動物の第六感「磁覚」と細菌の関連性
動物の第六感「磁覚」と細菌の関連性 / Pixabay
 一部の動物には「磁覚」という第六感が備わっていることが知られている。これがある動物は地磁気を感じることができ、それによって自分の居場所を把握する。

 たとえば、渡り鳥はときに数万キロに達する長距離を迷わずに移動できるし、ウミガメも遠く離れた海から産まれ故郷の浜辺に帰ってくることができる。

 こうした動物の驚異的なナビゲーション能力は、この磁覚のおかげだとも考えられている。さてこの磁感だが、どのように獲得しているのかは謎のままだった。

 新たなる研究では、地磁気の影響を受ける特殊な細菌と動物が共生することで得られている可能性が示唆されている。
広告

なぜ地磁気を感じ取ることができるのか?正体不明の磁覚

 一部の動物に備わっている磁感だが、一部の人間にも備わっている可能性もあるようだ(関連記事)。

 私たちにも備わっているならばぜひとも活用してみたい磁覚だが、じつは具体的にどのように機能しているのか謎に包まれている。

 磁感は「受容体のない感覚」であり、その機能をはたす磁覚器官の構造はおろか、そもそもどれがその器官なのかも特定されていない。

 米セントラル・フロリダ大学の生物学者ロバート・フィタック氏によれば、「感覚生物学の最後のフロンティアの1つ」で、それを突き止めるのは「ワラの中にある針」を探すように難しいのだとか。
渡り鳥
Pixabay

細菌との共生関係によって生じている可能性

 そこでフィタック氏は、地磁気の影響を受ける特殊な細菌との共生関係によって磁覚が生じるという「共生走磁性細菌仮説」を提唱している。

 その「走磁性細菌」と呼ばれる仲間は、地磁気を浴びると、まるでコンパスの針のようにそれに沿って動き出す。こうした不思議な性質が、動物の体内の中で作用して磁覚が生じるというのだ。

 フィタック氏らが共生走磁性細菌仮説を提唱したのは以前のことだが、『Philosophical Transactions of the Royal Society B』(8月10日付)に掲載された研究ではそれを裏付ける新しい証拠を提示している。
king-penguin-326746_640
Pixabay

様々な動物から走磁性細菌を検出

 フィタック氏氏のグループは、「MG-RAST」という細菌に関する最大級の遺伝子データベースを参照して、過去に動物の体内で走磁性細菌が発見されたことがないか調べてみた。

 するとペンギン、アカウミガメ、コウモリ、タイセイヨウセミクジラなど、様々な動物から走磁性細菌が見つかっていることが明らかになったという。

 たとえばペンギンやアカウミガメなら「Candidatus Magnetobacterium bavaricum」が、コウモリやタイセイヨウセミクジラのような哺乳類なら「Magnetospirillum」や「Magnetococcus」の走磁性細菌が定期的に見つかっているとのこと。

 こうした動物の体内のどこに走磁性細菌が潜んでいるのか不明だが、目や脳のような神経組織と関連していると推測されている。

 好む好まないにかかわらず、動物はもちろん人間も様々な細菌と共生関係にある。そして共生している細菌は人によってそれぞれだ。

 一部磁覚を持った人間も、あるいは特殊な細菌を持っている可能性もあるということか。なかなか興味深い話だ。
Symbiotic magnetic sensing: raising evidence and beyond | Philosophical Transactions of the Royal Society B: Biological Sciences
https://royalsocietypublishing.org/doi/10.1098/rstb.2019.0595
References:phys/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
第六感なのか?一部の人間の脳は地球の磁場を感じることができる(米研究)

人間には病気を察知する不思議な第六感がある。それは写真からでも見分けられる。(スウェーデン研究)

なぜ犬はうんちっちをする前にグルグル回るのか?体を地球の磁場に合わせていたことが判明(共同研究)

あなたは感じる?人によっては地球の磁場を感知できることが判明(米研究)

あなたは一人じゃない。誰の顔で家族で暮らしている「顔ダニ」に関する事実(顔ダニ出演注意)

うつ病と腸内細菌の関連性が発見される(ベルギー研究)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年09月24日 09:33
  • ID:3zIJglFJ0 #

まさにサイキック

2

2. 匿名処理班

  • 2020年09月24日 09:50
  • ID:W4Bbk09O0 #

バオー来訪者みたいな感じ

3

3. 匿名処理班

  • 2020年09月24日 09:58
  • ID:05IB4Xn70 #

細菌凄い!! ヒトも食欲とか感情とか腹の虫に操られているらしいし
ヒトも他の生き物も単なる個体ではなく生命活動の集合体なんだな

4

4. 匿名処理班

  • 2020年09月24日 10:08
  • ID:wZkRKbRF0 #

最近、わかりました。

5

5. 匿名処理班

  • 2020年09月24日 10:12
  • ID:0mkAJaav0 #

死人が見えるという、映画の「The Sixth Sense」も、もしかして細菌のおかげだったりして

6

6. 匿名処理班

  • 2020年09月24日 10:30
  • ID:QDrt6yuo0 #

最近気づきました

7

7. 匿名処理班

  • 2020年09月24日 12:19
  • ID:3qnIxJM80 #

地震が起きる前に耳鳴りがする

8

8. 匿名処理班

  • 2020年09月24日 12:26
  • ID:H2cG9Nej0 #

※2
『根掘り葉掘り』……ってよォ〜〜〜〜〜

『根を掘る』ってのは わかる………

スゲーよくわかる

根っこは土の中に埋まっとるからな…

だが『葉掘り』って部分はどういう事だああ〜〜〜〜〜〜っ!?

葉っぱが掘れるかっつーのよーーーーーーーーッ!

ナメやがって この言葉ァ 超イラつくぜぇ〜〜〜〜ッ!!

9

9. 匿名処理班

  • 2020年09月24日 12:33
  • ID:mImNWdea0 #

フォースにおけるミディ・クロリアンということですな。

10

10. 匿名処理班

  • 2020年09月24日 13:06
  • ID:AEoZAZIC0 #

人間の体内にもいればいいのになあ、と思ったけど
身の回りの電化製品が壊れたら困るからやっぱいいや

11

11. 匿名処理班

  • 2020年09月24日 13:28
  • ID:G5nxc9JV0 #

その細菌を移植されたアメコミヒーローとか出ちゃうんでしょ?

12

12.

  • 2020年09月24日 14:31
  • ID:rep819Bi0 #
13

13. 匿名処理班

  • 2020年09月24日 14:39
  • ID:8ywPuDDc0 #

懐かしのブラウン管TVから回収した電気回路程度でも電波は発信してるから
自律神経失調症に陥った患者に体内細菌の走磁性を電波で調節すれば回復or悪化する可能性が?

14

14. 匿名処理班

  • 2020年09月24日 17:10
  • ID:Ieudfes90 #

「腸内細菌が人の意思を決定してる」みたいな話も好き

15

15. 匿名処理班

  • 2020年09月24日 19:28
  • ID:zmeSx5qW0 #

菌のしらせ

16

16. 匿名処理班

  • 2020年09月24日 22:29
  • ID:5P9BbP.G0 #

最近なんかいろんな生き物についてのメカニズムがなんでもかんでも細菌頼りになってる気がする。
あれも細菌のおかげ、これも細菌のおかげみたいな。

17

17. 匿名処理班

  • 2020年09月24日 23:40
  • ID:M8Z6Hebo0 #

まさに「蟲(むし)の知らせ」

昔の人は感覚的に分かっていたという話かな

18

18. 匿名処理班

  • 2020年09月25日 11:30
  • ID:UhwvulCB0 #

紛らわしい
第六感じゃなくて磁覚と最初から書きゃあ…

19

19. 匿名処理班

  • 2020年09月26日 03:42
  • ID:l1.jKHuO0 #

最近、方向音痴を改善する細菌が見つかったのはここですか?

20

20. 匿名処理班

  • 2020年09月26日 12:08
  • ID:iBze0DO60 #

※17
腹の虫がおさまらない
虫の居所が悪い

なんて言い回しもあるね。

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING