オオカミは人間に愛着を示す
「犬は人間の最良の友」というように、私たち人間と犬は堅い絆で結ばれている。だが、もしかしたらその絆は既にオオカミがもっていたのかもしれない。

 最新の研究によると、オオカミが人間に対して親しさを表現する「愛着行動」が備わっていることが明らかになった。

 このことは、人間と絆を築くために必要な能力が、1万5000年前に家畜化され「犬」となる以前から、すでにオオカミに備わっていたことになる。

 この研究は『Ecology and Evolution』(2022年9月20日付)に掲載された。
広告

犬が親しい人間に愛着行動を示すのはなぜなのか?

 「愛着行動」とは心理学や進化学の用語で、親密さを表現しようとする行動のことだ。

 人間の子供は1人では生きられないので、親(あるいは養育者)と親密な関係を維持しなければならない。幼い子供が微笑んだり、そばに寄って来るのは「愛着行動」によるものだ。

 最初はこうした行動は誰にでも示されるが、次第に子供はよく知っている人と見知らぬ人を区別するようになり、親に対してだけ愛着行動を見せるようになる。

 そして犬もまた、自分を育ててくれる人間に対して愛着行動を見せることが知られている。

 これまで犬の愛着行動は、オオカミが家畜化され犬となり、人間と共に暮らすことで発達したものと推測されていた。

 そこでスウェーデン、ストックホルム大学の動物行動学者クリスティーナ・ハンセン=ウィート博士は、それが本当かどうか確かめてみることにしたのだ。
00
photo by Unsplash

オオカミの子と犬の子の人間に対する行動を比較

 今回の研究でハンセン=ウィート博士らは、生後10日から育てたオオカミ(10頭)と犬(12頭)の子を対象に、さまざまな実験を行い、家畜化によって両者の行動にどのような変化が起きたのか探っている。

 実験はたとえば、飼い主と見知らぬ人に交互に部屋に出入りしてもらうというものだ。

 子犬なら飼い主と一緒にいれば安心するし、見知らぬ人と二人きりになれば不安になる。

 だから飼い主が部屋から出て行こうとすればついて行こうとするだろうし、部屋に戻ってくればまとわりつくなど、愛着行動を見せることだろう。

 ではオオカミの子供はどうだろう。 子犬のように飼い主と見知らぬ他人を区別して、飼い主ほど長くまとわりつこうとするだろうか?
iStock-144323138

オオカミにも親しい人間に愛着行動があった!

 今回の実験で、まさにそのような行動が確認された。オオカミの子も、犬の子同様、飼育者に対して愛着行動を見せたのだ。

 ハンセン=ウィート博士は、「オオカミも犬と同じように、見知らぬ人より親しい人を好んでいることが明らかでした」と語る。

 だが、それ以上に興味深いことがあった。

 それは犬の場合、実験室にいても普段と変わりなかったのに、オオカミは環境に影響され、ソワソワと歩き回っていたことだ。

 ところが飼い主が入室すると、それがぴたりとおさまったのだ。これは飼い主がいることで、オオカミのストレスが緩和されたことを示している。

 ハンセン=ウィート博士によれば、オオカミのこうした行動が観察されたのは世界初であるとのこと。これはオオカミが人間と強い絆を結べるという裏付けであるという。
scientists-find-that-w-1_e
飼育者と親しい関係を築いた子オオカミのビョーク / image credit:Christina Hansen Wheat

犬と人間の絆は、すでにオオカミ時代からあった

 こうしたオオカミと犬の類似点からは、犬の愛着行動の起源をうかがうことができる。

 つまり、子オオカミが愛着行動を示したということは、この行動が犬で発達したわけではなく、犬になる前のオオカミの時代にすでにあったということだ。

 ハンセン=ウィート博士によれば、これはオオカミの歴史を物語る上で重要なことであるという。なぜなら、人間に愛着を示すオオカミは、人間からパートナー(家畜)として選ばれやすかったと考えられるからだ。

 数ある動物の中からオオカミが選ばれ、犬として人間と歩み出したのは実は必然だったのかもしれない。

 ハンセン・ウィート博士は、今後もさらにオオカミと犬の共通点と相違点を詳しく探っていく予定であるとのことだ。

References:Scientists find that wolves can show attachment toward humans / written by hiroching / edited by / parumo
あわせて読みたい
研究者もびっくり!狼の子供も犬と同じように「取ってこい」遊びができる(スウェーデン研究)

狼は人間に協力的でフレンドリー。犬はその血を受け継いだ(オーストリア研究)

古代のシベリア犬はオオカミより小型になっていて、人間から魚をもらって食べていた

狼が及ぼす影響はこんなところにも。鹿と車の事故を減らしているという調査報告(アメリカ)

オオカミを導入してから25年。イエローストーン公園の生態系が安定したことを確認(アメリカ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1.

  • 2022年09月23日 20:05
  • ID:CCnyXtuf0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2022年09月23日 20:17
  • ID:9u8wq.Vm0 #

やっぱり犬は今も昔もいっしょに生活して仕事もして、最高のパートナーだよ
しかし、オオカミの子どもかわいいな

3

3. 匿名処理班

  • 2022年09月23日 20:19
  • ID:cksdvZd50 #

人間にも犬科に愛着示す本能あるからおあいこ

4

4. 匿名処理班

  • 2022年09月23日 20:29
  • ID:MydLhKjh0 #

原始人だったころの人類と犬というか狼はいつからか共存するようになってるだろうし
DNAレベルで人間と狼は親和性がある

5

5. 匿名処理班

  • 2022年09月23日 20:35
  • ID:wye1ZUQl0 #

ちゅーされてる大型犬かわいい。

6

6. 匿名処理班

  • 2022年09月23日 21:18
  • ID:.mQng.Us0 #

胡散臭い研究だな
そんなこと言ったら他の動物の子だってそうなんじゃないのか
幼いほど世話する人になつくだろ
世話を受けなきゃ生きていけないんだから哺乳類の子は

7

7. 匿名処理班

  • 2022年09月23日 21:18
  • ID:4nC9Ti2n0 #

かなり古い時代から付かず離れずの共生関係にあったのかな

8

8. 匿名処理班

  • 2022年09月23日 21:24
  • ID:zrdBa4Sb0 #

昔の人はこれに気づいて狼を手懐けたと

9

9. 匿名処理班

  • 2022年09月23日 21:28
  • ID:cDCON3jc0 #

おかしな考察だな

飼い主とペットという主従関係がある特殊な関係なのに、すべての狼に当てはめるのは非常に的外れ

飼い主とペットという主従関係がある特殊な関係ならばトカゲでも同じ愛着行動をする

10

10. 匿名処理班

  • 2022年09月23日 21:49
  • ID:bA0E0dTD0 #

一方で人間は母性本能があるかどうかで論争してるという・・・

11

11. 匿名処理班

  • 2022年09月23日 21:50
  • ID:78qZh9bc0 #

飢えが有るか無いかが一番の判断基準だと思うけどね。

12

12. 匿名処理班

  • 2022年09月23日 22:58
  • ID:eIJLSSX70 #

動物園の狼も飼育員さんが大好きだったりする

13

13. 匿名処理班

  • 2022年09月23日 23:21
  • ID:5zgjmhUa0 #

だからワンワン好きなんやでヽ(*´∀`)

14

14. 匿名処理班

  • 2022年09月23日 23:27
  • ID:n5pDrXr90 #

>>4
オオカミは実は肉食動物の中では比較的弱い存在だったんだよね
大昔に大陸に進出した時には既に他の大型肉食獣(ライオンとか)がいっぱいいて
生き残るには群れを作って集団で狩りをしなければならなかった
人間も力が弱くて集団で狩りをして生きてきた
お互いシンパシーを感じる部分はあるのかも知れない

15

15. 匿名処理班

  • 2022年09月24日 00:57
  • ID:AsG2puVa0 #

「黙れ小僧!」は山犬だっけか?

16

16. 匿名処理班

  • 2022年09月24日 01:05
  • ID:WIFPe8DC0 #

狼に人間の愛着性があるならば、ニホンオオカミは絶滅していない

17

17. 匿名処理班

  • 2022年09月24日 01:36
  • ID:WnTS.0ac0 #

※9
>トカゲでも
(ヾノ・∀・`)ナイナイナイナイ!w
爬虫類の殆どが群れないのと子育てしないせいかあいつら仲間意識や母性がものすごい希薄
社会性も無いから主従関係なんかない
マニアは懐いてくれたと思い込むけど、噛まれたり絞められて事故るw

18

18. 匿名処理班

  • 2022年09月24日 04:14
  • ID:.kmmenyE0 #

オオカミに限らず社会性が高く群れで様々なものを分配負担しあう動物は愛着を示しやすい傾向にあるのではないか。

19

19. 匿名処理班

  • 2022年09月24日 04:18
  • ID:mt1iV9SG0 #

飼われている狼の話かー

20

20. 匿名処理班

  • 2022年09月24日 09:12
  • ID:eHxMLamc0 #

「送り狼」の語源の一説で、帰りが遅くなってあたりが暗くて見えづらい時間帯になると、そこらへんをなわばりとしてる狼が人間を気にして付かず離れず付いてくることがあって、人間が自分の家にちゃんと帰れたの見届けるまで他の獣とか道迷いから守ってくれてるっていう話好き

21

21. 匿名処理班

  • 2022年09月24日 09:14
  • ID:uku6cIWc0 #

※6
まあそうかもしれないけど、犬と猫との共生関係や人が彼らに持つ特別な感情を考えると、何か特別な親和性があったのだと感じます。犬と猫では、人との関係性や従属性に大きな違いはあるけれど、社会や文明の始まりにすら多分大きな影響を与え今に至っている気がしていて、自分は彼らに感謝しています。

22

22. 匿名処理班

  • 2022年09月24日 11:32
  • ID:sTHMVRy70 #

※20
行商人が道すがら見かけるオオカミに毎度商い物の干物をやっていたらある時干物を食わずに袖を咥えて山の方に誘うので悪いこともなかろうと付いていくと草を倒したようなオオカミの寝床でそのまま一緒に一休み。しばらくすると遠くから銃声と大勢の騒ぎ声が聞こえたが静かになってから道に戻ると近隣の村人が集まっていて渡りオオカミ(群れから出て放浪するオオカミ)が2頭やってきたので鉄砲で追い払ったという。さてはあのオオカミは渡りオオカミから自分を守ってくれたのかと義心を感じた話。

23

23. 匿名処理班

  • 2022年09月24日 11:33
  • ID:7tvkb4no0 #

「ダンス・ウイズ・ウルブズ」というわけですね。
狼との交流はありえるのですね。

24

24.

  • 2022年09月24日 12:01
  • ID:bHgbWl5l0 #
25

25. 匿名処理班

  • 2022年09月25日 04:05
  • ID:5kxKyYwZ0 #

>>20
送るふりして帰り道で食べちゃうヤツのことかと思ってた…!

26

26. 匿名処理班

  • 2022年09月25日 08:37
  • ID:josMy94P0 #

これって動物園のほとんどの動物に備わってるから、オオカミに限らず、ある程度知能のある動物全般にいえることじゃないですか?

27

27. 匿名処理班

  • 2022年09月25日 13:59
  • ID:NPCAv2Ru0 #

>>20
あれ実際は隙を見せたら襲ってくるとか聞いたな

28

28. 匿名処理班

  • 2022年09月25日 14:56
  • ID:.qXA9YQ30 #

>>20
縄張りから出て行くのを確認しているという説も聞いたことがある
本当に見守ってくれてるなら素敵だね

29

29. 匿名処理班

  • 2022年09月25日 20:44
  • ID:SPCt9BoB0 #

わんこがかわいいよう

30

30. 匿名処理班

  • 2022年09月25日 21:10
  • ID:D24SeIIi0 #

群れで生きる動物は全て他種族に懐く可能性があるって話でしょ
犬は狼の内、より人間に懐いた個体から繁殖してっただけだろ

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING