0_e

 いったい何をどうしたらそんな姿になってしまったのか?進化論を考えたら、きっと何らかの理由はあるんだろうが、それにしても地球のいきものって面白い。空想上の生き物よりもファンタジーだったりグロテスクだったりする。

 ここでは、アニメのキャラクターよりもアニメらしかったり、映画のクリーチャーよりもクリーチャーだったりする14種の生き物たちを見ていくことにしよう。カラパイアで過去紹介したものもいくつか含まれているよ。君はいくつ覚えているかな?
スポンサードリンク

1.ヨツコブツノゼミ

1_e

 そう、この虫は本当にいる。紫紺野牡丹(シコンノボタン)に生息して葉を食べる虫(正確には植物の汁を吸汁する)で、学者らが愛着をもってヨツコブツノゼミと呼んでいる。上のほうに複雑な装飾の謎めいた部分があるが、残念ながらそれは目ではない。この毛むくじゃらの飛び出た球は、天敵に掴み取られてムシャムシャ食べられるのを阻止するためのものかもしれない。また、この硬い毛が未知の触覚の機能を持っている可能性もある。

2.レッドリップ・バットフィッシュ

2_e2

 ガラパゴス・バットフィッシュという名のアカグツ科の魚は、小さな魚やエビなどの小型の甲殻類や軟体動物を捕食する。しかしほとんど泳ぐことはできない。実際、あまりに泳ぎが苦手なので海底を跳ねるための胸ビレを使わなくてはならないほどなのだ。その背骨に良く似た背びれは、彼らの食餌となる小魚達を欺くように使うもので、その頭上にあるイリシウムという名の突起も魚達を惹きつける器官だ。



3.ナガヒカリボヤ

15_e

 まさに海のユニコーンだ。何百もの生物が集まった透明な円筒状の群体であり、被嚢動物と呼ばれる濾過摂食動物の何千体もの集合体でもある。多くの濾過摂食動物は、よく別の個体や海底にくっつき合って生息するが、ナガヒカリボヤは自由に浮遊している。彼らは数mmから数mの長さになり、ジェットのように水を噴射して海の上層の周辺を滑るように進む。



4.派手ピンクのナメクジ

3_e2

 このナメクジの生息場所はこの世でただ一ヶ所、オーストラリアはニューサウスウェールズ州内の辺鄙な場所にある、カプター山の頂上にのみだ。日中は葉に生えるカビの中に隠れ、夜になると数百匹で木の苔や黴を食べる。

5.ミズナシアシナシイモリ

4_e2

 ペニスワームとも呼ばれるこの生物は両生類無足属、アシナシイモリ科の仲間で四肢動物(両生類や爬虫類哺、鳥類などの四肢のある動物)に分類されている。また、肺が無い四肢動物としては最大の大きさを持つことで良く知られる。実は学者でさえどうやって息をしているかさえもよくわかっていない。幅広で平たい頭部や密閉型の鼻孔や、動く頬と大きな口、そして肉質の背びれを持っている。この両生類はかなり珍しい生き物で、2年前に再発見されるまではたった2体の標本しかなかった。

5_e2

6.センジュナマコ

6_e0

 英語ではシーピッグ(海豚)と呼ばれるナマコの仲間。大西洋、太平洋、そしてインド洋などの海の底、特に深海平原などに生息している。海泥から有機粒子を取り込んで餌にしている。大好物はクジラの死骸だ。センジュナマコには脚によく似た形の大きな"管足"があり、ナマコ類の中で唯一足で移動する例として知られる。その付属肢を膨張収縮させるため、表皮内部に走る水管を使う。



7.シープスヘッドフィッシュ

7_e

 カッコいいこの名はニューヨーク、ブルックリンのシープスヘッド湾にちなんでつけられたそうだが、実際はテキサス州や大西洋中部周辺の、南部の海域に住んでいる。頑丈な口に人間を思わせるようなゾッとするような太い歯が並んで生えている。彼等は正式にはArchosargus probatocephalusという、タイ科に属する魚として知られるが、釣り餌を盗むので評判が悪い。主な餌はカキやアサリそしてシオマネキなどの甲殻類だ。

17

8.アンデスイワドリ

8_e
16

南アメリカのアンデス山脈の密林に生息する中型の鳥で、カザリドリ科の仲間。ペルーの国鳥とされている。この鳥のオスは大きな円盤型の”とさか”と、明るいオレンジを帯びた緋色の羽毛、肉垂れがあるがメスは地味だ。メスを取り合う競争期間、オスは様々な声で鳴きながらヒョコヒョコと飛び回ることでカラフルな羽毛を誇示する。交尾後、メスは張り出している岩の下に卵を産む。そして彼女達は自分で子育てをするのだ。



9.ミツクリザメ

9_e

 英語名はゴブリンシャーク。生きた化石とされる、貴重なミツクリザメは深海に生息する。この魚はおよそ1億2500万年を経て現在まで続く系統で、たった一属でミツクリザメ科を代表している。

10_e

 成魚は体長3mから4mほどになり、長くて平らな吻(頭の先)と突き出る顎に特徴がある。長い吻はすぐそばの獲物から生じるわずかな電界を察知する特殊な器官に覆われており、恐ろしいアゴで噛み付いて餌にありつく。



10.ダイオウグソクムシ

11_e

 日本では拒食症のストイックなダイオウグソクムシたんが人気急上昇中だが、世界最大の等脚目であるダイオウグソクムシは、大西洋の冷たい深海に生息し、体長は19cmから36cmほど、体重はおよそ1.7kgにまで成長する。地上のいとこ(といっても亜目レベルで違うのだが)にあたるダンゴムシ類と非常によく似た体つきで、背中の甲殻だけを表面に露出させた丸いボールになることができる。これは捕食者から身を守るためだが、天敵たるものはほとんど存在しない。

11.チュウゴクオオサンショウウオ

13_e

 世界最大のサンショウウオであると同時に世界最大の両生類でもある。食用にすると美味であり、民間の治療薬としてもよく使われるため、現時点ではかなり深刻な絶滅の危機にある。体長が180cm超にもなることがわかっている。



 昆虫やカエル、魚を餌とするが、彼らの目は非常に小さいので頭部から尾にかけて並んでいる特殊な感覚器の突起を使う。またオオサンショウウオは吠えたり、クンクン鳴いたり、泣き叫ぶような音声を発する。実際、幼い子供が発しているかのような声をだすことがよくあり、地元の住民は"赤ちゃん魚"といった呼び方をする。

12.アフリカニス

14_e

 南アフリカ原産の原始的な犬種だがアフリカの野犬”リカオン”とは違うので混同してはいけない。彼等はかつて家畜化されたアフリカニス犬が野生化して繁殖したものだ。アフリカニスは半野良の生活を行っていたが、牧羊・牧牛、猟犬、番犬、ペットとしても多才に働いていた時代もあった。

2

 ところが、南アフリカにヨーロッパから移民が入ってくると、野犬として迫害される憂き目に遭い、その数を減らしていった。現在は保護されている。

via:io9 原文翻訳:R

▼あわせて読みたい
もう逃れられない!深海に潜む巨大な死のビニール袋「ディープスタリアクラゲ」


愛され上手なピンク色をした7つの生物+さらに新キャラ追加!


真っ赤な口唇がチャームポイント!平べったい体から出た棒のような足ヒレで歩く愛すべき深海魚「バットフィッシュ」



この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
6928 points
車にぶつかり動けなくなった犬を一晩中励まし続けた仲間の犬、病院にも付き添い治療中もずっと離れず(ブラジル)

車にぶつかり動けなくなった犬を一晩中励まし続けた仲間の犬、病院にも付き添い治療中もずっと離れず(ブラジル)

2021年2月25日
2996612314
2位
5246 points
寒さで凍えている子犬たちを救うため、人間に助けを求めた母犬の物語(セルビア)

寒さで凍えている子犬たちを救うため、人間に助けを求めた母犬の物語(セルビア)

2021年2月23日
2804944319
3位
3904 points
猫が泣いてる!帰らなきゃ!帰省中涙を浮かべている猫の姿が監視カメラに映り予定を早めて帰宅した飼い主

猫が泣いてる!帰らなきゃ!帰省中涙を浮かべている猫の姿が監視カメラに映り予定を早めて帰宅した飼い主

2021年2月28日
4位
2801 points
トヨタが粋な計らい。130台の壮絶な玉突き事故に巻き込まれながらも人々を救った英雄に新車をプレゼント

トヨタが粋な計らい。130台の壮絶な玉突き事故に巻き込まれながらも人々を救った英雄に新車をプレゼント

2021年2月23日
1452625229
5位
2243 points
小さな尊い命が救われる瞬間。火事で心肺停止に陥った2匹の猫に小さな酸素マスクで救命措置(イギリス)

小さな尊い命が救われる瞬間。火事で心肺停止に陥った2匹の猫に小さな酸素マスクで救命措置(イギリス)

2021年2月22日
94213829
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2013年09月01日 20:46
  • ID:WRWmClM60 #

ミズナシアシナシイモリで同人誌書けそうだな

2

2. ぐわんげ

  • 2013年09月02日 00:36
  • ID:gr8M.eSZ0 #

どう見てもペニ…

3

3. 匿名処理班

  • 2013年09月02日 00:54
  • ID:yx3cF3xP0 #

ツノゼミは葉を食べるのではなく植物の汁を吸汁する。
セミやカメムシと一緒で口器の構造上葉をバリバリと食べることは不可能だよ。

4

4. 匿名処理班

  • 2013年09月02日 00:59
  • ID:lx5bp4X.0 #

8.アンデスイワドリは、まるでヒグマドン

5

5. 匿名処理班

  • 2013年09月02日 01:00
  • ID:TVaB0Eyt0 #

アンデスイワドリの頭もふもふしたい

6

6. 匿名処理班

  • 2013年09月02日 01:28
  • ID:wss7Kcqs0 #

7(シープスヘッド)の1枚目はコロソマじゃない?

7

7. 匿名処理班

  • 2013年09月02日 03:02
  • ID:aprLQFVT0 #

ミツクリザメって顎出してないときは割とオーソドックスなサメ顔なんだな。

8

8. 匿名処理班

  • 2013年09月02日 04:10
  • ID:W9L1rDfg0 #

全部見たことあったけど改めてみるとおかしなやつばっかだなwww

9

9. 匿名処理班

  • 2013年09月02日 06:02
  • ID:OohvtVg20 #

ペニ*ワームて・・・確かにほりほねさいぞうの
漫画に出てきそうではあるw
グソクさんの腹、シャコの腹に似てて、思わず
「美味そう」って思ってしまったんだが・・・

10

10. 匿名処理班

  • 2013年09月02日 07:01
  • ID:yA582SHD0 #

こまかいけど、
5のミズナシアシナシイモリ
「無足属」→正しくは「無足目」。
ちなみにペニスワームと呼ばれる動物はこれの他にもいる。
鰓曳動物というグループ。
ペニスっぽさでは、ミズナシアシナシイモリには負けるけど……。

11

11. 匿名処理班

  • 2013年09月02日 10:51
  • ID:.5k0A9MR0 #

ミツクリザメ、ほぼエイリアン
アンデスイワドリはアニメキャラのよう
ヨツコブツノゼミは何回か見てるから違和感覚えないが、奇っ怪な生き物ばかりだな

12

12. 匿名処理班

  • 2013年09月02日 13:49
  • ID:UsP9v1II0 #

進化論を疑ってしまう…。

13

13. 匿名処理班

  • 2013年09月02日 13:49
  • ID:CqaLg5rV0 #

7の魚 おれの歯より立派じゃねえか

14

14. みあきち

  • 2013年09月02日 19:07
  • ID:YAoz08WW0 #

ナガヒカリボヤのコメしたの、消えちまってたか・・・もう一度やってやるぞ
天野ミチヒロ氏の未知生物の本にあった、休暇中の軍人がダイビングしてるときに見た「深いところに去っていったバスケットボール位の太さの灰色のモノ」はこの生き物なのかもしれないな。

15

15. 匿名処理班

  • 2013年09月02日 19:28
  • ID:7rn20Wor0 #

てか、似てるからってペニスはないでしょ、いくらなんでもww
意外とマン*とかカン*なんて生き物…居るわけないよな(汗

16

16. 匿名処理班

  • 2013年09月02日 19:29
  • ID:vPRJbFhp0 #

無意識的に12のあそこに目が行ってしまう…

17

17. 匿名処理班

  • 2013年09月02日 20:15
  • ID:LWKj4i590 #

5の画像を見た瞬間、有頂天になってコメント書こうとしたら、解説の一行目で既出だった

18

18. 匿名処理班

  • 2013年09月02日 21:10
  • ID:VPP7i3Ci0 #

ミズナシアシナシイモリさんはどこの国にいるの…?
それにしてもミツクリザメのクリーチャー感は異常wwww

19

19. 匿名処理班

  • 2013年09月02日 21:49
  • ID:EFeuAIYL0 #

ペニスワームがもしピンク色してたら
モザイクかけられちゃう?

20

20. 匿名処理班

  • 2013年09月02日 22:47
  • ID:Q8fUPXPg0 #

ミツクリザメの一枚目の写真は模型ですね

21

21. 匿名処理班

  • 2013年09月03日 04:54
  • ID:lyh6aIGF0 #

人間の歯があった・・・こわ!!

22

22. 匿名処理班

  • 2013年09月05日 15:05
  • ID:.6V5hc8p0 #

オオサンショウウオは成長に非常に時間のかかる生き物だそうで、前にドキュメンタリーでみたのは30cmほどで35歳くらいだといっていた。
虫ではムラサキシャチホコが最高にアメージング

23

23. 匿名処理班

  • 2013年09月06日 18:23
  • ID:efr3hcjV0 #

海のユニコーン???

24

24. 匿名処理班

  • 2013年09月07日 22:19
  • ID:UQYvoj900 #

ナガヒカリボヤを見てシドニアのつむぎを思い浮かべた人。ハーイ。

25

25. 匿名処理班

  • 2014年07月14日 05:57
  • ID:JBtl7fbL0 #

具足閣下は正面顔がイケメンなのにっ 裏はNGだよう

26

26. 匿名処理班

  • 2014年07月15日 11:33
  • ID:4FeXjIdL0 #

ミツクリザメの動画が、どう見ても死骸を使った再現にしか見えない。
本当に生きてる?エラと目が生きてる感じしない。
噛みっぱなしとかある?鮫って何度も噛み直す印象があるけど...。

27

27. 匿名処理班

  • 2016年02月17日 16:24
  • ID:RsKiEWJb0 #

もうすぐキルギスドンが入るぞ!

28

28. 匿名処理班

  • 2017年02月15日 00:05
  • ID:1htoRW.r0 #

ミズアシナシイモリとはまた違うの?

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク