ヘロディウム要塞宮殿
ヘロディウム要塞宮殿/iStock
 共和政ローマ末期からローマ帝国初期にユダヤ王国を統治したヘロデ王の要塞宮殿「ヘロディウム」遺跡の未公開部分が、12月13日、初めて一般公開された。

 ヘロデ王の埋葬地でもあるヘロディウムは人気の観光地で、今回公開されるのは、アーチ型の階段やホワイエ、劇場などが含まれている。
広告

要塞宮殿「ヘロディウム」

 王族ではないがユダヤの王として認められヘロデ朝を創設したヘロデ王はエルサレム神殿の大改築を含む多くの建築物を残した。だが、猜疑心が強く身内を含む多くの人間を殺害した。息子たちと区別してヘロデ大王とも言われている。

 ヘロデ王に関しては後述することとして、彼が贅の限りを尽くして作り上げた広大な要塞宮殿「ヘロディウム」は、エルサレムから南へ10キロのユダヤ砂漠にあり、人工的に作られた円錐状の巨大な丘のてっぺんに鎮座している。

 奴隷の労働力で建てられたこの壮麗な要塞宮殿は、地面よりもかなり高い場所に建造することによって、ヘロデ王やその護衛軍隊が周辺の砂漠を360度見渡せるようにした戦略的な建造物だ。
1_e17
 今回、新たに公開されたのは、ヘロデ王のプライベートな接待用特別室、カエサル・アウグストゥスの右腕であるマルクス・アグリッパのような要人を迎えるための大ホワイエ、アーチ型階段、家族や友人、要人など限られた人間だけがギリシャ劇などを楽しんだプライベート劇場などだ。

 ヘロディウムを訪れた者は、鮮やかで複雑なモザイク模様の床、大理石のような模様の極彩色フレスコ画など、驚くほど保存状態のいい遺物を見ることができる。
2_e14
ヘロディウムのモザイク床 image credit:yoav dothan / WIKI commons

ヘロディウムに埋葬されたヘロデ王

 ヘロデ王は、ユダヤじゅうに似たような多くの要塞を建設しているが、ヘロディウムはとくにお気に入りだった。長く苦しい病の末、亡くなったが、希望どおりヘロディウムに埋葬された。

 そして、永遠の眠りの場所を守るために、丘の上のこの要塞宮殿全体を土で埋めてしまうよう命令していた。彼は間違いなく、ここが毎年たくさんの称賛者が訪れる聖地になるだろうと期待していたようだ。

 実際は、誰もヘロデ王の墓を聖地とはみなさなかった。ここに押し入って、遺物を盗んだ破壊者以外は、ほとんど訪問する者もいなかったようだ。見捨てられ忘れ去られていたが、1962年に始まった発掘調査からずいぶん年月がたった2007年、ヘロデ王の墓が初めて発見された。
VISITING HERODIUM - Ruins of King Herod's Palace in Israel

 ヘロデ王が宮殿を埋めるよう決めたのは、虚栄心からだったのかもしれないが、そのおかげで、風、太陽、雨などの浸食から守られ、ヘロディウムは瓦礫にならずに済んだといっていいかもしれない。

 宮殿を発掘した考古学者たちは、砂漠という過酷な環境の中、2000年以上の年月がたっているにもかかわらず、内装も外装も保存状態が良くほとんど損なわれていないことに驚愕したという。

 「ポンペイの溶岩に覆われて保存された遺跡に比べても、ほかに類を見ない考古学研究室といえます」発掘チームのメンバーで、ヘブライ大学の考古学者ロイ・ポラット氏は言う。

憎しみの専制政治君主、ヘロデ王

 ヘロデ王は、ユダヤを独立させたマタティアとその息子たちの子孫であるハスモン朝(アサモナイオス家)が身内の争いで王座が空位となった際、ローマ元老院によって王族ではないがユダヤの王として認められヘロデ朝を創設、紀元前4年まで統治した。

 その政治スタイルは残忍かつ抑圧的で、とくに晩年はそれが顕著だった。彼は、建物を壮大に拡張するのが好きで、エルサレム周辺の景観を作り直し、時の試練に耐えうる石の遺産を残した。

 野心的なインフラ建設プロジェクトと同様、記念碑的建造物の建造工事は、多くの雇用を生み出し、地元の経済に多額の金を落とした。

 それでも、彼は自分が統治したユダヤの人たちから、ローマ帝国の抑圧的で過酷な政策の象徴として嫌われた。ほとんどの歴史家は、ヘロデ大王の幼児虐殺の話を神話の領域として限定しているが、彼の支配方法が残忍で暴力的だったことは間違いないだろう。

 自分の偉大さを記念するモニュメントを建てることに没頭したヘロデ王のこだわりは、残酷な支配を行った権威主義者として、その行動を暴走させた誇大妄想の結果であることがよくわかる。
00_e4
ヘロデ王 image by:public domain/wikimedia

常に不安におびえていたヘロデ王

 ヘロディウムを訪れた者は、ヘロデ王が個人的に好んだ芸術や建築を目の当たりにすることになるが、それはまた王の不安の深さとその性質を示す、重要なものも表わしてもいる。

 まわりには兵士や役人、追従者が常駐する小さな村があるだけで、ほかには何もない砂漠のど真ん中、周辺が丸見えの近づき難い高みに建設されたヘロディウムは、王の心に深く根差した反乱、侵略、暗殺の恐怖を反映しているといえる。

 ヘロデ王は、ユダヤの人々が自分のことをどう思っているか、はっきりわかっていた。自身の残酷で頑なな支配の結果から、しっかり身を守るための緩衝材として、ヘロディウムは建設されたのだ。

 ヘロディウムは、人間のすばらしい芸術的視野や達成能力の証だが、専制政治の象徴碑でもあり、そこから生まれた民衆の深い不信感と断絶の表われでもある。

 現実には、ヘロデ王は民が王を怖れるのと同じくらい、自分の民を深く怖れた。それにはもっともな理由があったのだ。

References:ancient-origins/ written by konohazuku / edited by parumo
追記:(2020/12/23)本文を一部訂正して再送します。

あわせて読みたい
ジュリアスシーザーが殺害された場所が2021年、ついに一般公開に!(イタリア)

3500年前の失われた宮殿がダムの底から発掘される(イラク)

マヤ文明最大にして最古の遺跡が発見される。考古学史が覆る可能性も(メキシコ研究)

遺体捜索犬が大手柄!紀元前8世紀の墓を発見(クロアチア)

アルカトラズ刑務所の地下に隠された要塞が発見される(アメリカ・アルカトラズ島)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年12月22日 22:34
  • ID:V2hgkhwZ0 #

どういうこと?

2

2. 匿名処理班

  • 2020年12月22日 22:45
  • ID:E3.Z.eX00 #

トップの画像見て「こんなすごい建物を作らせた王様は自信に満ち溢れていたに違いない!」って思ったらそうでもなかったのか……虚栄心と搾取の産物がメッチャ時を経た今やっと、王様が望んだように賛美する人達が集うようになったのちょっと面白いな

3

3. 匿名処理班

  • 2020年12月22日 23:19
  • ID:Y83eHKtX0 #

紀元前15世紀?

4

4. 匿名処理班

  • 2020年12月23日 00:41
  • ID:CN3zxRBe0 #

ヘロデニア3世
「行け!ヘドロン!!」

5

5. 匿名処理班

  • 2020年12月23日 01:54
  • ID:IfRf0Dxm0 #

※3
紀元前15年だね。

ヘロデ大王は、イエス・キリスト(ユダヤの新しい王となる子)が生まれたと聞いてベツレヘムの男児をすべて殺そうとした「幼児虐殺」の逸話が有名。
あと伝承で、洗礼者ヨハネの首を求めたサロメはヘロデ大王の孫だか曾孫にあたる。

6

6. 匿名処理班

  • 2020年12月23日 02:33
  • ID:LP3SpFI20 #

なるほど つまりあんまり立派なお墓に入ると3000年くらい後にアトラクションとして公開されちゃうってことか
気をつけようっと

7

7. 匿名処理班

  • 2020年12月23日 04:15
  • ID:XuhP7LxL0 #

それにしてもユダヤの歴史の根の深さは凄まじい…
一体何がそれを引き起こすのか。東洋人である我々には
理解の及ばないことなのか。

8

8. 匿名処理班

  • 2020年12月23日 05:30
  • ID:Iysx73.J0 #

紀元前15世紀(誤記?)で混乱したけど、
聖書でキリストが生まれる前後に圧政を敷いていたとされるユダヤの王様がこの人の事なのね

9

9. 匿名処理班

  • 2020年12月23日 07:37
  • ID:hwhGRGgI0 #

>>2
父親も権力闘争で謀殺され、自分も実力を示したら狙われ、外国に亡命したり上手いこと戻って来れたけどまた権力闘争に巻き込まれて…ってやってたら仕方ないと思うなあー。

10

10. 匿名処理班

  • 2020年12月23日 09:51
  • ID:mdjomU.E0 #

嫌われていた設定だけど死後言いつけを守って宮殿が埋められたということは、死んでも言いつけを守る部下はそれなりにいたということか。

11

11.

  • 2020年12月23日 11:26
  • ID:rmNPH4j.0 #
12

12. 匿名処理班

  • 2020年12月23日 12:17
  • ID:DR99H6ps0 #

ユダヤ人とひとまとめにするとややこしいけど
ヘロデは当時からイスラエルに住んでたユダヤ人からは簒奪者として嫌われてたけど
イスラエルの領域外にいたいわゆるヘレニストユダヤ人からは名君として慕われてた

13

13. 匿名処理班

  • 2020年12月23日 13:37
  • ID:BFQKsxFC0 #

>>(アグリッパは紀元前15世紀にヘロデ王を訪問している)

マルクス・ウィプサニウス・アグリッパ(ラテン語: Marcus Vipsanius Agrippa, 紀元前63年 - 紀元前12年)

アグリッパが生きていた時代とヘデロ王を訪問した時代が1500年程度過去にずれてませんか?

14

14. 匿名処理班

  • 2020年12月29日 20:45
  • ID:ksxg5T7J0 #

レインボーマンネタはここじゃ通じねンだわ・・・

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING