toptop

 生命が存在する星を探す活動は地道に続けられており、こうした条件を満たすと考えられる惑星はこれまで何度か話題に上がっているが、最近一度に複数そんな惑星が見つかったというニュースが注目を集めている。

 今月2月23日、NASAが記者会見を開き、地球から約40光年離れた太陽系外に地球に近い大きさと質量がある7つの惑星を発見、その中の3つに生命に不可欠な水の存在が期待できるというニュースを大々的に報じた。

 え、そんなに!?と世間を驚かしたこのニュースはTwitterでも盛り上がり、特に反響を呼んだツイートがさらにネット上で話題となっている。
スポンサードリンク

地球サイズの7惑星の中にもっとよく似た3惑星が


 一応ざざっとおさらいしておくと、今回の発表はNASAとベルギー、アメリカなどの大学との共同研究で判明したもので、話題の7惑星は"トラピスト1"という恒星を周回している。

トラピスト1を周回する7惑星(b〜h)と地球
8e0e025d96a27fca536eabbe96c5a7a0_e
image credit:NASA/Twitter

 トラピスト1の大きさは太陽の1割弱。赤色矮星で温度が低く、この恒星を中心とした生命居住可能領域、いわゆるハビタブルゾーン(関連記事)までの距離は比較的近い。

 以下の図のb〜hの7惑星のうち、hを除くのb〜gの6惑星の地表は地球と同じような岩石だという
NASA-TRAPPIST-1_e
image credit:NASA / JPL / YouTube

 今回そのゾーン内にある惑星は7つのうちの3つ(e、f、g)で、NASAは地球との類似点が特に多いその3つの星に希望を見出している。今後はその大気の観測に乗り出す可能性もあるそうだ。

 で、これを知った海外のTwitterユーザーのツイートはこんな感じだった。

1.

うん、でもNASAの発表の日のGoogleのロゴの星たちはすっごくキュートだったよ


2.

*トランプ大統領就任*
NASA :くそ!

*数週間後*
NASA :7つの惑星発見!そのうち3つでは生きてけそうだし、みんなの分のスペースが十分あるよ〜


3.

NASA:私たちは40光年にある地球サイズの7つの惑星を見つけました。それを見ることはできませんが、信じてください。
俺ら:おお〜
NASA:温暖化による気候変化です!
俺ら:ウソだ!


4.

天文学者が生存可能な惑星を発見

で、思ったこと。「そっとしといてあげれば?そのほうが向こうもきっと幸せだよ…」
※追記:当初3と4の訳が入れ替わっていたので訂正いたしました。

5.

(上の画像) 今回の発見をトランプ大統領にわかりやすく説明しようと頑張るNASAの人


6.

NASA:新しい惑星発見した
地球のみんな:やった

NASA:でもそこには行けない
地球のみんな:え〜そんなぁ〜

見つかった惑星:こっちには石油あるよ
米軍:(下の画像) じゃ、いってきま〜す!


7.

科学者が新たに生存できそうな7つの惑星発見

一方、私たちはまさに今、生存可能な星を一つ発見した。
そこは地球という名のたくさんの愚か者が住んでいる星だ。


8.

ココハ ワレワレノホシダ。ニンゲンタチハ チカヅケルナ


9.

NASAは7つの新たな惑星を見つけたけど、俺ときたら自分の家の中にあるスマホの充電器すら見つけることができないんだぜ…


10.

トランプ就任から1カ月、NASAは地球の予備になりうる星を見つけたと発表した


11.

NASA:そして私たちは7つの惑星を見つけた!
惑星から外された準惑星の冥王星:・・・(上の画像)


12.

"トランプはトランスジェンダーの学生から自由にトイレを選ぶ権利を奪った"

今日NASAは7つの惑星を見つけたと発表したが、私はまだ地球上の知的生命体を探している


13.


40光年先にあるトラピスト1惑星系にはちょうど地球の1977年のラジオとTVを受信してる

当時のディスコ聞かされてる惑星の人、なんかごめんな…


 というわけで予想通りアメリカのトランプ大統領にからめたツイートが多かったわけだが、40光年かなたの地球似の惑星群に親近感を持った人はたくさんいるようだ。

_94812423_hi038069750_e
image credit:NASA/Twitter

 なお、今回のように太陽にも似た一つの恒星を周回する惑星系に、地球と同等の大きさの惑星が7つも見つかったのはNASAとしても予想外の快挙で、専門家は地球似の惑星が存在する確率は思ったよりも高い可能性がある、として今後の発見にも期待を寄せている。

via:boredpanda・translated D/ edited by parumo

▼あわせて読みたい
第二の地球ついに発見か!?11光年離れた居住可能な地球に似た惑星を発見(NASA発表)


地球がなんだかヤバそうだ。 なら移住だ。太陽系で住めそうな5つの優良物件惑星、そのメリットとデメリットを徹底検証


惑星X「第9惑星」は、太陽系に捕われた放浪する惑星である可能性が浮上


アメージング!天の川銀河は超銀河団の1つであることがわかるマッピング映像 「ラニアケアー」


宇宙旅行が実現しても、あまりいきたくない10の惑星


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
6928 points
車にぶつかり動けなくなった犬を一晩中励まし続けた仲間の犬、病院にも付き添い治療中もずっと離れず(ブラジル)

車にぶつかり動けなくなった犬を一晩中励まし続けた仲間の犬、病院にも付き添い治療中もずっと離れず(ブラジル)

2021年2月25日
2996612314
2位
5246 points
寒さで凍えている子犬たちを救うため、人間に助けを求めた母犬の物語(セルビア)

寒さで凍えている子犬たちを救うため、人間に助けを求めた母犬の物語(セルビア)

2021年2月23日
2804944319
3位
3904 points
猫が泣いてる!帰らなきゃ!帰省中涙を浮かべている猫の姿が監視カメラに映り予定を早めて帰宅した飼い主

猫が泣いてる!帰らなきゃ!帰省中涙を浮かべている猫の姿が監視カメラに映り予定を早めて帰宅した飼い主

2021年2月28日
4位
2801 points
トヨタが粋な計らい。130台の壮絶な玉突き事故に巻き込まれながらも人々を救った英雄に新車をプレゼント

トヨタが粋な計らい。130台の壮絶な玉突き事故に巻き込まれながらも人々を救った英雄に新車をプレゼント

2021年2月23日
1452625229
5位
2243 points
小さな尊い命が救われる瞬間。火事で心肺停止に陥った2匹の猫に小さな酸素マスクで救命措置(イギリス)

小さな尊い命が救われる瞬間。火事で心肺停止に陥った2匹の猫に小さな酸素マスクで救命措置(イギリス)

2021年2月22日
94213829
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2017年03月01日 22:47
  • ID:CXxBjoFD0 #

3.と4.の訳が逆かと……>_<
けれど、英語の勉強になりました。おかしな言い方ですが、ありがとうございます

2

2. 匿名処理班

  • 2017年03月01日 22:51
  • ID:so.ULR0t0 #

3と4の訳が入れ替わっちゃってるよ〜

3

3.

  • 2017年03月01日 22:57
  • ID:GBJIvONP0 #
4

4. カラパイアファン

  • 2017年03月01日 23:00
  • ID:eBp8Lwlc0 #

僭越ながら報告。3番と4番で、原文と翻訳が互い違いになっています。

5

5. 匿名処理班

  • 2017年03月01日 23:14
  • ID:CrRnQ7Cf0 #

水が水として存在出来る範囲…とはいえその惑星のサイズや大気の組成、軌道惑星自身の構成元素、その年代によっては結構条件が変わる。
もっと細かく遠くの惑星がより詳らかに出来ればいいんだけどねぇ。

6

6. 匿名処理班

  • 2017年03月01日 23:19
  • ID:dl8CJxAY0 #

40光年・・・今から光の速さで行くより100年後にワームホール開発して行ったほうが遥かに早い・・・

7

7. 千尋の金隠し

  • 2017年03月01日 23:25
  • ID:w77OH9Yb0 #

宇宙人はいると思うけど、どこでもドアが無いと会えません。

8

8. 匿名処理班

  • 2017年03月01日 23:45
  • ID:mxi2HnAe0 #

自ら光ってない惑星を見つけるとか相当すごいと思うわ

9

9. 匿名処理班

  • 2017年03月01日 23:48
  • ID:7ASmnRll0 #

まぁあくまでハビタブルゾーンにある惑星が見つかったってだけだしなぁ…
惑星規模での環境調整技術開発と、それによって実際に改変可能な惑星かの確認、そしてなにより、その惑星までの移動手段開発…
現時点だと最後のやつが一番困難だろう…原理的に不可能な可能性もあるし

10

10. 匿名処理班

  • 2017年03月01日 23:49
  • ID:2KXMN2V10 #

個々の惑星それぞれに知的生命体が存在して、お互いが出会ったらどんなことになるんだろう
「宇宙人はいるか」って問いには、「隣に居る位だし、そこら中にいるでしょ」になるのかな

11

11. 匿名処理班

  • 2017年03月01日 23:58
  • ID:2QMTDfMy0 #

銀河鉄道のどの駅になるのだ

12

12. 匿名処理班

  • 2017年03月02日 00:01
  • ID:Jv1ogKiF0 #

死ぬまでに地球外生命体を見てみたい・・・

13

13. 匿名処理班

  • 2017年03月02日 00:14
  • ID:umDwSlC50 #

でも行けない…知ってたw

14

14. 匿名処理班

  • 2017年03月02日 00:28
  • ID:PhKPnhJM0 #

※7
あれも基本10光年以内だからねぇ。

15

15. 匿名処理班

  • 2017年03月02日 03:12
  • ID:dEyEFRA.0 #

こんな時こそCIAの透視実験

16

16. 匿名処理班

  • 2017年03月02日 03:37
  • ID:GXD4ayfc0 #

次に生まれてる機会があったら(人類がそれまで持てば)いずれ来るであろう宇宙大航海時代に生まれたいなあ

17

17. 匿名処理班

  • 2017年03月02日 04:31
  • ID:E8G.b.Ba0 #

一応、光速に近い速度で行けばものの数分で着くけど地球ではバッチリ40年経ってる
などということが起こるのね
この辺の問題、どう解決したものなんだろうね

あと生活するにしても重力加速度、自転、公転、潮汐力、気圧、大気組成の違いで体中にガタが来たりして結局は住めないなんてこともあり得る
遠い未来、拡大版パリ症候群みたいなのが蔓延しそうだね

18

18. 匿名処理班

  • 2017年03月02日 04:32
  • ID:E8G.b.Ba0 #

※14
10万光年じゃなかったっけ

19

19. 匿名処理班

  • 2017年03月02日 04:40
  • ID:xRkKhT4o0 #

10は「トランプ就任から一ヶ月、NASAは〜」といった感じに訳すべきでは? トランプも主語なら述語はareになると思うよ。

20

20. ナパチャット

  • 2017年03月02日 07:27
  • ID:9By0LI4l0 #

ボイジャーは1光年進むのに1万年掛かります
反物質の対消滅エネルギーでも数百年掛かります

21

21. 匿名処理班

  • 2017年03月02日 07:33
  • ID:YsKqZwQe0 #

40光年って近く聞こえるけど、光の速さで40年だからな……

22

22. 匿名処理班

  • 2017年03月02日 09:25
  • ID:cAvQu1lx0 #

40光年は近そうだけど
ボイジャーでも80万年とか掛かる

23

23. 匿名処理班

  • 2017年03月02日 10:58
  • ID:jNaiS5xF0 #

別の知的生命体を見つけるまでに人類が存続しているといいなあ

24

24. 匿名処理班

  • 2017年03月02日 11:00
  • ID:5Xl5KWDz0 #

どこでもドアに制限距離があるとかはじめて知ったぜ・・・

25

25. 匿名処理班

  • 2017年03月02日 11:27
  • ID:fUNJ3zxa0 #

トラピスト1星系の創造主は(七つの惑星に向かって)仰られた

『さあ、これから皆さんには最後の一つになるまで潰し合いををしてもらいます。』

・・・どの世界でも神とは残酷な物である。

26

26. 匿名処理班

  • 2017年03月02日 11:54
  • ID:ceszbuZT0 #

6のツイートホントおもろい

27

27. 匿名処理班

  • 2017年03月02日 12:17
  • ID:J0lHhF8H0 #

とりあえずトランプ揶揄しとけばいいって風潮嫌い

28

28. 匿名処理班

  • 2017年03月02日 13:48
  • ID:PhXzg2o80 #

太陽系第九惑星伝説とかあるけど、もしかしたら地球がこの惑星群からはぐれて太陽系に転移してた過去があったりして

29

29.

  • 2017年03月02日 17:36
  • ID:iZdeEY560 #
30

30. 匿名処理班

  • 2017年03月02日 17:43
  • ID:m.0W.q940 #

Astronomersの訳は天文学者だよ。

31

31. 匿名処理班

  • 2017年03月02日 20:00
  • ID:08bLcQFH0 #

系外惑星は既に1000個以上発見されている
その何割もが岩石型惑星でトランジット法なら周波数帯による観測サイズ差分で大気の厚みや簡単な組成も分かるようになっている
このニュースは40光年という近所だった事が一番のトピック

32

32. 匿名処理班

  • 2017年03月02日 20:04
  • ID:08bLcQFH0 #

赤色矮星は小さい代わりに寿命も長いという特徴がある
トラピスト1の詳しい年代は知らないがそれらの惑星はハビタブルゾーンに居る時間が地球より長いかもしれない
その星は生命について地球よりそれだけチャンスが多い

33

33. 匿名処理班

  • 2017年03月02日 20:59
  • ID:hy8o.pyM0 #

恒星の表面温度が2000度と極端に暗い星だぞ
とても光合成を起こす生物が発生するとは思えない

34

34. 匿名処理班

  • 2017年03月03日 02:45
  • ID:IFMdVD1h0 #

※33
俺もその点に疑念を持ってる。
熱量(カロリー)は同じでも、熱エントロピーは違うわけで。
「それに適応した生物がいる可能性がある」って話なら、そもそもハビタブルゾーンももっと広くていいわけだし。

35

35. 匿名処理班

  • 2017年03月03日 09:24
  • ID:dqGHksaZ0 #

7の訳は

新たに見つかった7つの居住可能惑星の科学者「我々は地球と呼ばれるアホ満載の居住可能惑星を発見した」

が正しいニュアンスだと思う

36

36. 匿名処理班

  • 2017年03月03日 12:42
  • ID:HhTBqQQx0 #

そういえば、「日本では発見された惑星が擬人化されて、地球の「妹」にされてしまい、各妹から「おにいちゃん」とか「兄様」とか言われるようになるだろう」。などの投稿が、ツイッターでされてたっけ。

37

37. 匿名処理班

  • 2017年03月03日 19:00
  • ID:piFKYTKu0 #

自分は何処も雇って貰えないニートになって居る者ですが、希望がこの世界では無い状況の自分にこういうニュースはこの世への(宇宙へのですが)希望です
未来の誰かには自分みたいな事が確定しているこの世界で、
いつかこの世界ではない世界からの影響が
この世界を救ってくれたらなと思ってしまう

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク