no title

 スリランカのケーガッラ。静寂に包まれた夕方、ゴム農園の中を歩いているとカラスたちの騒ぎ声が聞こえてきた。何事かと思いカラスたちがたかっている木に近づいてみると、そこには2羽のフクロウの子供がいた。

 何かを待ちわびるように、そして何かから隠れるように、ぽっかりとあいた木の割れ目にじっと姿を潜めている。よくよく見ると、そこにはきょとんとした目のオオフクロウ(Brown Wood Owl)のヒナ2羽がいた。
スポンサードリンク

Brown Wood Owl - Juvenile's Journey (2014)

 オオフクロウはスリランカに生息している。栗毛で覆われた凛々しい顔に美しい白い眉毛が特徴的で、大きいものでは47から53センチにもなる。この存在感のあるフクロウは、その昔、スリランカで悪魔の鳥として恐れられていた。

15

16

 成鳥と比べると子供のオオフクロウは体が全体的に白く、茶色なのは目の周りだけ。オオフクロウは夜行性で、日中はあくびをしながら寝て過ごす。逆に夜は活動的になり、木の割れ目から外の世界を観察しようと大きな目をクリクリと動かしている。

13

14

17

 暗闇が辺りを包むと、子供がエサを求め親鳥を呼ぶ声が聞こえてきた。いつもなら夜の狩りを終えた親鳥は、巣に戻り子供たちにエサを与える。しかし、この夜はなぜかエサをくわえたまま幹から離れ、子供たちエサを与えようとしない。

19

 子供たちはしきりにエサを催促し鳴いている。それでも親鳥はエサをくわえたまま動かない。さらに激しく鳴き出す子供たち。それでも動かない親鳥。そして、ついにはエサをくわえたまま闇の中へと飛び去ってしまった。

20

 数日後、あのフクロウの巣を目指し、ゴム農園を歩いているとクマの形跡を発見した。そこには木の葉にうもれたオオフクロウの成鳥の死体があった。急いで子供たちのいる巣に向かった。幸運にも2羽の子供は無事だった。だが、彼らを育てていたのは死んでしまったあの1羽の親鳥だけだったのだ。

21

 育ててくれる親を失っても、子供たちの日々は続く。彼らは日中はのんびりと寝ているか、時たま羽づくろいをしながら過ごしている。

22

 そんな平穏な生活がこれらかも続くかと思いきや、母なる自然は彼らに試練を与えた。2羽いたオオフクロウの1羽がカラスの餌食となってしまったのだ。

24

 自然の厳しさを目の当たりにする出来事だった。だが、母を失い1羽だけでこの過酷な自然を生き抜き、大人へと成長できたオオフクロウがいたという事実だけでも奇跡である。

25

 そして今、このオオフクロウは子供から大人への旅を終え、外の世界に羽ばたいていった。

動画音声翻訳:melondeau

▼あわせて読みたい
手の上の小悪魔。絵を描いていると生体羽ペンとなってくっついてくる。手のりフクロウのかわいさに指先ひとつでダウンさ。


猛禽ラヴ!フクロウに関しての興味深い10の事実


フクロウ好きなら気絶した後萌え死確定、かわいいフクロウもりもり映像


呼ぶと返事しながら駆け寄ってくる、美脚なアナホリフクロウ


【動画】やばいモフりたい!フサフサの犬をモフるフクロウ





この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
3124 points
「人間のお医者さん、助けてください!」母猫が我が子を口にくわえ病院にやってきて治療をお願いする(トルコ)

「人間のお医者さん、助けてください!」母猫が我が子を口にくわえ病院にやってきて治療をお願いする(トルコ)

2021年4月3日
2352858427
2位
2974 points
何を話しているんだろう?2匹のキツネが楽しそうにキャフキャフおしゃべり(※要音声)

何を話しているんだろう?2匹のキツネが楽しそうにキャフキャフおしゃべり(※要音声)

2021年4月5日
7002239233
3位
2432 points
宇宙に数か月滞在すると心臓の大きさが4分の1以上も縮むという衝撃の事実が発覚

宇宙に数か月滞在すると心臓の大きさが4分の1以上も縮むという衝撃の事実が発覚

2021年4月2日
5661834329
4位
2022 points
目の見えない犬の帰宅を誰よりも待ち望んでいたのは大親友の猫だった

目の見えない犬の帰宅を誰よりも待ち望んでいたのは大親友の猫だった

2021年3月31日
1521845322
5位
1990 points
毎日同じ時間にサンドウィッチ屋に餌をもらいに来る野良犬。地域住民が協力しあってお世話(アメリカ)

毎日同じ時間にサンドウィッチ屋に餌をもらいに来る野良犬。地域住民が協力しあってお世話(アメリカ)

2021年3月29日
761890321
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2014年10月20日 19:33
  • ID:8mFCt.bo0 #

親がいなくても巣立ちできるんだね

2

2. 匿名処理班

  • 2014年10月20日 20:38
  • ID:fkDztMgb0 #

エサとかどうしてたんだろう?

3

3. 匿名処理班

  • 2014年10月20日 21:24
  • ID:ScmsBvJM0 #

かわいいいいいいいいい
モッフモフだ!

4

4. 匿名処理班

  • 2014年10月20日 23:15
  • ID:TpOaZ4vG0 #

感動した!

5

5. 匿名処理班

  • 2014年10月21日 01:35
  • ID:4VO4CwpE0 #

祈ることしかできないけど、生き残った子には精一杯生きて欲しいね

6

6. 匿名処理班

  • 2014年10月21日 01:55
  • ID:LdamYgV10 #

自然って厳しいですね。
それに比べれば、人間ってかなりぬくぬくと生きてる気がします。
文句ばっかですけど。

7

7. 匿名処理班

  • 2014年10月21日 02:48
  • ID:hfwJcGIr0 #

泣いた
でも自然界ではこれが普通なんだな
皆逞しく生きてほしい

8

8. 匿名処理班

  • 2014年10月21日 05:33
  • ID:xhKC9BFD0 #

親鳥は何故餌を与えず去ってしまったのさ

9

9. X十郎

  • 2014年10月21日 11:41
  • ID:J9ub.qIT0 #

よぉ〜し、今度は俺が外敵からおまえの身を守ってやるからな!

10

10. 匿名処理班

  • 2014年10月21日 12:40
  • ID:jVf57UmE0 #

※8
巣立ちの時期だったんだろ
いつまでも餌運んでやってると巣から出てこない
食餌の間隔を空けて「食いたきゃここまで来い」と近くから促したり、
いきなり完全に放置して若鳥だけでサバイバル始まったり、鳥によって色々

11

11. 匿名処理班

  • 2014年10月21日 18:45
  • ID:WuTqYSwp0 #

親鳥が餌を与えずに動かなかったのは、カメラ持ってる人間が居たからなんじゃ・・・

12

12. 匿名処理班

  • 2014年10月22日 20:12
  • ID:N.Fl8MGU0 #

自然ってきびしぃ〜〜〜〜な

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク