んで格下の人種と付き合うよ?

29

29. 匿名処理班

  • 2022年12月19日 23:23
  • ID:XdTqDT.60 #

なぜこの広大な宇宙に宇宙人が見つからないのか? このフェルミのパラドックスに対する解答は、宇宙人が知的であるというサインを地球人が発見できていないからということになる。

いずれ量子もつれなどを手掛かりに光速を超えた宇宙全体の情報ネットワークに地球人も気づくときが来るのかもしれない。

ただそのときの地球人とはAIを頭脳とするサイボーグなのかもしれない。

地球人がサイボーグになると予言したガイア理論のラブロックも皮肉なもので、彼はこの宇宙には地球以外に知的生命体はいないと書いてたけどね。

30

30. 匿名処理班

  • 2022年12月19日 23:35
  • ID:ah.rmAot0 #

人型基準で判断してるから発見されないのだろうな
宇宙浮遊物体スフィア、セレブロ、ELSのようなタイプの宇宙人の可能性もあるわけで

31

31. 匿名処理班

  • 2022年12月19日 23:41
  • ID:fOiAe.Hg0 #

これはちょっと…自分の頭の中だけに留めておくだけで良いのでは…
例えば焦らすのが好きとか、異常なまでの照れ屋さんとか…特殊な性癖が…いくらでも…

32

32. 匿名処理班

  • 2022年12月20日 00:03
  • ID:fwW01.oX0 #

免許取りたてのイきり宇宙人とか絶対見に来ると思うんだがなぁ

33

33. 匿名処理班

  • 2022年12月20日 00:57
  • ID:zJbLumhW0 #

物理的な距離をつめることなく
量子通信によって地球を別の場所に疑似的に再現して
その様子を観察してるのかもしれない

34

34. 匿名処理班

  • 2022年12月20日 01:01
  • ID:jJ5kBv9Z0 #

想像を巡らすのは楽しいものだが、
特殊相対性理論が質量を持つものは光速を超えられないと定義しており、
太陽系のお隣の恒星系であるアルファケンタウリに光速で4年かかり
お隣の銀河まで数十万年かかる現実がある以上
我々が系外惑星の知的生命体にすでに発見されている
可能性は極めて低い。
そもそもの話として情報が光速を超えられれば
過去との通信が可能となり宇宙の因果律が崩壊するし観測可能な宇宙に人類レベルの文明をもつ可能性は、一つあるかないかレベル。
全宇宙(という表現が正しいは別として)探せば
あるいは存在するかもしれないが
永久に観測できないものは存在しないと同義である。

ゆえに我々が観測されているとしたらこの宇宙よりさらに上位の存在となる。
その存在からしたら確かに人類などとるに足りないものであろう。
そこまでいけばまさにSFの世界である。

35

35. 匿名処理班

  • 2022年12月20日 01:05
  • ID:Gexgp8O40 #

こんな小学生の妄想みたいな説で今更論文だしてるの面白すぎるだろ

36

36. 匿名処理班

  • 2022年12月20日 03:48
  • ID:no2jWV2p0 #

※2
そう言うのとは関係ないと思うけどな
地球の歴史と宇宙の歴史を考えると生命が誕生し今の人間の科学力なるまで
46億年かかっている
宇宙の歴史が137億年前から始まったというのが事実だとするならば
知的生命体の存在が稀有な事は容易に想像できる

例えば太陽クラスの構成の一生は100億年と言われる
そして太陽より巨大なればなるほど寿命は縮む
そうなれば繁栄した知的生命体があったとしても既に滅んだ可能性もある
恒星の寿命は知的生命体が宇宙を庭にできるほど長くないという事だ
勿論人間もその限界を50億年後知ることになるのだろう

37

37. 匿名処理班

  • 2022年12月20日 04:02
  • ID:Zj.qnf7m0 #

異星人の価値基準や思考パターンが分からないので理由はいくらでも推測出来る。

38

38. 匿名処理班

  • 2022年12月20日 05:53
  • ID:1VW91.Vh0 #

何十億年も前の地球を見て「生命が誕生する可能性がある」と予測した宇宙文明はあったかもね
存在したとしても知り合う前に知らない間に滅んでしまうのが大半だろうな
近い星に同時期同レベルで進化したなんて流石に無理あるし
何十億年も自分たちの文明社会を維持して観察するような存在はちょっと考えづらい
必死に宇宙人を探し続けて会えないまま滅んだ宇宙の文明が過去に沢山あったりして

39

39. 匿名処理班

  • 2022年12月20日 06:36
  • ID:.f2tpRW70 #

俺でも書ける説だな

40

40. 匿名処理班

  • 2022年12月20日 06:37
  • ID:eoaZ4NXY0 #

人類の技術がさらに発展してそのレベルに到達できるかといえば…うーん

41

41. 匿名処理班

  • 2022年12月20日 06:54
  • ID:Ah6TvEZc0 #

もし宇宙に人類が進出して宇宙が生命に溢れてたとしてお猿さんぐらいの動物が住む惑星を発見したら知的レベル低いとスルーするかな?

42

42. 匿名処理班

  • 2022年12月20日 07:33
  • ID:cscHxgW.0 #

探すも何もすでにバリバリに管理されてる可能性があるので
実験室のネズミが研究者にコンタクト取ろうとしても無視されるのと同じでは

43

43. 匿名処理班

  • 2022年12月20日 08:00
  • ID:MVW8Evxg0 #

やっぱりな…

44

44. 匿名処理班

  • 2022年12月20日 08:38
  • ID:eT688Y3N0 #

>>6
カール・セーガンが草場の陰で泣いてるぞ
小学生の時夢中でCOSMOSを見てた
彼による科学啓蒙の影響は大きかった

45

45. 匿名処理班

  • 2022年12月20日 09:03
  • ID:uP.IA6BW0 #

もはや知的生命体ではなく、ただの自然現象としか認識されてなかったり

46

46. 匿名処理班

  • 2022年12月20日 10:17
  • ID:00buyrjH0 #

わかる。操縦する宇宙船が地球人にみつかった奴は始末書提出みたいな措置を食らっていると考えると楽しい

47

47. 匿名処理班

  • 2022年12月20日 10:21
  • ID:00buyrjH0 #

※4
言い方が悪いが世界的に見ても一部の地域には「原住民の保護区域」ってのがあってだな…
未開人がどう発展していくかは学術的な見地の一つなんだ

48

48. 匿名処理班

  • 2022年12月20日 10:30
  • ID:PaQBRDw40 #

単純に広すぎるからだろうと思うけど。
地球の生成・生命の発生のプロセスを考えると適切なサイズ、
適切な恒星との距離があれば割と発生し得るものだと思う。
その中のいくつかは知的生命体もあるかもしれない。
ただ、そうした「種」としての寿命に基づく時間的な格差や惑星間の距離の問題等
知的生命体同士が邂逅するのは極めて確率的に低いのではないかと。

まあ、確かに相手がすごすぎてシカトされてる可能性もゼロじゃないが。

49

49. 匿名処理班

  • 2022年12月20日 11:12
  • ID:42WFnGv60 #

「想像もつかないようなものは、想像できない」という名言がある
結局のところ、地球外文明の在り様もまたその類いではあるまいか

50

50. 匿名処理班

  • 2022年12月20日 12:05
  • ID:8gKUW8UT0 #

宇宙人なんて地球人しか居ないよ!未来人がタイムマシーンに乗って来てないのと同じ事、宇宙人が地球に来てないってことは、居ないって事!宇宙人が居て欲しいって考えてる人達の屁理屈だね!気が付いてね、凡人君達。

51

51. 匿名処理班

  • 2022年12月20日 12:05
  • ID:UT4Iz.XF0 #

政府は我々に真実を隠しているんだ!

52

52. 匿名処理班

  • 2022年12月20日 12:30
  • ID:7rJ6V5F60 #

これ新しいか?
半世紀以上前からある動物園仮説とほぼ変わらないと思うんだけど
個人的にはレアアース仮説もしくはシミュレーション仮説の可能性が高いと考えている

53

53. 匿名処理班

  • 2022年12月20日 12:44
  • ID:bh90ftOp0 #

>高度な知的文明を持つ宇宙人は、単純な生命体と見なしている地球人を、いちいち調査しているヒマなどないのだという。

むしろ文明が高度になるほど余裕が生まれて
どうでもいいものを調査する酔狂な奴が出てきそうだけど、
そこまでの文明は近くにはまだ無いということなんかね。

54

54. 匿名処理班

  • 2022年12月20日 14:36
  • ID:.tbDCgaM0 #

木崎湖でしれっと現国教師やってます

55

55. 匿名処理班

  • 2022年12月20日 14:54
  • ID:O0Hz0.dI0 #

※2
リスクとも思われないと思うけどな
生物が争うのは普遍的な現象の1つで、なんかどこにでもいる生物程度にしか受け取れられないと思う

56

56. 匿名処理班

  • 2022年12月20日 15:45
  • ID:tHyuo5bT0 #

アブストを見てみたが、論文の要点は今まで人類初の電波発信まで換算してフェルミパラドックスどーのこーの言ってたけどそんな昔のやつを考慮するのほぼ意味ねーから!ってところらしい
で、そんな散逸した電波拾えるのはよっぽど高度な文明くらいやろ〜
って言うオマケ部分だけをを妙に仰々しく強調してSF好きを釣ろうとしたのが英語のweb記事みたいね

57

57. 匿名処理班

  • 2022年12月20日 16:24
  • ID:rdpd0hL20 #

ばかばかしいにもほどがある。
単三電池1個で作り出した電波がどこまでどんな強さで届くのかを一度計算しなおした方がイイですよ。
どんな出力で電波を『飛ばした』と言ってるのか分かりませんが、想像してるだけで失笑が漏れます。

58

58. 匿名処理班

  • 2022年12月20日 16:49
  • ID:RDbJb93m0 #

>>1
いやだから、一般大衆がわかるような形ではわざわざ出てこないだろと。
母船ドーンと軌道上に置いて、全世界全国家にむけてメッセージ、なんてやりません。だって亜光速ドライブもまだなんでしょ?ってな。
しかし全国家宇宙人がそうとは限らんよな。あー一応うちの探査ロボットが堕ちたらしいんで返してくれる?って打診くらいしたかも。してないかも。

59

59. 匿名処理班

  • 2022年12月20日 16:54
  • ID:9ShJr8Km0 #

宇宙のタイムラインを考えると、そもそも同時に知的生命体が存在していないのでは?
ボイジャーのレコードを見て地球に来たら人類そのものが絶滅しているか、太陽の膨張で地球そのものがなくなっているとか宇宙のタイムラインは長いが、地球、太陽系の寿命なんて言うほど長くはないだろう。

60

60. 匿名処理班

  • 2022年12月20日 16:55
  • ID:nZ9TIz.Z0 #

※28
格下とか言っちゃう時点で
人格と知能に難がありそうだな

61

61.

  • 2022年12月20日 18:15
  • ID:LeF3tPEh0 #
62

62.

  • 2022年12月20日 18:49
  • ID:5QIE1OsO0 #
63

63. 匿名処理班

  • 2022年12月20日 19:12
  • ID:GdD.9bfY0 #

この宇宙に生命はありふれてる前提だけど、本当にそうかはまだ結論出てないわな。
一説によると物質から生命になるには25mプールにバラバラの時計を入れてかき混ぜたら完成品になるくらいの極低確率と言われる。実際これほど生命にあふれている地球上でも未だに実験室でも野外観察でも物質からの生命誕生は観察された例は無い。近年発表されたある論文では生命誕生の確率の低さは観測可能な宇宙の星々の数をもってしても生命誕生する星は一個でも厳しいとも言われる。よってこの論文ではこの宇宙の他にマルチバース(別の無数の宇宙)の星々も加えることによって確率的に地球での生命誕生はおかしくないと説明している。
取り敢えず地球人にとって近未来で調査可能な太陽系内で火星やエウロパなど生命誕生に有望そうな星を調査してそこに独自の生命を発見できれば宇宙には生命にあふれてる説は一気に有力になる。もしいなかったら生命誕生はどの程度かは論議あるにしてもかなり稀になる。
あと仮に生命誕生しても、電波を操り宇宙へかろうじて進出可能な知的生命体に進化するまでには地球の例では40億年もかかったから、このハードルも高そう。
そうすると、比較的に地球に近くてかろうじて電波でやり取り可能な100光年前後以内に知的生命体の存在可能性は非常に低そうで、SETIなどで見つからないのも残当かなと。

64

64. 匿名処理班

  • 2022年12月20日 20:30
  • ID:.ZX4sSgt0 #

宇宙人の地球人に対する認識:「ほとんど無害」

65

65. 匿名処理班

  • 2022年12月20日 21:41
  • ID:jCG8xXzV0 #

知的生命体は「あれは何だろう」と考えるから知的になったのだと思っている。
だから、知的にも慣習的にも現代人に何の役にも立たない「ジャングル奥地の原始人さながらのコロニー」を観察して研究しようとする『社会学者』が存在する。
居るのならば、来れるのならば、宇宙人は来るよ。必ず。
「おもしろそう」だから。それが知的になる最大の理由。「好奇心がある」から。

66

66. 匿名処理班

  • 2022年12月21日 02:23
  • ID:hXF.u9p.0 #

地球を一つの家だとすると人は家族であるが、家庭内暴力や一家離散など問題だらけの家族である。
他所の家(別の星)の人(宇宙人)が怒号飛び交う家に仲良くしましょうと来るわけがない

67

67. 匿名処理班

  • 2022年12月21日 07:50
  • ID:q6xmg0lf0 #

>>3
イルカと鼠には何かアクションがあったかも?

68

68.

  • 2022年12月21日 14:46
  • ID:0aCVNcCB0 #
69

69. 匿名処理班

  • 2022年12月22日 00:12
  • ID:fpdsNzno0 #

ドンパチやってる野蛮なとこには来ないよね

70

70. 匿名処理班

  • 2022年12月22日 10:52
  • ID:JDNdyNkI0 #

珪素系人類は炭素系の存在を人類と認めない!

71

71. 匿名処理班

  • 2022年12月22日 17:46
  • ID:WT0s26Y90 #

※3
42

青春だったわ

72

72. 匿名処理班

  • 2022年12月22日 17:50
  • ID:WT0s26Y90 #

※67
さようなら、いままで魚をありがとう (So Long and Thanks for all the Fish)

73

73. 匿名処理班

  • 2022年12月22日 21:31
  • ID:WT0s26Y90 #

71です。自己レス。
コメント42さんは関係ないです。
生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答え=42

the answer to life the universe and everythingをグーグルで検索すると…

74

74. 匿名処理班

  • 2022年12月24日 01:21
  • ID:XnJZM79s0 #

実体じゃないのじゃ。。

75

75. 匿名処理班

  • 2022年12月24日 16:30
  • ID:yj8cAXvI0 #

この発想自体が宇宙人という地球人の想像に収まる枠の生物としてしか判断してないからこんな個人妄想レベルの話でおわる。どこからが生命かという枠組み自体発想を膨らませれば惑星や恒星含めた銀河そのものが生命かもしれない。まあその中にいる腸内細菌レベルの地球人ごときに本気で語りかけるわけないもんな。逆に腸内細菌が自分が生物の中で暮らしてると認識できるわけないし。生命としてのスケール自体が違うもの同士意思疎通なんて不可能でしょうね

76

76. 匿名処理班

  • 2022年12月24日 20:35
  • ID:AUEo.DPA0 #

※19
>太陽系間の通信や移動は物理的に不可能という結論に達する
※34
>特殊相対性理論が質量を持つものは光速を超えられないと定義

正直言ってそういう説って、ライト兄弟の初飛行前に当時の物理学権威だったサイモン・ニューカム教授によって人類が空を飛ぶのは永遠に不可能だと”証明”していた逸話を思い出すんだよな
まだまだ人類の科学は未熟である以上、そういう不可能論に安易に飛びつくのは危うい

77

77. 匿名処理班

  • 2022年12月25日 01:58
  • ID:c9T4Jhvc0 #

高度な知的生命体からすると地球人は危険だわ
宇宙に進出する技術を提供したら100%裏切って宇宙を支配しようとすると思うね

78

78. 匿名処理班

  • 2022年12月25日 11:06
  • ID:fPkfMvg10 #

※76
そりゃ光速を超えられたらパラダイムシフトだが、過去との通信の問題は?
平行宇宙論?そりゃSFだけど。

質量が光速を超えるためには無限大のエネルギーが必要になる。
特殊相対性理論の穴はどこに見出すことができると思う?
そもそも100年以上証明され続けている宇宙を支配する定義と、
空を飛ぶことは次元が違い過ぎる。彼は翼を定義していなかった。
ではアインシュタインは何を定義していなかったのか。

4〜10次元以上の高次元か?あなたはどう思う?

79

79. 匿名処理班

  • 2022年12月26日 00:54
  • ID:t8dzU2oW0 #

※28
態々、関わりたくないのは理解できる。
君子危うきに近寄らず、という意味で。

80

80. 匿名処理班

  • 2022年12月27日 07:13
  • ID:9..a6F4W0 #

人知を超えていると仮定しながら、
人間的価値観で考察しようとしているのは、
極めて滑稽。
「知的」とか、「生命体」とか、
人間的なイメージで語っても意味ない。もう少し機械的というか、科学的に定義したら?

81

81. 匿名処理班

  • 2023年02月02日 15:37
  • ID:H2LCd.Dr0 #

例えば地球から500光年離れてる星に人類と同程度の知的生命体がいたとして、今の人類が探査目的で出した電波が500年後にようやく届くわけだよね。それをキャッチした彼らが返信をくれたとしても、届くのはさらに500年後。1000年も前に送った電波なんて誰も覚えてないだろうし、そもそも人類が1000年後も繁栄してるのかすらわからない。
もし返信を正しく受け取ることが出来ても、そこからまた500年かけて返信。実際に会いに行こうなんて思ったら何千年何万年かかるかわからない。たどり着くころには相手側が滅亡してるかも。

これと同じ問題は人類に限らず全ての知的生命体に起こるわけで、遠く離れた星の知的生命体同士が連絡取り合って交流するってシチュエーションは難易度高い気がする。
寿命が何億年単位の種族同士とかでもない限りは。

お名前
Advertisements
記事検索
月別アーカイブ
Advertisements
Advertisements