iStock-622193198_e
Image by Sergiy1975/iStock

 地球上の多種多様な生物の中で、どんな場所でも生きられることを何度も証明してきたのは微生物だろう。そして今、さらに新たな証拠が出てきた。

 カナダにあるキッドクリーク鉱山の地下2.4キロもの深さのところで生息している微生物が発見されたのだ。この環境には太陽光は一切届かず、新鮮な空気もない外界から隔離された場所である。

 これまで、これほど過酷な場所に生物は存在しないと考えられていた。

 この深淵には太古からたまっている地下水には硫酸塩が含まれていた。これらの微生物はこの硫酸塩を栄養素にして生きているのではないかと、研究者たちは考えている。彼らは酸素に頼るのではなく、硫酸塩を吸って生きているようだ。
スポンサードリンク

生き物が存在できないとされていた場所での生命活動


 この洞窟の水は、何百万年もの間、地表から隔絶されているもっとも古い水のひとつだ。

 これほど深いところでは、生物が生きるのに必要な成分が不足しているため、普通は生き物が発見されることはありえないと、つい最近まで考えられていた。

「現代科学でも、地球の生物圏は、おもに光合成に依存して繁栄する生き物がいる地表や地表近くの狭い範囲だと考えられていた」と研究者たちは、『Geomicrobiology Journal』誌に発表したの論文に書いている。

 だが、その仮説は変わりつつある。この鉱山の深淵からサンプルを採取し、地表近くで鉱山の操業によって汚染されていない古代の水を調べて、代謝活動の痕跡を探した。

深淵の微生物は硫酸塩を糧としていた


 サンプルから抽出した微生物の培養細胞に栄養源を与えて代謝活動をみてみると、硫酸塩を糧にしていることがわかった。

 この結果からは、微生物の正体ははっきりとはわからなかったが、この微生物は、硫酸塩を消費して活動し、地表から遥か下にある水や岩の間で化学反応をして生きていることがはっきりした。

no title
Stable Isotope Laboratory, University of Toronto

こんな深い場所に微生物が生存していることがはっきりわかったのはすばらしいことです。微生物の存在は確信していましたが、それを実際に裏づける確固たる一連の証拠を見つけるのは長い道のりでした

 カナダ、トロント大学の地質学者、バーバラ・シェアウッド・ロラーは言う。

 これは、水素や硫酸塩が豊富なこの水域に棲む微生物の証拠を見つけた過去の研究者たちのこれまでの研究を裏づけるものだ。今でも、生命のサイクルが続いていることがわかる。

過酷な環境でも生き延びられる生命の不思議


 鉱山の地下奥深くに生息している微生物のことなど、人間の日々の生活にはそれほど大きな衝撃ではないかもしれない。だが、生命とはなにか、過酷な環境でもいかに生き延びることができるのかを理解するのに大いに役立つ。

 深淵で発見された微生物は、太陽系外の生物の探索から、地球上の地下生物圏の調査まで、すべてのことを教えてくれることだろう。この、キッドクリーク鉱山で起こっていることは、ほかでも起こりえることなのかもしれない。

 この地下環境で、活動している微生物としていない微生物、両方を特定するという観点から、最新研究の範囲を超えたものがもっと出て来る可能性はある。

 微生物生態学者のジョン・スピアはこう語る。

この論文は、いわば、鍬入れ式のようなものです。

この研究によって、ここの微生物の生物量を知ることができ、微生物が生息している洞窟の水が宿主としての水であることが確認できたのです。この水は地表からの水によって汚染されたり影響を受けたりはしていません

References:the-scientist/ written by konohazuku / edited by parumo
あわせて読みたい
火山場のサメヂカラ。過酷な環境にある海底火山の中で生き抜くサメたちの姿がとらえられる(ソロモン諸島)


地球の地下世界には特殊な環境に生きる生物たちが独自の生態系を作り上げていた。


地球外生命発見の鍵を握っているかも。南極の空気を食べて生きる奇妙な新種のバクテリア(オーストラリア研究)


金星にある暗いシミ。それが生命体である可能性を示唆(米研究)


地球外生命はスパゲッティのような姿をしている説(米研究)

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
3124 points
「人間のお医者さん、助けてください!」母猫が我が子を口にくわえ病院にやってきて治療をお願いする(トルコ)

「人間のお医者さん、助けてください!」母猫が我が子を口にくわえ病院にやってきて治療をお願いする(トルコ)

2021年4月3日
2352858427
2位
2974 points
何を話しているんだろう?2匹のキツネが楽しそうにキャフキャフおしゃべり(※要音声)

何を話しているんだろう?2匹のキツネが楽しそうにキャフキャフおしゃべり(※要音声)

2021年4月5日
7002239233
3位
2416 points
宇宙に数か月滞在すると心臓の大きさが4分の1以上も縮むという衝撃の事実が発覚

宇宙に数か月滞在すると心臓の大きさが4分の1以上も縮むという衝撃の事実が発覚

2021年4月2日
5631822328
4位
2022 points
目の見えない犬の帰宅を誰よりも待ち望んでいたのは大親友の猫だった

目の見えない犬の帰宅を誰よりも待ち望んでいたのは大親友の猫だった

2021年3月31日
1521845322
5位
1990 points
毎日同じ時間にサンドウィッチ屋に餌をもらいに来る野良犬。地域住民が協力しあってお世話(アメリカ)

毎日同じ時間にサンドウィッチ屋に餌をもらいに来る野良犬。地域住民が協力しあってお世話(アメリカ)

2021年3月29日
761890321
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年09月18日 22:54
  • ID:IRbJ0gQw0 #

地球でこれだから
宇宙にはもっととんでもない条件の中で生きてる生命体がいるかも

2

2. 匿名処理班

  • 2019年09月18日 22:55
  • ID:y5eh1iPq0 #

やはり水の星か
人が足を踏み入れるのが惜しいくらい貴重な場所だね

3

3. 匿名処理班

  • 2019年09月18日 23:12
  • ID:NnjS2Fwy0 #


よくわかったろ

現実にそこに住んでいる地球で、たった2.4kしか離れていない場所のことすら理解できていない人類の無知さが

火星に行くなんてアホなこと考えずに地球の調査しろや

4

4. 匿名処理班

  • 2019年09月18日 23:14
  • ID:jxBe9H910 #

硫酸塩って物質だけで生きていけるのか凄いな
人間はタンパク質やらカルシウムやらビタミンやら色々な物摂取しなけりゃいけないのに

5

5. 匿名処理班

  • 2019年09月18日 23:16
  • ID:r.jfg3UA0 #

水も酸素もない、真空で放射線が降り注ぐ宇宙でも生きていける生物だっていても不思議じゃない

6

6. 匿名処理班

  • 2019年09月18日 23:25
  • ID:GS0JNQah0 #

我々の体内のトンネル奥深くにも、極限環境に生きる微生物がたくさん生息しているぞよ。こっちはジャンクな栄養たっぷりだけど。

7

7. 匿名処理班

  • 2019年09月18日 23:41
  • ID:pidILtb40 #

発見は素晴らしいが生命力が凄いかどうかは生存出来る環境の幅が重要な気がする
ソイツ等に取っては地表の方が過酷な環境だったりして

8

8. 匿名処理班

  • 2019年09月19日 00:07
  • ID:cZck.qXR0 #

生命って、なんて凄いんだ!
これじゃあ、岩石惑星で生物の居ない星の方が珍しいかも?
なんて真剣に思うよ

9

9. 匿名処理班

  • 2019年09月19日 00:16
  • ID:Z4HTmoL70 #

>彼らは酸素に頼るのではなく、硫酸塩を吸って生きているようだ。

むしろ、生命の起源からいえば
酸素なんて、光合成とかいうエネルギー生産方式で
廃棄物として大量に排出する輩が現れるまでは
地上に存在していなかった猛毒ガスで、
その毒ガスをエネルギー源に使えるよう進化した例外種が
今 地球で栄えている我々ってだけだからなぁ。

どちらかというと、硫酸塩呼吸のほうが
由緒正しい部類。

10

10. 匿名処理班

  • 2019年09月19日 00:19
  • ID:5XddNcHM0 #

※3
わかりませんね。

無知だと理解してるからこそ、こうして地道に調べてるのではありませんか?

2.4km地面を歩くのはかんたんだけど、穴を掘ってその距離進むのにどれだけの費用と時間がかかるか。宇宙へ足を伸ばすことは、方向が真逆なだけで、未知の領域を目指すことに何ら違いはないと思います。

11

11. 匿名処理班

  • 2019年09月19日 02:03
  • ID:zIu20Hah0 #

※9
カンブリア前…10億年より前ならそっちメインだっただろうからね。

12

12. 匿名処理班

  • 2019年09月19日 02:05
  • ID:Mz920MGM0 #

※3
分かったのはあんたの無知さやで…

13

13. 匿名処理班

  • 2019年09月19日 06:14
  • ID:qLI0uY5F0 #

もともとこのくらいの深さの土中にはものすごい生物相が存在してることがすでに判明してる。その遺伝的多様性はおそらく、地上の比ではないらしい。
地下世界は実在していたわけで、この研究は学術興味はそそられるがパンドラの箱ともなる可能性がある。
これらの微生物に対し地上の生物は抗体がない可能性は高く、むやみに掘り起こせばまさに地獄の蓋が開くことになるだろう。当然、研究者は理解して慎重にやってるだろうが、人類の技術の進歩とともにこの領域が開発されていけば、いずれパンデミックは必然として起こると思う。

14

14. 匿名処理班

  • 2019年09月19日 08:52
  • ID:cZck.qXR0 #

※9
なるほど。生命の出現の順番から考えると確かにその通り
だと思う。やっぱり自分達の仕組みを中心に考えてしまうね

&忘れてはいけないのは、その酸素呼吸を可能にしてくれたのは
二酸化炭素と水と光から光合成を行って、酸素を作り出してくれた
植物類の存在が有ったればこそ…だね。
今でも地球に植物が出現していなかったら、今の地球は硫酸塩呼吸で
進化した生き物の楽園になっていたのだろうか?
それとも全く別の進化の道を辿ったのだろうか…なんて考えてしまう

15

15. 匿名処理班

  • 2019年09月19日 09:12
  • ID:cZck.qXR0 #

※10
同感です。今まで余り知られていなかった事を研究するのって、ワクワクする事ですよね?こういう事を見つけた研究者達は、きっとワクワクが止まらなかったと思います。ワクワク出来る対象が有る限り、人類は色々な事を調べ続けるのだろうな…って思います。(考えてみると、人類って面白い生き物ですよね?好奇心の塊みたいな存在ですから)

16

16. 匿名処理班

  • 2019年09月19日 10:30
  • ID:i09L9PHW0 #

>>14
酸素呼吸は使えるエネルギーが大きいのが利点なので楽園というより慎ましい生活になってたかもね

17

17. 匿名処理班

  • 2019年09月19日 12:11
  • ID:QjQPz8vL0 #

>>9
ノンマルトだね

18

18. 匿名処理班

  • 2019年09月19日 17:40
  • ID:3UdFm3Fg0 #

この微生物にとっては、地表のほうが過酷な環境だろうね。

19

19. 匿名処理班

  • 2019年09月19日 19:05
  • ID:qCaagagG0 #

※3 地下を調べたい人もいれば火星、深海、未開の森。みんな違う。
寿命と言う時間も資金も足りないなかそれぞれ必死に工面して人生賭けてやってんのさ。
たった一度の人生をやりたい事に捧げてる人々にアレをしろコレをしろって君は何様なんだい?

なれば君がなるべく不人気だが人類の為になる研究を人生を犠牲にして率先的にやるとよろしい、食虫とか今熱いね。
どうせ吐いた唾をのみ込んで何で俺がそんなことしなきゃならんとか言うんだろうけどねぇ。

20

20. 匿名処理班

  • 2019年09月19日 19:13
  • ID:v6tqLB7o0 #

深海の熱水噴出孔にも硫化水素で生きる生物がいるけど地下にも硫化物を利用して生きる生物がいたのね…

21

21. 匿名処理班

  • 2019年09月20日 01:30
  • ID:LIwLkj7A0 #

地下生物圏の深度はどこまで更新されるのだろうか
どんどん深く探索していくと環境も変動するだろうから、やがて、まったく誰一人予想しなかったような未知の代謝系を持った「見知らぬお隣さん」が発見されるんだろうか

22

22. 匿名処理班

  • 2019年09月21日 15:10
  • ID:GT.8qPop0 #

※3
キサマっ!さては火星人だなっ!

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク