鹿が二足立ちでボクシング
 このポーズ、どこかで見たことあると思ったらカンガルー。だが向かい合って二足立ちしているのは鹿である。

 まるでボクサーさながらに向かい合ってパンチを繰り出す2匹のオス鹿。その原因はわからないが、とにかく2匹は闘志むき出しにしてボクシング勝負をしたようだ。
広告
Incredible video shows two majestic stags standing on their hind legs and start boxing | SWNS

突如始まった、鹿ボクサーのボクシング

 先月、イギリス、レスターシャーにあるブラッドゲートパーク森林公園で2匹の雄の鹿がファイティングポーズよろしく二足立ちで向かい合い、ボクシングさながらのパンチ合戦が繰り広げられたという。

 撮影したのはパークレンジャー助手ののカーラさん。

 カーラさんが、オスのアカシカに餌を与えていたところ、突如1本角の鹿が後ろ足で立ち上がり、ファイティングポーズをかましたという。
1_e
 その挑発に応じるかのようにアカシカも二足立ちとなり、戦闘が開始された。ボクサーのようにパンチ攻撃を展開したという。
2_e

鹿のマウンティング行為?

 それにしても鹿がファイティングポーズをとることがあるのだろうか?この公園のシニア・レンジャーであるマシュー・モレスデールさんによると、鹿は他のオスに対し、優位性を示すためにこのような行為を行うことがあるという。

 二足立ちするのは、大切な角を狙われないようにするためなんだとか。

 鹿の角は天敵と戦うためのものだと思われがちだが、実際はそうではない。立派な角を持っているオスの方がメスにもてるからだ。角の立派さが強さの証でもあるので、武器としてではなく象徴として大切にしているのだそうだ。

 角は折れてもまたすぐに新しい角が伸び始めるのだが、10月の繁殖期のシーズンに角がマックスな状態である方が望ましいので、オスの鹿は角の調整に余念がないのだ。  
あわせて読みたい
これどんな儀式?墓地で6羽のカラスが魔法陣を組み、鹿を取り囲んでいる件

ジブリ?桃源郷?今年の奈良公園の桜と鹿のコントラストはこんなにも美しかった

ハスキー犬と鹿が深夜に密会していた件(カナダ)

人間の死体の骨を食べる鹿の姿が初めて観察される(アメリカ)

脳を破壊する「ゾンビ鹿病」が人間にも感染する恐れありと専門家が懸念

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年04月15日 07:22
  • ID:lHvNd7cV0 #

鹿も立ち上がることあるんだなー

2

2. 匿名処理班

  • 2021年04月15日 08:07
  • ID:wBMvGBpP0 #

しかし何ですなぁ〜

3

3. 匿名処理班

  • 2021年04月15日 09:19
  • ID:tDFwUUyI0 #

ボクシングて言うより
「ねえねえ、ちょっと聞いてよぉ〜」
って寄ってってるように見えた。

4

4. 匿名処理班

  • 2021年04月15日 09:39
  • ID:JA44f5Pa0 #

Deer boxer simulatorってゲーム作られそう

5

5. 匿名処理班

  • 2021年04月15日 12:02
  • ID:wBMvGBpP0 #

🎤 イギリスの種鹿 ロクキー・バルボア!!

6

6. 匿名処理班

  • 2021年04月15日 13:42
  • ID:XYMbjcwE0 #

♪憎い〜あんちきしょうの〜、顔めが〜け〜♪

♪叩け〜叩け〜叩け〜!オイラにゃ〜獣のぉ〜、血がぁ騒ぁぐ〜♪

7

7. 匿名処理班

  • 2021年04月15日 23:20
  • ID:VV.ssktm0 #

いや ツノ使えよ(本文無視でごめん)
それとも相手に合わせてフェアな勝負をしたいのか?

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING