世界最古のDNAの解読に成功、120万年前のマンモス
iStock

 シベリアの永久凍土に埋まっていた120万年前のマンモスのDNAの解読に成功したという研究結果が『Nature』(2月17日付)に掲載された。

 今回解読されたゲノムは、これまで最古とされていたカナダの永久凍土で発見された70万年前の馬のDNAよりもはるかに古いもので、これまでに解読された動物のDNAの中では世界最古となる。
 
 研究グループのロヴェ・ダレン氏は、「バイキングの遺体より数千倍も古く、ヒトやネアンデルタール人の前の時代にまでさかのぼります」と、それがいかに古いものであるか説明する。
スポンサードリンク

DNA解析により、遺伝的系統が異なるマンモスが存在したことが判明


 シベリア北東部の永久凍土に埋まっていたマンモス3頭の歯からDNAが抽出された。その配列決定の結果からは、最古のマンモスとされるそれらのうち2頭は、これまで知られていなかった遺伝的系統に属していることが明らかになっている。

 これまでの研究から、その時代シベリアに生息していたマンモスは、ステップマンモス1種だけだと考えられてきた。

 ところがそれぞれ「クレストフカ」と「アディチャ」との愛称で呼ばれるマンモスは、ステップマンモスとは遺伝的系統が異なっており、はっきり断定はできないものの、それぞれが新発見の種だと考えられている。

4_e1
遺伝的な系統が異なることが判明した「クレストフカ」の歯 credit:CPG

DNAはどれくらい持つのか?


 なおDNAがどれくらい持つのか?その期間についてはこのところ議論があるようだ。一般的には、どのような好条件がそろっていたとしても100万年以上は持たないとされている。

 ところが最近ではそうではないことを示す証拠があると主張する研究者もいる。

 悪名高いのは2008年に発表されたものだろう。この研究では、ティラノサウルスのタンパク質の解析を通じて、恐竜と現代のダチョウとに遺伝的な関係があると主張された。

 じつは後になって、サンプルが現代のダチョウのDNAで汚染されていたことが発覚し、研究結果は間違いであることが明らかになっている。

 だがより最近では、7500万年前の恐竜の化石から有機物質を発見したと主張する研究がある。これが本当なら、条件次第でDNAは数千万年という時間を耐えられるのかもしれない。

マンモス
Pixabay

 今回の研究グループのアンデシュ・ゴザーストロム教授は、DNAがそこまで長持ちするとは述べていない。

 それでも従来の説はずいぶんと控えめな推定で、200万〜260万年は耐えられたとしてもおかしくないと考えているそうだ。

 氷に閉ざされた世界には、もしかしたらこれまでの常識よりもずっと古いDNAが眠っているかもしれない。そして永久凍土が解け始めている今、保存状態の良いDNAが続々と発見されていくことになるだろう。

References:World’s oldest DNA reveals how mammoths evolved - Stockholm University/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
永久凍土が解け、毛が残された状態のケブカサイの子供が発見される(ロシア)


5万7千年前のオオカミが永久凍土から発見される。保存状態は完璧(カナダ)


永久凍土に埋まっていた3万2000年前の植物を蘇らせることに成功。その秘密を探る研究が始まる


永久凍土から古代ウイルスが解き放たれ、世界的に流行の恐れありと懸念する科学者(フランス研究)


目覚めさせてしまったようだ。永久凍土がとけて長い眠りから覚醒した生物

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
5850 points
車にぶつかり動けなくなった犬を一晩中励まし続けた仲間の犬、病院にも付き添い治療中もずっと離れず(ブラジル)

車にぶつかり動けなくなった犬を一晩中励まし続けた仲間の犬、病院にも付き添い治療中もずっと離れず(ブラジル)

2021年2月25日
2935540314
2位
5242 points
寒さで凍えている子犬たちを救うため、人間に助けを求めた母犬の物語(セルビア)

寒さで凍えている子犬たちを救うため、人間に助けを求めた母犬の物語(セルビア)

2021年2月23日
2804940319
3位
3293 points
猫が泣いてる!帰らなきゃ!帰省中涙を浮かべている猫の姿が監視カメラに映り予定を早めて帰宅した飼い主

猫が泣いてる!帰らなきゃ!帰省中涙を浮かべている猫の姿が監視カメラに映り予定を早めて帰宅した飼い主

2021年2月28日
4位
2748 points
トヨタが粋な計らい。130台の壮絶な玉突き事故に巻き込まれながらも人々を救った英雄に新車をプレゼント

トヨタが粋な計らい。130台の壮絶な玉突き事故に巻き込まれながらも人々を救った英雄に新車をプレゼント

2021年2月23日
1402580226
5位
2238 points
小さな尊い命が救われる瞬間。火事で心肺停止に陥った2匹の猫に小さな酸素マスクで救命措置(イギリス)

小さな尊い命が救われる瞬間。火事で心肺停止に陥った2匹の猫に小さな酸素マスクで救命措置(イギリス)

2021年2月22日
93213528
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年02月21日 20:50
  • ID:rgmxKglt0 #

×じつは後なって、
〇じつは後になって、

2

2. 匿名処理班

  • 2021年02月21日 21:45
  • ID:mI.qMZ3.0 #

お馬さんの死体がちょっと新しすぎ万年。

3

3. 匿名処理班

  • 2021年02月21日 22:21
  • ID:QjGMdmg40 #

120万年か
つまり120万年程度の期間、そこに大型生物が近寄れなかったくらい寒かったということか

4

4. 匿名処理班

  • 2021年02月22日 00:22
  • ID:0Z6TtxIk0 #

DNA自体はムリでも、そのうちDNAの痕跡から〜とかできるようにならんのかな

5

5. 匿名処理班

  • 2021年02月22日 11:23
  • ID:NgmMmJjM0 #

>>4
DNAはタンパク質で出来てるから厳しいと思う

6

6. 匿名処理班

  • 2021年02月22日 12:11
  • ID:yOBBaD930 #

こういう記事読むとわくわくするけど、同時に恐ろしくなるなぁ。
永久凍土が溶けてる……とか。

7

7. 匿名処理班

  • 2021年02月22日 23:35
  • ID:VY5lYP2u0 #

※5
DNAは核酸やで。糖+塩基+リン酸
タンパクはアミノ酸が部品。

いずれにしても痕跡なんてわけわからんオカルトやが。

8

8. 匿名処理班

  • 2021年02月23日 13:58
  • ID:FTfR4VS.0 #

※6
何が起こるかわからないそういうのを不安というわけで、何が起こるかわかってそれが怖いとすると恐怖って呼びますね。

ま、それはともかくシベリアのツンドラで凍ったマンモスの肉を犬に食わせた話がありましたから、そのうち DNA の全解析もされるかもですよ。恐竜のほうは映画ジュラシックパークで、恐竜の血を吸った蚊が琥珀に取り込まれてという感じでしたね。

9

9. 匿名処理班

  • 2021年02月23日 20:13
  • ID:E19oBXds0 #

※5※7
タンパク質だから!核酸だから!
だからなんなの?意味不明だね

10

10. 匿名処理班

  • 2021年02月24日 17:37
  • ID:99lEO4Q20 #

そっち系の科学者さんは大喜びかもだけど別の科学者さんは戦慄ものでしょうね〜
溶けるならもう永久とは別の名称の方が良くないですかね?

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク