古代エジプト人が猫を愛した理由
photo by Pixabay
 古代エジプト人は、猫を好きなことで有名だ。ファラオたちがナイル川を支配していた数千年の昔から今なお残る、巨大な彫像や精巧な宝飾品など、猫をモチーフにしたグッズは事欠かない。

 数えきれないほどの猫のミイラも作られ、世界初のペット墓地まである。およそ2000年前のこの墓地には、鉄やビーズの首輪をつけた猫たちがたくさん眠っている。

 しかし、古代エジプトでは、なぜこれほどまでに猫が大切にされたのだろうか?古代ギリシアの歴史家ヘロドトスが言うように、エジプト人は飼い猫の死を悼むとき、敬意を表する意味で本当に眉を剃り落としたのだろうか?
広告

猫の持つ二面性がエジプトの神に似ていた

 2018年、ワシントンのスミソニアン系アジア関連美術館で、古代エジプトにおける猫の重要性についての展示会が開催された。

 それによると、古代エジプト人たちのこうした猫愛は、古代エジプトの神々と猫が似たような性質をもっていると考えていたせいだという。

 猫は、「保護的で忠実で愛情深い」でありながら「攻撃的で独立心旺盛で荒々しい」性質をもっており、この二面性こそが、まさに古代エジプトの神々の気質そのものだったという。

 古代エジプト人にとって、二面性を持つ猫の気質が、注目に値する特別な生き物のように映ったのだ。だから、猫のような姿をした彫像が多く建てられたのかもしれない。
iStock-907953400
photo by iStock

ライオンがモチーフのギザの大スフィンクス

 全長73メートルもあるギザの大スフィンクスは、顔は人間で体はライオンの姿をしていて、おそらくネコ科のモニュメントとしてもっとも有名なものだろう。

 実は、エジプト人がわざわざスフィンクスを作った理由は、歴史家にもいまだによくわかっていない。

 強力な女神セクメトは、女性の体にライオンの頭という姿で、とくに夜明けや夕暮れなど移り変
わりの守護神として知られている。

 また、女神バステトは、ライオンまたは猫の姿で描かれることが多く、古代エジプト人は猫はバステトに神聖な生き物として献じられていたと信じていた。
no title
photo by iStock

ネズミやヘビを狩る能力も評価されていた

 ネズミやヘビを狩る能力が優れていたことも、猫が愛される理由だったようだ。

 古代エジプト人は、自分の子どもに猫にちなんだ名やニックネームをつけるほどだった。女の子の名には、猫を意味するMittなどが使われた。

 エジプトでいつ猫が人に飼われるようになったのかははっきりわからないが、猫や子猫が丁寧に埋葬されるようになったのは、紀元前3800年にさかのぼるという。
01
ファイアンス焼きの子猫の指輪(紀元前1295〜664年にさかのぼるもの)(image credit:urchase, Patricia A. Cotti and Friends of Egyptian Art Gifts, 2017; CC0 1.0 Universal)

猫への異常なまでの愛着が猫のミイラを大量に作り出すことに

 しかし、多くの研究からは、こうした猫への思い入れは必ずしも愛情からだけとは限らなかったようだ。

 古代エジプト人の猫への愛着にはもっと残酷な一面もある。紀元前700年から紀元300年頃には、人間が死んだら一緒に埋葬するために、殺してミイラにする子猫を大量に繁殖させる産業もあった。

 Scientific Reports誌に昨年発表された研究によると、猫を含むミイラにされた動物たちをX線マイクロCTスキャンにかけて、骨格やミイラ化処理に使われた材料など細かいところを調べることができたという。
猫のミイラ3Dスキャン映像 SI S1 AB77a Drishti movie3

 その結果、ミイラにされていた動物は、予想以上に小さかったことがわかった。「まだほんの小さな子猫だったことは、スキャンするまでわかりませんでした。ミイラのほぼ半数はさまざまなものにくるまれていたからです」

 イギリス、スウォンジー大学の教授、リチャード・ジョンストンは言う。「スクリーンで見ると、幼くして死んだことがわかりました。生後5ヶ月に満たない子猫が首の骨を意図的に折られていたのです」

「この事実は少なからずショックでした」とはいえ、猫を生贄にする行為は珍しくないという。「生贄用に猫を育てることはよくあったのです。生贄猫を売るための飼育場が産業として成り立っていたと思われます」
egypt-1057082_640
photo by Pixabay

古代エジプトの生贄文化

 それは、古代エジプトの神々に奉納するための生贄として、多くの生き物が提供されていたからだというのは、トロント大学のエジプト考古学准教授、メアリー=アン・ポールズ・ウェグナー。

 生贄を捧げることは、祈りを捧げるだけでなく、神々の怒りを鎮めたり、助けを求めたりする手段だったのだ。

 なぜ、子猫と共に埋葬されることが望ましいと考えられていたのかは、はっきりわかっていないが、崇拝と溺愛の差は紙一重だったようだ。

References:Why were the ancient Egyptians obsessed with cats? | Live Science/ written by konohazuku / edited by parumo
あわせて読みたい
猫を殺すと死刑。古代エジプトの動物に関する10の驚きの事実

古代エジプト時代の猫・鳥・へびのミイラ。その内部が高解像度のマイクロCTスキャンで明らかに(英研究)

古代エジプトの猫のミイラの中身をCTスキャン、3匹の猫の体の部位が入っていたことが判明(フランス研究)

古代エジプト人は、動物を愛すべきペットとして飼っていた。世界最古と思われるペット墓地が発見される

もっとも古いミイラ作りのマニュアルが発見される(古代エジプト)

古代ピラミッドの墓の中から数十体の猫のミイラが発見される。他にもスカラベなど珍しいミイラが続々と

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年05月27日 17:14
  • ID:WTZU0dZI0 #

何故だって?猫を愛でない理由があるのかい?

2

2. 匿名処理班

  • 2021年05月27日 17:14
  • ID:lNWYh2ig0 #

いつの時代も可愛いは正義なのだ

3

3. 匿名処理班

  • 2021年05月27日 17:18
  • ID:xdKX0CIh0 #

生贄にするからこそ神格化して祀り上げたんじゃない?
死と最も遠い存在は生まれて間もない子供。そしてみんな大好きな猫ちゃん。他の生き物より安定して出荷しやすかったからブリーダーもいたんだろう。
これだけ素晴らしく尊い大切な存在を生贄に差し出します、だからお願いです、という。

4

4. 匿名処理班

  • 2021年05月27日 17:40
  • ID:3CEkJy2Y0 #

サムネのは耳の形からアヌビスじゃないの?画像検索しても他でもパステトって出てくるけど・・・

5

5. 匿名処理班

  • 2021年05月27日 17:53
  • ID:p.CWS.8C0 #

溺愛していたからこそ、生け贄としての価値があったのでしょうね。
「これだけの犠牲を払います」と神に対して申し上げるわけです。

溺愛はされても生け贄にはされない現代のネコさんは幸せですよね。

6

6. 匿名処理班

  • 2021年05月27日 18:00
  • ID:NG9ej3N00 #

ネコ2世(在位:紀元前610-前595)

7

7. 匿名処理班

  • 2021年05月27日 18:05
  • ID:PwvwOrEU0 #

古代人だから現代人と命に対する価値観が違うのはしょうがないかもしれないが
かわいい盛りの子猫を生け贄する為に殺しまくるって
野蛮にも程があるぜ…

8

8. 匿名処理班

  • 2021年05月27日 18:11
  • ID:aEd3w7z70 #

ネコ





9

9. 匿名処理班

  • 2021年05月27日 18:17
  • ID:uFHQ2l1u0 #

※7
仕方ない。

10

10. 匿名処理班

  • 2021年05月27日 19:05
  • ID:kJsJoLtd0 #

要するに人間の本能的な美的感覚だか嗜好性だかに訴える造形なんだな
古今東西問わず猫に囚われる人が出るんだから

11

11. 匿名処理班

  • 2021年05月27日 19:12
  • ID:nGN31YqY0 #

古代エジプトではかなり後期まで第一子を生贄に捧げていたらしい
人間の子供がいらないわけがなく1番素晴らしいものを捧げるから神を怒りを鎮めてくださいって文化
この猫もけして子猫だからいいやとかじゃなく
可愛くて可愛くて堪らないから神様へお届けします
という感じだったんだと思う

12

12. 匿名処理班

  • 2021年05月27日 19:20
  • ID:uFHQ2l1u0 #

※11
内心、捧げるの嫌で嫌で仕方なかっただろうなあ

13

13. 匿名処理班

  • 2021年05月27日 19:28
  • ID:sEwS7V2j0 #

一般人がネコを傷つけたら極刑になるくらいに
国から擁護されてたようだ
だがそれを帝国に逆手に取られて
ネコを盾に侵攻されてしまい
古代エジプト民は抵抗もできずに大好きなネコ共々虐殺されてしまったらしい

14

14. 匿名処理班

  • 2021年05月27日 19:28
  • ID:b6SO8qJF0 #

紀元前の当時、動物の避妊の外科手術が発達していなかったとすれば、ネコは多産だから人々に愛されればそれだけかなりの数増えることになっていそう。
そうなればどれだけ愛おしくても世話も衛生管理も大変だし、繁殖制限の目的で意図的にミイラの副葬者として間引きしていたこともありえそう。

15

15. 匿名処理班

  • 2021年05月27日 20:35
  • ID:xAhhBYpu0 #

>>10
「完成された芸術は時計と猫である」って言われてるから
猫は完璧な芸術であり
猫の美しさは完璧なのだ

16

16. 匿名処理班

  • 2021年05月27日 20:36
  • ID:xAhhBYpu0 #

すると日本人は
柴犬や秋田犬みたいな性格なんだろうか

17

17. 匿名処理班

  • 2021年05月27日 20:45
  • ID:lI90ync20 #

ネコ=神 だからね
字がそっくり

18

18.

  • 2021年05月27日 21:40
  • ID:uM0dh3je0 #
19

19. 匿名処理班

  • 2021年05月27日 22:12
  • ID:LPjj30Pa0 #

>>13
まあ、それ作り話なんですけどね

20

20. 匿名処理班

  • 2021年05月27日 22:27
  • ID:eeeK3hji0 #

猫「我を崇め奉ると良いニャー」

21

21. 匿名処理班

  • 2021年05月28日 00:01
  • ID:fP0CIKMa0 #

ネコと和解せよ

22

22. 匿名処理班

  • 2021年05月28日 01:01
  • ID:DF0qC5FH0 #

溺愛、だったのか?首ポキンしといて???

23

23. 匿名処理班

  • 2021年05月28日 06:41
  • ID:qQsZ0qsr0 #

>>17
和解しなきゃ...

24

24. 匿名処理班

  • 2021年05月28日 07:47
  • ID:nl7zEzpp0 #

現代人だって溺愛してるんですけど

25

25. 匿名処理班

  • 2021年05月28日 08:19
  • ID:dUUjsa3T0 #

かわいいからに決まっておろう。理由なんて要らないのだ。指輪かわいいなw
猫にエサをあげるなら、おいしいのをね

26

26. 匿名処理班

  • 2021年05月28日 10:54
  • ID:Pr8i9N9t0 #

ネコの瞳孔が細くなったり丸くなったりする様子が月の満ち欠けに似ていることから
ネコは天の神が地上を監視するために遣わした聖なる動物とされてたらしいね

まぁ、ネズミ取りの役に立つとか宗教上の理由とかはあれど
古代人になんでネコ好きなのか聞いてみたら「かわいいから!」って即答すると思う

>なぜ、猫と共に埋葬されることが望ましいと考えられていたのかは、はっきりわかっていないが、

副葬品は死者があの世へ持ってくためのものだから
あの世でもネコ飼えるように、死者がさみしくないようにってことかな

27

27. 匿名処理班

  • 2021年05月29日 10:49
  • ID:0lKl8Ue00 #

※3
神に捧げるってのに、どうでもいいゴミを渡したりはしないものな

28

28. 匿名処理班

  • 2021年05月29日 17:35
  • ID:dzErHt5H0 #

そりゃあ、NNNが人類先史時代から存在したってだけの話で。

29

29. 匿名処理班

  • 2021年05月29日 17:50
  • ID:cXen.hj10 #

>>7
現代も「乳しか飲んだことがない柔なか仔羊」とか、レストランには出てきます。若鶏、仔牛、、馬肉、、、いずれも知性を持った生き物よ。

30

30. 匿名処理班

  • 2021年06月17日 04:03
  • ID:WjBvah9W0 #

>>22
上で散々出てるけど死生観が全く違う
古代人が野蛮に見える現代人は神様なんかいないしあの世もないと考えてるから「生贄=無意味に殺す=憎んでなきゃそんなことしない」と思うだろうけど古代人は現代人とあの世とこの世の考えも知識も全然違うしそれに対する価値観も違う

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING