no title
 予想外のサプライズはうれしいこともあるが、何かを記憶している最中だと、厄介な代物となるかもしれない。

 何かを覚えようとしているとき、あっと驚くサプライズがあると、脳は記憶を編集しやすいように「更新モード」に切り替える。だから簡単にウソの記憶がでっち上げられてしまうという。

 だが悪いことだけではない。この記憶のサプライズ効果は、警察の取り調べや裁判などにおいては深刻な問題となる恐れがあるが、うまく使えば勉強にも役立つという。

 この研究は、『PNAS』(21年12月21日付)に掲載された。
広告

記憶は元々あやふやなもの

 「多くの人たちは、記憶がビデオカメラのようなものだと勘違いしています」と、トロント大学の元学生で、現在はデューク大学の博士課程に在籍するアリー・シンクレア氏は話す。

 だが記憶は本当はもっとあやふやで、当てにならないものだという。「記憶を思い出すとき、脳は経験を再構成し、ときには編集すらしてしまいます」とシンクレア氏。

 これは決して欠点ではない。それによって間違いから学び、古い情報と新しい情報をまとめることができるからだ。

 だが、そのせいでウソの記憶が生まれるという副作用もある。
1
Photo by Laura Fuhrman on Unsplash

予期せぬサプライズによる記憶の改ざんを検証

 それを確かめるために、トロント大学の研究グループは次のような実験を行なっている。

 まず20名ほどの参加者に、70本の短編動画がまとめられたビデオクリップを観てもらう。その翌日、今度はMRIで脳をスキャンしながら、再びビデオクリップを視聴してもらう。

 だが今回は、参加者の半分にサプライズ(驚き)が用意されていた。

 肝心の場面になるといきなり中断してしまうのだ。たとえば、野球のバッターがバットを振った瞬間、前触れもなく映像が止まってしまう。

 そしてさらに3日目、参加者に前日に見たビデオの内容をできる限り詳しく思い出してもらった。
2
photo by Pixabay

サプライズが起きるとウソの記憶が生まれる。その理由とは?

 この実験の結果、予期せぬサプライズが起きた参加者には、とんでもない記憶違いをする傾向が見られたという。一体なぜなのだろうか?

 じつは2日目にビデオクリップが突然中断されたのは、参加者を驚かせるための仕掛けだ。

 「驚きは脳全体を目覚めさせて、アセチルコリン(副交感神経や運動神経の末端から放出され、神経刺激を伝える神経伝達物質)・ドーパミン(中枢神経系に存在する神経伝達物質)・ノルエピネフリン(神経伝達物質でストレス・ホルモンの一種)といった神経調整系を活性化させます」と、シンクレア氏はその作用を説明する。

 MRIのデータから明らかになったのは、驚きが「海馬(エピソード記憶等の顕在性記憶の形成に不可欠な皮質部位)」の働きをガラリと変えてしまうことだった。

 海馬は記憶を作り、それを取り出すうえで重要な役割を果たしているが、サプライズが起きると記憶の「維持モード」から「更新モード」に切り替わるのだ。

 維持モードの海馬は、記憶を強化しようと働く。だから新しい記憶は作られにくい。

 ところが更新モードでは、海馬の中のパターンの安定性が乱され、古い記憶を新しい情報で塗り替えようとする。だが、そのかわりにウソの記憶が作られやすくなる。

 とは言っても、完全にデタラメな記憶が作られるわけではない。

 今回の実験では、関連性のある映像同士で混ざり合うらしいことが明らかになっている。たとえばバットを振るシーンなら、別のスポーツのシーンが入り込んでくるのだ。

 「互いに関連性がある映像があると、そこから新しい情報がもたらされます」とシンクレア氏は説明する。
iStock-497487570
photo by iStock

この効果をうまく利用するには?

 このサプライズ効果は、日常生活ではただの驚きで済むだろうが、裁判や警察の取調べでは大きな問題になる可能性も孕んでいる。

 犯行の目撃者にサプライズとなるような写真を見せたり取り調べを行うと、記憶が改竄されてしまい、かえって間違った証言をする恐れがある。

 だがサプライズには、記憶を覚えやすくする作用もあるので、普段の勉強に役立てることもできそうだ。

 たとえば、あなたが学生なら、先生から答えを教えられる前に、まず自分で考える。答えが間違っていれば、それがサプライズ(驚き)になる。

 先生なら、授業中に生徒に質問をする。学生が答えを間違ったらすぐにそれを伝えて、サプライズを与える。

 「生徒が積極的に考えるように仕向けてから、サプライズを与えれば、よりいっそう記憶に定着することでしょう」と、シンクレア氏は語った。

References:Prediction errors disrupt hippocampal representations and update episodic memories | PNAS / An Element of Surprise Is the Recipe for Creating False Memories - Neuroscience News / written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
信じ込んでいた偽の記憶を嘘だと気が付かせる方法(ドイツ研究)

あなたの記憶は本物? フェイクニュースは偽の記憶まで作り出す(アイルランド研究)

人の記憶がいかに曖昧なものかがわかる、偽の記憶を植え付けられ有罪となった男の物語

マンデラ効果とは何か?不特定多数が「偽の記憶」を真実だと思い込んでしまう集団的な誤解

誰もが犯罪者に。記憶の書き換えにより犯していない罪を自分がやったと信じ込ませることは簡単であることが判明(国際研究)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年12月24日 20:17
  • ID:aQ3IVrLl0 #

存在しない記憶…
俺はお兄ちゃんだぞ!!()

2

2. 匿名処理班

  • 2021年12月24日 20:24
  • ID:W0v.dRcX0 #

なんとなく、「のだめ」できょうの料理のテーマが混じるシーンを連想した

3

3. 匿名処理班

  • 2021年12月24日 21:10
  • ID:sFCkdTXD0 #

・ラピュタの幻のラストシーン
・千と千尋の幻のラストシーン
・もっと脱ぐメトロイドのエンディング
・ファンタの幻の味
・サザエ一家が海の幸に戻る最終回
・裸の大将が木陰で亡くなる最終回
・寅さんが木陰で亡くなる最終回
・ペーターが戦死する最終回
・アクタージュ

4

4. 匿名処理班

  • 2021年12月25日 01:51
  • ID:yF61bL390 #

驚きや以外性が学習に役立つから
テキストや録画だけじゃない対話学習って有用なんだな

5

5. 匿名処理班

  • 2021年12月25日 02:09
  • ID:sBEq5V.Q0 #

アイデアや創造力の源になったりマンデラ効果の一因になってたりするんだろうな。
脳っておもしろいよね。

6

6. 匿名処理班

  • 2021年12月25日 02:58
  • ID:m3DYpWhq0 #

その改竄された記憶をもっと具体的に詳しく知りたかったなー
関連はどのくらいの距離感なのか

7

7. 匿名処理班

  • 2021年12月25日 08:00
  • ID:uA5lbU7l0 #

人はただ記憶によって個人たり得る。たとえ記憶が幻の同義語であったとしても、人は記憶によって生きるものだ。

8

8. 匿名処理班

  • 2021年12月25日 13:07
  • ID:DKSmUl.W0 #

>>3
間違った記憶が、ただ大勢の人が一致する謎が解けないよね。
1人1人違って当たり前のはず。

9

9. 匿名処理班

  • 2021年12月25日 14:12
  • ID:SoclW9bL0 #

※8 それはマンデラ効果というやつ。
https://karapaia.com/archives/52278286.html

10

10. 匿名処理班

  • 2021年12月25日 17:56
  • ID:r7X2vqHs0 #

勉強できないやつには自分でわかるまで考えさせるんじゃなくて
さっさと答え教えた方がいいってことだな

11

11. 匿名処理班

  • 2021年12月25日 18:48
  • ID:GB.89WDu0 #

三島由紀夫が東大の安田講堂で切腹したとなぜかずっと思い込んでいた

12

12. 匿名処理班

  • 2021年12月26日 16:38
  • ID:VVTAHF8o0 #

※8
人は社会的な動物だから
人が言ってるのを見て自分もその記憶があると思い込むんだよ

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING