ダークなおとぎ話
 子供の頃お気に入りだったおとぎ話を覚えているだろうか?『シンデレラ』や『白雪姫』、『ジャックと豆の木』、日本だと『桃太郎』などはとてもポピュラーだ。なんかが思い浮かぶだろう。

 だが世界にはたくさんのおとぎ話や民話が存在し、子供が読むには不気味な展開のものも多く存在する。ここではあまり知られていないちょっとダークなおとぎ話をいくつか見ていこう。
広告

1. もじゃもじゃ頭(ノルウェーの民話)

 ノルウェーの民話作家、ペテル・クリスティン・アスビョルンセンの作品だ。

 子のない王と王妃は、どうしても子どもが欲しくて、ひとりの少女を養女とした。だがその少女は大きくなるにつれ、貧しい物乞いの女の子と遊ぶようになった。

 王室にはふさわしくないとして、王夫妻は養女にその物乞いと遊ぶことを禁じた。ところが、物乞いの女の子の母親は、実子ができる方法を知っているとして、王妃にアドバイスした。

 手桶で体を洗いそのお湯をベッドに下に捨てる。眠っている間にふたつの花が咲くので、この上なく美しいほうを食べ、もうひとつの黒くて醜いほうの花はそのまま枯れるにまかせるようにと言われた。

 王妃は言われたとおりにしたが、食い意地が張っていたので、両方共食べてしまった。

 9ヶ月後、王妃は美しい娘を産んだ。だが、そのすぐ後にもうひとり娘が生まれてきた。

 その娘は髪はぼさぼさ、やかましくがさつで、言うことを聞かず、どこへ行くにもヤギに乗って、木のスプーンを持っていた。ふたりの姉妹はまるで対照的だったが、とても仲がよかった。

 醜い娘は"もじゃもじゃ頭"として知られるようになり、汚いその頭にボロ布の頭巾をかぶり、ボロをまとっていた。

 ある夜、邪悪な魔女たちが城にやって来たため、醜い娘は若輩ながらも撃退した。ところが、そのさ中、魔女たちは美しい姉に罠にかけ、姉の頭を仔牛の頭に変えてしまった。

 妹は、魔女たちを追いかけ、姉の頭を取り返すことに成功した。城に戻る途中、姉と妹はやもめの王と王子が治める王国を通過した。

 王はすぐに美しい姉にぞっこんになり、結婚したいと望んだが、姉は妹が王子と結婚しない限り、ダメだと拒んだ。

 ついに、王子は妹との結婚を承諾し、結婚式の日取りが決まった。結婚式の日、美しい姉は最高級のシルクと宝石を身にまとった。

 だが、もじゃもじゃ頭の妹は、いつものように古いボロ布をまとい、ヤギに乗って式に出ると言い張った。

 式に向かう途中、妹には王子にとって外見は問題ではないことがわかった。ヤギは美しい駿馬になり、木のスプーンは輝く杖になり、古びた頭巾は黄金の王冠になった。

 妹は姉よりも美しい娘になった。王子は、もじゃもじゃ頭の妹が、外見の美しさではなく、本当に彼女自身を愛してくれる誰かを待っていたのだと気がついた。
1
photo by Pixabay

2. 忠臣ヨハネス(グリム童話)

 王はある美しい王女の肖像画を見るなり、彼女を花嫁にしたいと思うようになった。忠実な家臣ヨハネスに手伝わせて、その王女を拉致して望みを遂げようと決めた。

 王とヨハネスは海を渡って旅をし、黄金の王国に向かって計画を実行しようとした。王女は、当然のことながら怖がったが、誘拐犯が一国の王だと知って、不本意ながら従い、彼との結婚を承諾した。

 しかし、国へ戻る途中、ヨハネスは、3羽のワタリガラスの予言を聞いた。陸に上がったとたん、王にわざわいが起こり、栗毛の馬、黄金のシャツ、新妻の死を警告されたのだ。

 ヨハネスは恐怖にかられ、その対策に耳を傾けた。王を悲運から救うには、馬を撃ち殺し、シャツを燃やし、王女の血を3滴とるしか方法がないという。

 だが、これには但し書きがあった。このことは誰にも言ってはならない。さもないとヨハネス自身が石になってしまうという。

 陸にあがると、王は栗毛の馬にまたがったが、ヨハネスはなにも言わずにこの馬の頭を撃ち抜いた。

 当惑した王が城に到着すると、王が黄金のシャツを身に着ける前に、ヨハネスは燃やしてしまった。

 婚礼の間、新妻の王女は突然倒れて死んでしまったが、ヨハネスはその胸から急いで3滴の血を取り、王女の命を救った。

 だが、王は臣下の無礼な態度と、花嫁の体に触れたことに激怒した。

 ヨハネスは、自分の一連の行動はワタリガラスの警告のせいだと事情を話したが、話しているそばから石になっていった。王は忠実な家臣の死を大いに嘆き悲しんだ。

 数年後、王と王妃の間にふたりの子どもができた。宮殿に建てられているヨハネスの像が、王の子どもたちの血を犠牲にすれば、自分は生き返ることができると王に告げた。

 この数年、罪の意識にさいなまれていた王は、これを承諾して、子供たちの首をはねた。

 言った通りヨハネスは生き返り、王に感謝した。そして、子どもたちの首をその体につけ直すと、たちまち子どもたちは生き返り、宮殿は喜びにあふれたという。
2
photo by Pixabay

3. 影法師(アンデルセンの童話)

 アンデルセンは間違いなく、ダークなおとぎ話の名手だが、これはその中でも、もっとも不穏な作品のひとつだろう。

 寒い国の出身のある学者が太陽に憧れ、常夏の地へやってきた。だが、まもなく、あまりにも暑すぎて、人々は日中はずっと家の中にこもっていることがわかった。

 夜間は涼しくなり、人々はバルコニーに出たり、外へ出かけて交流する。学者は高層のアパートが立ち並ぶ狭い通りに住んでいて、住民が密集しているため、隣人の顔はすぐにわかった。

 だが、すぐ向かいのアパートに住んでいる住民には会ったことがなかった。

 バルコニーには鉢植えがいっぱいあったので、誰かが住んでいることは確かだった。ある夜、ライトを背に学者がバルコニーで涼んでいると、向かいの部屋に自分の影が映った。

 「あのアパートには、自分の影が住んでいるだけだ」と学者は考えた。

 しかし、翌日の夜、やはり学者がバルコニーでリラックスしていると、影が見えないことに気づいた。こんなことがあるだろうか? 影を持たない人間などいるのだろうか?

 昼の間に外に出ても、自分の影を見ることはできなかった。何年もむせ返るような暑さの中で暮らし、学者は寒い国に戻った。

 ある夜、訪問者があった。その男は、いかにも上流階級の紳士で、高価な服に身を包み、金の鎖をつけていた。学者はこの男が誰だかまったくわからなかった。

「あなたは自分の古い影がわからないのですか?」その訪問者は言った。

 その影は、どういうわけか主人から自由になり、冒険に満ちた特権的な人生を送ってきたが、寒い国に帰ることにしたのだというのだ。

 しかし、影の羽振りが良くなるほど、その主人は落ちぶれた。影法師が富み栄えるほど、学者は以前の自分の影になっていった。

 影は、一緒に旅をしてあらゆる病を治すという特別な温泉へ行こうと主人を説得した。

 この特殊な温泉には、さまざまな人々が集まってきていて、その中に目の悪い王女がいた。王女はたちまち、謎めいた影帽子に惹かれ、ふたりはすぐに結婚の約束をした。

 元の主人のほうがまるで影のようにふるまい、それでも以前の自分の影のそばで、王室生活を楽しんだ。

 だが、影帽子は王族になると、かつての主人に要求した。影と呼ばれるようになり、自分の足元に横たわって、かつては人間であったことを否定することだった。

 学者にとって、これはあんまりだったが、影帽子は当局に通報し、主人に自分は狂人だと言わせて
しまった。

 「あの哀れな男は、自分が人間だと思っているのです。頭がどうかしているのです」主人は投獄され、死ぬまでそこで過ごすはめになったという。
4
photo by Pixabay

4. ノミ(イタリアのおとぎ話)

 イタリアの詩人、ジャンバティスタ・バジーレの作品だ。これはただのダークなおとぎ話というよりも、相当奇妙な話だ。

 ある王が、娘にはもっともふさわしい結婚相手をと望んでいた。そしてノミを捕まえ、自分の血を与えて巨大にした。ノミがヒツジくらいの大きさになると、それを殺し、毛皮をとって、未来の婿探しの準備をした。

「これが、なんの動物の毛皮かわかった者には、王女との結婚を許そう」

 もちろん、誰もまさかこの毛皮がノミのものだとは考えもつかなかった。あまりにも巨大すぎたのだ。予想どおり、何人かの求婚者が現れたが、誰も正しく答えられた者はいなかった。

 ところが、意地の悪い、臭くて畸形の老いた人食い鬼が現れ、それはノミの毛皮だと言い当てた。王は驚いたが、今更、宣言を取り消すわけにもいかず、王女は鬼と共に送り出され、人骨でできた汚い家にたどり着いた。

 結婚を祝うため、鬼は特別なディナーを用意した。王女が大釜の中をのぞくと、人肉を仕込んだシチューが煮えたぎっていた。王女はあまりの嫌悪と恐ろしさに、人肉を食べるのを拒んだ。

 鬼は、王女を気の毒に思い、野生のイノシシを捕まえに行った。だが、人肉の食事にも慣れなくてはならないと王女に言った。

 王女はひとり泣き暮らしたが、知略に長けた老婆が偶然にその泣き声を聞きつけた。

 王女の悲痛な話を聞き、王女を助けるため、息子たちを呼び出した。老婆の息子たちは、人食い鬼をやっつけて、王女を自由にし、父王の待つ城へ戻してやった。
45
photo by Pixabay
5. ふしぎな樺の木(イギリスの民話)
 イギリスの小説家、アンドルー・ラングの作品だ。

 羊飼いの夫婦が娘と共に森の中で暮らしていた。ある日、飼っていた黒いヒツジが一頭、逃げてしまったことに気がついた。

 母親が探しにいったが、森の奥深くに住む魔女に出くわしてしまった。

 魔女は母親に魔法をかけて、黒いヒツジに変えてしまい、自分はその母親に化けて、家に戻った。魔女は夫に、黒いヒツジを殺してしまえば、二度と逃げ出さないと言い含めた。

 だが、娘は森の中で奇妙な口論があったことに気づいていて、羊に走り寄った。「ああ、愛するお母さん、このままじゃ、彼らに殺されてしまう」

 すると、黒い羊が答えた。

「それなら、私が殺されたら、おまえは私の肉も煮汁も食べずに、骨を集めて、野のはずれに埋めておくれ」

 その夜、夫はヒツジを殺し、魔女はそれでスープを作った。ふたりはこれを喜んで食べたが、娘は母親の言いつけどおり、食べずに骨を集め、野のはずれに丁寧に葬った。

 しばらくすると、娘が骨を埋めたその場所に美しい樺の木が育った。

 年月がたつと、魔女と夫の間に女の赤ん坊ができた。この娘は醜くかったが、甘やかされて育った。だが、上の娘は奴隷のように働かされた。

 ある日、王が3日間の祭りを催し、すべての国民を招待すると宣言した。父親は、下の娘に宮殿に行く準備をさせたが、魔女は、上の娘にはできっこないような仕事を次々と与えた。

 そんな仕事はできないと悟った娘は、樺の木のところに走り、さめざめと泣いた。

 母親はその話を聞いて、木から一本の枝を折り、それを杖にして呪文をかけた。すると娘は課せられた仕事をたちまちできるようになった。

 次に娘が樺の木を訪ねると、見事なドレスを身に着けた美しい乙女に変身していた。金銀に輝くたてがみをもつ魔法の馬も現れた。

 その馬に乗って、娘が宮殿へかけつけると、王子は彼女を見るなり、たちまち恋に落ちた。

 ところが、娘は残った仕事を片付けに家に急いで帰らなくてはならず、そのときにいくつかの持ち物を宮殿に忘れてしまった。

 王子は次のような宣言を出した。

「この指輪をはめることができる指をもつ乙女、この黄金の髪飾りを被ることのできる乙女、この靴がぴったり合う足をもつ乙女は、わたしの花嫁になる」

 魔女は魔法を使って、自分の娘の指、頭、足をそれらに合うようなサイズにしてしまった。王子に選択の余地はなく、魔女の娘と結婚しなければならなくなった。

 その頃、上の娘は宮殿の厨房で下働きをしていたが、王子がひとりになったときに、ささやいた。

「ああ、親愛なる王子さま、私の銀と金を奪わないでください」

 それを聞いて王子は美しい娘に気づき、ふたりは魔女の娘を川に投げ込んで、その体を橋代わりにして、魔女の魔の手から逃れた。
sea-2584674_640
photo by Pixabay

6. 赤い靴(アンデルセン童話)

 物乞いをしていた少女カーレンは、幸いなことに金持ちに引き取られ、まるで本当の娘のように甘やかされて育った。

 その結果、カーレンはわがままで自己中心的、見栄っ張りな女性になってしまった。

 育ての母は、カーレンに高級シルクと柔らかい革でできた赤い靴を買ってやった。カーレンはこの靴をいたく気に入り、日曜の教会での礼拝にも履いていった。

 だが、教会では神を敬い、黒い靴しか履いてはいけなかったため、怒られた。

 だが、カーレンはお構いなしで、次の週にも教会に赤い靴を履いていった。この日は、長い赤髭を生やした妙な老人が近づいてきた。

「踊るのにふさわしい美しい靴だね。いくら踊っても、決して脱げないようにしてあげよう」そう言うと、老人は赤い靴を片方づつ軽く叩いて、姿を消した。

 礼拝が終わると、カーレンは教会の外で、踊り出した。まるで、靴に意思があるかのようだった。このときは、なんとか靴をコントロールできた。

 育ての親が死んだときも、カーレンは葬儀に出られなかった。ダンスのクラスに出席していたのだが、今度は自分の意志では踊るのを止めることができなかったのだ。

 カーレンは疲れ果て、必死で踊るのをやめようとしたが、ダメだった。天使が現れ、死ぬまで踊ることになるよう、呪いをかけられているのだと言った。

 これは、カーレンの見栄っ張りな性格の罰だと言う。

 カーレンは、どうしても踊るのをやめることができない。着ている服は汚れてボロボロ、顔も手も洗うこともできない。それでも赤い靴は勝手に踊り続ける。ついに、カレンは両足を切り落としてくれと頼んだ。

 カーレンの両足は切り落とされたが、赤い靴を履いた足だけは相変わらず踊り続けていた。カーレンは木の義足が与えられたので歩けるようになり、もう踊らなくて済んだ。

 カーレンは深く後悔し、教会に来る人々にこれまでの行いを悔い改めた自分を見てもらおうとした。だが、完全に切断されたはずの赤い靴を履いた足が、カーレンが教会に入るのを阻んだ。

 カーレンは次の日曜日ももう一度、挑戦したが、いつも赤い靴に邪魔された。悲しみと後悔の念にくれたカーレンは、おn家にこもって必死に神に祈り、慈悲を乞うた。

 再び天使が現れ、カーレンを許した。自分の部屋が教会に変わり、そこにはかつて彼女を叱責した人たちがいっぱいいた。カーレンはあまりの幸せにその場で死に、その魂は天に受け入れられた。
5
photo by Pixabay
 おとぎ話や民話は、長い年月を経て伝えられている間、少しずつ内容が変わったり、別の国の言葉に翻訳する際に変わってくるものもある。

 上記の6つのおとぎ話は、海外で伝えられていた内容に基づいたものなのだが、日本に既に伝わっている物と、解釈や表現、ディテールが異なっている場合もあることを、あらかじめご了承願いたい。

References:6 Dark Fairy Tales You Never Heard About   - Learning Mind / written by konohazuku / edited by / parumo
あわせて読みたい
大人ビジョンで見る10の有名なおとぎ話のダークな側面

ハッピーエンドでは終わらない。悲惨な原話がある有名な6つの童話のホラーな展開

本当はすごく怖かった。ディズニーアニメの原作となった3つの童話のオリジナルストーリーの不幸な結末

トラウマにしかならない。恐怖で子どもに躾をうながす、ドイツの絵本『もじゃもじゃペーター』の内容が不気味すぎて怖い

本当に怖い。世界10か国の子守唄の不気味な歌詞

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2022年07月25日 20:24
  • ID:OveHpU.s0 #

通夜にするのは夜伽ばなし な〜んちゃて(;^_^A

2

2. 匿名処理班

  • 2022年07月25日 20:41
  • ID:zD343neb0 #

おとぎ話は何かしら実在した話を基に作った可能性高いので
似たような話があったのだろうな
気になりもじゃもじゃ頭を(ニックネームもじゃ)調べたら
今回と若干違うようで、元のほうがダーク過ぎ
王も王子もおまけ扱いであり、魔女も原作だと吹っ飛んでおり
だからこそもじゃのパワフルな性格が生きて来る
俺なら例え元の姿でももじゃを嫁にするぜ

3

3. 匿名処理班

  • 2022年07月25日 20:46
  • ID:S0OT.UeN0 #

童話は教訓話だから理不尽で不条理なのが多いのは判るけれど……
1の話の養女はどうなったのかが気になる。必要だった?(物乞いは別に直接エンカウントすればよかったんだし)

4

4. 匿名処理班

  • 2022年07月25日 21:10
  • ID:2Nm6Fr4y0 #

初めて読むお話ばかりだった

グリム童話のネズの木は中学の時に国語の先生に教えてもらって本をお借りして読んだなー

5

5. 匿名処理班

  • 2022年07月25日 21:25
  • ID:XPQI6f.K0 #

赤い靴は絵本を持ってた
大好きな話で何度も読んだけど確かに内容が少し違ってて新しい気持ちで読めたよ
面白かった

6

6. 匿名処理班

  • 2022年07月25日 21:33
  • ID:cQLYaJFr0 #

不思議な樺の木は明らかにシンデレラの類話。骨を埋めると木が生える云々は花さか爺っぽくもあるが多分にキリスト教以前の豊穣神への供儀の記憶を反映している。命を屠り恵みを与える地母神の二面性は実母と魔女の二人に分けて表されている。ユング系の昔話解説だとそんな感じ。

7

7. 匿名処理班

  • 2022年07月25日 22:01
  • ID:BB1ZptWS0 #

『かえるの王さま』のカエルとはご立派なイチモツで
それを子供に読ませて潜在意識に残すのは
大事なことよ!
ホ〜ラ カエルの王子様だよ

8

8. 匿名処理班

  • 2022年07月25日 22:56
  • ID:zkfQQ9fw0 #

>>5
すごく良い感じに古くさい漫画絵のやつが祖父母の家にあって読んだことあったけど
今ググっても似たような本がたくさんあるのね…たぶんポプラ社だけど、どの世界名作絵本だったのかな。
スパッと足を切り落とす描写にびっくりしたわ
たしかその本は義足になって教会で働いて許されましたエンドだったかな

9

9. 匿名処理班

  • 2022年07月25日 23:00
  • ID:8PIQmjXm0 #

坂口安吾の「文学のふるさと」で知ったアモラルという概念、昔話の中にある奇妙さは意味や価値以上に人の心を打つことがある

10

10. 匿名処理班

  • 2022年07月25日 23:48
  • ID:TMBIMpou0 #

※3
3〜4行の要約だけ見るから、登場人物がコロコロ入れ替わって
「コイツ要る?」って感想になるのかも知れないけど、
自分が見たバージョンでは、

子宝に恵まれず嘆く王妃 → 領地の視察へ行く都度
悪さする子供を叱り飛ばす母親を見てさえ羨む
→ とうとう養女をとって、実の子のように愛し、叱って育てる
→ そんな子が、よりによって庭に出入りする物乞い娘と友達に
→ 王妃は、物乞い娘を追い払おうとする
→「ふん!私のママの力を知ったら、そんなこと言えないわよ」
→ 王妃、訝しんで物乞いの母親を問い質すが、物乞いは言い渋る
→ 何とか聞き出そうと、物乞いの母親に上等な酒を与えて酔わす
→ 酔いつぶれた母親、「実子を授ける方法を知っている」とゲロる

みたいに、姉妹が生まれるまでの前章でも
物語はけっこう紆余曲折を経ていた。
現実的なごく普通の展開から、徐々に不思議な話へと進んでいく。

11

11. 匿名処理班

  • 2022年07月25日 23:52
  • ID:fAX6face0 #

確かシンデレラの元の話は庭にあるお母さんの墓だかなんかに生えてる木に話しかけてたらドレスやらなんやらが出てきた、って話じゃなかったっけ?魔法使いはいなかったんだよね。

12

12. 匿名処理班

  • 2022年07月26日 01:22
  • ID:dO.iK.fu0 #

骨を埋めると木が生える系の話と合うかは知らないけど、実際肥沃な死骸の上でよく育つ木があるんだよ。
一方で万能薬として使われている面もあるからそういうところから来た可能性もある。

13

13. 匿名処理班

  • 2022年07月26日 02:13
  • ID:ZmKaoJOy0 #

4のノミのお話は、「五日物語」と言う映画の中の1話になってました。ダークなお伽噺を集めたものですが、映像が素晴らしいです。アンデルセンは、「ある母親の物語」のほうが、陰鬱で悲しいと思う。ウィキペディアであらすじ読めます。

14

14. 匿名処理班

  • 2022年07月26日 06:26
  • ID:AzN0HjVE0 #

子どもの頃めちゃくちゃポップでかわいいイラストで描かれた表紙の、世界中のおとぎ話がいっぱいのってる図鑑サイズもめちゃくちゃ大きくて分厚い本を親が買ってくれた。中身の話が全然マイルドじゃない原書だったꉂ笑。本当は怖い御伽話…レベルじゃない。子どもの頃から本当の話を知れてよかったのかどうなのか😅だから幼稚園や学校で知って話が逆に初めて知る内容だったり面白かった経験。お話も短編から長編、色々な国のお話が豊富で大のお気に入りだった。親もあの本の中身が原書だったって未だに知らないだろうな。

15

15. 匿名処理班

  • 2022年07月26日 07:52
  • ID:R6GYz3TF0 #

>>11
元の話というより、それはグリム童話の灰かぶりだね
魔法使いが出てくるのはペロー童話。これは著者が話を採取したところの違い。灰かぶりの方がより古い形を残してるとは言われてる
シンデレラは、洋の東西を問わず類話がものすごく多いから、どこが元とか探るのは不可能に近いのよ
日本にももちろんあるし、その中には男性版シンデレラだってあるからねえ…

16

16. アユラ

  • 2022年07月26日 10:20
  • ID:rYvU1qfu0 #

>>8
私が読んだ話だと、カーレンは貧乏な家の娘で
赤い靴は、木靴だと歩きにくいから祖母?だか
親戚が作った物で、それを葬儀で使った理由は
他にまともな靴が無くて、仕方なく履いただけ💧
ヒロインのキャラ設定が、全然違うんですよね。

17

17. 匿名処理班

  • 2022年07月26日 11:25
  • ID:B978FqsF0 #

神話やおとぎ話って共通してる事がある

最初期に作られた話ほど理不尽な結末が多い事

後期に作られた話ほど幸運な結末が多い

最初期の話はオリジナルがあるのかもね

18

18. 匿名処理班

  • 2022年07月26日 13:59
  • ID:5iCl9oS.0 #

ねぇ、どうして
おじいさんとおばあさんが桃を食べて若返ったら
桃太郎が生まれたの❓

19

19. 匿名処理班

  • 2022年07月26日 16:28
  • ID:iUTpTlNg0 #

4のノミの話は岩波文庫の千夜一夜(マルドリュス版)でも見た覚えがあるので、イタリアの船乗り経由で広まった話なのかも?

※2じゃないが、自分ももじゃもじゃさんの方が良いなぁ。王族ってアイコン的意味合いも強いから、顔面偏差値が重視されるのも分かるんだけどね。

20

20. じょん・すみす

  • 2022年07月26日 17:24
  • ID:jTTG3KNh0 #

王子の妃を決めるのに床屋の鏡を見る、
とか
王子が町娘にプロポーズする際に手に職をつけるのが条件だったので、王子は
出入りの絨毯職人に仕事を教えてもらって云々、なんてお伽噺を
見た記憶があるな。
全部を書くには場所が狭すぎるからやらないけどね。

21

21. 匿名処理班

  • 2022年07月26日 19:42
  • ID:MyPD6.Md0 #

※18
ハッキリ書かないと理解できないかな?
放送禁止用語がゴロゴロ出るけど

22

22. 匿名処理班

  • 2022年07月26日 21:49
  • ID:y7MV1Azz0 #

※5 ※16
貧乏な実母が死んだときは、唯一持っていた靴が赤色で
本当に葬式用の黒靴とか無かった
→ 葬列を見た町の人にヒソヒソされる
→ 金持ちの奥様の目に留まり、わけを話すと同情され
引き取られて養女に → はっちゃけて遊び好きの娘に育つ
→ 教会の礼拝用に黒い靴を買うようお金を渡されたけど
奥様が年で目が悪いのをいいことに、嘘ついて赤いダンス靴を買う
→ 教会に履いて行くと、門前で物乞いの傷痍軍人に見咎められる
→ 無視する → そのうち奥様が病床に就いて危篤に
→ でも舞踏会に行きたくて赤靴で屋敷を抜け出す
→ また例の赤髭の退役軍人に出くわし「悪い子だ。踊れ、赤い靴!」
→ 疲弊しても踊りが止まらない → 奥様の葬列を見かけ後悔
→ 茨で傷付きながら森の奥に行き着き、
そこに住んでいた首斬り役人に 足首ごと斬り落としてもらう
→ 贖罪のため義足で教会で働く → 許され、天に昇る

みたいな流れだった気がする。
教会の前で赤い靴を見咎めるのが松葉杖の「傷痍軍人」だとか(まともに働けない体なので、礼拝前の人々の靴を磨いて施しを乞うような人々がわりとあちこちに居た。だから赤い靴に目が留まって言及した)、軽薄な罪の心の象徴である赤い靴を斬り離したのが「処刑人」だとか、物語的にちゃんと意味はあるのに、子供向けの絵本だとポリコレ的に(?)そこらへんボカしてあることが多い。

23

23. 匿名処理班

  • 2022年07月27日 13:32
  • ID:AKhiOJ.H0 #

以前アンデルセン童話についての勉強会で聞いた話を。

本来アンデルセン童話は小学校高学年以上が対象ですが、日本では幼児向けの本も出版されており、内容もかなり異なっています。
日本では「赤い鳥」以降アンデルセン童話が人気となり、幼児向けとなれば当然内容も変更しないといけなくなる。なので日本では内容にばらつきがあるのも確かです。
デンマークでのアンデルセン童話は原作に忠実にすることが事務づけられており、文章を変えることは認められていません。

本来「裸の王様」は王様が家臣の忠実度を試した話であり、ラストは王様が裸で堂々と歩いていきました、という文章です。
日本ではなぜか王様が騙されて勘違いしてしまったというラストにとらえられてます。

昔は鈴木三重吉氏が「裸の王様」を「裸の大名」などと翻訳してましたが、内容もかなり異なったということです。

大人になってから文庫でアンデルセン童話を読み返すと面白かった。

日本ではアンデルセンは童話のイメージが強いけれど、旅行記なども出しているのでそちらも興味深い。

24

24. 匿名処理班

  • 2022年07月29日 09:03
  • ID:j.tYsMHU0 #

5のふしぎな樺の木は、魔女が出てこないバージョンのシンデレラに似てるね。
そこに、マザーグーズのねずの木がトッピングされた感。
骨を埋めるとそこから死者に縁のある木が生えるとか、墓場の木が死者との接点になって助けになるとか、ヨーロッパの昔話ではよくある説話類型ということなんでしょうかね?

25

25. 匿名処理班

  • 2022年07月29日 14:10
  • ID:M64jt8CI0 #

美女は結構多いのに、美男があまりいない不思議。
しかも大抵美女は内面も清らかで健気で人間味がない。
古代版萌えノベルだよね。

26

26. 匿名処理班

  • 2022年07月29日 23:30
  • ID:nH0E.OPW0 #

5の話に似た絵本を持ってる。
プンク・マインチャというネパールの民謡。
継母に虐げられていた女の子は言葉を話す双頭のヤギと友達。
それをよく思わない継母は山羊を殺してスープにしてしまう。
その話を聞いていたヤギは死ぬ前に「スープは口にしないで骨を埋めてくれ」と頼む。
その通りにすると美味しい饅頭のなる木が生える。
そこから先は日本でも良くある優しいお爺さんとがめついお爺さんの話みたいな展開。

27

27. 匿名処理班

  • 2022年07月30日 00:07
  • ID:g860T4EG0 #

※25
キリスト教圏以外なら、
少女と見紛うような美少年とか
色気の塊みたいな美青年とか、そこそこある気もする。

アラブ方面って、イスラム教は同性愛に否定的かと思いきや
千夜一夜とかその他の中世文学で
ギリシャ神話並みに美少年の描写が艶やかなのは何故なんだぜ?

28

28. 匿名処理班

  • 2022年07月30日 16:05
  • ID:SEmJhECd0 #

赤い靴は結構有名だよね?
小さい頃に絵本を持ってたけど、最後教会で働くところで終わってる以外は結構原作に忠実だった
人魚姫も絵本で読んだけど、他の童話と違ってハッピーエンドじゃないのがすごく印象的で心に響いたので、ディズニーアニメを見る前に原作の終わり方で読めて良かったと思ってる

29

29. 匿名処理班

  • 2022年08月08日 23:45
  • ID:eGz30umw0 #

>>25
女は個性とか自分の意見とかない方がよくて、器量よしのいい子でいるのが一番って考えだからね
いいとか悪いとかはさておき、男に利益をもたらす存在になることが女の子の幸せであるという現実の考え方の反映だからそうなるのは仕方がない
美人はトロフィーワイフになれるし、賢い女の子もその知恵を使って最終的にどうなるかといえば、王子様(容姿やおつむや性格は問わない)と結婚したり、親や結婚相手に幸運や富をもたらしてめでたしめでたし

あと、もっと単純に、心がきれいなら見た目もきれい(逆も然り)という価値観もあったし、仰る通りヒロインが美人な方が読む(聞く)側も萌えるよねっていうのもあると思う

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING