地球は巨大な宇宙のトンネルに囲まれているとする新たな研究
University of Toronto
 私たちの地球を含む太陽系は、実は、磁気でできた巨大なトンネルによって囲まれているのかもしれないという新たな研究結果が報告された。

 それは電波によって見ることができる磁気のトンネルで、1000光年にわたる長いロープのような形状をしているのだそうだ。
広告

磁気でできたトンネル構造

 そのトンネル構造は「北極スパー」と「扇状領域」と呼ばれている。1960年代から知られるこの構造は、これまで別々のものとして扱われるのがほとんどだった。

 しかしウェスト博士らは、それらがロープのような単体の構造で、太陽系を取り囲む巨大なトンネル状の磁場の一部だろうと推測している。

 同博士らはコンピューターモデルを構築し、ロープの形や位置を変えたときに、電波で見たときの地球の空がどう見えるのかシミュレーションを試みた。

 その結果、2つの構造体はロープ状の磁気フィラメントによって結ばれていると示唆されたとのことだ。
tunnel.001_e
カーブしたトンネルでは、照明やセンターラインが収束していくように見える。同じようなことが、ウェスト博士らのモデルにも言える(Credit: Pixabay/wal_172619, with edits by J. West)

もし電波の光が見えるならトンネル構造が見られる

 荷電粒子と磁場によって構成されるロープ状構造は、地球から350年先にあり、1000光年の長さがある。

 ウェスト博士は、「もし電波の光が目に見えるのなら、空のどの方向にもトンネルのような構造が見られるでしょう」と語る。

 彼女の次のステップは、局所的磁場が銀河のより大きな磁場や、太陽と地球のような小さな磁場とどのようにつながっているのか理解することであるそうだ。

 「磁場は単独では存在しません。すべては互いにつがっているはずです」とウェスト博士は言う。
tunnel_v2.004-1_e
電波変光波で見た空の様子。矢印は磁場の方向を示す(Credit: Dominion Radio Astrophysical Observatory/Villa Elisa telescope/ESA/Planck Collaboration/Stellarium/J. West)
radio_vs_optical_horizontal_noarrows-1_e
左)電波変光波で見た空の様子(Credit: Dominion Radio Astrophysical Observatory/Villa Elisa telescope/ESA/Planck Collaboration/Stellarium/J. West)(右)同じ空を肉眼で見たもの(Credit: Stellarium/J. West)
MW-diagram-1-1_e
フィラメントの大きさと、天の川銀河内における位置を示した図(Credit: Original image by NASA/JPL-Caltech/R. Hurt (SSC/Caltech) with annotations by J. West. The local dust distribution is shown overlaid using models from Lallement et al. (2018) (https://stilism.obspm.frOpens in a third party website) and Leike & Enslin 2019)
tunnel_v2.010_e
従来のように中央に銀河中心をすえた天の川を、電波で見たときの姿(Credit: Haslam et al. (1982) with annotations by J. West):
 この研究は、現在『arXiv』(21年10月1日付)で査読前のものを閲覧できる。

References:Dunlap Astronomer discovers we may be surrounded by tunnel-like structure - Dunlap Institute / written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
太陽系を物体が高速移動できる「宇宙の高速道路」が発見される。惑星の重力を利用

宇宙は脳で脳は宇宙。複雑な2つのネットワーク構造は驚くほどよく似ていることが科学的に証明される(イタリア研究)

枝を伸ばした世界樹のようだ。知られている範囲では宇宙最大となる超巨大回転構造が発見される

96億光年の宇宙を再現、世界最大規模の模擬宇宙が無料ダウンロード公開

宇宙温暖化:宇宙は過去110億年の間に徐々に熱くなっていることが判明(米研究)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年10月21日 20:05
  • ID:ktu8Z7O.0 #

銀河系を上から見た図も多少の観測結果も加味された想像図でしょ、現代の最先端科学をもってしても解らない事が多いから何提唱されても話半分でしか聞けないね

2

2. 匿名処理班

  • 2021年10月21日 20:17
  • ID:Ki6uAxVF0 #

シールドとかバリアー?
地球を含む太陽系が、深宇宙放射線から守られているのかな。
その中でしか生命は誕生しないなのか。

これがあると、地球には外からの電波(の一部)が届かないし、地球からの電波は外に届かない。
どのみちトンネル内で、生命を探すしかないのでは?

3

3.

  • 2021年10月21日 20:21
  • ID:7oDg0ymB0 #
4

4. 匿名処理班

  • 2021年10月21日 21:22
  • ID:JOMGj3Ge0 #

これは特別な現象なのか?
それともありふれた物なのか・・・
それによって意味が随分変わってきそうな。

5

5. 匿名処理班

  • 2021年10月21日 21:45
  • ID:feTomhgb0 #

>時期でできたトンネル構造

磁気ですね。

6

6. 匿名処理班

  • 2021年10月21日 22:04
  • ID:jUW991Oy0 #

なるほど
わからん

7

7. 匿名処理班

  • 2021年10月21日 23:44
  • ID:Wby1r6Em0 #

図で説明されればされるほど・・・分かりづらくなってる気がする。

8

8. 匿名処理班

  • 2021年10月21日 23:52
  • ID:GHVy742H0 #

地場の長いトンネルを抜けると髮ェ蝗ス縺�縺」縺�

9

9. 匿名処理班

  • 2021年10月22日 03:04
  • ID:zmTbqnv60 #

全くイメージできないぞ

10

10. 匿名処理班

  • 2021年10月22日 04:00
  • ID:yWSO7GV90 #

どんな仮説を立てても自分が生きてるうちに真相が明らかになることはないだろうし、明日すべきことは変わらないんだよな。

11

11. 匿名処理班

  • 2021年10月22日 07:40
  • ID:xVKCKJF60 #

みなさんのおかげです

12

12. 匿名処理班

  • 2021年10月22日 10:33
  • ID:JsImfApj0 #

ロープ…

13

13. 匿名処理班

  • 2021年10月22日 17:19
  • ID:IVnOyXuT0 #

プラズマ宇宙論。銀河間だけでなく銀河系をそのものを包むプラズマもあると考えるのは自然。

14

14.

  • 2021年10月22日 20:56
  • ID:nSuce3eA0 #
15

15. 匿名処理班

  • 2021年10月23日 07:20
  • ID:8b0Pvzwg0 #

銀河系規模でワープドライブをやっているんだよ。

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING