エクソシストのモデルとなった人物
 1973年に公開された映画『エクソシスト』の原作・脚本はウィリアム・ピーター・ブラッティ氏が手掛けたものだが、実は、悪魔に憑りつかれた子どもののモデルとなる人物が実在した。

 14歳当時、悪魔祓いを受けたというその男性は、生きている間は正体不明とされていたが、86歳の誕生日を目前に亡くなったことで、誰なのかが明らかとなった。

 それは、ロナルド・エドウィン・ハンケラー氏でNASAのエンジニアとして働いていた。スペースシャトルのパネルに耐熱性をもたせる特殊技術の特許をもち、1969年にアメリカの宇宙飛行士を月へ送り出したアポロ計画に貢献した。
広告

エクソシストのモデルとなった少年

 ロナルド・エドウィン・ハンケラーは、1949年、メリーランド州コテージシティとミズーリ州セントルイスで、10代の若さで悪魔祓いを受けたが、それ以来ずっと彼の身元は秘密にされてきた。

 何十年もの間、ハンケラーのことは、"ローランド・ドゥー"あるいは"ロビー・マンハイム"としてしか知られていなかった。

 彼の身元は、悪魔祓いに関わった神父たちと近しいイエズス会や、1970年代に始まった悪魔憑き現象の研究に携わった一握りの学者や記者の間では、公然の秘密だったが、本人はたくさんの人々に真実を知られるのを怖れながら、ひっそり生きていた。
 ハンケラーの29年来の友人によると、彼はNASAの同僚に、自分が『エクソシスト』のモデルだったことがばれないか、いつもビクビクしていたらしい。彼は40年近くNASAに勤めた後、2001年に退職した。

「ハロウィンには、彼はいつも出かけて留守にしていました。誰かが彼の住まいを突き止めてやって来て、そっとしておいてくれないと考えたからです」知人の女性は証言した。「常にひどく不安にさいなまれた、悲惨な生活をしていました」

 だが数年前、The Skeptical Inquirer誌の記事で、ハンケラーのことが明らかになった。

 この雑誌は、ニューヨーク州北部を拠点とする隔月刊行誌で、超常現象など異常な出来事を科学的に厳密に説明することを目的としている。

 調査員のJD・ソードが、ハンケラーの身元を確認したという記事を書いたのだ。

少年はなぜ、悪魔に憑りつかれたのか?

 『エクソシスト』は、映画の脚本も原案となった1971年の小説も、作者のウィリアム・ピーター・ブラッティが書いたものだ。

 彼は、ジョージタウン大学4年だった1949年頃、悪魔に憑りつかれた14歳の少年の話を初めて聞いた。

 そのときの教授のひとりで、イエズス会の司祭だったユージン・ギャラガーが、ニューヨーク出身のブラッティに、悪魔に憑依されて苦しんでいた少年が、一連の悪魔祓いによって救われたという驚くべき話を聞かせたのだ。

 1935年生まれのハンケラーは、メリーランド州コテージシティの中流家庭で育った。

 14歳のとき、自分の寝室の壁を叩いたりひっかいたりする音が聞こえ、部屋中を物が飛び交ったり、ベッドがひとりでに動いたりする超常現象が始まった。

 ソードは、これらを"古典的なポルターガイスト現象"だと呼んでいる。

 ハンケラーの母親は、一連の奇妙な出来事は、息子にウィジャボードを使って霊と交信する方法を教えたおばの死と関係があるのではないかと考えた。
2
photo by Unsplash
 1949年3月、一家の神父であるルーサー・シュルツが、デューク大学の超心理学研究所に手紙を送り、ハンケラーになにが起こっているのか、詳細を知らせた。

「座っている椅子が勝手に動き出して、彼を振り落とした。彼が寝ていると必ずベッドが揺れた」

 さらに、ひとりでにテーブルがひっくり返ったり、重い家具が勝手に滑って、床が傷ついたとか、壁にかかっていたキリストの絵が、ハンケラーが近くにいると揺れる、などの現象もあったという。

 ハンケラーの母親は、最近亡くなった叔母のティリーとなにか関係があるのではないかと恐れた。

 叔母のティリーは降霊術師で、ハンケラーにウィジャボードを使って霊と交信する方法を教えたという。

 調べると、ハンケラーの父方のおばに、マチルダ・ヘンドリックスという女性がいたことがわかった。ティリーはマチルダの愛称だ。

 ハンケラーは、医療検査や心理テストを受けたが、なにも異常は見つからなかった。家族は宗教家を探し、プロテスタントの牧師に相談した。
3
photo by iStock
家族はルター派の信者で、映画の中で再現しているような段階を踏んで、なんとかしようとしました。

彼らは何人もの医者に診てもらい、病院に通い、ついにはルター派教会で牧師に泣きつきました。

その牧師から悪魔祓いができる聖職者に会うよう勧められたのです
 2012年に、映画監督のウィリアム・フリードキンは語っている。

20回以上の悪魔祓いが行われる

 ウィリアム・ボウダーンはイエズス会の神父で、3ヶ月以上にわたって20回以上の悪魔祓いを行って、ハンケラーを救った。

 ボウダーンは、悪魔祓いの手引きにするつもりだった『イエズス会神父によるケーススタディ』の中で、ワシントンDC郊外に住む「R」とだけしか明かせない少年の悪魔憑きについて述べている。

 ボウダーンは1949年3月10日の日記に書いている。
14人の目撃者が見守る中、ハンケラーはトランス状態に陥り、彼の寝ているマットレスが動き、軍隊が行進するようなリズムで、なにかを引っ掻く音がし始めた。

誰も触れていないのに、留めてあった安全ピンがはずれて、聖マルグリート・マリーの聖遺物が床に投げ出された。「R」は恐怖におののいて立ち上がった
bowdern-william
ハンケラーのもとを訪ねた神父のウィリアム・ボウダーン

 ハンケラーは、偶然にもおばのティリーが住んでいたセントルイスへ行って、治療を受けることになった。

 「どんな力なのか、これらの言葉はすべてセントルイス行きを示していた」ボウダーンは書いている。
ある夜、"ルイス"という言葉が真っ赤なひっかき傷の形で少年の肋骨に現れた。次にいつ出発するかということについては、"土曜日"という言葉が少年の尻に現れた。

滞在期間は、少年の胸に3週間半と出た。母親が厳重に監視していて、少年も手を動かしたりしていないのに、ひとりでに文字が現れたのだ
 1949年3月21日、ハンケラーはセントルイスにあるアレクシアン・ブラザーズ病院に入院したが、ここで激しいひきつけを起こして、抑えようとした神父の鼻を折った。
4
1949年3月21日ににハンケラーが入院した、セントルイスのアレクシアン・ブラザーズ病院

 4月半ばに、大天使ミカエルが炎の剣を持っている幻視を見てから、悪魔から解放されたとハンケラーは主張した。

「最近の宗教史において、これはおそらくもっとも注目すべき体験のひとつだったろう。悪魔に憑りつかれた14歳の少年が、カトリック神父によって解放されたのだから」1949年8月のワシントンポスト紙に、ビル・ブランクリーはこうした記事を書いている。

 イエズス会の神父が悪魔に少年の体から出て行くよう命じたとき、少年が「叫び、罵り、ラテン語のフレーズを口にして、激しいかんしゃくを起した」と記録されていた。

 これを、ジョージタウン大の学生だったブラッティが読んだのだ。

生存中は身元を明かさずに暮らしていた

 ハンケラーが『エクソシスト』の実際のモデルだったことを知っている者は他にもいたが、彼の存命中は身元が明かされることはなかった。

 2021年、ハンケラーはボルチモア北西にあるマリオッツヴィルの自宅で、脳卒中によって、86歳の誕生日を迎える一ヶ月前に亡くなり、荼毘にふされた。

 ブラッティの『エクソシスト』は、アメリカだけで1300万部以上売れ、映画は1974年にアカデミー賞、ゴールデングローブ賞を受賞した。アカデミー作品賞でオスカーにノミネートされた初のホラー映画となった。

 ユニバーサルスタジオは、2023年から、エレン・バースティンが悪魔に憑りつかれた少年の母親役を再び演じる、リメイク三部作を計画していると発表した。
 だが、映画のモデルとなったハンケラーの晩年は寂しいものだった。娘ふたり、息子ひとりの3人の子どもがいたが、長く疎遠になっていて、父親の葬儀には出席しなかったという。

迷信深い母親を騙すための少年のでっち上げだった可能性も●

 エクソシストの裏話に関する著作のある、作家のマーク・オプサスニックは、ハンケラーの周辺で起こった超常現象にいち早く疑問をもち、彼のことを"注目を浴びたいだけの甘やかされた子ども"だっただけだろうと結論づけた。

 2018年には、やはり作家のセルジオ・ルエダが、ハンケラー一家の友人から、家庭内の力関係の話を聞いている。父親はハンケラーを甘やかし、母親は厳格だったという。

 さらに、母親は迷信にとらわれるタイプで、神父は最初、ハンケラーがその思い込みを操って、学校へ行かなくて済む策略を練っていたのではないかと疑ったことを認めたという。

 ハンケラーの友人によれば、彼自身は自分が悪魔憑きの犠牲者だとはまったく思っていなかったし、宗教を避けていたという。

「本人は自分は憑りつかれてなどいない、すべてはでっちあげなのだと言っていました。自分は悪い子だったと」

 だが、まだ説明できていないことがひとつある。

 ハンケラーが亡くなる直前、誰も呼んだ覚えがないのに、ひとりのカトリックの神父がふらりとハンケラーの家を訪れ、最後の儀式を行ったという。

「どうして、神父さまがやってきたのか、まったくわかりません。でもおかげでロン(ハンケラー)は天国へ行けたのです。彼は今、天国で神と一緒にいるに違いありません」

References:Is 'The Exorcist' a true story? What happened to Ronald Hunkeler / written by konohazuku / edited by / parumo
あわせて読みたい
かつて実際に行われていた恐ろしい6の悪魔祓いの実例

映画「エクソシスト」のモデルとなった人物の本名が明らかに。昨年亡くなったNASAのエンジニアだった

本当にあった悪魔祓い(エクソシズム)に関する10の話

悪魔祓いは訓練されたエクソシストじゃないと大変なことに!?その成功例と失敗例

木材売り場で悪魔祓い?ホームセンター内で起きたシュールな事案にネットが動揺

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2022年07月31日 22:17
  • ID:JGnTIZxv0 #

NMDA受容体より脳炎じゃないんか

2

2.

  • 2022年07月31日 22:18
  • ID:JGnTIZxv0 #
3

3. 匿名処理班

  • 2022年07月31日 22:52
  • ID:GLbEXzNC0 #

少年の嘘だとしたらボウダーンの日記やその他関係者の発言などはどう解釈されるのかな?

4

4. 匿名処理班

  • 2022年07月31日 22:52
  • ID:PJ9dmpjB0 #

NASAで神の領域である宇宙を侵犯するための耐熱パネルを作ってたってそれもう悪魔は取り払われてなかったってことじゃん

5

5. 匿名処理班

  • 2022年07月31日 22:54
  • ID:6CQDDF.V0 #

夫婦でスペースシャトルに乗るのも禁止するぐらい精神面も厳選されるなさNASA勤めだもんな。オカルトの当事者なんてことになったら立場がやばかったんやろうな・・・
ストレス半端なさそう

6

6. 匿名処理班

  • 2022年07月31日 23:01
  • ID:8wGjiezB0 #

医療にアクセスできないまま精神疾患に苦しんだとかいうオチじゃなくて良かった…

7

7. 匿名処理班

  • 2022年08月01日 00:44
  • ID:x6d.0PRH0 #

スペースシャトルの耐熱パネルってテフロン加工だと昔聞いたけど、そのテフロン加工を発明した人って事なのかな?
だとしたらテフロン加工フライパンはスペースシャトルからの技術で出来たらしいから、これで益々エクソシストと身近になれたね

8

8. 匿名処理班

  • 2022年08月01日 00:46
  • ID:7ugEErx80 #

音や勝手に物が動くのは低周波音による影響じゃないか。あと引っかき音はネズミやゴキブリ。

9

9. 匿名処理班

  • 2022年08月01日 00:50
  • ID:0Hcl4bwy0 #

本人の暴走は病気や詐病で説明つくとして
ポルターガイストはどう説明つけるんだろ
手品的な仕込みだとしたら14歳には難しそう
親など大人の仕込みか
家そのものに何か問題あったか

10

10. 匿名処理班

  • 2022年08月01日 00:52
  • ID:W3GjahUZ0 #

本当に知りたいのは、最後にフラッと現れた神父の詳細。

11

11. 匿名処理班

  • 2022年08月01日 01:59
  • ID:Xy643M1z0 #

まさかこんな科学的で優秀な人だとは
母が迷信深かったからその反発もあるのかな?ロマンといっていいのか分からんけど数奇な人生だ…

12

12. 匿名処理班

  • 2022年08月01日 02:50
  • ID:lWNx19PP0 #

※9
どっちかというと、その手の仕込み工作に本気で凝るのって
いい年した大人よりも
10代の少年の方が創意工夫に熱を入れそうなイメージある。

ましてや、後年NASAで特許取るような技師になった人だろ?

単純なテグスとかで引っぱる仕掛けとかだったとしても、
騙す相手が親や宗教家なら、それこそ手品的な心理演出
(自分の演技で、トリック部位から気を逸らす等)も含めて
コロッといけなくもない気が。

コティングリーの妖精写真とか
足の関節を鳴らす特技があった降霊術のフォックス姉妹とか、
年端の行かない子供のトリックに
大勢の大人達がアッサリ引っ掛かった例も結構あるし。

13

13. 匿名処理班

  • 2022年08月01日 05:49
  • ID:Nkb1WmQd0 #

タイトルがエクソシストで冒頭からNASA…90年代なお楽しみ要素で最高郷愁です

14

14. 匿名処理班

  • 2022年08月01日 07:17
  • ID:FurQztOU0 #

なぜキリスト教の悪魔祓いでなければ行けなかったのか、他の宗教の悪魔祓いではどうだったのだろう

15

15. 匿名処理班

  • 2022年08月01日 07:20
  • ID:zCMBYubJ0 #

>>10
単に教区の神父が尋ねて来ただけでは。
この人老人の独り暮らしで教会を避けてたんだろ。
訪ねて来た日に死んだとかではなく、訪ねて来てから随意の日数経過後の死なんだし、こじつけにしか思えん

16

16. 匿名処理班

  • 2022年08月01日 08:53
  • ID:07rpbmOt0 #

初めて聞いて
クサいと思った子どもの頃。
「へくそシスト」

17

17. 匿名処理班

  • 2022年08月01日 12:20
  • ID:J2ZrW4Mq0 #

ルター派牧師から悪魔懸かりはアレなんでイエズス会へって、さらっと書いてるけど結構とんでもなくね?

18

18. 匿名処理班

  • 2022年08月01日 12:49
  • ID:j6VAcABf0 #

※7
テフロンはアポロ計画の方。
特許は計画以前で1941年。

ハンケラー氏は、この記事の言う耐熱パネル(耐熱セラミックタイル)の開発に携わった人。
Porous Ceramic Cures at Moderate Temperatures, Is Good Heat Insulator で検索すると論文が出てくる

19

19. 匿名処理班

  • 2022年08月01日 14:10
  • ID:ubs3v0WA0 #

※9
布教で各家家を回ってたのでしょう
偶然です

20

20. 匿名処理班

  • 2022年08月01日 15:05
  • ID:uAml3CRm0 #

旧宗教は執念深いからなぁ
ずっと根回しされてたんだろう

21

21. 匿名処理班

  • 2022年08月01日 20:00
  • ID:O9wixazK0 #

エウソシスト

22

22. 匿名処理班

  • 2022年08月02日 06:08
  • ID:pzpaYZjl0 #

※12
日常で、いきなりなんの前振りもなく見せられる手品って、
ものすごい素朴なタネでも引っかかったりするしね。

親が本気で依頼しているし、子供が馬鹿してるなんて夢にも思わない状況なら、
仕掛けを見破るのは難しいと思うw

23

23. 匿名処理班

  • 2022年08月02日 08:05
  • ID:cHmcn56Q0 #

>>1
私も、見た人によればこれをやらかしたらしいんだ。
3日徹夜して、ようやく取れた仮眠。
私は2段ベッドの上段に寝てて、数時間後、自分の悲鳴で目を覚ました。
すると、下段に寝てたはずの人間がものすごい形相で私を睨み、ベッドについてた黒くて長いゴムでこちらのベッドをバシバシ叩いてたんだ。

なぜそんなに怒ってるのか聞いたら、非常にうるさかった、と。

いきなりガタガタガタガタって音がしたと思ったら、笑い出してブリッジで後退したりドッタンバッタン浮いたり沈んだり、泣いたり叫んだり…エクソシストのあれそのものだったと。

寝不足と疲労が続き、霊的な現象を招いたのかな。

この話、東北の田舎の観光地でも聞いたんだ。
ある晩、宿泊客の女性が突如叫び出し、男の声で呪いの言葉を発し…

翌朝、記憶がないのは私も彼女も一緒だったそう。

24

24. 匿名処理班

  • 2022年08月02日 22:51
  • ID:MIAn8Cif0 #

アマゾンプライムで見たけど結構近年のアメリカで悪魔憑きでエクソシズムしたのがあるよね
州の職員とか複数の人間の前で子供が壁を四つん這いで駆け回ったって州の公式記録にあるやつ
全員存命だしなんならインタビュー出てた
そういうオカルトマニアじゃなくて流し見してただけだから名前とかなーんも覚えてないけど
あれも説明ついてなかったよ。
そもそも州職員その他は妄想の毛がある母親のでっち上げだろうが子供が怪我したら大変だし学校にも行かせてないからと児童相談所と一緒に来てて目撃したって話だったはず。
恐ろしいから絶対関わりたくない。

ついでに「その土地で信じられている宗教の形式に則って悪魔祓いをするのが最も有効です」って子供の頃TVで見たキリスト教のエクソシストが言ってたよ。
つまり日本の狐憑きとかそういうのは京極堂連れてこいってことだな。

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING