puhcho1_640
 駐車場で猫の鳴き声がする…でもいったいどこにいるの? 偶然そんな事態に直面したら、みんなならどうするだろうか。

 今回はとある駐車場で、鳴き声を頼りに子猫の保護に成功したお話を紹介するよ。
スポンサードリンク
Little Kitten Crying For Help Under A Car Finally Finds Loving Home

 ある夜のこと、とある地下駐車場で猫の鳴き声がするのに気づいた撮影者さん。探してみると、1台の車の車体の下に潜り込んでいる子猫の姿を発見した!

 だがおびえ切って警戒している子猫は、なかなか外に出て来ない。周囲にはたくさんの車が行き来しているものの、手助けをしてくれようとする人は誰もいなかった。
puhcho2_640
 15分後、撮影者さんたちは猫の鳴き真似をしたり、食べ物を置いてみたりして、子猫を車から離すことに成功。そのまま保護しておうちに連れて帰った撮影者さん、引き取り手が見つかるまではと、面倒を見ることにしたんだ。
puhcho4_640
 お医者さんにも診てもらって、美味しいご飯もいっぱい食べて、すっかり元気になった子猫。撮影者さんにもすっかり懐いて、同じ保護猫の仲間たちともすっかり仲良くなったようだ。

 撮影者さんはこの子猫に「プーチョ」くんという名前をつけてあげた。だがこんなに可愛いプーチョくんなのに、なかなか引き取り手は見つからなかった。
puhcho5_640
 そして数か月後、ようやくプーチョをうちの子にしたい!という家族が現れた。そのお宅では、愛猫を2か月前に亡くしたばかりなのだそう。撮影者さんも喜んでプーチョを託すことにした。

 しかしそのお宅にプーチョを連れて行く途中、なんと撮影者さんの車が故障して動かなくなってしまった。相手の家族が迎えに来てくれることになって、しばしプーチョと別れを惜しむ時間に恵まれたよ。
puhcho6_640
 一家そろって猫大好きだという、新しい家族に引き取られて行ったプーチョくん。ずっといつまでも幸せに暮らすんだよ!

 この動画を投稿してくれたチャンネルの「PawMeaw」は、ブルガリアで野良猫たちの保護活動をしている「ごく普通のカップル」なんだそう。

 ブルガリアには野良猫がたくさんいて、彼らに手を差し伸べる人はまだまだ多くないらしい。いつか猫たちのシェルターを作って、もっとたくさんの野良猫たちを助けたい。それがPawMeawさんの夢なんだって。遠く離れた日本から、彼らを応援したいと思うよ。

written by ruichan

※この記事はカラパイアの姉妹サイト「マランダー」に掲載されたものです。面白い動物情報を集めたマランダーの方にも是非訪れてみてください。
あわせて読みたい
にゃーにゃー声がすると思ったら…。子猫、車の中で生まれてた。無事に保護され飼い猫へ


猫、ヒッチハイクに成功か。車が走り出してもボンネットから降りない猫、大あくびを見せる


極寒の雪山に子猫が!助けた男性が子猫に名前をつけるまで


今年も冬がやってくる。Redditユーザーが車のボンネットの下で子猫発見。その姿にReddit民大喜び


「命にはかえられねぇ!」子猫の救出のため高級車を破壊することにした男性

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    カラパイアの最新記事をお届けします
    この記事をシェア :    

    人気記事

    最新週間ランキング

    1位
    7944 points
    「私を召喚したのは貴様か?」っていう感じでソファの隙間から登場した猫

    「私を召喚したのは貴様か?」っていう感じでソファの隙間から登場した猫

    2021年4月26日
    2位
    5078 points
    猫のいる職場はいかが?こんなスタッフがいたら絶対に通っちゃう!働く猫たち総集編

    猫のいる職場はいかが?こんなスタッフがいたら絶対に通っちゃう!働く猫たち総集編

    2021年4月29日
    3位
    5033 points
    ホームレスを減らしたいスイス、片道のヨーロッパ行き切符を無料で提供し国から出て行ってもらう政策を実施

    ホームレスを減らしたいスイス、片道のヨーロッパ行き切符を無料で提供し国から出て行ってもらう政策を実施

    2021年5月3日
    4位
    4835 points
    母親を亡くしたホッキョクグマの子、炭鉱作業員に救助され、子犬のようになつく(ロシア)

    母親を亡くしたホッキョクグマの子、炭鉱作業員に救助され、子犬のようになつく(ロシア)

    2021年5月1日
    2684516546
    5位
    3989 points
    小さくても大きな生きる意志があった。栄養失調で被毛を食べて生き延びていた子猫が美しい三毛猫になるまでの物語

    小さくても大きな生きる意志があった。栄養失調で被毛を食べて生き延びていた子猫が美しい三毛猫になるまでの物語

    2021年4月29日
    2663702318
    もっと読む
    スポンサードリンク

    Facebook

    コメント

    1

    1. 匿名処理班

    • 2021年03月15日 13:49
    • ID:o.ViZbor0 #

    よかったよかった

    2

    2. 匿名処理班

    • 2021年03月17日 13:59
    • ID:XGq3HdsS0 #

    昔似たような感じで子猫が車のタイヤの上に乗って鳴いてるの見つけた。
    でも当時は育てるとか助けるという考えがなくて、尖った歯も怖かったのでそのままタイヤから降ろして近くの自販機の横に置いて帰った。
    あとでそのことを友達に言ったらめちゃめちゃ冷たいと怒られてしまった。
    言われてから子猫の鳴き声が助けを呼ぶ声だったのかも、と思い至った。
    20年位たったけど、まだ後悔している。
    もし次があったら絶対助けよう、と思っているが、それ以来子猫に出会ったことはない。

    お名前
    スポンサードリンク
    記事検索
    月別アーカイブ
    スマートフォン版
    スマートフォン版QRコード
    「カラパイア」で検索!!
    スポンサードリンク