background-1430009_640_e
Frantisek Krejci from Pixabay
  1990年、アルジェリアに「Acfer 086」という隕石が落下した。これを高精度な質量分析にかけたところ、そこに未知のタンパク質が存在することが明らかになったそうだ。

 隕石から地球外の起源を持つタンパク質が報告されたのは史上初であるそうだ。
スポンサードリンク

史上初となる地球外のタンパク質か?

 そのタンパク質は、「グリシン」と「ヒドロキシグリシン」でなるアミノ酸鎖、鉄、酸素、リチウムで構成されている。

 また原子核が陽子と中性子で構成される「重水素」(水素の同位体。普通の水素には中性子がない)が豊富であるという。

 

 発見したハーバード大学とプレックス社の研究グループは、このタンパク質に「ヘモリシン(hemolithin)」という名称を提案している。

 地球上で作られたアミノ酸に重水素が大量に含まれることはない。『arXiv.org』(2月22日投稿)で公開されている査読前の研究論文によれば、それは原始太陽の分子雲が起源であることを示しているという。

 「地球外の起源を持つタンパク質が報告されたのはこれが初めて」であるそうだ。
0_e10

生命の誕生に奇跡はいらない。宇宙でも化学反応が生じる

 念のために言っておくと、この研究グループはヘモリシンが宇宙人がいる証拠であるとは主張していない。

 それでもなお、この発見が正しいものであれば、宇宙生物学者の好奇心をくすぐらずにはいられないだろう。地球の生物が持つのと同じような複雑な化学物質が、宇宙の奥深くでも自然に形成されたということを意味しているからだ。

 それは正真正銘の生化学系が生じるためには、奇跡などいらないということでもある――ならば、宇宙のいたるところに生命が存在するかもしれないではないか。

 こうした考えはもはや常識外れのものではない。地球以外でも複雑な化学反応が起きるという科学的証拠はどんどん集まっているのだ。

 たとえば、土星の衛星タイタンの分厚い大気には、大きな有機分子が渦巻いているし、タンパク質の構成要素であるアミノ酸とて隕石や彗星の中から発見されている。
1_e12
NASA

本当に未知のタンパク質なのかは今後の調査次第

 いずれにせよ、先走ってはいけない。研究論文はまだ査読を待っている状態で、これをパスするかどうかはまだ分からない。

 また次のような意見もある。カリフォルニア大学の海洋化学者によると、ヒドロキシグリシンが隕石や前生物的実験で発生したという報告はこれまでに一度もなく、それがタンパク質の中で発見されたこともないのだそうだ。

 となると、それが隕石の中で発見されたというのは、かなり疑わしくなってくる。そう、可能性としては、発見されたタンパク質が地球上で隕石に付着したとも考えられるのである。

 

 さて、真偽のほどはどうだろうか? 今のところはじっと査読の結果を待つよりなさそうだ。

References:space/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
地球に衝突した隕石の中から糖が発見される。生命誕生の素材は宇宙からもたらされた可能性強まる(NASA)


謎めくミステリー。隕石が展示されているケースが突然浮かび上がる怪現象が発生(ロシア)


ダイヤモンドよりも硬い?宇宙由来の新しい鉱物が発見される(ロシア)※追記あり


33億年前の火山岩から宇宙が起源の有機体が発見される(南アフリカ)


地球上には存在しない鉱物が隕石の中に閉じ込められていた。新たに発見された宇宙鉱物(米研究

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
7944 points
「私を召喚したのは貴様か?」っていう感じでソファの隙間から登場した猫

「私を召喚したのは貴様か?」っていう感じでソファの隙間から登場した猫

2021年4月26日
2位
5485 points
猫のいる職場はいかが?こんなスタッフがいたら絶対に通っちゃう!働く猫たち総集編

猫のいる職場はいかが?こんなスタッフがいたら絶対に通っちゃう!働く猫たち総集編

2021年4月29日
3位
5047 points
ホームレスを減らしたいスイス、片道のヨーロッパ行き切符を無料で提供し国から出て行ってもらう政策を実施

ホームレスを減らしたいスイス、片道のヨーロッパ行き切符を無料で提供し国から出て行ってもらう政策を実施

2021年5月3日
4位
4835 points
母親を亡くしたホッキョクグマの子、炭鉱作業員に救助され、子犬のようになつく(ロシア)

母親を亡くしたホッキョクグマの子、炭鉱作業員に救助され、子犬のようになつく(ロシア)

2021年5月1日
2684516546
5位
4005 points
小さくても大きな生きる意志があった。栄養失調で被毛を食べて生き延びていた子猫が美しい三毛猫になるまでの物語

小さくても大きな生きる意志があった。栄養失調で被毛を食べて生き延びていた子猫が美しい三毛猫になるまでの物語

2021年4月29日
2693711322
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年03月06日 20:52
  • ID:lxsiQ9mz0 #

隕石由来か地球由来かは興味が尽きない
文明は別としても生命が地球限定とはどうしても思えないけどね
宇宙の驚異的な発見は現在進行形だし
理解しきれないけど本当に面白い分野だと思う

人智は果て無し無窮の遠に〜星の世から

2

2. 匿名処理班

  • 2020年03月06日 20:52
  • ID:Si6Tfu1W0 #

そして博士が研究室を出て、扉が閉まったあと
意味ありげに顕微鏡のスタンドに置かれた、タンパク質の入ったシャーレにカメラのフォーカスが合う

3

3. 匿名処理班

  • 2020年03月06日 21:18
  • ID:sRW4v7rI0 #

アントキノイノチ

4

4. 匿名処理班

  • 2020年03月06日 22:26
  • ID:DzSZsE320 #

最先端科学の番組では隕石によってアミノ酸が生成され生命は誕生したとあったが、元々、隕石の中にあったとなると、超新星爆発で生命がの源が作られたとなった場合、あっちこっちに宇宙生命体がいてもおかしくはないわな。だってお前ら自身、宇宙生命体だからw

5

5. 匿名処理班

  • 2020年03月06日 22:27
  • ID:NiqFEo9s0 #

生命なんて宇宙の至る所にいるんだろう
月の地下にすらいるかもしれないし

6

6. 匿名処理班

  • 2020年03月06日 22:28
  • ID:TBpRAysn0 #

それは、いつ生まれたのか誰も知らない…

7

7. 匿名処理班

  • 2020年03月06日 23:22
  • ID:OtWL4psJ0 #

マッチョがわくわくしてそう

8

8. 匿名処理班

  • 2020年03月06日 23:27
  • ID:usybYzyh0 #

もはやロマンではないのだ

9

9. 匿名処理班

  • 2020年03月06日 23:53
  • ID:MHWSl8Lq0 #

廃棄物13号はまだ?

10

10. 匿名処理班

  • 2020年03月07日 03:51
  • ID:nxgS6NOF0 #

つまりタンパク質合成にまで至る化学反応が宇宙の至るところで起こりうる可能性があり、この発見が何ら特別な事例ではないって事ですね。だって銀河系の辺境地帯である太陽系で発見される位にありふれた(どこにでもある)物質なんですからw

11

11. 匿名処理班

  • 2020年03月07日 07:35
  • ID:I.oMWk3G0 #

つまりこれはプロテインワールド仮説に有利な発見ですね。生命はDNA、RNAが先に出来たのではなくタンパク質が最初にあったという仮説。ある研究では自然にRNAが生成する可能性は全宇宙の星の数よりも確率的に少ないという説があったけど、やっぱりタンパク質が先なのだろうか。

12

12. 匿名処理班

  • 2020年03月07日 16:27
  • ID:QVLbKsUN0 #

だからこそはやぶさのように直接宇宙からサンプルを持って来ることが重要なんだよねぇ。

13

13. 匿名処理班

  • 2020年03月07日 18:14
  • ID:BIjDpQju0 #

空からアミノ酸が降ってくる、海の中でそれらが結合し酵素やたんぱく質が作られる。 DNAへの道、第1章。

14

14. 匿名処理班

  • 2020年03月07日 20:09
  • ID:5H4fvxqP0 #

太陽が核融合反応を起こす程の重水素は何処から来たのか天文学者を悩ませてきたが
最初から宇宙に豊富に存在していたから星の重力が集められたと
地球のコアにも重水素あるのか?

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク