重力は遺伝子に影響を与える
重力は遺伝子に影響を与える /iStock
 地球とは全く異なった環境にある宇宙。やはり宇宙への進出は生物の変化をうながすのだろうか? 国際宇宙ステーションに滞在した線虫の体内では、1000近くもの遺伝子が変化したそうだ。

 NASAや英エクセター大学をはじめとするグループが『iScience』(11月25日付)で発表した研究は、長期間微重力にさらされると、遺伝子レベルで細胞が変化することを示唆している。

スポンサードリンク

国際宇宙ステーションに持ち運んだ線虫の遺伝的変化

 今回実験台となったのは、「カエノラブディティス・エレガンス」というモデル生物として広く利用されている線虫だ。

 これを国際宇宙ステーションに持ち込み、数週間ほど微重力環境で飼育。その後、地球に残されたものや遠心分離機で強い重力にさらされたもの(違いを際立たせるため)と比較した。

 その結果、ほとんどの変化は軽微なものだったが、神経細胞の機能や細胞代謝に関連するもっと重大な遺伝的変化もいくつか観察されたという。
1_e0
iStock

無重力が人体に与える影響

 じつは宇宙に長期間滞在すると、健康に悪影響が出ることが知られている。たとえばこれまでの観察では、脳の体積や形状の変化、筋肉・心臓細胞・腸などへの影響が確認されている。

 線虫の実験で観察された変化は、宇宙に滞在した宇宙飛行士で観察された分子的・生理学的な変化に似ていたという。

 「こうした変化は、宇宙飛行で体に悪影響が出る理由を説明できるかもしれません。それだけでなく、現在深宇宙の探索を妨げる大きな障害であるこうした健康への影響を和らげる治療のヒントにもなります」と、英エクセター大学のティモシー・エサリッジ氏は話す。

 宇宙が人体に与える影響を克服する第一歩は、まずその分子レベルでのメカニズムを理解することだ。今回の発見は、哺乳類や人間が受ける影響を解明するための基礎になるだろうと研究グループは述べている。

References:upi / eurekalert/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
地球に帰還した宇宙飛行士のDNAに恒久的な変化が生じたことが判明(NASA)

宇宙服なしで宇宙空間に放り出されると何が起きるのか?

いびきが治る?爪がはがれる?宇宙空間で人体に起こる9のこと

筋肉を強化したマイティー・マウスが宇宙から地球に帰還(NASA)

人類は火星で生き残れるのか?最大の難関は宇宙放射線。そのリスクは未知数(世界研究)

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
7944 points
「私を召喚したのは貴様か?」っていう感じでソファの隙間から登場した猫

「私を召喚したのは貴様か?」っていう感じでソファの隙間から登場した猫

2021年4月26日
2位
5078 points
猫のいる職場はいかが?こんなスタッフがいたら絶対に通っちゃう!働く猫たち総集編

猫のいる職場はいかが?こんなスタッフがいたら絶対に通っちゃう!働く猫たち総集編

2021年4月29日
3位
5033 points
ホームレスを減らしたいスイス、片道のヨーロッパ行き切符を無料で提供し国から出て行ってもらう政策を実施

ホームレスを減らしたいスイス、片道のヨーロッパ行き切符を無料で提供し国から出て行ってもらう政策を実施

2021年5月3日
4位
4835 points
母親を亡くしたホッキョクグマの子、炭鉱作業員に救助され、子犬のようになつく(ロシア)

母親を亡くしたホッキョクグマの子、炭鉱作業員に救助され、子犬のようになつく(ロシア)

2021年5月1日
2684516546
5位
3989 points
小さくても大きな生きる意志があった。栄養失調で被毛を食べて生き延びていた子猫が美しい三毛猫になるまでの物語

小さくても大きな生きる意志があった。栄養失調で被毛を食べて生き延びていた子猫が美しい三毛猫になるまでの物語

2021年4月29日
2663702318
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年12月01日 20:52
  • ID:LQ0HSxcQ0 #

自然界には4つの力がありますが、宇宙というレベルでは、(実際はいちばん弱い力である)重力がほぼすべてを支配しています。
仮に火星に人間が移住したとしたら、その軽い重力のために、火星で産まれた子供たちは、極めて骨が細く、凄まじく背が高い大人に育っていくでしょう。
仮に軽重力のために遺伝子の変化も促進するのであれば、何代か重ねたら、地球に暮らす人間とは大きく異なった「火星人」になるかもしれませんね。
無重量の宇宙船内では(無重力ではなく、無重量です。「無重力」というのは物理的にありえません)、人間は成長することができません。それどころか、出産も、性交もそのままでは不可能ですね。SFなどでよく描かれているように、遠心力などを用いて人工的に重量を作り出す必要がありますね。

2

2. 匿名処理班

  • 2020年12月01日 20:56
  • ID:Lap6GeRt0 #

3群の比較なんだけど『その結果、ほとんどの変化は軽微なものだったが、神経細胞の機能や細胞代謝に関連するもっと重大な遺伝的変化もいくつか観察された』とは???

地上に対して無重力群の変化しか述べてない、それも曖昧なもの。
変化があったならその頻度や、具体的にどういうものかを書いて、それによる形質や性質の変化がどう現れたのかまで書かないといけないのでは。

まだ発表段階に無いとかいいそうだけどね。

3

3. 匿名処理班

  • 2020年12月01日 21:00
  • ID:g7q8ideL0 #

重力なんて普段意識しないけど最強レベルで影響与えてるんだから当然と言えば当然。

4

4. 匿名処理班

  • 2020年12月01日 21:00
  • ID:4fMgjumx0 #

ニュータイプは”アリ”な話か?

5

5. 匿名処理班

  • 2020年12月01日 21:03
  • ID:jIKrCUQX0 #

ガンダムで見た
それがニュータイプってことだろ

6

6. 匿名処理班

  • 2020年12月01日 21:05
  • ID:T.sEIomH0 #

えぇ…

7

7. 匿名処理班

  • 2020年12月01日 21:26
  • ID:9yeXJgD30 #

ニュータイプが出現した理由が分かった気がする。

8

8. 匿名処理班

  • 2020年12月01日 21:44
  • ID:9LT4nvGh0 #

地球軌道上や月程度ならともかく深宇宙まで探索するなら宇宙人にでもならなきゃ無理

9

9. 匿名処理班

  • 2020年12月01日 21:46
  • ID:Z8MsXArH0 #

ガンダム風に言うなら、「エレガントじゃない」

10

10. 匿名処理班

  • 2020年12月01日 22:29
  • ID:Ua4OCvQp0 #

超能力の発現はないが、宇宙に行った人が皆平和主義者になって帰ってくる、というのはあるらしい(又聞き)

11

11. 匿名処理班

  • 2020年12月01日 22:37
  • ID:BVjiUJZP0 #

富野由悠季の先見性よな

12

12. 匿名処理班

  • 2020年12月01日 22:50
  • ID:fygexFGu0 #

放射線の影響じゃないんだね?

13

13. 匿名処理班

  • 2020年12月01日 22:54
  • ID:6ZBwVviY0 #

宇宙線でDNA傷ついて複製時に変異起こってるんじゃ…?
施設の中とはいえ重力以外の環境違うから一概に重力のせいとは言い切れないのではと思った

14

14. 匿名処理班

  • 2020年12月02日 00:12
  • ID:Etuc7lII0 #

※2
ちょwww
原著論文読んで原著www
supplementに比較した遺伝子の完全なリストあるからwww

15

15. 匿名処理班

  • 2020年12月02日 02:04
  • ID:NH4dnWJ30 #

>>1
なんて言ったらいいか分からないけど…
場所や条件の制約が無いぶん単一の力は弱いけど幾らでも重ねられる、束ねられるイメージですね重力は。

16

16. 匿名処理班

  • 2020年12月02日 02:32
  • ID:zY30AQOj0 #

つまり重力の井戸から出たCエレガンスのニュータイプってワケか。意外に知られていないけど、バイオマスベースで考えると地球は「線虫の惑星」らしい。連中が知性なんぞ持った日には人類の終焉だろうな〜

17

17. 匿名処理班

  • 2020年12月02日 03:15
  • ID:lOv9QfUG0 #

遠心分離機に入れられた強い重力下の方が変化したのでは・・・?

18

18. 匿名処理班

  • 2020年12月02日 04:30
  • ID:pNqQ2C310 #

1000前後しか細胞数がない線虫の1000近くで変化が起きたら全く別の生物やん( ´・ω・)
合ってるんか?

19

19. 匿名処理班

  • 2020年12月02日 08:31
  • ID:Nz99PCuv0 #

新生バイド帝国の誕生である

20

20. 匿名処理班

  • 2020年12月02日 09:40
  • ID:W4O2LsMM0 #

進化して100年後に
宇宙最凶生物になって
地球に戻ってくるんだ。

堀内孝雄「センチュー!」

21

21. 匿名処理班

  • 2020年12月02日 09:51
  • ID:.OE8Ej110 #

>>1
そういえば昔火星人の生まれ変わりと称するロシアの少年だかがいたな。あの子は火星人は背が高く影のような姿をしていたとか言ってたな。後火星の地下に住んでるらしい。

22

22. 匿名処理班

  • 2020年12月02日 09:52
  • ID:.OE8Ej110 #

>>19
地球に帰りたそう

23

23. 匿名処理班

  • 2020年12月02日 10:18
  • ID:EcQ.DWle0 #

※20
そして地球環境に再適応するのに100年掛かるオチ

24

24.

  • 2020年12月02日 12:44
  • ID:dmcjrgoW0 #
25

25. 匿名処理班

  • 2020年12月02日 21:45
  • ID:Z5anln8r0 #

※18
細胞数と遺伝子の分子数を混同してる・・・

26

26. 匿名処理班

  • 2020年12月03日 10:05
  • ID:u1JlHsxm0 #

宇宙でのヒトの繁殖実験もやればいいのに

27

27. 匿名処理班

  • 2020年12月03日 14:24
  • ID:MuV5SCPK0 #

※1
重力というか、加速度ですね。私達は地球の表面で地球の中心に向かって 1G の加速度を受ける環境で暮らしています。だから、遠心力によって 1G の加速度の環境で実験するとよさそう、あるいは 10G とかの高い重力相当も参考になるでしょうね。
でも、私は ※12 のおっしゃる宇宙線(かなりの高エネルギー)の影響をどう排除したのか、そこが気になります。宇宙線(いわゆる放射線)を浴びて、発がん率とか高くなっているハズで、宇宙飛行士はその辺のリスクを容認して行っているハズ。線虫の死亡率や変異率とかいろいろ気になるところがありまくりですが、元の論文読んでなくて……、時間取って読んでみたいな

28

28. 匿名処理班

  • 2020年12月03日 22:21
  • ID:wlrft0rp0 #

※2
確かにイマイチ不明だったので原文を読んでみると
遺伝子変化が顕著なのが超重力化となっていた、重力が強いほどに変化が大きいということだけど
1つ1つは何? というのはなかなか再現性が無かろうと思う、いろいろ列挙してあったけど
何の遺伝コードか不明な領域の変化も記されていたよ
また無重力超重力いずれであっても変化のベクトルに違いはなく一致しているとなっていた
要するに変化は通常重力とそれ以外の区別しかない

無重力下にて変化が大きいのが蛋白質形成(抗体とか低下する)とニューロンの代謝と記されていたが
しかし、それが遺伝子由来かというとニューロンの場合は違うのではと示唆されていたよ

個人的にはウイルスと生物での変化の違いを知りたいかな

29

29. 匿名処理班

  • 2020年12月04日 01:33
  • ID:fkmjOyeN0 #

※28
ちょwww
もっとwwwちゃんとwww読んであげてwww
Summaryってとこだけでいいからwww
頑張って論文書いた人カワイソスwww

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク