00_e0
 雨が降らず干ばつに苦しむインドのアッサムのHengerabari地域の村人たちは、古くからの言い伝えを信じ、盛大なカエルの結婚式を開いたのだそうだ。

 水曜日から金曜日にかけての三日間、カエルたちに捧げる歌を歌い、新婦カエルには華美な衣装をあてがい、それはもう人間の結婚式より盛大で厳粛なムードで式はすすめられたそうなんだ。
広告
Indian frogs marry to please rain gods
Frog weddings in India: You may now kiss the bride

カエルを結婚させて雨乞いする儀式

 この地域では過去2ヶ月間、ほとんど雨が降らず作物が育たない。

 住民たちがとった苦肉の策が、この古くから伝わるカエルの結婚式なんだそうで、カエルたちを結婚させることで雨神さまがお喜びになり大いなる雨をもたらしてくれると信じているのだそうだ。

 一応予備の為に2組のカエルのカップルを用意したのだそうだけれど、予備カップルの雄はこの式典を乗り切ることなく途中で息絶えてしまったそうだ。残りのカエルたちは式典の後、川にリリースしたという

 統計データによると、この地域、アッサムとメガラヤの今年の雨量は、3月11日まででわずか2.2mmと前年の21.3mmにくらべはるかに下回っており、深刻な干ばつの被害が予想されているという。

 自分たちのできることはすべてやっておきたいという気持ちはとってもよくわかるんだ。

あわせて読みたい
「我が国の雲が盗まれている」イランの将官、干ばつが続く理由はイスラエルが雲を盗んでいるからと記者会見で発言

牛糞を投げあい牛糞にまみれる。インド伝統行事「ディワリ祭」

ガンジス川のほとりで死者を火葬にするヒンドゥー式葬儀の様子(閲覧注意)

新郎がカツラだと知った花嫁、結婚式の最中に失神してしまう事案

世界の風変わりな10の死の儀式

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

Advertisements

コメント

1

1.

  • 2009年03月19日 23:07
  • ID:8D.jLeXZ0 #

息絶えた蛙のためにも雨が降りますように

2

2.  

  • 2009年03月20日 11:40
  • ID:.VGYSoyA0 #

カエル死なせたので雨神がキレてさらに干ばつ

お名前
Advertisements
記事検索
月別アーカイブ
Advertisements
Advertisements