47匹のヒナの面倒を見るカナダガン
47匹のヒナの面倒をみているカナダガンのカップル image credit:Mike Digout/Facebook
 動物界では、我が子以外にも無償の愛情を注ぐ個体が多く確認されている。時にそれは種の垣根まで超えるほどで、我々に驚きとともに感動を与えてくれるわけだが、カナダでも非常に珍しい光景が目撃されたようだ。

 カナダのサスカチュワン州の川沿いを散歩していた男性は、ある日たくさんのヒナを連れたカナダガンを発見した。

 日を追うごとにその数は増えていき、数えてみたところ、ヒナの数はなんと47羽!どうやらそのカナダガンのつがいは、我が子のみならず、他のカナダガンの子供たちも全員お世話をしていることに気が付いたという。
広告

たくさんのヒナを世話するカナダガンを目撃

 カナダのサスカチュワン州サスカトゥーンに住むマイク・ディガウトさんは、コロナの影響で自宅ワークに切り替えて以来、自宅近くのサスカチュワン川沿いをよく散歩するようになった。

 自然写真家でもあるディガウトさんは、川沿いに住む野生生物たちを観察し、写真に収めていたが、ある日巣作りを始めようとしているカナダガン(カナダガモ)に目を留め、興味をそそられて観察を続けることにした。

 5月に最初の群れのヒナが孵化したことを知ったディガウトさんが、ビーバーが川岸にやって来るのを待っている間、カナダガンにも注目し続けていると、1羽の成鳥がかなりたくさんのヒナを連れていることに気付いた。
  数えてみたところヒナの数は16羽。やけに子だくさんだなと思ったディガウトさんだが、その後も毎晩川辺に行って観察を続けていた。

 するとヒナの数がどんどん増えてきてるじゃないか!

カナダガンのカップルは、47羽のヒナの面倒を見ていた

 5月21日には16羽だったヒナの数が、25羽、30羽となり、6月後半にはなんと47羽にも増えていた。どう考えても全員自分の子じゃないということに、ようやく気が付いたディガウトさん。

 成鳥は2羽いる。カップルなのかもしれない。2羽はどの子も分け隔てなくお世話をし、子育てにいそしんでいた。

 他の親から生まれたヒナたちをまとめて面倒を見ていたようだ。大人2羽で47羽のヒナの面倒をみるって結構大変なことなんじゃない?

 チョロチョロと動き回る黄色く小さなヒナたちは、まるで足の生えたテニスボールのようにも見えて、当初はカナダガンにあまり興味がなかったディガウトさんだが、そのキュートさにすっかり参ってしまったという。

 2羽のカップルは、辛抱強く、かつ完璧に、愛情たっぷりでヒナたちの面倒をみていたという。その光景は、ディガウトさんのFacebookでシェアされている。

ヒナは3つの家族に分かれ、現在カップルは25羽のヒナを子育て中

 ちなみに、その後ヒナたちは3つの家族に分かれていったが、このカップルは、今でも25羽のヒナたちの面倒を見ているそうだ。
 ヒナが成長して南に旅立つ時まで、親鳥は安全に子供たちを守っていくのだろう。動画にはすっかり大きくなったヒナたちが泳ぐ姿が収められている。

 カナダガンってヒナの子育てを、他の親がまとめて行う習性とかあるのだろうか?このカナダガンのカップルだけ特別なのだろうか?

 カナダガンに凄く興味がわいてきた。
written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
溺れているところを助けたカナダガンのヒナ。すっかり懐いて2年後の今は完全なる彼女気取り(アメリカ)

死が二人を分けた後も... 交通事故で死んでしまった夫を3ヶ月間必死に探し続けるカナダガンのメス(アメリカ)

「久しぶり!孫を連れて帰って来たよ!」渡り鳥であるカナダガンの一家と仲良くなった女性

ガチョウだって助けてくれた恩を忘れない。定期的に会いに来て一緒に湖上で遊ぶ、人間とガチョウの絆

ちょっと通りますよっと!ガチョウが団体さんで家の中を横断する風景(アメリカ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年07月20日 14:35
  • ID:qOI8s5FR0 #

ベビーシッターかな?

2

2. 匿名処理班

  • 2020年07月20日 14:40
  • ID:4yJFYcZe0 #

カイツブリの一種では親同士の縄張り争いの敗者が追い出され、勝者がその雛たちをひきとっちゃうっていう習性があったけど、このカナダガン夫婦も百戦錬磨の強者であらゆる夫婦から子供をもらい受けてるのかもしれない?
雛の数が多いほど生き残る可能性が上がるし、水鳥の雛は生まれてすぐ自力で食べ物を探して動き回れるからあんまり手が掛からないというのも養子沢山の理由かも

3

3. 匿名処理班

  • 2020年07月20日 14:48
  • ID:zlsntzGS0 #

小学校の時いきものががりで、オスのガンに嘴で突っつかれてよく泣かされたな、あれ、「突っつく」と言うより「抓る」んだよね、それが痛いのなんのって、カナダガンかどうかはわからないけどね、泣かされはしたけど大きくて格好よかったな、なつかしい思い出だよ。

4

4. 匿名処理班

  • 2020年07月20日 14:48
  • ID:Xkp2JlHa0 #

ガンの小学校なんだよ
大人のガン2匹は引率の先生

5

5. 匿名処理班

  • 2020年07月20日 15:14
  • ID:TiUQzjHR0 #

その後三つに分かれたということは、数匹のカナダガンが共同で子供育ててるってことなのかな。かなり高度なことやっているような。
似たようなことをする哺乳類は知ってるけど、鳥類で出来るとは思わなんだ。

6

6. 匿名処理班

  • 2020年07月20日 15:15
  • ID:suHHxagm0 #

ガーーンΣ( ̄ロ ̄lll)

7

7. 匿名処理班

  • 2020年07月20日 15:29
  • ID:fESuNJLD0 #

カモは間引くこともあるのにすごいなあ

8

8. 匿名処理班

  • 2020年07月20日 16:36
  • ID:mLbbUYvB0 #

バンクーバーでいやほど見たなあと、去年見た光景を思い出す…

9

9. 匿名処理班

  • 2020年07月20日 16:43
  • ID:.5k6C2qx0 #

カルガモも20匹くらい連れ歩く事なかったっけ。

10

10. 匿名処理班

  • 2020年07月20日 17:08
  • ID:gXvrGPQz0 #

※5
シャカイハタオリは集団子育てで有名な鳥だよ

11

11. 匿名処理班

  • 2020年07月20日 18:58
  • ID:vTHZP7Wf0 #

本当の親はどこに!?

12

12. 匿名処理班

  • 2020年07月20日 18:59
  • ID:UI.gEPSx0 #

これからは、仲の良い夫婦は[カナダガン夫婦」

13

13. 匿名処理班

  • 2020年07月20日 19:24
  • ID:dyi7fYjI0 #

幼稚園のお散歩を思い起こすけど、それより子供が多いね

14

14. 匿名処理班

  • 2020年07月20日 19:29
  • ID:a2UTcEMt0 #

※10
画像検索したらホラーとしか思えないような巣の画像がてんこ盛りだったわ
面白いな、これ

15

15. 匿名処理班

  • 2020年07月20日 19:32
  • ID:lqYmFYp20 #

ダチョウも複数親分をまとめて育てるよね

16

16. 匿名処理班

  • 2020年07月20日 19:32
  • ID:s.sddv2M0 #

親鳥大忙しだろうなあ
擬人化妄想するとすごく和むw

17

17. 匿名処理班

  • 2020年07月20日 19:55
  • ID:.dfFPLSp0 #

討ち入りしそう

18

18. 匿名処理班

  • 2020年07月20日 19:59
  • ID:soMVgIG90 #

動画で見たかったよ

19

19. 匿名処理班

  • 2020年07月20日 21:23
  • ID:SNi5bdne0 #

ヒナが3つの家族に分かれるとは?どういうこと?

20

20. 匿名処理班

  • 2020年07月20日 22:39
  • ID:udTRlXMi0 #

一瞬ハメルーンの笛吹きを連想してしまったが、他鳥の子供を一時的に預かるっていう、高度なコミュニティの機能があるのかもね。鳥さん頭いいもんね。興味深いねえ

21

21. 匿名処理班

  • 2020年07月21日 12:37
  • ID:6A4ImGLq0 #

一時的に託児してるのか、養子として育ててるのか
手がかからないとはいえ、あれだけの数だと大変そうだねぇ

22

22. 匿名処理班

  • 2020年07月21日 17:30
  • ID:GJStRjP10 #

※10 ※14
今回の記事と方向性違うけど、自分も調べたら面白かった
教えてくれてありがとう

23

23. 匿名処理班

  • 2020年07月21日 21:44
  • ID:AfUidZ.e0 #

※15 それ、確かNHKの動物番組で見たけどかなり昔。
今もその説有効なのかな。
「ダチョウ 子育て」「ダチョウ ヒナ」で検索したけど見つからず。


24

24. 匿名処理班

  • 2020年07月23日 13:42
  • ID:lF6H.KL40 #

Facebookから来たよ。
あちらでは人間とは異なり自分の子と他所の子を分け隔てなく育ててるなんて素晴らしい!と絶賛されていたけど、実際のところ我が子の生存確率を高めるために子供を奪い取ってるのかな。

だとすると美談でもなんでもないし、奪われた親側の気持ちを考えるとなんて切ないんだろう…。
例えちゃんと育ててもらえてても。
やっぱ自分の子は自分で育てたいと思うから…

生態に詳しい人、真実を教えて欲しい

お名前
ADVERTISING
記事検索
月別アーカイブ
ADVERTISING
ADVERTISING