小惑星1994 PC1を追跡する方法
 以前伝えたように、2022年1月19日、午前6時51分頃、「潜在的に危険な小惑星(PHA)」に分類されている巨大な小惑星「1994 PC1」が地球に最接近する。

 幸いにも地球に影響を及ぼす可能性は低いとされているが、直径1100メートルもの小惑星がやってくるというこのビッグイベント、その動向を見守りたいものだ。

 ネット上ではリアルタイムで「1994 PC1」の位置を確認することができる。
広告

巨大な小惑星をリアルタイムで追跡する方法

 1994 PC1の最接近時間は、日本時間の1月19日午前6時51分頃。地球から193万キロの距離を秒速19.56キロの猛スピードで通過する。地球と月の距離の5倍離れた位置を通過する。

 小型の望遠鏡があれば、地域によっては実際に観測することができるというが、日本での観測情報は少ないため、国内での観測は難しい可能性もある。

 だが、ネット上から接近する様子をリアルタイムで確認する方法がある。

1.NASAのツールを活用
 NASAが『Eyes on Asteroids』という小惑星追跡ツールを用意しているので、こちらを活用するといいだろう。”1994 PC1”で検索してみれば、この小惑星がどこを通過するのか確認することができる。

Eyes on Asteroids
2
2.スカイウォッチングサイトの活用
 『In-The-Sky.org』では、自分のいる場所から、惑星の位置情報をリアルタイムで確認することができる。観測したい日付をプルダウンで選び「Update chart」のタブをクリック。更に「ORBIT DIAGRAM FOR 7482 1994 PC1 」をクリックすると、地球との位置関係がわかる。

3D Diagram of the orbit of 7482 1994 PC1 - In-The-Sky.org
2
2.Youtubeのリアルタイム観測
 尚、Youtubeでもリアルタイムの観測配信を行っている。2022年1月19日午前5:00から配信が始まるので、リマインダー設定しておこう。
Potentially Hazardous Asteroid (7482) 1994 PC1 close encounter: online observation – 18 Jan. 2022

どうしても望遠鏡で観察したいなら

 明るさは10等級なので、肉眼や双眼鏡で見ることはできない。もし、望遠鏡で観察したいのなら、150mm口径クラスのものを用意しよう。

 ただし、18日から19日にかけての夜は満月なので、天体観測は難しいかもしれない。

 異星人が小惑星の軌道を変えたり、予期せぬことが起こらなければ、衝突する危険性はないので、一大天体イベントとして観測を楽しむことができる。 written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
東京タワーの3倍の直径を持つ小惑星が1月19日、地球に最接近(NASA)

地球に衝突するリスクのある地球近傍天体が11個特定される(オランダ研究)

半年前に小惑星が衝突することがわかったところで、それを防ぐ手立てはない(NASAのシミュレーション)

闇と混沌の悪神にちなんだ名を持つ小惑星が地球に猛接近、2068年に衝突する可能性が示唆される(すばる望遠鏡)

小惑星が地球に接近!そのときNASAやESAはどう対応する?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2022年01月16日 20:17
  • ID:vNq1W75j0 #

直径約1キロで惑星になることを知ってびっくり!
どこかの軌道を周回してるのかな?

2

2. 匿名処理班

  • 2022年01月16日 20:39
  • ID:i91nvWCL0 #

👓 わくわく わくわく 惑星

3

3. 匿名処理班

  • 2022年01月16日 21:28
  • ID:WbUiu43j0 #

なぜ死ぬ気で飛ばないんだ?

ぶつかってこいよ

根性を出せよ

4

4. 匿名処理班

  • 2022年01月16日 22:30
  • ID:Rsjc1MJq0 #

大丈夫です、いざとなったらラーカイラムで押します。

5

5. 匿名処理班

  • 2022年01月16日 23:55
  • ID:VVitNKf.0 #

地球直撃みたいな事態になるなら、せめて一番長めのいい場所で見たいものだ

6

6. 匿名処理班

  • 2022年01月17日 15:49
  • ID:YVnF.np.0 #

自転車のチューブを買い占めるドラえもんの話を思い出した。

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING