アルツハイマー認知症用鼻スプレーワクチン
 アルツハイマー型認知症は、脳神経が変性して脳の一部が萎縮していく過程でおきる認知症だ。患者には病気であるという認識がなく、徐々にもの忘れが多くなり、ゆっくりと症状が進行していく。

 その点鼻予防薬がアメリカの病院で試験的に投与されるそうだ。

 じつはこのワクチン、かつて効果がないとして、大手製薬会社が開発を断念。にもかかわらず、アメリカ当局が特例的に承認したという経緯がある。
広告

脳の垢を除去して、記憶を守る鼻スプレー”ワクチン”

 ブリガム・アンド・ウィメンズ病院で試験的投与が行われるアルツハイマー型認知症の”ワクチン"を、「アデュカマヌブ(Aduhelm)」という。

 感染症予防でもないのにワクチンというのは、それが免疫系に作用して、病気を予防するからだ。

 アルツハイマー病の原因は、「アミロイドβ」というタンパク質の破片が、垢(プラーク)のように脳内にたまることだと推測されている。

 そのせいで神経細胞が破壊され、記憶や思考力が失われてしまう。

 そこでアデュカマヌブを鼻にシュッとスプレーしてやる。すると免疫系が刺激されて、ベトベトした垢が除去されるのだ。それによって、アルツハイマー病を予防し、病状の進行を抑える効果が期待できるという。
iStock-1134495779
photo by iStock

かつて治験を断念した経緯

 かつてアデュカマヌブは、かつて治験に失敗して、開発が中断されたことがある。

 この薬の開発を進めていたバイオジェン社は、アメリカ当局(食品医薬品局)によって効果が不確かであると判断され、結局19年に後期臨床治験を中止してしまった。

 ところが、だ。それから半年後に、治験の参加者にワクチンの効果があったらしいことが明らかになったのだ。

 最終的に食品医薬品局は、「不確かだが、患者に役立つ可能性がある」として、特例的制度の下でアデュカマヌブを承認した。

 こうしてアデュカマヌブは、ほぼ20年ぶりのアルツハイマー病新薬としてデビューしたが、その一方で、効果が不確かのものが承認されたことで、物議を醸すことにもなった。
people-g2cff2aac5_640
photo by iStock

アルツハイマー型認知症の新薬は続々と開発中

 遅々として開発が進まなかったアルツハイマー型認知症の予防薬だが、ネバダ大学のジェフリー・カミングスによれば、その開発はついに「難関を突破した」そうだ。

 アデュカマヌブ以外にも、有望な新薬候補が続いている。

 バイオジェン社は、日本のエーザイ社と共同で、また別の抗体薬「レカネマブ」の申請を完了。さらにイーライリリー社も、年内にも治療薬「ドマネマブ」のデータを食品医薬品局に提出するとしている。

 また、ここ5年ほどで、脳スキャンや血液検査法などの新しい技術が登場。アルツハイマー病を正しく診断し、治療の効果もきちんと確かめられるようにもなってきたとのことだ。

References:An Alzheimer's Nasal Spray Vaccine Is About to Enter Human Trials For The First Time / written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
4年以内のアルツハイマー病の発症リスクを高精度で予測できる簡易ツールが開発される

そう遠くない未来に、メッシュ型の脳インプラントで脳の病気や依存症が治療できる時代に(米研究)

症状が出る数年前に認知症を診断できるAIツールが開発される

受動的な傍観者と思われていた脳細胞の一種が、実は記憶の忘却に大切な役割を担っていた可能性が示唆される

若年性認知症の男性、妻のことを完全に忘れてしまった後、2度目のプロポーズ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年11月30日 08:04
  • ID:jY4BfquD0 #

認知症は世界的に深刻な問題なので予防薬の開発は本当喜ばしいニュースだ
一刻も早く実用化して欲しい

2

2. 匿名処理班

  • 2021年11月30日 08:55
  • ID:br.wj.gz0 #

アドデック9は創作物の中の話だったが、現実もそれに追いつくんだなぁ
それもたった数年で

3

3. 匿名処理班

  • 2021年11月30日 09:09
  • ID:LwErE4f.0 #

治験係員「効き目はありましたか」

お爺さん「あったような・・・なかったような・・・」

4

4. 匿名処理班

  • 2021年11月30日 09:24
  • ID:IQQX6MWP0 #

本当に効果があって承認されたなら素晴らしいけど、色々と大人の事情がありそうで素直に喜べない

5

5. 匿名処理班

  • 2021年11月30日 10:06
  • ID:JNh6S5SL0 #

おかしくなっちゃっても人間簡単に死ぬ事もできんし
周りに迷惑しか掛けなくなるからなあ
実用化されれば社会的な負担がかなり軽減されるのではないか?

6

6. 匿名処理班

  • 2021年11月30日 10:25
  • ID:H.t6Z6w.0 #

点「鼻」スプレーな。

7

7. 匿名処理班

  • 2021年11月30日 11:14
  • ID:sJH2kIhZ0 #

Nスペで山中教授が言っていたが、脳には悪いものを寄せ付けない鉄壁な防御機構があるそうでそれのせいでそもそも薬が脳に届かないそうだ。今回の場合は薬を脳に届けるのではなく、免疫機能をアップさせるためのものなのでこの問題はクリアされているんだね。

8

8.

  • 2021年11月30日 11:21
  • ID:z7WmKBG10 #
9

9. 匿名処理班

  • 2021年11月30日 12:52
  • ID:zWp7t6we0 #

ほとんどの専門家は否定したのに
溺れる者は藁をも掴むで圧力がかかって強引に承認された怪しい薬だしなー

10

10. 匿名処理班

  • 2021年11月30日 14:16
  • ID:JKqdM7xD0 #

痴呆の原因はアルツだけじゃない
若年性アルツは診断名が「若年性アルツハイマー」なのに
高齢者のアルツの診断名が「アルツハイマー症候群」なことに気付け
自分の母親は「症候群」の診断を受けたが脳の萎縮は殆どなかったのだよ
ようするに高齢者の認知症でよく判らないのは何でもかんでも「症候群」にしちゃってるの

余談だが 母の認知症(っぽくみえる)の原因は医療ミスによる高次脳機能障害だ
医者がそのように診断しない、かばい合うからね

11

11. 匿名処理班

  • 2021年11月30日 20:23
  • ID:ZMsGjMc90 #

ワシは鼻スプレーしてない!
おじいちゃんスプレーは済んだでしょ

12

12.

  • 2021年11月30日 21:16
  • ID:PqmMpD4D0 #
13

13. 匿名処理班

  • 2021年12月01日 12:22
  • ID:BeQfDd5d0 #

アルツハイマーって原因分からないんじゃなかったっけ?
どう言うメカニズムで効くのかな?

14

14. 匿名処理班

  • 2021年12月01日 12:55
  • ID:LqcEanZg0 #

彡´⌒ミ
(´・ω・`) 効くの?

15

15. 匿名処理班

  • 2021年12月03日 11:59
  • ID:u20HDRej0 #

認知症に限らず発達障害等も免疫系が異常になっている場合が多い。アレルギー=免疫系の暴走=脳の脆弱性
調べてみると色々分かってきた事もある。
でも、ワクチンや薬で長期に渡って改善や予防ができるかと言ったらそれはまだわからない。

16

16. 匿名処理班

  • 2021年12月04日 17:49
  • ID:zWgKjAsk0 #

孫『おじいちゃん頭の中汚〜い』
爺『婆さんや!アデュカマヌブ!アデュカマヌブ!』

17

17. 匿名処理班

  • 2021年12月15日 16:07
  • ID:GrRPmH4z0 #

アデュカヌマブもエーザイと共同開発なんだけどなぁ…

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING