古代マヤの巨大な仮面を発見
古代マヤの巨大な仮面を発見 image by:INAH
 メキシコ、ユカタン半島南東にある小さなウカーニャ村近くの遺跡から、ユニークな彫刻物が発見された。

 それは紀元前300年から紀元250年前に作られたと思われる、けしょう漆喰に彫られた人の背丈ほどもある巨大な顔で、この地域を支配していた古代マヤ文明の仮面の特徴がはっきりと認められたという。
広告

ユカタン半島、ウカーニャで発見されたマヤの仮面

 この巨大な仮面が初めて見つかったのは2017年のこと。メキシコ国立人類学歴史研究所(INAH)が、急速な劣化を防ぐために一時的に埋め戻したりしながら、3年がかりで慎重に復元した。

 分析の結果、紀元前300年から紀元250年の間の古代マヤ文明の先古典時代後期に作られたものであることを突き止めた。
no title
化粧漆喰に彫られた巨大な顔の外観 image by:INAH
 INAHは、このような彫刻の顔は、神、あるいは社会的に高い地位にあった人物の顔を特徴的に表しているのではないかとしている。

 マヤ文明では、大規模な埋め込み装飾彫刻で建物を飾るのはごく普通に行われていたことで、支配者や神の顔を描くことが多かった。

 だが、かつて存在していた多くの彫刻は、跡形もなく破壊されてしまったり、地中深く埋まってしまっていて、まだ発見することができていないものも多く、今回のような巨大遺物の発見は珍しい。

 それでも、似たような漆喰彫刻は、アカンセやイサマルといった村でも見つかっている。ユカタン半島での巨大な顔の発見はこの2ヶ所だけで、ウカーニャでは初めてだ。

 この顔の彫刻は、材質的に脆いことがわかったため、確実に保護するために、今は完全復元したものが埋め戻されている。

 しかし、古代マヤの漆喰彫刻をもっとよく見たい観光客は、アカンセに行けば、"漆喰の神殿"で一般向けに公開されている、マヤの神々に捧げられた彫刻の一部を見ることができる。
1_e1
化粧漆喰に彫られた巨大な顔の外観 image by:INAH

オルメカ文明に影響を受けたマヤ文明

 この巨大な漆喰仮面は、古代マヤ芸術の傑作例といっていいだろう。マヤの神や支配者たちは、彫刻という形で崇められ、マヤの芸術家たちは漆喰だけでなく、石、木、骨、貝、焼成粘土などを材料として使った。

 マヤの人々が、人の顔のようなものを彫刻することに関心を持ち始めたのは、紀元前1000年にさかのぼる。彼らは、紀元前1200年頃から紀元前後にかけてメソアメリカで栄えた、中米最古の文明であるオルメカの影響を受けたと言われている。

 オルメカ族とマヤとの間の接触についてもよくわかっていないが、オルメカがマヤの人々の精神性、信念、慣習、娯楽、さらには芸術スタイルや建築などに影響を与えたことは間違いない。

 オルメカ文明では、重さ数トンもあるような巨石に崇拝する支配者の顔を彫刻したことがよく知られていて、マヤの彫刻家の手による巨大仮面を十分に思わせる。彼らは、マヤ文明を構成するさまざまな小王国の支配者から制作を依頼されていたようだ。

 先古典期後期、ウカーニャで巨大仮面が制作された頃は、まだマヤの社会は小さなものだったが、次第に人口が増え、農耕を営む村へと成長した。

 急激な居住地の拡大が、紀元250年から900年にかけての古典時代にこの地域を支配するようになったマヤの大都市化の萌芽となった。

 ウカーニャの巨大仮面のように、実寸よりも大きな芸術作品を創るようになったのは、自信や野心が出てきた社会の表われだろう。
2_e1
化粧漆喰に彫られた巨大な顔の外観 image by:INAH

現代人を魅了するマヤ文明の遺物

 その最盛期には、マヤはメキシコ南部や中央アメリカの広範囲にわたって、政治的にも文化的にも他を凌駕するようになっていた。

 彼らは何世紀にもわたって、こうした支配力を維持していたが、スペイン人の征服がもたらした崩壊によって、内部から衰退していった。

 現代でも、マヤ人はかなりの数がいるが、その遠い祖先が作り上げた偉大な文化は、遺物や建築といった形でしか残されていない。

 ウカーニャの巨大仮面のような驚くべき発見があっても、彼らの文化や制作者のことは詳しくはわからない。

 しかし、彼らはマヤ社会が変革しつつあった過渡期の文化的進化の担い手として機能していたのは確かだろう。

 そのおかげで、マヤ社会は、ささやかな農耕の民というルーツから決別し、多様で野心的な都市文化として成功するようになり、偉大な文明や帝国がそうであるように、最終的には滅ぶ運命に向かった。

 もちろん、先古典期から古典時代へ移行する間にマヤ人が体験したことは、ヨーロッパやアメリカ、世界中のその他の地域が体験した進化的変革と同じだろう。

References:conservacion.inah / livescience / ancient-origins/ written by konohazuku / edited by parumo
あわせて読みたい
メキシコ沖の沈没船は捕らえたマヤ人を運ぶ奴隷船だったことが判明(メキシコ)

まだたくさんある。我々が古代マヤの人たちに教わること

古代マヤ文明の巨大都市が放棄された理由が判明か、飲み水が毒物に汚染されていた証拠が発見される(米研究)

マヤ文明時代に作られた都市へとつなぐ長さ100kmもの白い道、最新のレーダー技術で明らかに

古代マヤには農地の巨大なネットワークが構築されていた。最新のライダー走査技術で明らかに

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年02月03日 20:38
  • ID:5N7RyBFO0 #

人間山脈、ひとり民族大移動、アンドレ・ザ・ジャイアントの登場だぁ !

2

2. 匿名処理班

  • 2021年02月03日 20:48
  • ID:FRT50fiS0 #

ジョジョの出番や
柱の男が復活するフラグ

3

3. 匿名処理班

  • 2021年02月03日 20:51
  • ID:YLRZVva.0 #

血は命なりッ!

4

4. 匿名処理班

  • 2021年02月03日 21:57
  • ID:REM8eKq30 #

オサ! オサ!

5

5. 匿名処理班

  • 2021年02月03日 22:17
  • ID:2bS6VmY60 #

そうだな……「メキシコに吹く熱風!」という意味の
「サンタナ」というのはどうかな!


って皆さんどんだけジョジョ好きなのよ。

6

6. 匿名処理班

  • 2021年02月03日 22:19
  • ID:WmNgm.2.0 #

五神ロボが入ってるんだ

7

7. 匿名処理班

  • 2021年02月03日 23:06
  • ID:B6rJ2lHR0 #

その名を太陽の民アステカ!

8

8. 匿名処理班

  • 2021年02月03日 23:34
  • ID:gQmjiUEy0 #

おれは人間をやめるぞ!ジョジョーーッ!!

9

9. 匿名処理班

  • 2021年02月03日 23:56
  • ID:RsOghGg80 #

コメント欄が思っていたとおりの流れで嬉しい

10

10. 匿名処理班

  • 2021年02月04日 07:30
  • ID:fx.iBF980 #

脳内で「URYYYYYYYYYYYYYYYYYY!」という声が聞こえた気がした

※5
jojoを見るために毎週ジャンプを楽しみにしていた現役世代ですので

11

11. 匿名処理班

  • 2021年02月04日 09:53
  • ID:cCddCd8i0 #

昔、ファッションモデルで活躍してたマヤ、今はいずこに。

12

12. 匿名処理班

  • 2021年02月04日 10:20
  • ID:zK9.tn3p0 #

カーズ様復活するんか

13

13. 匿名処理班

  • 2021年02月04日 11:29
  • ID:nxFj0Uq50 #

化粧漆喰って何かなと調べたら、モルタルの事ね。

14

14. 匿名処理班

  • 2021年02月04日 13:53
  • ID:G.9CJH2F0 #

…案の定※欄がジョジョネタの嵐で大草原。

15

15.

  • 2021年02月07日 11:34
  • ID:UPueBiO.0 #
16

16. 匿名処理班

  • 2021年02月13日 16:52
  • ID:88zT3yPK0 #

オルメカっていうとエステバン思い出す

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING